第803回 いち早く今年デビューの新人騎手を分析!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第803回 いち早く今年デビューの新人騎手を分析!

2014/5/19(月)

 今年3月に6名の新人騎手がデビューした。デビューからまだ2か月半ほどしか経っていないが、すでに松若風馬騎手が8勝、小崎綾也騎手が5勝(ともに5/11終了時点)と着実に勝ち星を積み重ねている。今回はいち早く彼ら新人騎手の活躍をデータから分析し、実際の馬券作戦に生かしていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 今年3月デビューの新人騎手とその成績一覧(5/11終了時点)

騎手 所属 所属厩舎 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
松若風馬 栗東 音無 8-10- 3-78/ 99 8.1% 18.2% 21.2% 84% 65%
小崎綾也 栗東 村山 5- 1- 1-29/ 36 13.9% 16.7% 19.4% 248% 64%
義英真 栗東 崎山 4- 4- 5-131/144 2.8% 5.6% 9.0% 67% 94%
木幡初也 美浦 鹿戸雄 3- 2- 6-77/ 88 3.4% 5.7% 12.5% 53% 101%
井上敏樹 美浦 本間 2- 1- 0-62/ 65 3.1% 4.6% 4.6% 34% 30%
石川裕樹人 美浦 相沢 0- 0- 1-32/ 33 0.0% 0.0% 3.0% 0% 10%

 まず表1は今年3月にデビューを果たした新人騎手の成績一覧。松若風馬騎手、小崎綾也(りょうや)騎手、義英真(よしえいしん)騎手、木幡初也(はつや)騎手、井上敏樹騎手、石川裕樹人(ゆきと)騎手の6名だ。

 栗東所属の松若騎手・小崎騎手・義騎手は勝利数が多く、順調な滑り出しと言っていいだろう。美浦所属の木幡騎手・井上騎手は初勝利をあげているが、石川騎手はまだ勝ち星をあげていない。騎乗数がまだ少なく、まずは1勝を目指して頑張ってほしい。

 注目したいのは松若騎手・小崎騎手の連対率・複勝率の高さ。平場のレースで3キロ減という恩恵はあるものの、新人とは思えない成績を残している。また、義騎手はすでに騎乗数が100を超えている。それだけ騎乗機会が多いということで、5/10・11の2日間では京都で土曜に7鞍、日曜は10鞍騎乗していた。勝ち星はまだ4勝だが、これからどんどん増えてくるにちがいない。

■表2 松若風馬騎手の距離別成績(5/11終了時点)

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1000m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1150m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1200m 3- 5- 3-16/27 11.1% 29.6% 40.7% 42% 126%
1- 1- 2- 5/ 9 11.1% 22.2% 44.4% 31% 80%
ダート 2- 4- 1-11/18 11.1% 33.3% 38.9% 48% 149%
1400m 1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3% 129% 43%
0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
ダート 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7% 150% 50%
1600m 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1700m 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 337% 94%
1800m 2- 4- 0-22/28 7.1% 21.4% 21.4% 108% 64%
1- 2- 0- 6/ 9 11.1% 33.3% 33.3% 24% 44%
ダート 1- 2- 0-16/19 5.3% 15.8% 15.8% 148% 73%
1900m以上 0- 0- 0-14/14 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
2- 3- 2-31/38 5.3% 13.2% 18.4% 13% 29%
ダート 6- 7- 1-47/61 9.8% 21.3% 23.0% 128% 87%

2014/3/16 中京1R サラ3歳未勝利 1着 16番 アイムユアドリーム

 表2は新人騎手でトップの8勝をあげている松若騎手の距離別成績。芝・ダートともに1200m戦で好成績をあげている。ダート1200m戦での連対率は33.3%と非常に高く、複勝回収率は100%を大きく超えていた。

 3キロ減の恩恵は芝・ダートともに1200m戦で一番威力を発揮している。もちろん、減量を生かすような乗り方を松若騎手が出来ているからこその好成績といえるだろう。また、1700m戦はすべてダートでの成績。全体的に芝のレースよりもダートで穴を開けている傾向が強い。

 「松若騎手は1200mで好成績。芝よりもダートで穴を開けやすい」と覚えておきたい。では、好成績をあげている松若騎手の乗り方に特徴はあるのだろうか。

■表3 松若風馬騎手の脚質別成績(5/11終了時点)

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 4- 3- 0- 3/10 40.0% 70.0% 70.0% 702% 223%
先行 3- 1- 2-22/28 10.7% 14.3% 21.4% 40% 85%
差し 1- 6- 1-29/37 2.7% 18.9% 21.6% 5% 50%
追い込み 0- 0- 0-24/24 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

 表3は松若騎手の脚質別成績。逃げ馬で最多の4勝をあげ、連対率も70%と非常に高い数字を残している。3キロ軽いことによってスタートで他馬よりも早くスピードに乗ることができ、また直線での粘りも違ってくるのだろう。

 逃げた際の勝率・連対率の良さは想像できたが、差し馬に騎乗した際の連対率・複勝率が先行馬を上回っているのは驚きだ。差し馬での連対率・複勝率が高いのは、逃げだけでなく追う技術もしっかりしている証拠だろう。

 差す競馬で勝てるようになると、さらなる活躍が見込めそうだ。

■表4 小崎綾也騎手の勝利一覧(5/11終了時点)

日付 競馬場 クラス 条件 馬名 人気 単勝配当
5月11日 新潟 未勝利 芝1200m ケルシャンス 5 810円
5月4日 新潟 500万下 ダート1200m ビップセレブアイ 6 1210円
4月27日 福島 未勝利・牝 ダート1150m アワーズヒロイン 3 730円
4月20日 福島 500万下・牝 ダート1700m ブルーメリディアン 2 600円
4月19日 阪神 500万下 芝1600m ケルンフォーティー 11 5600円

2014/4/19 阪神7R サラ4歳上500万下 1着 17番 ケルンフォーティー

 表4は小崎騎手の全5勝の一覧。表1を見ていただいてわかるように、騎乗数が36と少ないのはデビューを間近に控えた2月後半に骨折するアクシデントがあったためだ。

 デビューは4月19日と同期よりも1か月半ほど遅れたが、その騎乗初日に父の小崎憲調教師の管理馬ケルンフォーティーで初勝利をあげている。過去3戦で14・11・9着と大敗し、11番人気だった同馬での差し切り勝ち。ファンの印象に残る初勝利だったが、翌日も福島で勝利をあげている。

 表でわかるようにデビューからの4週間で毎週勝ち星をあげている。それも1番人気以外で勝っているのが凄い。芝・ダート、距離の長短問わずに勝っている点も魅力だ。表1で示したように【5.1.1.29】と勝ち切れるジョッキー。単勝回収率248%と非常に高く、馬券でもアタマから狙って妙味がある騎手といえるだろう。

 5月に入ってからは、新潟で乗り続けている。ケガさえなければ、相当勝利数を伸ばしてくるだろう。人気になる前に狙いたい騎手だ。

■表5 義英真騎手のコース別成績(5/11終了時点)

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
阪神芝1600m 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0% 2120% 520%
阪神ダート1200m 1- 0- 1-22/24 4.2% 4.2% 8.3% 17% 23%
阪神芝2200m 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 266% 66%
阪神芝1400m 0- 1- 2- 2/ 5 0.0% 20.0% 60.0% 0% 1076%
阪神ダート1800m 0- 1- 1-31/33 0.0% 3.0% 6.1% 0% 31%
京都ダート1800m 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0% 16%
阪神芝2000m 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0% 90%
阪神ダート1400m 0- 0- 1-14/15 0.0% 0.0% 6.7% 0% 262%
その他のコース 0- 0- 0-46/46 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
3- 2- 2-37/44 6.8% 11.4% 15.9% 210% 180%
ダート 1- 2- 3-94/100 1.0% 3.0% 6.0% 4% 57%

 表5は義英真騎手のコース別成績。表でわかるように、芝のレースで全4勝中3勝をあげている。また連対率・複勝率ともに芝の方が圧倒的に高い

 義騎手といえば、デビュー2週目に11番人気のワードイズボンドで逃げ切った未勝利戦(芝1600m)が印象的。同馬では500万下も逃げ切って勝利に導いているように思い切った逃げを打てるのが彼の魅力だ。

 デビュー時から阪神、そして京都と一流ジョッキーが揃う舞台で騎乗しており、かなり腕は上達しているだろう。これまで【4.4.5.131】の成績だが、4着が10回、5着が8回ある。これら4・5着を3着以内に持ってくるようになると、複勝率もグッと上がってくる。夏にブレイクしそうな気配があるジョッキーだ。

■表6 木幡初也騎手の脚質別成績(5/11終了時点)

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
先行 1- 1- 3-11/16 6.3% 12.5% 31.3% 36% 413%
差し 2- 1- 3-28/34 5.9% 8.8% 17.6% 120% 69%
追い込み 0- 0- 0-37/37 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

 表6は美浦所属・木幡初也騎手の脚質別成績。初勝利は3週目の土曜中山最終レースで9番人気のカレイファンタジアに騎乗し、見事な差し切り勝ちを決めた。また、先行しての複勝率が高く、複勝回収率も400%を超えている。

 ただし、これまで3勝をあげているものの、逃げての勝利がなく、ハナを切ったのも1回のみ。積極的にハナを切るレース運びができるようになれば、もっと勝ち星が増えてくるだろう。

 現在のところ、関西所属の3名が目立っている状況だが、関東の木幡騎手・井上騎手・石川騎手にもぜひ頑張ってもらいたい。6名ともこれから夏にかけて、騎乗機会がもっと増えてくるにちがいない。ファンの印象に残るような大胆な騎乗でアピールしてほしい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN