第779回 G1馬を輩出!アーリントンカップを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第779回 G1馬を輩出!アーリントンカップを分析する

2014/2/24(月)

 今週から阪神競馬が開幕する。土曜のメインレースは3歳のマイル重賞・アーリントンカップ。スプリントG1を2勝したローレルゲレイロ、NHKマイルC・日本ダービーを制したディープスカイ、昨年秋の天皇賞を快勝したジャスタウェイなど後のG1馬を輩出している出世レースだ。今回はアーリントンCに注目し、その狙い目を分析していく。なお、データは阪神競馬場の外回りコースで行われるようになった07年以降の過去7年を参考にしている。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 アーリントンCの3着以内馬(07年以降の過去7年)

年度 着順 馬名 勝ちタイム 人気 4角通過順 上がり3F 前半800m通過 レース上がり
2013 1 コパノリチャード 1分34秒8 1 2 34秒0 48秒3 34秒1
2 カオスモス 1馬身1/2 2 3 34秒0
3 レッドアリオン クビ 4 6 33秒9
2012 1 ジャスタウェイ 1分36秒3 2 12 34秒2 48秒7 35秒2
2 オリービン 1/2馬身 3 4 35秒0
3 アルキメデス 1馬身1/4 6 7 35秒0
2011 1 ノーザンリバー 1分34秒2 4 7 34秒5 47秒3 35秒1
2 キョウエイバサラ 3/4馬身 11 4 34秒9
3 テイエムオオタカ 3/4馬身 5 1 35秒3
2010 1 コスモセンサー 1分34秒8 5 1 35秒2 48秒4 35秒2
2 ザタイキ 1馬身1/2 1 6 34秒5
3 レト 1/2馬身 8 4 35秒2
2009 1 ダブルウェッジ 1分35秒6 6 3 35秒7 46秒8 36秒4
2 マイネルエルフ 3/4馬身 12 2 36秒1
3 ミッキパンプキン クビ 3 10 35秒2
2008 1 ダンツキッスイ 1分34秒6 5 1 36秒2 46秒7 36秒2
2 エーシンフォワード 1馬身3/4 9 7 34秒2
3 ディープスカイ アタマ 10 9 34秒1
2007 1 トーセンキャプテン 1分33秒9 2 3 34秒7 47秒0 35秒0
2 ローレルゲレイロ クビ 1 3 34秒7
3 マイネルレーニア 4馬身 3 1 35秒7

2012/2/25 阪神11R アーリントンカップ(G3)1着 13番 ジャスタウェイ

 表1はアーリントンCの3着以内馬一覧。まずは勝ちタイムに注目。過去7年間すべて良馬場で行われているが、1分33秒9〜1分36秒3とだいぶ開きがある。特にジャスタウェイが勝利した12年は時計が掛かっているが、この年は開幕週から馬場が非常に重く、他のレースも時計が掛かっていた。

 レースのペースとしては、07〜09年は前半が速い流れで推移していたものの、10年以降は48秒前後の平均〜ややスローの流れが続いている。10年以降の3着以内馬を見ると、ジャスタウェイ以外は4コーナーで7番手以内にいた馬ばかりだ。平均ペースで中団よりも前でレースを進められる馬の好走が多いレースといえる。

■表2 アーリントンCの1番人気馬の着順と前走成績(07年以降の過去7年)

年度 馬名 着順 4角通過順 前走成績
2013 コパノリチャード 1 2 500万下(芝1600m) 1着
2012 ダローネガ 9 10 朝日杯FS 5着
2011 ノーブルジュエリー 7 12 エルフィンS 2着
2010 ザタイキ 2 6 500万下(芝1600m) 1着
2009 アイアンルック 4 11 新馬(芝1200m) 1着
2008 ポルトフィーノ 8 3 エルフィンS 1着
2007 ローレルゲレイロ 2 3 シンザン記念 3着

 表2は過去7年の1番人気馬の着順と前走成績。前走エルフィンS組の牝馬2頭はいずれも着外に敗れている。この2頭を含めて、牝馬は【0-0-0-6】と相性が良くない。また、牡馬でも差し・追い込みにまわったアイアンルックやダローネガは4着以下に敗れている。

 逆に連対を果たした3頭は中団より前でレースを進めていた。これら3頭は前走芝のマイル戦で3着以内に入った馬ばかりだ。

■表3 アーリントンCの前走クラス別成績(07年以降の過去7年)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
新馬 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
未勝利 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
500万下 4- 2- 2-28/36 11.1% 16.7% 22.2% 91% 138%
オープン特別 1- 1- 0-10/12 8.3% 16.7% 16.7% 89% 125%
G3 1- 3- 4-13/21 4.8% 19.0% 38.1% 19% 90%
G2 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1760% 360%
G1 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0% 0% 126%

 続いて表3は前走クラス別成績。最多の4勝をあげているのが前走500万下組。出走頭数は一番多いが、複勝率22.2%と健闘している。オープン特別組は09年1着ダブルウェッジ、2着マイネルエルフの2頭。前者は2走前にシンザン記念2着、後者は3走前にクローバー賞2着とオープン以上での実績があった。

また、前走G3組は複勝率38.1%と高く、注目しておきたい。前走G2組は10年優勝のコスモセンサー(前走京王杯2歳S5着)のみ。前走G1(すべて朝日杯FS)組は10年以降、上位人気に推された馬が好走できていない。なお、前走新馬・未勝利を勝ち上がった馬は好走馬がいなかった。

 では、好走馬が多い前走500万下組、前走G3組にはどういう特徴があるのか見ていこう。

■表4 前走500万下の前走コース別成績(07年以降の過去7年)

前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
京都芝1600m 2- 1- 0- 5/ 8 25.0% 37.5% 37.5% 63% 42%
京都ダート1400m 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3% 461% 168%
京都ダート1200m 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 1310%
東京芝1600m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 365%
中山芝1800m 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 270%
その他のコース 0- 0- 0-17/17 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

2011/2/26 阪神11R アーリントンカップ(G3)1着 12番 ノーザンリバー

 表4は前走500万下組のコース別成績。好走馬のうち、連対馬6頭はすべて前走京都コースだ。まず京都芝1600mだった馬が07年トーセンキャプテン、昨年のコパノリチャードの2勝。10年のザタイキが2着で、これら3頭は前走を勝利。4着以下に敗れた5頭は前走勝利していなかった。前走京都1600mの500万下組は勝っていることが好走条件といえる。

 前走京都ダート1400mだった馬が08年ダンツキッスイ、11年ノーザンリバーの2勝。これら2頭は以前に芝マイル戦の経験があり、前走を逃げ・先行で勝利していた。また、前走京都ダート1200mだった馬も11年にキョウエイバサラが2着と好走している。こちらは前走先行して3着。アーリントンCが初めての芝だったが、適性があったのだろう。
前走京都ダートの短距離、特に以前に芝で走った経験がある馬は人気薄でも変わり身に注意したい。

■表5 前走G3組の前走レース別成績(07年以降の過去7年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
きさらぎ賞 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 68% 75%
シンザン記念 0- 3- 3- 3/ 9 0.0% 33.3% 66.7% 0% 161%
共同通信杯 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
京成杯 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
ラジオNIKKEI杯2歳S 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

 表5は前走G3組の前走レース別成績。好走馬8頭は前走きさらぎ賞かシンザン記念のどちらかだ。きさらぎ賞組は12年優勝のジャスタウェイ(前走4着)、3着のアルキメデス(前走9着)の2頭。この2頭はともに新馬戦を上がり最速で勝利していた。

シンザン記念組は勝ち星こそないものの昨年2・3着のカオスモス、レッドアリオンなど複勝率66.7%と非常に高い。この組の好走馬6頭中5頭は前走シンザン記念で4番人気以内に支持されていた。着順に関係なく、前走で上位人気になった馬に注意したい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN