第741回 月曜日にも注目の一戦。府中牝馬Sを占う|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第741回 月曜日にも注目の一戦。府中牝馬Sを占う

2013/10/7(月)

今週は土曜日から月曜日までの3日間開催。目玉は日曜日の秋華賞だが、翌日の月曜日には東京競馬場で府中牝馬Sが行われる。エリザベス女王杯へ向けての注目の一戦だ。過去10年の府中牝馬Sの結果を分析し、攻略ポイントを探っていきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の府中牝馬S優勝馬と配当

馬名 年齢 人気 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
12年 マイネイサベル 4 10 3180 18720 46480 15640 173540
11年 イタリアンレッド 5 5 960 2920 6220 6600 41940
10年 テイエムオーロラ 4 4 660 27120 44160 60680 423340
09年 ムードインディゴ 4 7 1850 5130 13550 63410 421050
08年 ブルーメンブラット 5 4 800 1050 2970 2150 14760
07年 デアリングハート 5 4 780 1040 2820 1450 10380
06年 デアリングハート 4 2 480 2150 3670 1340 10580
05年 ヤマニンアラバスタ 4 1 320 2750 3850 7350 37400
04年 オースミハルカ 4 5 1140 3540 8430 5260 44570
03年 レディパステル 5 1 210 570 910 2360

表1は過去10年の府中牝馬Sの優勝馬と主な配当金をまとめたものだ。同レースは11年からG2への格上げされたが、東京芝1800mという舞台設定は変わっていない。近年を振り返ると勝ち馬はすべて4〜5歳馬。牝馬の場合は繁殖を理由にあまり長く現役を続けない傾向があるものの、勝ち馬の年齢は比較的若い。

そして配当を見ると馬連万馬券は2回。マイネイサベルが勝利した昨年、そしてテイエムオーロラが勝利した10年が大波乱となった。その前までは比較的穏やかな傾向だったが、それでも馬連1000円未満だったのは03年の一度しかない。

3連複と3連単で見れば09年は十分に波乱の年。馬券的には難しい一戦になりつつある。荒れるということは上位人気馬が凡走、あるいは伏兵馬の激走が大きな要因となる。果たして府中牝馬Sはどちらのケースに注意しなければならないレースなのだろうか。

■表2 府中牝馬S1番人気馬の成績(過去10年)

馬名 年齢 着順 前走成績 備考
12年 ドナウブルー 4 3 関屋記念1着 ヴィクトリアM2着
11年 アパパネ 4 14 安田記念6着 ヴィクトリアM1着
10年 ニシノブルームーン 6 9 マーメイドS4着 ヴィクトリアM3着
09年 カワカミプリンセス 6 6 ヴィクトリアM8着  
08年 カワカミプリンセス 5 2 金鯱賞3着  
07年 アサヒライジング 4 2 クイーンS2着 ヴィクトリアM2着
06年 ディアデラノビア 4 3 オールカマー3着 ヴィクトリアM3着
05年 ヤマニンアラバスタ 4 1 新潟記念1着  
04年 スティルインラブ 4 3 北九州記念12着  
03年 レディパステル 5 1 目黒記念2着  

表2は過去10年の府中牝馬Sで1番人気に支持された馬の結果。03年から08年まではすべて3着以内に好走している。複勝率は100%でかなりの安定感を示していた。ところが09年以降は凡走続き。波乱に一役買っていることが明らかだ。

昨年はドナウブルーが1番人気に支持された。同馬は同年春のヴィクトリアマイルで2着。前走は関屋記念でレコード勝ち。1番人気に支持されて当然と言うべき実績を持っていた。11年のアパパネもその年のヴィクトリアMを優勝。それ以前の牝馬限定重賞での実績は断然で、当然中心視されるべき存在。10年ニシノブルームーンは先の2頭より格は落ちるが、春はヴィクトリアMで3着と好走していた。

つまり近3年はいずれも春にヴィクトリアMで3着以内に好走していた馬が1番人気に支持されていたことになる。07年アサヒライジングや06年ディアデラノビアも、その年にヴィクトリアMで好走しており、ここで1番人気に支持された。ただ、府中牝馬Sで好走は果たしたものの、勝つことはできなかった。過去10年、1番人気で1着になったのはヤマニンアラバスタとレディパステルだけ。ヴィクトリアMが創設されたのが06年なので当然とはいえ、同レースとは縁がなかったのだ。

府中牝馬Sではその年のヴィクトリアM好走馬が非常に人気になりやすい。だが、意外なほど好結果が出てない点に注意すべきだ。アサヒライジングやディアデラノビアのように夏場以降の芝1800m以上の重賞で好走している馬でないと、信頼できない感がある。

■表3 府中牝馬S2番人気馬の成績(過去10年)

馬名 年齢 着順 前走成績 備考
12年 ホエールキャプチャ 4 11 宝塚記念14着 ヴィクトリアM1着
11年 レディアルバローザ 4 8 朝日CC3着 ヴィクトリアM3着
10年 スマートシルエット 3 3 三面川特別1着  
09年 リトルアマポーラ 4 5 マーメイドS3着 ヴィクトリアM6着
08年 キストゥヘヴン 5 5 京成杯AH1着  
07年 アドマイヤキッス 4 3 安田記念4着 ヴィクトリアM7着
06年 デアリングハート 4 1 クイーンS1着 ヴィクトリアM6着
05年 ダンスインザムード 4 8 札幌記念12着  
04年 エルノヴァ 5 5 クイーンS2着  
03年 オースミコスモ 4 4 京成杯AH3着  

続いて表3は府中牝馬Sで2番人気に支持された馬の成績。こちらも1番人気の取捨と同様の考えが成り立ちそうだ。表の備考には同年のヴィクトリアMの成績を示しているが、好走馬でも信頼できない。ホエールキャプチャ、レディアルバローザと2年連続で人気を裏切っている点も悪い印象だ。前走条件戦を勝ち上がったばかりの10年スマートシルエットが逆に好走している点が興味深い。あとは前走クイーンS1着だったデアリングハート。ここでも夏場以降の芝1800m以上の重賞で好走というファクターが強調材料となりそうだ。

■表4 府中牝馬S3番人気馬の成績(過去10年)

馬名 年齢 着順 前走成績 備考
12年 マルセリーナ 4 5 安田記念17着 ヴィクトリアM3着
11年 フミノイマージン 5 3 マーメイドS1着  
10年 ブロードストリート 4 6 ヴィクトリアM5着  
09年 ベッラレイア 5 2 ポートアイランドS4着  
08年 ベッラレイア 4 3 マーメイドS5着  
07年 ディアデラノビア 5 4 キャッシュCM5着  
06年 ヤマニンシュクル 5 7 クイーンS2着  
05年 レクレドール 4 7 クイーンS1着  
04年 メイショウバトラー 4 2 小倉記念2着  
03年 ローズバド 5 2 マーメイドS1着  

表4は府中牝馬S3番人気馬の成績。ここも先ほどと同様の傾向。昨年はヴィクトリアM3着の実績があるマルセリーナが安田記念以来の休み明けで人気に応えられなかった。前走小倉記念2着メイショウバトラー、前走マーメイドS1着のローズバドが辛うじて2着をキープしているという状況だ。

■表5 府中牝馬Sを4番人気以下で好走した馬(過去10年)

馬名 着順 人気 前走成績 備考
12年 マイネイサベル 1 10 新潟記念17着 ローズS2着
スマートシルエット 2 5 新潟記念6着 10年府中牝馬S3着
11年 イタリアンレッド 1 5 小倉記念1着  
アニメイトバイオ 2 4 クイーンS3着 ローズS1着
10年 テイエムオーロラ 1 4 西宮S1着  
セラフィックロンプ 2 14 マーメイドS2着  
09年 ムードインディゴ 1 7 クイーンS4着 ローズS2着
レジネット 3 11 ポートアイランドS11着 ローズS3着
08年 ブルーメンブラット 1 4 ヴィクトリアM3着  
07年 デアリングハート 1 4 クイーンS7着 06年府中牝馬S1着
06年 サンレイジャスパー 2 4 新潟記念2着  
05年 マイネサマンサ 2 7 関屋記念9着  
05年 オースミハルカ 3 4 福島牝馬S4着 04年府中牝馬S1着
04年 オースミハルカ 1 5 クイーンS1着  
03年 スマイルトゥモロー 3 5 マーメイドS7着 オークス1着

こうして考えると上位1〜3番人気は全般的に好走率が高くない。4番人気以下の好走例が多くなっていることがわかる。そこで表5では府中牝馬Sを4番人気以下で好走した馬をまとめた(過去10年)。

03年から08年までは一年に1頭が馬券になっていたが、09年以降は毎年2頭が馬券になっている。伏兵を含めた4番人気以下の好走馬をいかに拾えるかが、攻略への条件だ。そして09年以降、目立つのがローズS好走馬だ。昨年1着のマイネイサベルは3歳時にローズSで2着の実績があった。11年アニメイトバイオ、09年はムートインディゴとレジネッタがやはりローズSで好走していた。春のヴィクトリアマイルよりも、施行時期が近い芝1800mのG2・ローズSの方が実際は関連性が高い。

その他の特徴は夏場に使われている馬の方がいいということ。前走1着ならば申し分ないが、凡走している馬でも一変がある。あとはすでに過去の府中牝馬Sで好走したことがある馬。07年デアリングハートは06年、07年で連覇を果たしている。

【結論】
それでは今年の府中牝馬Sを占っていこう。出走予定馬は表6の通り(10/6夜現在)。

■表6 今年の府中牝馬S出走予定馬

2012/8/12 新潟11R 関屋記念(G3)1着 14番 ドナウブルー

2013/8/17 新潟11R 佐渡ステークス 1着 8番 アロマティコ

馬名 年齢 前走成績 備考
アロマティコ 4 佐渡S1着  
ウインプリメーラ 3 ローズS5着  
コスモネモシン 6 新潟記念1着  
ゴールデンナンバー 4 多摩川S2着  
サダムグランジュテ 5 NST賞8着  
スイートサルサ 3 長岡S1着  
スピードリッパー 5 クイーンS2着  
ドナウブルー 5 関屋記念4着 12年府中牝馬S3着
ハナズゴール 4 オールカマー6着  
パワースポット 5 秋風S3着  
ピュアブリーゼ 5 天の川S13着  
ホエールキャプチャ 5 札幌記念14着 ヴィクトリアM2着
マイネイサベル 5 安田記念4着 ヴィクトリアM3着
マルセリーナ 5 札幌記念9着  
ミッドサマーフェア 4 マーメイドS8着  
レインボーダリア 6 札幌記念7着  

※10/6夜時点での登録馬。

今年のヴィクトリアマイルで好走したホエールキャプチャとマイネイサベルが登録。特に後者は昨年の勝ち馬であり、上位人気に支持される可能性が高そうだ。だが、今年は安田記念4着以来の休み明け。昨年と事情が違うだけに、あまり人気になるようだと疑ってかかりたくなる。実績的にはホエールキャプチャが上位。同馬は前走札幌記念を叩いている点はプラス材料。3歳時にはローズSを優勝。申し分ない実績だ。中心視するかどうかは当日の人気次第だが、前走惨敗からの一変があるかもしれない。

ドナウブルーは昨年の府中牝馬Sで3着。1番人気だったの裏切った形だが、今年もう一度狙ってみる手はありそうだ。コスモネモシンは6歳で単は狙いにくい。同じ前走1着ならば4歳のアロマティコに注目だ。3歳馬でもスイートサルサにも警戒したい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN