第737回 春の実績馬が活躍するG1、新勢力が活躍するG1は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第737回 春の実績馬が活躍するG1、新勢力が活躍するG1は?

2013/9/23(月)

今週のスプリンターズSで、秋のG1シーズンが開幕する。ひと夏越して大きな成長を見せる馬も少なくない秋競馬。そこで月曜掲載分の今回は、秋のG1全体を見て、春の実績馬が多く活躍するレース、そして新勢力の台頭が目立つレースを探ってみたい。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用し、集計期間は過去10年とした。

■表1 春のG1優勝馬の成績

レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
有馬記念 5-5-1-14/25 20.0% 40.0% 44.0% 74% 90%
秋華賞 5-1-2-9/17 29.4% 35.3% 47.1% 77% 60%
ジャパンC 4-3-3-10/20 20.0% 35.0% 50.0% 112% 90%
天皇賞(秋) 3-1-2-14/20 15.0% 20.0% 30.0% 39% 84%
菊花賞 3-0-1-3/7 42.9% 42.9% 57.1% 54% 64%
エリザベス女王杯 2-1-3-7/13 15.4% 23.1% 46.2% 36% 70%
スプリンターズS 1-3-1-5/10 10.0% 40.0% 50.0% 138% 116%
マイルCS 1-2-3-11/17 5.9% 17.6% 35.3% 22% 98%
JCダート 1-1-2-1/5 20.0% 40.0% 80.0% 40% 152%

2012/10/14 京都11R 秋華賞(G1)1着 14番 ジェンティルドンナ

まず表1は、秋のG1レースにおいて、同年春のG1馬(中央競馬)がどんな成績を残しているかをレース別に調べたものだ。便宜上「春のG1」と表記しているが、ここには2月のフェブラリーSも含んでいる(表2以降も同様)。上位にランクされたのは有馬記念、秋華賞、そしてジャパンC。有馬記念はその年を締めくくるグランプリにふさわしく、秋だけではなく春のG1馬も多く活躍していることがわかる。また、日本競馬の最高峰に位置するジャパンCも同様だ。
一方、3歳馬限定戦では秋華賞と菊花賞で異なった傾向が出ている。秋華賞には桜花賞馬10頭すべて、オークス馬11頭(同着あり)中9頭に加え、牡馬相手に勝ったウオッカにピンクカメオと、春のG1を制した馬が軒並み出走し、優勝馬は過去10年の半数にあたる5頭を数える。対して菊花賞は出走数自体が7頭と、秋華賞の17頭に比べかなり少ない。今年も皐月賞馬・ロゴタイプ(当初秋の天皇賞予定も白紙に)、ダービー馬・キズナ(海外遠征)が不在だ。ただ、春のG1馬が出走さえすれば勝率42.9%と、他のレースに比べ高確率で勝利を収めている。

■表2 スプリンターズSに出走した同年春のG1馬

馬名 スプリンターズS 高松宮記念 他同年G1勝ち
人気 着順 人気 着順
03 ビリーヴ 1 2 3 1  
04 サニングデール 1 9 2 1  
05 アドマイヤマックス 3 3 4 1  
06 オレハマッテルゼ 5 9 4 1  
07 スズカフェニックス 2 9 1 1  
コイウタ 8 11 不出走 ヴィクトリアM
08 ファイングレイン 3 10 4 1  
09 ローレルゲレイロ 6 1 3 1  
10 キンシャサノキセキ 3 2 1 1  
12 カレンチャン 1 2 2 1  

目前に迫るスプリンターズSについては、出走した春のG1馬一覧も見ておきたい。勝ち馬はローレルゲレイロ1頭だけだが、春の中央競馬にその路線の大目標(1200mは高松宮記念のみ)が少ないという点は、同じく勝ち馬1頭のJCダート(ダートはフェブラリーSのみ)と共通するところだ。スプリンターズSに出走した春のG1馬10頭中9頭は、その高松宮記念の優勝馬。中でも3番人気以内で優勝した6頭中4頭が連対を果たしている。表1にあった春のG1優勝全馬で見ても、スプリンターズSの連対率40.0%、複勝率50.0%は秋のG1では上位に数えられ、単複回収率も100%を超えている。今年の高松宮記念を1番人気で制したロードカナロアは、少なくともこのデータからは連軸としては信頼できそうな印象だ。その他のデータについては木曜掲載分で改めて分析したい。

■表3 春のG1・3着以内馬の成績

レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
ジャパンC 8-8-6-24/46 17.4% 34.8% 47.8% 111% 90%
秋華賞 8-5-4-26/43 18.6% 30.2% 39.5% 55% 64%
有馬記念 7-6-4-31/48 14.6% 27.1% 35.4% 78% 79%
菊花賞 5-4-3-20/32 15.6% 28.1% 37.5% 101% 80%
天皇賞(秋) 4-4-4-31/43 9.3% 18.6% 27.9% 26% 62%
マイルCS 4-3-5-28/40 10.0% 17.5% 30.0% 173% 98%
エリザベス女王杯 4-2-4-21/31 12.9% 19.4% 32.3% 111% 61%
スプリンターズS 3-5-2-18/28 10.7% 28.6% 35.7% 72% 69%
JCダート 1-4-2-7/14 7.1% 35.7% 50.0% 14% 146%

続いて、表1同様のデータを春のG1・3着以内馬に広げてみたのが表3である。ジャパンC、秋華賞、有馬記念の上位3レースは、順番こそ入れ替わっても表1と同じで、春のG1実績馬の好走が多いレースのトップ3と覚えてしまっても良さそうだ。特にジャパンCは複勝率47.8%を記録するほか、好走した日本馬28頭中22頭を占めている。
逆に、連対率10%台にとどまっているのが、秋の天皇賞、エリザベス女王杯、そしてマイルCSの3レースで、表1の春のG1優勝馬でも連対率ワースト3に数えられる。ちょうど、秋の天皇賞から他のG1を挟まずに3レースとも行われるため、10月末から11月中旬のG1は、春のG1好走馬があまりアテにならないと、まとめて覚えやすそうだ。

■表4 春のG1不出走馬の成績(外国馬除く)

レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
JCダート 6-2-6-70/84 7.1% 9.5% 16.7% 62% 70%
菊花賞 5-3-5-89/102 4.9% 7.8% 12.7% 132% 68%
スプリンターズS 4-3-5-43/55 7.3% 12.7% 21.8% 54% 82%
エリザベス女王杯 2-5-2-70/79 2.5% 8.9% 11.4% 101% 43%
マイルCS 2-4-1-47/54 3.7% 11.1% 13.0% 33% 54%
有馬記念 1-2-1-45/49 2.0% 6.1% 8.2% 5% 28%
秋華賞 1-1-3-56/61 1.6% 3.3% 8.2% 5% 122%
ジャパンC 1-1-2-33/37 2.7% 5.4% 10.8% 110% 77%
天皇賞(秋) 0-4-3-56/63 0.0% 6.3% 11.1% 0% 54%

2010/10/24 京都11R 菊花賞(G1)1着 6番 ビッグウィーク

最後に、春のG1不出走馬の成績をまとめたのが表4だ。休養のあった前年の実績馬(08年のダイワスカーレットなど)も含まれるため、そのすべてが夏を越しての新勢力ではないが、ほぼそれに近い成績と考えられる。中では、今週のスプリンターズSは勝率から複勝率まで、秋のG1の中ではいずれもトップ。連対率10%台前半では積極的には狙いづらいものの、他のG1に比べれば新勢力が結果を出しやすいレースであることは頭に入れておきたい。
また、表1と同様に、同じ3歳戦でも秋華賞と菊花賞では傾向が違い、仮に秋華賞で春のG1出走馬が上位を独占したからといって、その流れで翌週の菊花賞も考えてしまうのは危険だ。そして、菊花賞翌週の天皇賞は、春のG1不出走馬の勝利がなく、優勝は96〜98年のバブルガムフェロー、エアグルーヴ、オフサイドトラップ3連勝までさかのぼる(05年のヘヴンリーロマンスはフェブラリーSに出走していた)。2〜3着には不出走馬も多いものの、1着候補は春のG1出走馬から選びたいレースだ。

以上、秋のG1レースについて、春のG1好走・出走実績を視点として全体を眺めてみた。単純に秋前半なら春の実績馬が強いとか、後半なら春のG1不出走馬でも多く好走するといった構図にはなっていない点には注意が必要だろう。特に、今週のスプリンターズSに続く、秋華賞や菊花賞でははっきりとした傾向が出ているのでぜひ覚えておきたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN