第734回 実績馬が集結! ローズSを占う|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第734回 実績馬が集結! ローズSを占う

2013/9/12(木)

今週は変則開催だが、ローズSは日曜日に組まれている。桜花賞馬のアユサンが残念ながら戦線離脱となったが、メイショウマンボをはじめとする春のクラシック実績馬が揃いそうだ。注目の前哨戦をデータから占っていきたい。データはローズSが阪神芝1800mで行われるようになった06年以降を分析。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 ローズSの上位入線馬一覧(06年以降)

着順 人気 馬名 前走成績 備考
12年 1 1 ジェンティルドンナ オークス1着  
2 2 ヴィルシーナ オークス2着  
3 3 ラスヴェンチュラス 三面川特別3着  
11年 1 1 ホエールキャプチャ オークス3着  
2 10 マイネイサベル オークス6着 クイーンC2着
3 7 キョウワジャンヌ エクセル浜松開設記念1着  
10年 1 4 アニメイトバイオ オークス4着  
2 6 ワイルドラズベリー 白百合S1着  
3 5 エーシンリターンズ オークス14着 桜花賞3着
09年 1 5 ブロードストリート オークス4着  
2 1 レッドディザイア オークス2着  
3 10 クーデグレイス ルスツ特別2着  
08年 1 7 マイネレーツェル オークス9着 フィリーズR1着
2 9 ムードインディゴ クイーンS8着 忘れな草賞1着
3 1 レジネッタ クイーンS2着  
07年 1 1 ダイワスカーレット 桜花賞1着  
2 2 ベッラレイア オークス2着  
3 3 レインダンス 三面川特別1着  

まずは06年以降のローズSで3着以内に入線した馬について調べてみることにする(表1参照)。昨年は春に二冠を制したジェンティルドンナが優勝。2着にもオークス2着だったヴィルシーナが入り、順当な結果に終わった。07年も上位1〜3番人気の順で決しており堅い配当。07年優勝馬ダイワスカーレットは桜花賞1着以来となったが、2着にはオークス2着のベッラレイア。総じてクラシックからの休み明けでも実績馬が期待に応える走りを見せている。

■表2 ローズS出走馬の前走レース別成績(06年以降)

順位 前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1 優駿牝馬G1 5- 4- 1-17/27 18.5% 33.3% 37.0%
2 桜花賞G1 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
3 クイーンG3 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0%
4 白百合S 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
5 三面川特1000 0- 0- 2- 3/ 5 0.0% 0.0% 40.0%
6 ルスツ特1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
7 エクセル1000 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
8 大倉山特1000 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
9 鳥屋野特500 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
10 500万下・牝 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
11 ニュージG2 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

ローズS出走馬の前走レース別成績は表2の通り。前走オークス組の成績は【5.4.1.17】。先のダイワスカーレットだけ前走桜花賞からだが、その他の勝ち馬はすべて前走オークスに出走していた。夏場に経験と実績を積んだ上がり馬が注目となることもあるのだが、このレースに関してはそうした馬は目立たない。前走古馬の1000万クラスで好走を果たした馬でも、ローズSでは3着にとどまっている。したがって、ローズSは前走オークス組の取捨が最大のポイントと言える。

■表3 前走オークス組の着順別成績(06年以降)

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
前走2着 0- 3- 0- 0/ 3 0.0% 100.0% 100.0%
前走3着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
前走4着 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0%
前走5着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
前走6〜9着 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
前走10着〜 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%

表3は前走オークス組の着順別成績。オークスでどんな着順だった馬がローズSで好走を果たしているのか。それを調べていく。まず、オークス優勝馬の成績は【1.0.0.3】。好走馬は1頭で、その他は4着以下に敗れている。

■表4 前走オークス1着馬のローズS成績

着順 人気 馬名
12年 1 1 ジェンティルドンナ
11年 10 3 エリンコート
10年 4 1 アパパネ
08年 6 2 トールポピー

具体的な前走オークス1着馬のローズS成績は表4の通り。昨年、ジェンティルドンナが優勝を果たしたが、それ以前は3連敗中だった。ローズS当日は間違いなく上位人気に支持されることになりそうなタイプだが、信頼に応えているとは言えない。ジェンティルドンナと同様、春は二冠を制したアパパネだったが4着に敗れた。

■表5 前走オークス2着馬のローズS成績

着順 人気 馬名
12年 2 2 ヴィルシーナ
09年 2 1 レッドディザイア
07年 2 2 ベッラレイア

では前走オークス2着馬のローズSの成績はどうだろう。表5の通り3頭が該当する。昨年のヴィルシーナ、09年レッドディザイア、07年ベッラレイアの3頭。いずれも2着だが、連対率は100%。連軸という意味では、オークス1着馬よりも2着馬の方がふさわしいかもしれない。

表3に戻ると、前走オークス3着から1頭、同4着から2頭のローズS勝ち馬が出ている。オークス1着馬はやや不振と言えるが、基本的にオークスで上位に好走している馬が最有力候補となる。

一方、前走オークス6〜9着に敗れていた馬が【1.1.0.1】という成績。数は少ないがここまで連対率は66.7%。侮れない数字だ。表1によると11年2着マイネイサベル、08年1着マイネレーツェルが好走として該当。前者は同年のクイーンCで2着、後者はフィリーズレビュー1着の実績があった。オークスで掲示板を外していると、中距離に不安を覚えられがちだが、簡単に軽視しない方がいいだろう。

また、前走オークス10着以下の成績は【0.0.1.5】。さすがに少し苦しくなる。好走したのは10年3着エーシンリターンズ。同馬はオークスこそ14着と惨敗したが、桜花賞では3着と好走していた。

あとはオープン特別の白百合Sから1頭がローズSで好走。最後に3着候補として前走1000万クラス好走馬をマークすべきだが、今年の出走予定馬の中にはいないので、今回は触れないことにさせていただく。

【結論】
では今年のローズSを占っていこう。主な出走予定馬は表6の通り。収得賞金が1000万円を超えている馬を明記した。

■表6 今年のローズSの主な出走予定馬

馬名 収得賞金 前走成績  
メイショウマンボ 8250万円 オークス1着  
ローブティサージュ 4200万円 オークス9着  
エバーブロッサム 4050万円 オークス2着  
レッドオーヴァル 3150万円 オークス17着 桜花賞2着
デニムアンドルビー 2900万円 オークス3着  
ノボリディアーナ 1850万円 白百合S1着  
コレクターアイテム 1800万円 桜花賞15着  
セレブリティモデル 1350万円 クイーンS6着  
トーセンソレイユ 1350万円 オークス15着  
リラコサージュ 1350万円 オークス8着  
ウインプリメーラ 1100万円 ポプラS11着  
※フルゲートは18頭。収得賞金900万円以下はその他多数。

2013/3/16 中山11R フラワーカップ(G3)2着 11番 エバーブロッサム

2013/4/21 東京11R サンケイスポーツ賞フローラS(G2)1着 12番 デニムアンドルビー

前述したように今年は前走1000万クラスを勝った馬の出走予定がない。現時点で収得賞金が1000万円を超えている馬の大半が前走オークスに出走している。オークスを優勝したのはメイショウマンボ。桜花賞馬アユサンが不在の今回、格では最上位となるが、オークス馬とローズSとの相性はそれほどよくない。過大評価は禁物だ。一方、オークス2着のローズSでの好走率は高い。したがって、連軸としてはエバーブロッサムを推奨してみたい。ただ、単勝にこだわるならば別の馬から入りたいところだ。

その他のオークス上位馬はデニムアンドルビー。当然注目が集まる。オークスで6〜9着に敗れていた馬はローブティサージュがいるが、同馬は今年に入って好走実績がないのがネック。リラコサージュはオープン特別のスイートピーS1着の実績があるものの、やや割引きが必要だろうか。よってオークス3着のデニムアンドルビーを中心視してみたい。

あとはオークスで17着と大敗したが、桜花賞2着の実績で巻き返す可能性がありそうなレッドオーヴァル。前走白百合S1着のノボリディアーナをマークする。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN