第730回 波乱の連続、新潟記念を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第730回 波乱の連続、新潟記念を分析する

2013/8/29(木)

今週は新潟競馬場で新潟記念が行われる。サマー2000シリーズの王者は既にトウケイヘイローで確定し、その最終戦として注目されることはなくなってしまったが、毎年のように波乱が続くレースで、特に穴党ファンにとっては今年も見逃せない一戦になる。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 06年〜
1 0-1-0-9/10 0.0% 10.0% 10.0% 0% 12% 0-0-0-7/7
2 1-1-0-8/10 10.0% 20.0% 20.0% 54% 44% 1-1-0-5/7
3 3-0-1-6/10 30.0% 30.0% 40.0% 200% 86% 0-0-1-6/7
4 0-1-2-7/10 0.0% 10.0% 30.0% 0% 81% 0-1-1-5/7
5 3-1-0-6/10 30.0% 40.0% 40.0% 275% 123% 3-0-0-4/7
6 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 92% 95% 1-1-0-5/7
7 1-1-1-7/10 10.0% 20.0% 30.0% 147% 166% 1-0-1-5/7
8 0-0-2-8/10 0.0% 0.0% 20.0% 0% 100% 0-0-1-6/7
9 0-2-1-8/11 0.0% 18.2% 27.3% 0% 145% 0-2-1-5/8
10 0-2-0-7/9 0.0% 22.2% 22.2% 0% 142% 0-2-0-4/6
11〜 1-0-2-56/59 1.7% 1.7% 5.1% 83% 46% 1-0-2-44/47

2011/8/28 新潟11R 新潟記念(G3)1着 5番 ナリタクリスタル 5番人気

まず表1は人気別の成績。1番人気は20〜11年前には【5.3.0.2】の成績を残していたが、過去10年では一転して【0.1.0.9】と大不振に陥り、サマー2000シリーズ創設後の7年間では好走がない。2番人気もひと息で、上位人気で好成績を残すのは3番人気と5番人気。また、9〜10番人気も2連対ずつを記録。11番人気以下になると苦しいものの、人気薄にも注意を払いたいレースだ。なお、3連単はシリーズ創設後の7年すべて10万馬券以上で、馬連でもここ5年のうち4回は万馬券が出ている。

■表2 牡・セン馬年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 牝馬
3歳 0-0-0-4/4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-0-0-0/0
4歳 2-1-0-15/18 11.1% 16.7% 16.7% 103% 60% 2-1-0-5/8
5歳 3-5-6-26/40 7.5% 20.0% 35.0% 49% 135% 0-0-0-14/14
6歳 1-1-3-31/36 2.8% 5.6% 13.9% 21% 49% 0-0-1-3/4
7歳以上 2-2-0-27/31 6.5% 12.9% 12.9% 79% 67% 0-0-0-4/4

今年の登録馬は全馬4〜6歳馬。牡・セン馬ではまず5歳、続いて4歳が注目になり、6歳馬は4〜5歳に比べると特に連対候補としては見劣る成績になる。また、牝馬は好走馬4頭中3頭が4歳馬で、【2.1.0.5】連対率37.5%。出走があれば注意したい。

■表3 牡・セン馬ハンデ別成績

ハンデ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 牝馬
〜50kg 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-0-0-5/5
51kg 0-0-0-5/5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-1-0-3/4
52kg 0-1-0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0% 58% 2-0-0-4/6
53kg 0-0-0-13/13 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-0-0-5/5
54kg 0-1-0-16/17 0.0% 5.9% 5.9% 0% 20% 0-0-1-6/7
55kg 2-4-4-15/25 8.0% 24.0% 40.0% 62% 153% 0-0-0-2/2
56kg 3-3-1-19/26 11.5% 23.1% 26.9% 106% 118% 0-0-0-1/1
56.5kg 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 990% 350% 出走なし
57kg 1-0-2-11/14 7.1% 7.1% 21.4% 65% 73%
57.5kg 1-0-1-4/6 16.7% 16.7% 33.3% 136% 91%
58kg 0-0-1-7/8 0.0% 0.0% 12.5% 0% 67%

ハンデは55キロ台、56キロ台に好走馬が集中しており、特に55キロは複勝率が40.0%と安定した成績を残している。57キロ以上はまずまず、54キロ以下になると苦戦傾向だ。牝馬は好走馬4頭中3頭が51〜52キロから出ている。

■表4 枠番別成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 1-1-2-12/16 6.3% 12.5% 25.0% 91% 86%
2枠 0-0-0-17/17 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
3枠 3-2-4-8/17 17.6% 29.4% 52.9% 148% 208%
4枠 1-4-1-12/18 5.6% 27.8% 33.3% 52% 149%
5枠 2-0-2-15/19 10.5% 10.5% 21.1% 76% 92%
6枠 2-0-0-17/19 10.5% 10.5% 10.5% 298% 67%
7枠 0-3-0-23/26 0.0% 11.5% 11.5% 0% 49%
8枠 1-0-1-25/27 3.7% 3.7% 7.4% 20% 27%

枠番別の成績では、3枠が【3.2.4.8】で複勝率52.9%などの好成績。隣の4枠も連対率27.8%と上々だ。その他は1枠と5〜7枠が連対率10%少々、2、8枠は不振である。

■表5 前走クラス・レース別成績(過去7年)

前走クラス/レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1000万下 0-0-0-5/5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1600万下 0-2-0-11/13 0.0% 15.4% 15.4% 0% 75%
OPEN特別 0-0-0-8/8 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
G3 7-5-7-68/87 8.0% 13.8% 21.8% 121% 105%
G2 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
G1 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
小倉記念 3-2-3-23/31 9.7% 16.1% 25.8% 88% 101%
七夕賞 2-3-0-12/17 11.8% 29.4% 29.4% 320% 155%
函館記念 1-0-2-7/10 10.0% 10.0% 30.0% 147% 215%
エプソムC 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 920% 320%
日本海S 0-1-0-2/3 0.0% 33.3% 33.3% 0% 113%
新潟日報賞 0-1-0-2/3 0.0% 33.3% 33.3% 0% 213%
関屋記念 0-0-2-16/18 0.0% 0.0% 11.1% 0% 50%

表5は、前走クラス・レース別の成績。北九州記念の距離短縮や小倉記念の時期変更などが行われ、サマー2000シリーズが創設された過去7回を対象としている。その7回では、サマー2000シリーズ組が優勝馬7頭中6頭、3着以内馬21頭中16を占めている。今年は函館記念組の登録がないため、まずは七夕賞組や小倉記念組に注目していきたい。

■表6 前走条件戦出走の好走馬(過去10年)

馬名 ハンデ 人気 着順 前走 人気 着順
04 レニングラード 55 1 2 新潟 佐渡特別(1000) 1 1
05 ヤマニンアラバスタ 52 3 1 新潟 佐渡特別(1000) 1 1
07 トウショウヴォイス 52 10 2 新潟 新潟日報賞(1600) 7 1
09 サンライズベガ 54 6 2 新潟 日本海S(1600) 1 1

サマー2000シリーズとは関係のない、前走条件戦組は過去10年で【1.3.0.28】連対率12.5%。オープン・重賞組は10年で【9.7.10.101】連対率12.6%となり、条件戦組も出走があれば注意が必要だ。表6はその条件戦組の好走馬で、4頭はいずれも同じ新潟コースで出走して勝利を飾っていた。また、1000万組は過去7年の表5では【0.0.0.5】だったが、それ以前の3年間では【1.1.0.4】と好走馬が出ていたため、まったく軽視してしまうのは避けたい。

【結論】
1番人気馬が不振を極める新潟記念。上位人気では3、5番人気が好成績で、穴馬にも大いに警戒が必要なレースだ。年齢は4〜5歳が中心で、ハンデは55〜56キロ台に好走馬が多い。また、前走もサマー2000シリーズに出走していた馬が好走馬の多くを占めており、条件戦組なら新潟コースで勝ってきていることが好走条件になる。

2012/8/11 新潟10R 信濃川特別 1着 8番 ファタモルガーナ

表5で触れたように、3着以内馬の21頭中16頭は前走サマー2000シリーズ出走馬。今年の登録馬では、エクスペディション、ダコール、トレイルブレイザー、ファタモルガーナ、ラッキーバニラが該当する。

このうち、4〜5歳(表2)、ハンデ55〜56キロ台(表3)をクリアするのはファタモルガーナ(七夕賞6着)とダコール(小倉記念4着)だ。2頭の比較では、好走確率は七夕賞組が高いこと(表5)、そしてダコールは苦戦を強いられている1〜2番人気(表1)に推される可能性がありそうなことから、ファタモルガーナを上位に取りたい。次いでダコール、そしてその他のサマー2000シリーズ組の順になる。

前走条件戦組は新潟コースの1着馬が候補になり(表6)、カルドブレッサとブリッジクライムの名前も挙げておきたい。また、3〜4枠と他の枠で好走確率に大きな開きがあるため(表4)、ここまで挙げた中に3〜4枠を引く馬がいれば特に注目が必要だ。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN