第705回 6月上旬の3歳・古馬混合戦の傾向は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第705回 6月上旬の3歳・古馬混合戦の傾向は?

2013/6/3(月)

先週からはじまった夏競馬。多くの4歳馬がクラス編成替えで降級するとともに、3歳馬と古馬の混合戦がはじまった。そんな夏競馬は一昨年まで6月中旬からだったが、昨年から6月上旬に繰り上がってのスタートとなった。そこで今回は、その「6月上旬の夏競馬」にかぎって、昨年のデータと今年1週目の傾向を振り返ってみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用し、集計対象は500万、1000万、1600万条件戦とした。なお、夏競馬全体については騎手や種牡馬なども交えて先週、出川塁氏が「第703回 夏競馬スタート! 夏にまつわる様々なファクターを分析する」で解説されているので、そちらもご覧いただきたい。

■表1 昨年6月1、2週目の条件戦年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 14-10-14-112/150 9.3% 16.0% 25.3% 69% 88%
4歳 26-33-22-245/326 8.0% 18.1% 24.8% 31% 61%
5歳 12-6-12-130/160 7.5% 11.3% 18.8% 95% 76%
6歳 1-2-4-54/61 1.6% 4.9% 11.5% 76% 50%
7歳以上 0-2-1-25/28 0.0% 7.1% 10.7% 0% 139%

まず表1は、昨年の6月2〜3日、9〜10日の500万、1000万、1600万条件について、年齢別の成績を調べたものである。条件戦全体の傾向として見て取れるのは、古馬と初めての対戦を迎える3歳馬と、多くの馬が降級する4歳馬がほぼ互角の好走確率を残していることだ。
ただ回収率を見ると、4歳馬は単勝で31%、複勝で61という低めの数字が出ている。好走確率が高く、回収率が低いということは、それだけ好走馬の多くが上位人気に推されていたということ。別途人気別の成績も見てみると、4歳馬は26勝中24勝までを3番人気以内の馬が挙げている。「5番人気以内」でみれば、1着馬26頭中25頭、2着馬33頭中23頭、3着馬22頭中19頭。買っていればよく当たるかもしれないが、プラスを計上していくには、買い方なり相手選びなりにひと工夫が必要なのが4歳馬だ。

■表2 昨年6月1、2週目の500万条件年齢別成績(1)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 10-7-10-100/127 7.9% 13.4% 21.3% 71% 74%
4歳 19-27-19-211/276 6.9% 16.7% 23.6% 30% 61%
5歳 6-0-4-77/87 6.9% 6.9% 11.5% 110% 52%
6歳 1-1-3-14/19 5.3% 10.5% 26.3% 244% 124%
7歳以上 0-1-0-5/6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 156%

■表3 昨年6月1、2週目の500万条件年齢別成績(2)

年齢 前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 上級 1-1-0-6/8 12.5% 25.0% 25.0% 75% 88%
同級 6-3-7-67/83 7.2% 10.8% 19.3% 76% 80%
下級 3-3-3-25/34 8.8% 17.6% 26.5% 62% 60%
4歳 上級 13-12-11-47/83 15.7% 30.1% 43.4% 49% 73%
同級 6-12-8-143/169 3.6% 10.7% 15.4% 26% 50%
(同級1着) 3-4-3-10/20 15.0% 35.0% 50.0% 70% 89%
下級 0-1-0-7/8 0.0% 12.5% 12.5% 0% 133%

ここからは条件別に、昨年の6月上旬2週間分の結果を見てみたい。まず500万条件では、レース数が多いこともあって表1と似た傾向を示しており、3歳、4歳は好走確率の差が少ない一方で、回収率は特に4歳の単勝回収率の低さが目立っている。また、5歳馬は好走確率が低いために複勝回収率は52%止まりだが、9〜11番人気が計4頭好走するなど、好走馬10頭中7頭を5番人気以下が占めている。
出走数の多い3、4歳について前走クラス別の成績(表3)を見ると、3歳馬の中では500万条件連戦馬よりは、未勝利を勝ち上がってきた馬のほうが好走確率は高め。一方、4歳は降級馬の好走確率が高いのはイメージ通りだが、前走上級条件から降級した馬よりも、500万条件を勝ち上がった直後にクラス替えで降級した馬の好走確率がさらに高く、回収率の面でも悪くないという結果が出ている。3歳、4歳いずれを買うにしても、この500万条件では「前走で勝った馬」から考えたいデータだ。なお、前走クラス別成績には地方競馬出走馬は含まれていない(以下同様)。

■表4 昨年6月1、2週目の1000万条件年齢別成績(1)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 4-3-4-12/23 17.4% 30.4% 47.8% 59% 166%
4歳 5-5-2-28/40 12.5% 25.0% 30.0% 32% 58%
5歳 2-1-4-33/40 5.0% 7.5% 17.5% 79% 106%
6歳 0-1-1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0% 37%
7歳以上 0-1-0-11/12 0.0% 8.3% 8.3% 0% 25%

■表5 昨年6月1、2週目の1000万条件年齢別成績(2)

年齢 前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 上級 3-2-2-3/10 30.0% 50.0% 70.0% 118% 310%
下級 1-1-2-7/11 9.1% 18.2% 36.4% 17% 65%
4歳 上級 4-3-2-20/29 13.8% 24.1% 31.0% 38% 63%
同級1着 1-2-0-7/10 10.0% 30.0% 30.0% 16% 51%

続いて1000万条件も同様のデータを見てみよう。このクラスで際立っているのは3歳馬の好成績で、特に複勝率は47.8%、複勝回収率は166%と高い。4歳勢も悪くはないものの、好走馬12頭中10頭が4番人気以内で、回収率の面では今ひとつだ。そして500万条件と違って6歳以上の出走もある程度は見られるが、こちらは苦戦を強いられている。
前走クラス別に3歳、4歳を見ると(3歳限定の1000万条件は廃止されたため、3歳馬の前走上級と下級のみ)、3歳馬が好成績をたたき出した要因は、前走でオープン・重賞に出走した馬の活躍にあり、サンプルが少ないとはいえ好走確率が非常に高く、単複の回収率も118%、310%を記録する。ただ、3歳でも500万条件を勝ってきた馬よりは4歳のほうが好走確率は高く、回収率は3歳500万勝ち馬と4歳馬はどちらも低い。

■表6 昨年6月1、2週目の1600万条件年齢別成績(1)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳 出走なし
4歳 2-1-1-6/10 20.0% 30.0% 40.0% 61% 74%
5歳 4-5-4-20/33 12.1% 27.3% 39.4% 75% 102%
6歳 0-0-0-22/22 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
7歳以上 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 267%

■表7 昨年6月1、2週目の1600万条件年齢別成績(2)

年齢 前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
4歳 上級 1-0-1-3/5 20.0% 20.0% 40.0% 92% 72%
同級1着 1-1-0-2/4 25.0% 50.0% 50.0% 37% 95%
5歳 同級 3-3-4-17/27 11.1% 22.2% 37.0% 80% 105%
下級 1-2-0-3/6 16.7% 50.0% 50.0% 53% 85%

最後に1600万条件について。こちらは該当レース数が少ないため参考程度になるが、3歳馬の出走がない分、5歳馬が多く好走しており、連対率や複勝率は4歳、5歳がほぼ互角。6歳以上は1000万条件同様に苦戦を強いられていた。

■表8 先週の条件戦年齢別成績

クラス 年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
500万 3歳 3-4-3-52/62 4.8% 11.3% 16.1%
4歳 9-5-8-84/106 8.5% 13.2% 20.8%
5歳 2-5-3-30/40 5.0% 17.5% 25.0%
6歳上 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0%
1000万 3歳 0-0-1-8/9 0.0% 0.0% 11.1%
4歳 4-5-1-8/18 22.2% 50.0% 55.6%
5歳 0-0-1-28/29 0.0% 0.0% 3.4%
6歳上 1-0-2-14/17 5.9% 5.9% 17.6%
1600万 4歳 1-0-1-2/4 25.0% 25.0% 50.0%
5歳 1-2-0-9/12 8.3% 25.0% 25.0%
6歳上 0-1-0-13/14 0.0% 7.1% 7.1%

ここまで、昨年の結果をもとに「6月上旬の3歳・古馬混合条件戦」を見てきたが、もちろん気になるのは、今年はいったいどうなのか、ということ。JRA-VAN DataLab.におけるデータ提供は月曜になるが、表8はレース直後から提供されている速報データをもとに、先週の6月1、2日分を手元で集計した結果である。

2013/6/1 阪神10R 三木特別 1着 5番 ローゼンケーニッヒ 牡4歳(1番人気)

先週の競馬で目立ったのは、1000万条件における4歳馬の安定感と、500万条件での5歳馬の健闘だった。まず4歳の1000万条件は、表にある通り連対率50.0%などの好成績。昨年同様に好走馬には人気馬が多く、1000万、1600万条件で3着以内に入った4歳馬12頭はすべて4番人気以内。また、500万条件の4歳馬も好走22頭中17頭が4番人気以内だった。ただ、1000万条件はこれだけ好走確率が高ければ回収率もさすがに良く、単複の回収率は103〜105%といったあたり。人気馬中心に買っていればもう少し好成績も望めそうで、人気でも1000万条件の4歳馬は軽視禁物だ。
そして、穴党ファンを多く喜ばせたのは500万条件の5歳馬で、こちらは好走10頭すべて4番人気以下で、そのうち7頭は6番人気以下。昨年の500万条件では単勝回収率のみ100%を超え、複勝回収率は高くなかった5歳馬だが、好走馬には人気薄が多かった。今年の1週目は単勝回収率99%、そして複勝回収率も140%を記録している。
その一方で、今ひとつに終わったのが3歳馬だった。1000万条件では表5から注目される前走オープン・重賞組が結果を出せず、日曜の東京10レース・由比ヶ浜特別ではワキノブレイブが1番人気で7着に敗退。また、サンプル数も十分にあった500万条件では昨年の成績を下回っている。

以上、6月上旬の条件戦について、いくつかのデータを拾ってみた。比較対象にできるのが昨年だけ、そして今年も1週分ということで鵜呑みにできない部分も多いが、昨年とほぼ同様と言えるのは、4歳の特に1000万条件で人気馬中心に好成績を残していること、そして500万条件では5歳の穴馬に注目という点。このあたりは今週も引き続き頭に入れておきたいデータだ。また、3歳馬は現時点で世代レベル云々という話はできないものの、先週の結果を見る限り昨年ほどの成績ではなく、もし今週も土曜にそんな傾向が見られるようなら、日曜のレースでは割り引いて考える手もありそうだ。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN