第635回 ダート2000mで6回目を迎えるシリウスSを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第635回 ダート2000mで6回目を迎えるシリウスSを分析する

2012/9/24(月)

今週はスプリンターズSに加え、土曜の阪神競馬場ではシリウスSが行われる。以前は1400mで行われていたシリウスSだが、07年に2000mに延長されて今年で6回目。ある程度データも揃ってきたため、月曜掲載分の今回はこのシリウスSを取り上げたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。なお、スプリンターズSは木曜掲載分で分析する予定だ。

■表1 人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1
2-1-0-2/5
40.0%
60.0%
60.0%
106%
86%
2
0-0-1-4/5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
36%
3
1-0-0-4/5
20.0%
20.0%
20.0%
114%
46%
4
0-2-2-1/5
0.0%
40.0%
80.0%
0%
226%
5
1-0-1-3/5
20.0%
20.0%
40.0%
212%
124%
6
1-1-0-3/5
20.0%
40.0%
40.0%
304%
100%
7
0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
8
0-1-0-4/5
0.0%
20.0%
20.0%
0%
106%
9
0-0-1-4/5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
146%
10
0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
11〜
0-0-0-19/19
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

2010/10/2 阪神11R シリウスステークス(G3)1着 9番 キングスエンブレム 1番人気

過去5年、1番人気は【2.1.0.2】で連対率60.02〜3番人気は合わせて【1.0.1.8と不振だが、4〜6番人気はいずれも複勝率40.0%以上で、3着以内の好走馬15頭中13頭が6番人気以内。決して堅いレースではないものの、3連対は最高でも08年の10万9230円までに収まっており、ハンデ戦だからといって人気薄が数多く好走するようなレースにもなっていない。

■表2 年齢別成績

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
3歳
2-0-1-7/10
20.0%
20.0%
30.0%
75%
68%
4歳
1-1-1-6/9
11.1%
22.2%
33.3%
168%
142%
5歳
1-0-3-19/23
4.3%
4.3%
17.4%
15%
37%
6歳
1-4-0-11/16
6.3%
31.3%
31.3%
66%
95%
7歳以上
0-0-0-11/11
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

年齢別の成績では、連対率では6歳、勝率では3歳優勢ではあるが、3、4、6歳がいずれも複勝率30%ほどのところに集まっている。対して7歳以上は11頭が出走して好走なし。また、5歳も連対率4.3%と今ひとつだが、過去5年のうち09年を除く4回は1頭が3着以内に入っており、まったく軽視してしまうのも危険である。

■表3 ハンデ別成績(牡・セン馬)

斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
〜51kg
0-0-0-3/3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
52kg
0-0-1-6/7
0.0%
0.0%
14.3%
0%
104%
53kg
1-0-0-3/4
25.0%
25.0%
25.0%
45%
30%
54kg
2-0-0-13/15
13.3%
13.3%
13.3%
139%
34%
55kg
0-0-2-11/13
0.0%
0.0%
15.4%
0%
46%
56kg
2-2-1-11/16
12.5%
25.0%
31.3%
88%
95%
57kg
0-2-0-2/4
0.0%
50.0%
50.0%
0%
105%
57.5kg
0-0-1-0/1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
180%
58kg
0-0-0-0/0
58.5kg〜
0-0-0-3/3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
※牝馬は56.5キロ2着1回

牡・セン馬のハンデ別では、重すぎても軽すぎても良くないという傾向。53〜54キロ、そして56〜57キロに好走馬が多く、その間の55キロには連対馬が出ていない。なお、牝馬は56.5キロのラヴェリータが10年に2着に好走している。

■表4 枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1枠
0-0-2-5/7
0.0%
0.0%
28.6%
0%
85%
2枠
0-0-1-5/6
0.0%
0.0%
16.7%
0%
121%
3枠
1-0-1-5/7
14.3%
14.3%
28.6%
25%
51%
4枠
1-0-0-7/8
12.5%
12.5%
12.5%
132%
43%
5枠
1-1-0-8/10
10.0%
20.0%
20.0%
152%
57%
6枠
0-2-0-7/9
0.0%
22.2%
22.2%
0%
83%
7枠
1-1-0-7/9
11.1%
22.2%
22.2%
38%
34%
8枠
1-0-1-8/10
10.0%
10.0%
20.0%
57%
41%

枠番別では好走馬が分散しているものの、1、2枠だけは連対馬なし。08年には2番人気のドラゴンファイヤー(5着)、3番人気のユキチャン(8着)、09年には2番人気ナムラハンター(11着)、そして11年は3番人気タナトス(10着)と、1〜2枠で上位人気に推された馬も4頭いながら、すべて馬券圏外に敗れ去っている。また、シリウスS以外のレースも含め、阪神ダート2000mの1〜2枠はコース新設後【10.8.15.182】で連対率8.4(3枠から外はいずれも連対率14.0%以上)と、内枠は苦戦を強いられることの多いコースだ。

■表5 脚質成績

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
逃げ
0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
先行
3-1-3-10/17
17.6%
23.5%
41.2%
116%
107%
中団
1-1-1-19/22
4.5%
9.1%
13.6%
8%
44%
後方
1-2-1-16/20
5.0%
15.0%
20.0%
76%
63%
※脚質はTarget frontier JVによる分類

■表6 脚質別好走馬

脚質
馬名
通過順
人気
着順
先行 07 ワンダースピード
3-3-3-4
5
3
09 ワンダーアキュート
4-4-5-3
3
1
ゴールデンチケット
2-2-2-2
4
3
10 キングスエンブレム
6-6-5-3
1
1
ラヴェリータ
2-2-2-2
4
2
11 ヤマニンキングリー
2-2-2-2
5
1
キングスエンブレム
8-8-6-4
4
2
フサイチセブン
3-3-3-3
2
3
中団 07 ドラゴンファイヤー
6-5-6-7
1
1
08 ワンダースピード
12-11-10-9
1
2
10 チョイワルグランパ
7-6-5-7
9
3
後方 07 ラッキーブレイク
13-13-13-9
6
2
08 マイネルアワグラス
12-11-10-9
6
1
ダークメッセージ
15-15-12-12
4
3
09 ダークメッセージ
10-9-10-11
8
2
※脚質はTarget frontier JVによる分類

続いて脚質別の成績。全体的には先行馬優勢の傾向で、表6にあるように先行した好走馬は5番人気までの人気馬中心である。ただ、好走確率も十分に高いために単複の回収率は100%超。この「先行」に分類された馬のうち、5番人気以内だった馬は【3.2.3.4】で連対率41.7%、複勝率66.7%にもなり、他のデータに問題がなければ人気の先行馬を素直に買うのが良さそうな印象だ。逆に人気薄を買うなら追い込み型が中心になる。

■表7 前走クラス・レース別成績(レースは好走馬輩出レース)

クラス/レース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1000万下
0-0-1-3/4
0.0%
0.0%
25.0%
0%
182%
1600万下
4-0-0-5/9
44.4%
44.4%
44.4%
291%
90%
OPEN特別
0-1-2-26/29
0.0%
3.4%
10.3%
0%
22%
中央G3
1-1-0-13/15
6.7%
13.3%
13.3%
70%
58%
中央G2
0-1-2-1/4
0.0%
25.0%
75.0%
0%
222%
中央G1
0-0-0-2/2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
地方交流重賞
0-2-0-4/6
0.0%
33.3%
33.3%
0%
66%
オークランドRCT
4-0-0-3/7
57.1%
57.1%
57.1%
374%
115%
朝日CC
1-0-0-1/2
50.0%
50.0%
50.0%
530%
175%
スパーキングLC
0-1-0-0/1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
270%
東海S
0-1-1-1/3
0.0%
33.3%
66.7%
0%
186%
阿蘇S
0-1-1-10/12
0.0%
8.3%
16.7%
0%
33%
帝王賞
0-1-0-0/1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
130%
平安S
0-1-0-0/1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
530%
セントライト記念
0-0-1-0/1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
330%
みなみ北海道S
0-0-1-0/1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
240%
松戸特別
0-0-1-2/3
0.0%
0.0%
33.3%
0%
243%

2009/10/3 阪神10R シリウスステークス(G3)1着 16番 ワンダーアキュート 前走オークランドRCT1着

前走クラス・レース別では目立つのは、同じ阪神で行われている1600万条件・オークランドレーシングクラブT組の好成績で、前走1600万組の好走馬はすべてこのレース。その他は好走馬が分散しており、複数の好走馬を出しているのはオープン特別の阿蘇Sと、春に行われたG2・東海Sのみである。また、好走馬がいないため表にはないが、エルムS組は【0.0.0.8に終わっている。

■表8 前走クラス別の好走馬一覧

前走クラス
馬名
斤量
今回
前走
人気
着順
レース
人気
着順
条件戦
07 ドラゴンファイヤー 53
1
1
オークランドRCT
1
1
08 マイネルアワグラス 54
6
1
オークランドRCT
2
9
09 ワンダーアキュート 54
3
1
オークランドRCT
3
1
10 キングスエンブレム 56
1
1
オークランドRCT
3
1
チョイワルグランパ 52
9
3
松戸特別
1
1
地方交流重賞
08 ワンダースピード 57
1
2
帝王賞
2
5
10 ラヴェリータ 56.5
4
2
スパーキングLC
1
1
中央OP・重賞
07 ラッキーブレイク 56
6
2
阿蘇S
7
3
ワンダースピード 55
5
3
東海S
11
2
08 ダークメッセージ 56
4
3
みなみ北海道S
3
2
09 ダークメッセージ 56
8
2
平安S
4
7
ゴールデンチケット 55
4
3
セントライト記念
6
14
11 ヤマニンキングリー 56
5
1
朝日CC
5
4
キングスエンブレム 57
4
2
東海S
8
8
フサイチセブン 57.5
2
3
阿蘇S
2
1

表8は、その前走クラス別に好走馬を列挙したものである。まず前走オープン・重賞組(地方含む)に共通するのは、ハンデ55キロ以上だったこと。加えて55キロで好走した2頭は3着止まりのため、オープン・重賞組の連対条件としては56キロ以上と考えられる。条件戦組の好走馬に軽ハンデ馬が多いのは当然だが、オープン・重賞組の場合、実績不足や近走不振などでハンデが軽くなっている馬は狙いづらい。
もう1点、前走の人気も注目点になる。前走条件戦、または地方の交流重賞組の7頭は、すべて前走3番人気以内に推されていたのに対し、中央のオープン・重賞組で前走3番人気以内だったのは好走馬8頭中2頭止まりとなっている。

■表9 好走馬の阪神ダート、ダート1900m以上実績

馬名
着順
阪神ダート
中央ダ19〜
地方ダ19〜実績
07 ドラゴンファイヤー
1
1-0-0-0
未経験
未経験
ラッキーブレイク
2
2-2-2-2
0-1-2-1
未経験
ワンダースピード
3
1-0-0-6
1-1-0-2
未経験
08 マイネルアワグラス
1
0-0-0-1
1-0-0-1
ジャパンDダービー4着
ワンダースピード
2
2-0-1-6
2-1-1-4
帝王賞5着
ダークメッセージ
3
未経験
1-0-0-0
未経験
09 ワンダーアキュート
1
2-0-0-1
未経験
ジャパンDダービー5着
ダークメッセージ
2
0-1-1-0
1-1-1-0
未経験
ゴールデンチケット
3
未経験
未経験
ジャパンDダービー3着
10 キングスエンブレム
1
1-0-0-2
0-0-0-1
未経験
ラヴェリータ
2
1-0-0-1
1-0-0-1
関東オークス1着
チョイワルグランパ
3
0-0-0-2
2-0-0-1
未経験
11 ヤマニンキングリー
1
未経験
未経験
未経験
キングスエンブレム
2
2-0-0-4
1-0-0-2
ダイオライト記念5着
フサイチセブン
3
0-1-0-0
1-1-0-1
ダイオライト記念1着

昨年は初ダートのヤマニンキングリーが優勝したが、過去5年の好走馬で阪神ダート、ダート1900m以上ともにまったく実績がなかったのはこの馬1頭だけ。特にダート1900m以上については、中央で連対があるか、地方の交流重賞で5着以内の実績を持っていた馬が好走馬15頭中12を占めている。

以上、シリウスSのデータをいくつか拾ってみた。今回は月曜掲載分のため、執筆段階では枠はもちろんハンデも発表されていないが、その他のデータから登録馬を見ると、まず前走オークランドレーシングクラブT優勝(表7、8)のメイショウエバモアの名前が目につく。ただこの馬は、前走条件戦で4番人気(表8)だったことや、5歳馬(表2)、そしてダート1900m以上1戦着外(表9)というマイナス材料も同時に抱えており、不動の中心とまでは言いがたい。ほかに、これまで好走馬を2頭出す阿蘇Sの優勝馬・グレープブランデーや、同じく東海Sを制したソリタリーキングあたりは他のデータからも減点材料は少なく、チャンスも十分にあるだろう。いずれにしても枠やハンデもカギを握るレースだけに、今後発表されてくる情報も含めて検討を進めていただきたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN