第571回 芝→ダート替わりについて考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第571回 芝→ダート替わりについて考える

2012/2/13(月)

今週は今年最初のG1・フェブラリーSが行われる。登録馬を見渡すと、マイルG1・2勝のグランプリボス、芝の重賞で3勝を挙げているスマイルジャック、10年京都金杯勝ち馬ライブコンサートと芝のマイル路線で活躍してきた馬たちの名前がある。ライブコンサートは昨年のフェブラリーSに参戦しているが(勝ち馬トランセンドから0.9秒差の7着)、グランプリボスとスマイルジャックは今回が初ダート。2頭がダートのマイルG1でどのような走りをするかに注目しているファンも多いだろう。そこで今回は今年のフェブラリーSを見据えながら、芝→ダート替わりについて分析してみたい。集計期間は09年から12年2月5日まで。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 芝→ダート、ダート→芝替わりの成績

芝⇔ダート
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
芝→ダ
628-  581-  582- 9760/11551
5.4%
10.5%
15.5%
74%
80%
ダ→芝
326-  327-  373- 8932/ 9958
3.3%
6.6%
10.3%
70%
72%

始めに表1では芝→ダート、ダート→芝替わりの成績をまとめてみた。単純に比較すると、芝→ダート替わりのほうが優秀。回収率では大きな差がないものの、勝率、連対率、複勝率は1.5倍ほどの開きがある。以下では種牡馬、クラス別成績から、芝→ダート替わりの狙い目を探っていきたい。

■表2 芝→ダート替わりの種牡馬別成績

順位
種牡馬
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
ファスリエフ 4-  2-  1- 13/ 20
20.0%
30.0%
35.0%
75%
106%
2
ウォーエンブレム 4-  2-  0- 14/ 20
20.0%
30.0%
30.0%
80%
62%
3
キングカメハメハ 33- 32- 29-261/355
9.3%
18.3%
26.5%
127%
108%
4
アグネスタキオン 28- 21- 18-189/256
10.9%
19.1%
26.2%
106%
98%
5
ディープインパクト 9-  3-  5- 48/ 65
13.8%
18.5%
26.2%
79%
60%
6
ゴールドアリュール 15-  8- 13-109/145
10.3%
15.9%
24.8%
84%
76%
7
ワイルドラッシュ 12-  5-  6- 77/100
12.0%
17.0%
23.0%
94%
88%
8
コロナドズクエスト 2-  9-  3- 48/ 62
3.2%
17.7%
22.6%
27%
78%
9
ネオユニヴァース 32- 23- 20-259/334
9.6%
16.5%
22.5%
107%
120%
10
ブライアンズタイム 14-  9- 11-118/152
9.2%
15.1%
22.4%
53%
105%
11
プリサイスエンド 6-  5-  6- 59/ 76
7.9%
14.5%
22.4%
70%
105%
12
ゼンノロブロイ 14- 10- 12-125/161
8.7%
14.9%
22.4%
114%
94%
13
フレンチデピュティ 10- 12-  9-110/141
7.1%
15.6%
22.0%
219%
149%
14
マンハッタンカフェ 22- 19- 20-218/279
7.9%
14.7%
21.9%
57%
65%
15
ストラヴィンスキー 6-  6-  5- 61/ 78
7.7%
15.4%
21.8%
79%
67%
16
ダイワメジャー 4-  2-  2- 29/ 37
10.8%
16.2%
21.6%
49%
45%
17
サウスヴィグラス 2-  4-  6- 45/ 57
3.5%
10.5%
21.1%
498%
197%
18
クロフネ 31- 21- 19-267/338
9.2%
15.4%
21.0%
100%
91%
19
トワイニング 8-  3-  4- 59/ 74
10.8%
14.9%
20.3%
151%
92%
20
アッミラーレ 2-  3-  1- 24/ 30
6.7%
16.7%
20.0%
152%
90%
29
タニノギムレット 12- 11- 17-183/223
5.4%
10.3%
17.9%
29%
84%
57
サクラバクシンオー 14- 13-  9-233/269
5.2%
10.0%
13.4%
101%
46%
-
Singspiel 1-  2-  0- 13/ 16
6.3%
18.8%
18.8%
300%
80%
※出走回数20回以上の複勝率に基づく順位。

表2は芝→ダート替わりの種牡馬別成績ベスト20。1位は08年から日本で繋養されているファスリエフ。出走回数は最低ラインの20回だが、1着4回2着2回は優秀な成績といえる。今後、同産駒は増えるはずで、今から注目しておいてもいいだろう。3位のキングカメハメハは出走回数が355回にも達しながら、単・複回収率は100%オーバー。キングカメハメハの代表産駒といえば、ローズキングダム、アパパネ、トゥザグローリー、ルーラーシップなど。パワー溢れる走りをするタイプが多く、芝→ダート替わりでも力を発揮しているようだ。

サンデーサイレンスの後継種牡馬では、アグネスタキオンネオユニヴァースゼンノロブロイがオススメ。いずれも現役時代にダート経験はなかったものの、産駒はダートでも活躍している。ダートを主戦場としていたゴールドアリュールは6位にランクインも、前述の3頭と比べると回収率でいまひとつ。08年の「第221回 自身の特徴をそのまま伝えるゴールドアリュール」で、同産駒は芝→ダート替わりが狙い目とお伝えしたが、近年の成績を見ると平均的な数字に落ち着いている。そのほかではフレンチデピュティとその子・クロフネの成績がいい。両産駒とも芝、ダートどちらでも走れるタイプが多く、芝→ダート替わりでも凡走することは少ないのだろう。

ベスト20位には入らなかったが、今年のフェブラリーSに登録しているグランプリボス(父サクラバクシンオー)、スマイルジャック(父タニノギムレット)、ライブコンサート(父Singspiel)の父についても調べてみた。タニノギムレットは29位、サクラバクシンオーは57位で、強調材料はなさそう。Singspielは出走回数が16回のため、順位は出なかったが、好走率はタニノギムレット、サクラバクシンオーより上。3頭の中では一番、芝→ダート替わりで買える種牡馬かもしれない。

■表3 芝→ダート替わりのクラス別成績

クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
新馬
1-    0-    0-    5/    6
16.7%
16.7%
16.7%
108%
40%
未勝利
399-  383-  377- 5871/ 7030
5.7%
11.1%
16.5%
80%
84%
500万下
171-  158-  156- 2832/ 3317
5.2%
9.9%
14.6%
64%
75%
1000万下
39-   30-   26-  607/  702
5.6%
9.8%
13.5%
89%
84%
1600万下
9-    8-   11-  228/  256
3.5%
6.6%
10.9%
27%
64%
OPEN特別
8-    2-   10-  169/  189
4.2%
5.3%
10.6%
24%
36%
G3
1-    0-    2-   39/   42
2.4%
2.4%
7.1%
25%
34%
G2
0-    0-    0-    0/    0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G1
0-    0-    0-    9/    9
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
※新馬は前走芝のレースを取り消しか除外。

2011/10/1 阪神11R シリウスステークス(G3)1着 4番 ヤマニンキングリー

表3は芝→ダート替わりのクラス別成績で、未勝利戦の好走率、回収率が最もいい。クラスは上がるにつれて好走率はダウンし、重賞組は【1.0.2.48】。勝ち馬は昨年のシリウスSを勝利したヤマニンキングリー(初ダート)のみである。3着2回は、09年シリウスS3着ゴールデンチケット、10年武蔵野S3着ブラボーデイジー。2頭は過去にダートグレードを勝利しており、初ダートで通用するケースはほとんどない。

■表4 前走芝のレースに出走していたフェブラリーS好走馬(97年以降)

着順
人気
馬名
前走
ダート実績
03年
3
4
イーグルカフェ 有馬記念14着 ジャパンCダート1着
02年
1
1
アグネスデジタル 香港C1着 南部杯1着
01年
3
4
トゥザヴィクトリー 阪神牝馬S1着 初ダート、のちにドバイワールドC2着
98年
1
6
グルメフロンティア 中山金杯1着 ながつきS1着

2002/2/17 東京11R フェブラリーS(G1)1着 9番 アグネスデジタル

フェブラリーSがG1に昇格した97年以降、同レースの芝→ダート替わりは【2.0.2.32。勝率・連対率5.6%、複勝率11.1%で、単・複回収率は50%未満。凡走することのほうが圧倒的に多い。00年にはキングヘイローが初ダートで1番人気に支持されたが、13着に惨敗した。10年には芝の重賞勝ち馬が5頭も出走。3番人気レッドスパーダは12着、4番人気リーチザクラウンは10着に敗退。最高着順はスプリントG1で2勝を挙げていたローレルゲレイロの7着だった。

それでも好走馬4頭の特徴を見ていくと(表4参照)、03年3着イーグルカフェ、02年1着アグネスデジタルは前年にダートのG1を優勝。芝・ダートどちらでも走れるタイプで、前走が芝でも全く問題はなかった。98年1着グルメフロンティアはフェブラリーSがダート重賞初出走だったが、前年のながつきSでダート重賞勝ち馬エムアイブランを下して勝利。ダートの重賞でも十分に通用する力を証明していた。このように好走馬4頭中3頭は過去にダートのオープンクラスを勝利。01年3着トゥザヴィクトリーは初ダートだったが、次走ドバイワールドCで2着に好走。ダートでも相当のポテンシャルを秘めていた馬で、例外と見てよさそうだ。

今年のフェブラリーSに登録しているグランプリボス、スマイルジャック、ライブコンサート。グランプリボスとスマイルジャックは初ダートで、表2の種牡馬でも大きなアドバンテージはなく、軽視したほうがよさそう。ライブコンサートは昨年のフェブラリーSでまずまずの内容を見せたが、勢いは昨年のほうが上。すでに8歳で、さすがに上位争いは厳しいだろう。今年のフェブラリーSは例年通り、ダート路線を歩んできた馬を中心に考えたい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN