第549回 今年最後の芝スプリント重賞・京阪杯を分析!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第549回 今年最後の芝スプリント重賞・京阪杯を分析!

2011/11/21(月)

京阪杯は06年に芝1200mの重賞としてリニューアル。06〜08年は平穏な決着だったが、09年は7→3→16番人気で3連単66万馬券。昨年は2→13→5番人気で3連単39万円が飛び出した。過去2年は二けた人気馬が好走しており、波乱の決着が続いている。果たして今年はどのような結末になるのだろうか。過去5年のデータを基に分析していきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去5年の京阪杯の結果

着順
人気
馬名
前走
10年
1
2
スプリングソング 長岡京S1着
2
13
ケイアイアストン 京洛S3着
3
5
モルトグランデ 福島民友C1着
09年
1
7
プレミアムボックス スワンS6着
2
3
レディルージュ 京洛S2着
3
16
ヘイローフジ スワンS12着
08年
1
4
ウエスタンダンサー 京洛S2着
2
3
ファリダット スワンS8着
3
2
スプリングソング 京洛S1着
07年
1
1
サンアディユ スプリンターズS2着
2
4
ペールギュント スワンS7着
3
2
カノヤザクラ セントウルS2着
06年
1
4
アンバージャック 京洛S1着
2
3
コパノフウジン 福島民友C1着
3
2
タマモホットプレイ スワンS6着

上の表1は過去5年の京阪杯の結果。前述した通り、過去2年は波乱の決着。ただし、平穏だった06年から傾向は一貫しており、好走馬15頭は3つのグループにわけられる。1つ目はスワンS組で、09年1着プレミアムボックスら5頭が該当。2つ目は京洛S組で、10年2着ケイアイアストンら5頭が該当している。そしてそのほかの好走馬5頭は「前走2着以内」という共通点があった。

■表2 スワンS組の京阪杯好走馬

着順
人気
馬名
前走着順(着差)
オープン実績(過去1年)
09年
1
7
プレミアムボックス
6着(0.5)
CBC賞1着
3
16
ヘイローフジ
12着(0.6)
尾張S1着
08年
2
3
ファリダット
8着(0.5)
マーガレットS1着
07年
2
4
ペールギュント
7着(0.8)
テレビ愛知OP1着
06年
3
2
タマモホットプレイ
6着(0.4)
シルクロードS1着

ここからは前述の3つのグループにわけて、好走パターンを見ていきたい。まず表2にまとめたのはスワンS組の京阪杯好走馬。09年の波乱は同組の2頭が立役者となっていた。好走馬に共通するのはスワンSで6着以下に敗れていたこと。スワンSで好走していれば、マイルCSに進むことが多く、このレースに出走するスワンS組は前走で敗退している馬が多い(前走スワンS3着以内の出走は1回のみ)。ただし、着差を見ると、好走馬はすべて勝ち馬から0.8秒差以内。着順は悪くても、勝ち馬から大きく離されているならマイナスだ。またすべての馬が過去1年以内に芝1400m以下のオープンレースを勝利していた

■表3 京洛S組の京阪杯好走馬

着順
人気
馬名
前走着順
前走上がり
10年
2
13
ケイアイアストン
3着
2位
09年
2
3
レディルージュ
2着
7位
08年
1
4
ウエスタンダンサー
2着
2位
3
2
スプリングソング
1着
3位
06年
1
4
アンバージャック
1着
3位

京洛Sは京阪杯と同舞台の京都芝1200m。07年までは準オープンだったが、08年からオープン特別に昇格され、過去3年で4頭の好走馬を輩出。京阪杯のステップレース的な位置づけとなっている。京洛S組の京阪杯好走馬を見ると(表3参照)、5頭はすべて前走3着以内。また5頭中4頭は前走上がり3位以内だった

■表4 そのほかの京阪杯好走馬

着順
人気
馬名
前走
重賞実績
10年
1
2
スプリングソング 長岡京S1着 京阪杯3着
3
5
モルトグランデ 福島民友C1着 シルクロードS3着
07年
1
1
サンアディユ スプリンターズS2着 セントウルS1着
3
2
カノヤザクラ セントウルS2着 セントウルS2着
06年
2
3
コパノフウジン 福島民友C1着 オーシャンS2着

最後にそのほかの好走馬を見ていこう(表4参照)。表1で述べた通り、スワンS組、京洛S組以外から好走したのは、「前走2着以内」の馬たち。07年1着サンアディユ、同年3着カノヤザクラは前走重賞2着。06年2着コパノフウジン、10年3着モルトグランデは前走オープン特別(福島民友C)1着。10年1着スプリングソングは前走準オープンを勝利していた。前走がオープン特別か準オープンなら1着が望ましいようだ。

好走馬5頭に共通しているのは重賞で3着以内の実績があったこと。できれば連対実績が欲しいが、10年1着スプリングソング(京阪杯3着)、同年3着モルトグランデ(シルクロードS3着)のように、京都芝1200mの重賞なら3着でも問題ない。なおスプリンターズS組は【1.0.0.5】で、好走したのは07年1着サンアディユのみ(前走スプリンターズS2着)。08年1番人気6着ビービーガルダン、09年1番人気8着アルティマトゥーレ、10年1番人気10着ダッシャーゴーゴーと3年連続で同組の1番人気が凡走している。前走がスプリンターズSでも過大評価は禁物だ。

<結論>
それでは今年の京阪杯を展望していこう。今年の登録馬を前述の3つのグループにわけてみた。

■表5 今年のスワンS組の京阪杯登録馬

馬名
前走着順(着差)
オープン実績(過去1年)
ショウナンカザン
11着(1.3)
淀短距離S1着
ジョーカプチーノ
2着(0.2)
シルクロードS1着
ワンカラット
7着(1.0)
 

2011/1/29 京都11R シルクロードS(G3)1着 9番 ジョーカプチーノ

今年のスワンS組は上記の3頭(表5参照)。注目はジョーカプチーノ。着差は勝ち馬から0.2秒。今年のシルクロードSを勝利しており、過去1年以内のオープン実績も余裕でクリアしている。同組の好走馬はすべて前走6着以下だったが、それは単純にスワンSで上位に入った馬はマイルCSに駒を進めるから。同レース2着の実績は素直に評価していいだろう。ショウナンカザン、ワンカラットは着順だけ見ると過去の好走馬と似ているが、着差は前者が1.3秒で、後者が1.0秒。勝ち馬からやや離され過ぎか。

■表6 今年の京洛S組の京阪杯登録馬

馬名
前走着順
前走上がり
アーバンストリート
9着
6位
キョウワマグナム
2着
4位
コパノオーシャンズ
6着
2位
サワヤカラスカル
13着
8位
シンボリグラン
16着
13位
ナイアード
8着
15位
ブラウンワイルド
10着
13位
ミキノバンジョー
5着
6位
ロードカナロア
1着
1位
ワイルドラズベリー
7着
10位

2011/11/6 京都10R 京洛ステークス 1着 14番 ロードカナロア

今年は京洛S組から計10頭が登録(表6参照)。「前走3着以内、前走上がり3位以内」の条件に当てはまるのは勝ち馬のロードカナロアのみ。同馬はデビュー戦から6戦4勝2着2回と底を見せておらず、芝1200mに限れば4戦4勝。京洛Sは余力十分の勝ち方で、一気に重賞制覇を成し遂げても不思議ではない。惜しいのは2着のキョウワマグナム。上がりは4位タイ。あと少しで好走条件に合致していた。

■表7 今年のそのほかの京阪杯登録馬

馬名
前走
重賞実績
アウトクラトール 信越S5着  
アーバニティ スプリンターズS13着 オーシャンS1着
グランプリエンゼル 信越S4着 函館スプリントS1着
ケイアイアストン 信越S3着 京阪杯2着

最後にそのほかの京阪杯登録馬をまとめたのが表7で、今年は前走2着以内の馬がゼロ。3頭は信越Sで掲示板に入っているものの、同レースはオープン特別。過去の同組の好走馬は、前走がオープン特別か準オープンなら勝利しており、大目に見ても推奨しづらい。

今年はデータ的にぴったりと合致するのがスワンS2着ジョーカプチーノと京洛S勝ち馬ロードカナロアのみ。勝ち馬はこの2頭のどちらかと考えたい。2、3着候補にはスワンS組の着順は過去の好走馬と似ているショウナンカザンとワンカラット、京洛S2着・上がり4位タイのキョウワマグナムを挙げておきたい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN