第529回 秋に活躍しそうな夏の3歳上がり馬をご紹介!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第529回 秋に活躍しそうな夏の3歳上がり馬をご紹介!

2011/9/12(月)

今週は菊花賞、秋華賞を占う意味で重要なトライアルレースが2つ組まれている。春のG1戦線を歩んでいた馬と夏に力をつけた上がり馬が激突する。そこで今回は夏の3歳上がり馬に注目。夏に1000万クラスを勝利した3歳馬を対象に、どういうタイプの馬が秋に活躍するのか分析してみたい。データ分析にはJJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 夏の1000万クラスにおける3歳馬の成績(06年以降)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
11年 17- 13- 10- 94/134
12.7%
22.4%
29.9%
97%
78%
10年 30- 20- 13- 96/159
18.9%
31.4%
39.6%
102%
94%
09年 32- 25- 13-104/174
18.4%
32.8%
40.2%
105%
89%
08年 19- 19- 12- 99/149
12.8%
25.5%
33.6%
83%
80%
07年 22- 19- 17-110/168
13.1%
24.4%
34.5%
65%
90%
06年 19-  9- 25-133/186
10.2%
15.1%
28.5%
79%
84%

始めに表1では夏の1000万クラスにおける3歳馬の成績(06年以降)を調べてみた。夏の時期は1回函館初日から1回札幌最終日まで(今年は6月18日〜9月4日)。今年は通算で17勝を挙げ、06年以降で最も勝利数が少なかった。好走率も伸び悩み、連対率・複勝率は09・10年に比べて、約10.0%もダウンしている。今年は夏の1000万クラスで3歳馬があまり活躍していなかったようだ。

ただし、今年の3歳馬のレベルが低いかは微妙。クイーンSではわずかキャリア4戦のアヴェンチュラが古馬を撃破して優勝。函館スプリントSではテイエムオオタカが2着に好走した。関屋記念では前走500万クラスを勝利したばかりのサトノフローラが3着。昨年は夏の重賞で好走したのがアプリコットフィズ(クイーンS)のみだったが、今年は3頭が好走を果たした。また春にはリアルインパクトがG1格付け以降の安田記念で3歳馬として初優勝を成し遂げている。

■表2 夏に1000万クラスを勝利した主な3歳馬(06年以降)

馬名
1000万クラス勝ち
同年秋の重賞成績
10年 ビッグウィーク 玄海特別 菊花賞1着
スマートシルエット 三面川特別 府中牝馬S3着
ヤマニンエルブ 阿賀野川特別 セントライト記念2着
ゴールスキー 豊栄特別 マイルCS3着
09年 セイクリッドバレー 信濃川特別 セントライト記念2着
08年 キクノサリーレ 平尾台特別 武蔵野S1着
ナムラクレセント 玄海特別 菊花賞3着
オウケンブルースリ 阿賀野川特別 菊花賞1着
07年 レインダンス 三面川特別 秋華賞2着
ドラゴンファイヤー 麒麟山特別 シリウスS1着
マコトスパルビエロ 猪苗代特別 エルムS2着
06年 アロンダイト 魚沼特別 ジャパンCダート1着

2010/10/24 京都11R 菊花賞(G1)1着 6番 ビッグウィーク

表2では夏に1000万クラスを勝利し、同年の秋に重賞で活躍した3歳馬をまとめてみた(06年以降)。夏に1000万クラスを勝利したばかりでも、秋にG1で活躍する馬は意外と多い。06年アロンダイトは未勝利戦から5連勝でジャパンCダートを制覇。翌07年にはレインダンスが三面川特別を勝利すると、次走ローズSで3着に入り、秋華賞ではダイワスカーレットの2着に好走した。08年菊花賞勝ち馬オウケンブルースリ、同3着ナムラクレセントも夏に1000万クラスを勝利。そして昨年の菊花賞勝ち馬ビッグウィークは夏に小倉の玄海特別を勝利していた。G1以外の重賞でも毎年1頭は、「夏に1000万クラスを勝利した3歳馬」が秋の重賞で3着以内に入っている

秋の重賞で好走する馬の特徴を探ると、夏の新潟芝1000万クラスを勝利していることが多い。07年秋華賞2着レインダンス・10年府中牝馬S3着スマートシルエットは三面川特別(新潟芝1800m)、08年菊花賞1着オウケンブルースリ・10年セントライト記念2着ヤマニンエルブは阿賀野川特別(同芝2200m)、09年セントライト記念2着セイクリッドバレーは信濃川特別(同芝2000m)、10年マイルCS3着ゴールスキーは豊栄特別(同芝1600m)を勝利していた。

■表3 今夏に1000万クラスを勝利した3歳馬

馬名
1000万クラス勝ち
ハノハノ 西日本スポーツ杯
ベストクローン シンガポールターフC賞
スマートロビン 阿寒湖特別
オーラレガーレ 白鳥大橋特別
リヴァーレ 三面川特別
ヤマノサファイア 妙高特別
オーシャンブルー 阿賀野川特別
アイファーソング 宮崎特別
キョウワジャンヌ エクセル浜松開設記念
ボストンエンペラー 西部日刊スポーツ杯
イーグルカザン 檜山特別
タカオノボル 麒麟山特別
デュアルスウォード 苗場特別
ニシノステディー 火打山特別
ロイヤルクレスト 隅田川特別
シゲルソウサイ 皆生特別
テイエムオオタカ 道新スポーツ杯

2011/8/20 新潟10R 阿賀野川特別 1着 2番 オーシャンブルー

表3では今夏に1000万クラスを勝利した3歳馬17頭を一覧にした。すでに古馬混合のスプリント重賞で活躍しているテイエムオオタカ、レパードSで2着に好走したタカオノボルらが含まれている。新潟芝1000万クラスを勝利している馬は、リヴァーレ、オーシャンブルー、キョウワジャンヌ、ニシノステディー。その中から注目馬を挙げるなら、リヴァーレとオーシャンブルーだろう。

リヴァーレは、前走三面川特別で関屋記念3着サトノフローラ、カーネーションC勝ち馬サクセスシルエットらの同世代を相手に優勝。これで芝の通算成績が【3.1.1.0】になった。三面川特別は07年秋華賞2着レインダンス、10年府中牝馬S3着のスマートシルエットが勝利したレース。リヴァーレが秋に活躍する可能性もありそうだ。

オーシャンブルーはデビュー3戦目に京都芝2000mの未勝利戦を勝ち上がると、樟葉特別、阿賀野川特別と3連勝。近2走はともに2着馬とクビ差の接戦だったが、まだ奥がありそうな走りだった。「デビュー3戦目に勝ち上がり、阿賀野川特別を3連勝で勝利」というのは、08年菊花賞勝ち馬オウケンブルースリと全く同じである。ぜひ秋の重賞戦線で注目してみたい。

新潟コース以外の1000万クラスを勝利した注目馬を挙げるなら、スマートロビンだろう。2歳時には未勝利戦、エリカ賞と2連勝をマークして、年明けの京成杯では1番人気に支持された素質馬。京成杯以降は3戦してさっぱりだったが、毎日杯10着以来の実戦だった前走阿寒湖特別が4馬身差の圧勝。同レースの勝ち馬からは01年菊花賞馬マンハッタンカフェ、02年秋華賞馬ファインモーションが誕生している。菊花賞に出走が叶えば、楽しみな1頭になりそうだ。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN