第525回 この夏の新潟・小倉騎手成績は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第525回 この夏の新潟・小倉騎手成績は?

2011/8/29(月)

9月を迎え、夏の新潟・小倉競馬も今週が最終週になる。そこで今回は、この夏の新潟・小倉競馬の騎手成績にスポットを当ててみたい。近年の夏競馬とはやや違った傾向が出ている印象もあるが、実際の成績はどうなっているのだろうか。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用。集計期間は8月21日までとし、本稿執筆中に開催されている先週・27、28日分については一部本文で取り上げる。

■表1 夏の小倉騎手成績(06〜10年)

騎手
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回
複回
平均人気
年別勝ち鞍
06
07
08
09
10
武豊 84- 41- 44-155/324
25.9%
38.6%
52.2%
66%
76%
2.1人気
15
30
16
22
1
和田竜二 67- 67- 54-433/621
10.8%
21.6%
30.3%
82%
78%
6.1人気
20
12
10
11
14
川田将雅 58- 62- 41-322/483
12.0%
24.8%
33.3%
69%
81%
5.4人気
14
14
9
7
14
小牧太 57- 54- 53-349/513
11.1%
21.6%
32.0%
71%
88%
5.9人気
11
3
15
19
9
幸英明 56- 51- 54-549/710
7.9%
15.1%
22.7%
78%
57%
6.5人気
9
8
11
16
12
福永祐一 56- 46- 32-218/352
15.9%
29.0%
38.1%
73%
75%
4.2人気
13
4
0
20
19
太宰啓介 45- 30- 31-452/558
8.1%
13.4%
19.0%
75%
58%
8.2人気
14
4
10
11
6
浜中俊 40- 45- 45-304/434
9.2%
19.6%
30.0%
68%
88%
6.4人気
5
11
9
15
佐藤哲三 29- 49- 38-298/414
7.0%
18.8%
28.0%
48%
77%
6.2人気
5
7
7
4
6
鮫島良太 29- 24- 32-342/427
6.8%
12.4%
19.9%
48%
53%
7.7人気
6
7
7
4
5

まずは小倉競馬から、昨年まで過去5年(06年〜10年)の騎手成績を見ておきたい。勝ち鞍トップは84勝の武豊騎手。他場への遠征や怪我の影響などもあって、夏の小倉開催はフル参戦ではないものの、2位和田騎手に大きく差をつけてトップに立っている。2位和田騎手は、好走確率こそあまり高くないものの、騎乗馬の平均人気は上位の中で決して高くはない6.1番人気。それでも3位グループから頭ひとつ抜けた67勝は優秀だ。3位以下は50勝台後半で川田騎手、小牧騎手、幸騎手、福永騎手がほぼ横並び。また、平均人気8.2で7位の太宰騎手、騎乗4年で8位の浜中騎手あたりも注目に値する。

■表2 2011年夏の小倉騎手成績(〜8/21)

騎手
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回
複回
平均人気
川田将雅 14-15- 6-34/69
20.3%
42.0%
50.7%
93%
108%
3.9人気
浜中俊 10-12- 2-27/51
19.6%
43.1%
47.1%
112%
90%
4.3人気
佐藤哲三 8- 5- 5-33/51
15.7%
25.5%
35.3%
114%
107%
5.9人気
川須栄彦 7- 7- 4-44/62
11.3%
22.6%
29.0%
77%
92%
7.0人気
和田竜二 7- 5- 4-48/64
10.9%
18.8%
25.0%
152%
64%
5.8人気
小牧太 6- 8- 5-34/53
11.3%
26.4%
35.8%
77%
160%
5.3人気
北村友一 5- 5- 5-62/77
6.5%
13.0%
19.5%
55%
49%
6.7人気
幸英明 4- 7- 9-58/78
5.1%
14.1%
25.6%
14%
108%
7.2人気
国分優作 4- 7- 2-53/66
6.1%
16.7%
19.7%
24%
64%
7.9人気
国分恭介 4- 2- 6-47/59
6.8%
10.2%
20.3%
100%
88%
8.7人気

2011/8/20 小倉9R フェニックス賞 1着 5番 メイショウハガクレ 川田将雅騎手

表2は今年夏の小倉競馬における騎手成績。例年より開催は短くなっているが、トップは、昨年までの5年間では3位だった川田将雅騎手、そして2位には同じく8位だった浜中俊騎手。勝ち鞍では両者に4勝の差はあるものの、ともに連対率40%以上、3着内率50%前後という抜群の好成績。この期間の小倉競馬は2番人気の連対率が45.8%で、平均人気3.9、4.3でこれに迫る連対率を残す両騎手の成績は目立つ。この土日も両騎手は4勝ずつと、好調を持続しているようだ。

また、先々週まで全国リーディング7位と躍進が目立つ川須栄彦騎手が第4位。平均人気が7.0と低い割に、単複の回収率もあまり高くないということは、人気馬をきっちり上位に持ってきているということになる。1〜5番人気騎乗時は【7.6.2.17】連対率40.6%。6番人気以下での連対は1頭で、若手=人気薄の激走というイメージとは少々違う形で結果を残している。先週の3勝、2着1回も上位人気馬だった。

ほかに、先週は北村友一騎手が3勝、和田竜二騎手が2勝を挙げている。ただ、ともかくこの夏の小倉は上位2騎手の好調が目立つ結果。最終週もまず川田将雅騎手、浜中俊騎手の騎乗馬は要チェックだろう。

■表3 夏の新潟騎手成績(06〜10年)

騎手
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回
複回
平均人気
年別勝ち鞍
06
07
08
09
10
蛯名正義 100- 69- 45-434/648
15.4%
26.1%
33.0%
94%
71%
4.9人気
28
10
14
21
27
松岡正海 69- 46- 28-289/432
16.0%
26.6%
33.1%
115%
79%
4.9人気
6
22
20
21
田中勝春 66- 55- 51-414/586
11.3%
20.6%
29.4%
77%
86%
6.2人気
13
17
12
15
9
後藤浩輝 61- 76- 59-349/545
11.2%
25.1%
36.0%
72%
88%
4.9人気
12
15
11
13
10
内田博幸 55- 47- 50-238/390
14.1%
26.2%
39.0%
70%
74%
3.7人気
4
20
13
18
柴田善臣 49- 42- 53-424/568
8.6%
16.0%
25.4%
63%
69%
5.5人気
14
6
7
9
13
吉田豊 39- 60- 54-432/585
6.7%
16.9%
26.2%
47%
78%
6.8人気
10
6
6
3
14
中舘英二 39- 32- 38-341/450
8.7%
15.8%
24.2%
64%
61%
6.4人気
15
10
10
4
北村宏司 36- 37- 32-333/438
8.2%
16.7%
24.0%
134%
98%
6.9人気
1
11
13
11
吉田隼人 32- 38- 26-345/441
7.3%
15.9%
21.8%
49%
55%
7.0人気
13
14
2
3
0

続いて夏の新潟競馬。小倉同様にまず昨年までの過去5年の結果を見ると、蛯名正義騎手が100勝で2位以下に30勝以上の差をつけている。1着数>2着数>3着数ときれいに並び、馬券に絡めば勝つ確率が高いというのも理想的だ。ただ、騎乗数も非常に多く、好走確率では松岡正海騎手、内田博幸騎手、後藤浩輝騎手あたりと互角になっている。

■表4 2011年夏の新潟騎手成績(〜8/21)

騎手
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回
複回
平均人気
福永祐一 17- 10- 12- 45/ 84
20.2%
32.1%
46.4%
70%
88%
3.4人気
蛯名正義 14- 19- 11- 46/ 90
15.6%
36.7%
48.9%
67%
126%
3.8人気
松岡正海 10-  9-  9- 70/ 98
10.2%
19.4%
28.6%
31%
67%
4.4人気
田中勝春 9-  2-  5- 49/ 65
13.8%
16.9%
24.6%
125%
66%
6.3人気
北村宏司 7- 10- 11- 80/108
6.5%
15.7%
25.9%
39%
64%
5.8人気
中舘英二 7- 10-  1- 68/ 86
8.1%
19.8%
20.9%
106%
148%
7.8人気
柴田善臣 7-  8-  9- 62/ 86
8.1%
17.4%
27.9%
42%
105%
7.0人気
石橋脩 6- 11-  3- 57/ 77
7.8%
22.1%
26.0%
171%
104%
6.9人気
田辺裕信 6-  8- 10- 73/ 97
6.2%
14.4%
24.7%
60%
69%
6.0人気
吉田豊 6-  8-  7- 58/ 79
7.6%
17.7%
26.6%
77%
64%
6.5人気

2011/7/17 新潟11R アイビスサマーD(G3)1着 3番 エーシンヴァーゴウ 福永祐一騎手

さて、表4は今年の成績だが、勝ち鞍でトップに立ったのは、17勝で関西の福永祐一騎手。福永騎手は07年、08年にも夏の新潟で多く騎乗しており、表3ではランク外ながら11位で【32.23.34.157】勝率13.0%、連対率22.4%。今年はそれを大きく上回る好走確率で、トップに立っている。先週は日曜が札幌での騎乗だったが、土曜には1勝を追加した。

その福永祐一騎手を追うのは、14勝の蛯名正義騎手。こちらも高連対率、3着内率を記録しているが、今年の夏は1着に比べ2着が多く、勝率は例年並み。その分、福永祐一騎手とやや差がついている印象である。先週は土曜未勝利、日曜は札幌だったため差がひとつ開いたが、最終週はどうなるだろうか。

その他では、比較的人気薄での好走が目立つのが中舘英二騎手石橋脩騎手で、集計期間外でも先週土曜メインの朱鷺Sでは、石橋脩騎手が6番人気オセアニアボスで1着、中舘英二騎手が10番人気メイビリーヴで2着と、両者の人気薄ワン・ツーだった。

ほかに、5位の北村宏司騎手が先週は【3.5.2.7】、特に日曜は7連対の大活躍。また、先々週まで全国リーディング5位の田辺裕信騎手は一時ほどの勢いには欠ける感もあったが、この土日では4勝を上積み。これをきっかけに再浮上、という可能性もありそうだ。そして、ランク外からもう一人。今年デビューの嶋田純次騎手が先々週まで【6.3.4.59】連対率12.5%で勝ち鞍は第12位。先週は勝ち鞍こそ1つだったものの、【1.3.2.9】で騎乗15回中6頭を3着以内に導いている。今週はもちろん、この秋から来年にかけてどんな成績を残してゆくのかにも注目したい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN