第522回 「GT組vs北海道組」の札幌記念を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第522回 「G1組vs北海道組」の札幌記念を分析する

2011/8/18(木)

今週の16日(火)に急死したセイウンスカイ。98年のクラシックをスペシャルウィーク、キングヘイローらと大いに沸かせ、皐月賞・菊花賞の二冠を制覇。同馬の最後の勝利となったのがこの札幌記念である。同馬のみならず、過去の札幌記念優勝馬を見ると、エアグルーヴ、テイエムオーシャン、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーン、アーネストリー…。G1ホースがずらっと並んでいる。06年からは定量戦に変更され、ますます格の高いレースになった。今年は宝塚記念馬アーネストリーが出走を予定していたが、軽いねんざのため回避。全体的にやや小粒なメンバーとなったものの、復活を期すレッドディザイア、昨年の有馬記念5着馬トーセンジョーダン、重賞連勝中のキングトップガンらが出走を予定している。ここをステップにして秋に飛躍を遂げる馬がいるかもしれない。いつも通り過去10年のデータを基に分析していきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 札幌記念の年齢別成績(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳
3-  1-  1-  8/ 13
23.1%
30.8%
38.5%
87%
44%
4歳
4-  2-  3- 15/ 24
16.7%
25.0%
37.5%
231%
142%
5歳
3-  5-  3- 28/ 39
7.7%
20.5%
28.2%
57%
55%
6歳
0-  2-  0- 22/ 24
0.0%
8.3%
8.3%
0%
75%
7歳以上
0-  0-  3- 30/ 33
0.0%
0.0%
9.1%
0%
79%

始めに表1では札幌記念の年齢別成績をまとめてみた。年齢は若いほうが有利で、積極的に狙いたいのは3、4歳。特に4歳は伏兵の台頭が多く、単・複回収率も高い。5歳は最多の好走馬を出しているが、好走率は3、4歳に劣る。6歳以上になると、成績は明らかに下降。6歳は2着2回、7歳以上は3着3回のみである。

■表2 札幌記念の前走レース別成績(過去10年)

順位
前走レース名
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
函館記念 2- 3- 3-35/43
4.7%
11.6%
18.6%
34%
47%
2
クイーンS 2- 1- 1- 5/ 9
22.2%
33.3%
44.4%
305%
162%
3
日本ダービー 2- 0- 1- 5/ 8
25.0%
25.0%
37.5%
70%
42%
4
宝塚記念 1- 1- 2- 3/ 7
14.3%
28.6%
57.1%
34%
154%
5
巴賞 1- 0- 0- 2/ 3
33.3%
33.3%
33.3%
193%
43%
6
有馬記念 1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
510%
220%
7
中京記念 1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
2820%
470%
8
漁火S 0- 1- 1- 1/ 3
0.0%
33.3%
66.7%
0%
463%
9
みなみ北海道S 0- 1- 0- 7/ 8
0.0%
12.5%
12.5%
0%
135%
10
安田記念 0- 1- 0- 2/ 3
0.0%
33.3%
33.3%
0%
36%
11
オークス 0- 1- 0- 0/ 1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
110%
12
Qエリザベス2世C 0- 1- 0- 0/ 1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
130%
13
エプソムC 0- 0- 1- 4/ 5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
28%
14
ダイヤモンドS 0- 0- 1- 1/ 2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
945%
15
そのほか 0- 0- 0-38/38
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

札幌記念の前走レースは主に2つのグループに分けられる(表2参照)。1つはG1組で、
日本ダービー、宝塚記念、有馬記念などから参戦してくるタイプ。春のG1戦線に出走していた馬が秋のG1戦線を見据えて、ここから始動するケースは多い。そしてもう1つは北海道組。前走で函館、札幌競馬場のレースに出走していたタイプである。中でも最多の出走数を誇るのが函館記念組。好走率、単・複回収率ともに悪いが、同組の取捨が重要なカギを握る。そのほかにはクイーンS、漁火S、みなみ北海道Sから好走馬が出ている。

■表3 G1組の札幌記念好走馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
G1実績
10年
1
1
アーネストリー 宝塚記念3着 宝塚記念3着
2
5
ロジユニヴァース 宝塚記念13着 日本ダービー1着
3
7
アクシオン 宝塚記念15着 菊花賞5着
09年
2
1
ブエナビスタ オークス1着 オークス1着
06年
1
1
アドマイヤムーン 日本ダービー7着 皐月賞4着
04年
2
2
バランスオブゲーム 安田記念3着 安田記念3着
3
3
ローエングリン 宝塚記念10着 ムーラン・ド・ロンシャン賞2着
03年
1
2
サクラプレジデント 日本ダービー7着 皐月賞2着
02年
1
2
テイエムオーシャン 有馬記念6着 秋華賞1着
01年
3
1
ジャングルポケット 日本ダービー1着 日本ダービー1着

ここからはG1組、北海道組にわけて分析していく。まず表3にまとめたのがG1組の札幌記念好走馬。昨年は1〜3着が同組(前走宝塚記念)だった。過去の好走馬を見ていくと、10年1着アーネストリー、09年2着ブエナビスタ、06年1着アドマイヤムーンと一流馬がずらり。好走馬10頭はすべてG1で5着以内に入ったことがあった。すでに同実績を持っているので、上位人気に推されることは多く、好走馬10頭中8頭がこのレースで3番人気以内に支持されていた

■表4 北海道組の札幌記念好走馬(1)

着順
人気
馬名
前走
前走斤量
09年
3
4
サクラオリオン 函館記念1着
56
08年
1
5
タスカータソルテ 函館記念7着
57
3
3
フィールドべアー 函館記念2着
57
07年
3
3
サクラメガワンダー 函館記念3着
57
04年
1
1
ファインモーション 函館記念2着
57
03年
2
1
エアエミネム 函館記念1着
58
02年
2
10
トウカイポイント 函館記念14着
57
01年
2
5
ファイトコマンダー 函館記念6着
56

北海道組は前走レース別に分けていこう。まず表4は最多の出走馬を出している函館記念組。前走着順は一けたなら問題なく、注目したいのは前走斤量。好走馬8頭すべてが前走で56キロ以上を背負っていた。前走55キロ以下は【0.0.0.15】。また前走から斤量増は【0.0.1.22】と不振である。

■表5 北海道組の札幌記念好走馬(2)

着順
人気
馬名
前走
07年
1
5
フサイチパンドラ クイーンS5着
06年
2
9
レクレドール クイーンS3着
05年
1
9
ヘヴンリーロマンス クイーンS2着
03年
3
4
ノブレスオブリッジ クイーンS5着

表5はクイーンS組の札幌記念好走馬をまとめたもの。表2で示したようにクイーンS組は【2.1.1.5】で、勝率22.2%、連対率33.3%、複勝率44.4%と優秀。クイーンSで5着以内なら迷わず押さえてもいいだろう

■表6 北海道組の札幌記念好走馬(3)

着順
人気
馬名
年齢
前走
通算成績
07年
2
12
アグネスアーク
4
漁火S3着 4-0-1-2
05年
2
12
ファストタテヤマ
6
みなみ北海道S3着 3-4-4-21
02年
3
1
コイントス
4
漁火S1着 4-2-2-2
01年
1
2
エアエミネム
3
巴賞1着 4-0-0-2

表6は函館記念、クイーンS以外の北海道組。好走馬は4頭で、01年1着エアエミネム、02年3着コイントス、07年2着アグネスアークは3、4歳。またその3頭の通算成績を見ると、4着以下に敗れたのが2回以下だった

■表7 その他の札幌記念好走馬

着順
人気
馬名
前走
備考
09年
1
7
ヤマニンキングリー 中京記念2着 5戦連続連対中
06年
3
2
マチカネキララ エプソムC3着 5戦連続3着以内
05年
3
13
コイントス ダイヤモンドS11着  

最後にG1組、北海道組以外の札幌記念好走馬をまとめてみた(表7参照)。連対を果たしたのは07年1着ヤマニンキングリーのみ。基本的にG1組、北海道組以外は軽視していい。それでも好走馬の特徴を探っていくと、06年3着マチカネキララは5戦連続で3着以内に好走。09年1着ヤマニンキングリーは5戦連続で連対を果たしていた。何戦も続けて好走している馬ならチャンスはあるかもしれない

<結論>
それでは今年の札幌記念を展望していこう。出走予定馬を以下の表8にまとめてみた。

■表8 今年の札幌記念出走予定馬

馬名
年齢
前走
備考
アクシオン
8
函館記念3着(57キロ)  
アルトップラン
6
祇園S9着  
カリバーン
4
白富士S1着 3連勝中
キングトップガン
8
函館記念1着(54キロ)  
コスモネモシン
4
クイーンS2着  
ダンスインザモア
9
函館記念6着(54キロ)  
トーセンジョーダン
5
宝塚記念9着 有馬記念5着
ネオヴァンドーム
4
金鯱賞10着  
マイネルスターリー
6
函館記念8着(58キロ)  
マカニビスティー
4
みなみ北海道S7着  
モエレエターナル
5
報知グランプリC6着  
ヤングアットハート
4
常総S1着  
レッドディザイア
5
有馬記念14着 秋華賞1着

2011/1/23 中山11R アメリカジョッキーC(G2)1着 6番 トーセンジョーダン

G1組から見ていくと、今年はトーセンジョーダンが前走宝塚記念、レッドディザイアが前走有馬記念に出走。トーセンジョーダンは昨年の有馬記念で5着に入り、G1・5着以内の条件をクリア。初G1挑戦だったことを考えると、十分健闘したといえる。前走宝塚記念は9着に敗れたが、約5ヶ月の休み明け。悲観する内容ではない。G2は2戦2勝と相性がいい。レッドディザイアは09年の牝馬三冠で桜花賞2着、オークス2着、秋華賞1着という申し分ない実績。同年のジャパンCでは3着に好走した。10年のドバイ遠征後はいまひとつの成績だが、今回は久しぶりのG2。10年有馬記念以来でも相手関係を考えれば、上位争いをしても不思議ではない。

次に北海道組を見ていこう。函館記念組はアクシオン、キングトップガン、ダンスインザモア、マイネルスターリー。その中で前走斤量56キロ以上をクリアしているのは、アクシオンマイネルスターリー。アクシオンは昨年のこのレースで3着に好走。昨年より今年のほうがメンバーは手薄なので、2年連続で好走する可能性はありそう。ただし、年齢は8歳。今年も3着までと考えたい。マイネルスターリーは前走函館記念が大外枠で外々を回される競馬。それでも勝ち馬キングトップガンから0.6秒差。巻き返す可能性はあるはずだ。重賞2連勝中のキングトップガンは前走斤量が54キロ。函館記念では3キロ増を克服したが、第521回「ハンデ戦の常識は間違いだった!?」で分析したように、同馬は買える斤量増だった。今回は定量戦の3キロ増。年齢も8歳と割引が必要で、今回は軽視したい。

クイーンS組はコスモネモシン。前走は展開が向いたとはいえ、4コーナーからまくって2着に好走。勝ち馬アヴェンチュラにあと一歩のところまで迫った。クイーンS5着以内の条件をクリアしており、侮れない。そのほかの馬ではカリバーンに注目。G1組、北海道組以外は割引が必要なものの、同馬は目下3連勝。底を見せていない点で、06年3着マチカネキララ、09年1着ヤマニンキングリーに似ている。好調な4歳でもあり、押さえておきたい。

以上をまとめると、最も推奨したいのは減点材料がないトーセンジョーダン、レッドディザイア、コスモネモシン。連軸ならG2で2戦2勝のトーセンジョーダンだろう。そのほかでは減点材料が1つはあるものの、函館記念組からアクシオンとマイネルスターリー、3連勝中のカリバーンを推奨したい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN