第497回 3年連続で宝塚記念好走馬を輩出!金鯱賞を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第497回 3年連続で宝塚記念好走馬を輩出!金鯱賞を分析する

2011/5/23(月)

2010/5/29 京都10R 金鯱賞(G2) 1着 5番 アーネストリー

今週は土曜日に京都競馬場で金鯱賞が行われる。過去10年、当レースの勝ち馬からは04年タップダンスシチー、08年エイシンデピュティが宝塚記念を優勝。そして過去2年の勝ち馬は、09年サクラメガワンダーが宝塚記念2着、10年アーネストリーが同3着と連続で好走。3年連続で当レースの勝ち馬が宝塚記念で3着以内に入っており、宝塚記念に向けたステップレースとしての重要度は増している。

今年の登録馬は、昨年の覇者アーネストリーを始め、キャプテントゥーレ、アンライバルドの2頭の皐月賞馬、ドバイ帰りのルーラーシップなど。役者ぞろいなメンバーで、今年も宝塚記念に直結するレースになりそうだ。今年も昨年に続いて中京競馬場が改修工事のため、京都芝2000mで行われるが、いつも通り過去10年のデータを基に分析していきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 金鯱賞の人気別成績(過去10年)

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気
5-  3-  0-  2/ 10
50.0%
80.0%
80.0%
120%
104%
2番人気
2-  1-  3-  4/ 10
20.0%
30.0%
60.0%
83%
102%
3番人気
2-  1-  0-  7/ 10
20.0%
30.0%
30.0%
128%
60%
4番人気
1-  0-  1-  8/ 10
10.0%
10.0%
20.0%
58%
41%
5番人気
0-  0-  3-  7/ 10
0.0%
0.0%
30.0%
0%
106%
6番人気
0-  3-  0-  7/ 10
0.0%
30.0%
30.0%
0%
109%
7番人気
0-  0-  1-  9/ 10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
34%
8番人気
0-  1-  1-  8/ 10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
110%
9番人気
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
10番人気
0-  0-  1-  9/ 10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
61%
11番人気
0-  1-  0-  7/  8
0.0%
12.5%
12.5%
0%
118%
12番人気
0-  0-  0-  8/  8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
13番人気
0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14番人気
0-  0-  0-  5/  5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
15番人気
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
16番人気
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
17番人気
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
18番人気
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

始めに表1では金鯱賞の人気別成績をまとめてみた。まず1番人気は【5.3.0.2】と優秀な成績。過去2年は09年サクラメガワンダー、10年アーネストリーが人気に応えて優勝している。そして前走5着以内の1番人気に絞ると【4.2.0.0と連対率100.0%をマークしている。

全体的には上位人気で決まる傾向が強く、勝ち馬はすべて4番人気以内。2着馬は6番人気以下からでも出ているが、二けた人気の好走は1回のみである。3着馬も二けた人気の好走は1回のみ。無理な穴狙いはしないほうがいいだろう。

■表2 金鯱賞の年齢別成績(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳
0-  0-  0-  0/  0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
4歳
2-  3-  3- 20/ 28
7.1%
17.9%
28.6%
34%
101%
5歳
3-  3-  4- 24/ 34
8.8%
17.6%
29.4%
38%
71%
6歳
3-  2-  3- 25/ 33
9.1%
15.2%
24.2%
37%
57%
7歳以上
2-  2-  0- 39/ 43
4.7%
9.3%
9.3%
8%
24%

次に年齢別成績をまとめたのが表2。4〜6歳はまんべんなく好走馬が出ており、好走率もほとんど変わらない。ただし、7歳以上になると、好走率は大きくダウン。好走したのは01年2番人気2着ダイワテキサス(有馬記念3着)、04年1番人気1着タップダンスシチー(ジャパンC1着)、05年1番人気1着タップダンスシチー(宝塚記念1着)、09年8番人気2着シャドウゲイト(シンガポールエアライズIC1着)。4頭すべてがG1で3着以内に好走しており、シャドウゲイトを除く3頭は金鯱賞で2番人気以内に支持されていた

■表3 金鯱賞の斤量別成績(過去10年)

斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
55kg 0-  0-  1-  4/  5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
88%
56kg 0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
57kg 8-  6-  7- 93/114
7.0%
12.3%
18.4%
30%
52%
58kg 0-  3-  1-  9/ 13
0.0%
23.1%
30.8%
0%
100%
59kg 2-  1-  1-  0/  4
50.0%
75.0%
100.0%
92%
122%

続いて表3が斤量別成績。ほとんどの馬は57キロだが、好走率が高いのは58キロ以上。58キロからは勝ち馬が出ていないものの、連対率・複勝率は57キロより10.0%以上も優秀な数字をマークしている。そして59キロは4頭が出走して、すべて3着以内に好走。同斤量を背負う実績馬がいたら、迷わず中心視したい。

■表4 金鯱賞の間隔別成績(過去10年)

間隔
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
連闘
0- 0- 0- 3/ 3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
中1週
1- 1- 0-13/15
6.7%
13.3%
13.3%
45%
44%
中2週
1- 1- 1-25/28
3.6%
7.1%
10.7%
21%
47%
中3週
0- 2- 3- 8/13
0.0%
15.4%
38.5%
0%
86%
中4〜8週
3- 3- 3-27/36
8.3%
16.7%
25.0%
39%
77%
中9週〜半年
5- 3- 1-13/22
22.7%
36.4%
40.9%
54%
78%
半年以上
0- 0- 2-19/21
0.0%
0.0%
9.5%
0%
27%

表4は間隔別成績で、相性がいいのは中9週〜半年。勝ち馬の半数は同間隔で、複勝率は40.9%をマークしている。今年初戦が金鯱賞でも問題はなく、昨年の勝ち馬アーネストリーは前年の中日新聞杯(1着)以来の出走だった。ただし、半年以上の間隔が空くと、3着が精いっぱいなので注意したい。

■表5 金鯱賞の前走着順別成績(過去10年)

前走着順
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
前走1着
4- 0- 2- 8/14
28.6%
28.6%
42.9%
112%
109%
前走2着
3- 2- 0- 9/14
21.4%
35.7%
35.7%
57%
105%
前走3着
0- 0- 1- 9/10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
34%
前走4着
0- 1- 0- 8/ 9
0.0%
11.1%
11.1%
0%
16%
前走5着
0- 1- 1- 6/ 8
0.0%
12.5%
25.0%
0%
97%
前走6〜9着
3- 6- 3-32/44
6.8%
20.5%
27.3%
34%
77%
前走10着〜
0- 0- 3-34/37
0.0%
0.0%
8.1%
0%
14%

表5は前走着順別成績で、優秀なのは前走連対馬。特に過去4年の勝ち馬はすべて前走重賞で連対を果たしており、素直に好調な馬から入りたい。なお前走3着以下から勝利した馬は、すべて金鯱賞で3番人気以内に支持されていた。前走6〜9着からの巻き返しも多いが、前走10着以下は敬遠したほうがいいだろう。

■表6 金鯱賞の連対馬(過去10年)

着順
人気
馬名
過去1年以内の重賞実績(芝1800〜2200m)
10年
1
1
アーネストリー 中日新聞杯1着
2
6
ドリームサンデー 中日新聞杯2着
09年
1
1
サクラメガワンダー 鳴尾記念1着
2
8
シャドウゲイト  
08年
1
2
エイシンデピュティ エプソムC1着
2
11
マンハッタンスカイ 新潟大賞典2着
07年
1
1
ローゼンクロイツ 中京記念1着
2
3
スウィフトカレント 小倉記念1着
06年
1
3
コンゴウリキシオー  
2
1
ローゼンクロイツ 中京記念2着
05年
1
1
タップダンスシチー 宝塚記念1着
2
6
ヴィータローザ 朝日チャレンジC2着
04年
1
1
タップダンスシチー 金鯱賞1着
2
6
ブルーイレヴン  
03年
1
4
タップダンスシチー 朝日チャレンジC1着
2
1
ツルマルボーイ 宝塚記念2着
02年
1
2
ツルマルボーイ 中京記念1着
2
1
エアシャカール 大阪杯2着
01年
1
3
ミッキーダンス 朝日チャレンジC1着
2
2
ダイワテキサス 新潟記念1着

最後に金鯱賞連対馬を一覧にしてみた(表6参照)。注目したいのは過去1年以内の重賞実績。連対馬20頭中17頭が過去1年以内に芝1800〜2200mの重賞で連対を果たしていた。当レースは別定のG2戦だけあり、重賞実績がないと厳しい。

<結論>
それでは今年の金鯱賞を占っていこう。登録馬26頭をこれまでのデータに照らし合わせて見ていきたい(表7参照)。

■表7 今年の金鯱賞登録馬

馬名
年齢
斤量
間隔
前走着順
過去1年以内の重賞実績
アーネストリー
6
58
半年以上
3着
札幌記念1着
アクシオン
8
57
中19週
12着
 
アドマイヤメジャー
5
57
中2週
13着
 
アンライバルド
5
58
半年以上
15着
 
イコピコ
5
57
中4週
7着
 
エーシンジーライン
6
57
中7週
5着
 
オウケンサクラ
4
55
中1週
15着
 
キャプテントゥーレ
6
58
中7週
5着
朝日チャレンジC1着
キングトップガン
8
57
中4週
6着
 
サンライズベガ
7
57
中2週
3着
小倉大賞典1着
シゲルタック
7
57
中2週
8着
 
タニノエポレット
4
57
中3週
1着
 
トップカミング
5
57
中4週
14着
 
ナリタクリスタル
5
57
中9週
1着
中京記念1着
ニホンピロレガーロ
8
57
半年以上
1着
小倉記念1着
ネオヴァンドーム
4
57
中2週
1着
 
ハートビートソング
4
57
中4週
1着
 
フミノイマージン
5
55
中4週
1着
福島牝馬S1着
ブラストダッシュ
6
57
中2週
6着
 
ホワイトピルグリム
6
57
中2週
3着
 
マイネルアンサー
7
57
中4週
11着
 
マイネルゴルト
4
57
中2週
14着
 
マンハッタンスカイ
7
57
中4週
9着
 
モンテクリスエス
6
57
中2週
8着
 
ルーラーシップ
4
58
中8週
6着
鳴尾記念1着
ロッカヴェラーノ
3
52
中4週
6着
 

2011/3/20 小倉11R 中京記念(G3)1着 4番 ナリタクリスタル

まず優勝候補の筆頭に挙げたいのは、ナリタクリスタル。間隔と前走着順がプラス材料で、過去1年以内の重賞実績もクリア。昨年の小倉記念からハンデ戦のG3を5戦して、新潟記念と中京記念を優勝。今回は別定のG2戦で試金石になるが、力をつけた今なら通用しても不思議ではないだろう。

2番手評価に推したのはキャプテントゥーレルーラーシップ。キャプテントゥーレは昨秋の朝日チャレンジCを勝利しており、斤量58キロもプラス材料。前走大阪杯は差し・追い込み勢が上位を独占する中、緩みのないペースで逃げてのちの天皇賞(春)勝ち馬ヒルノダムールから0.1秒差の5着。今回も自分のペースで逃げることができれば、上位争いには加わってきそうだ。ルーラーシップもキャプテントゥーレと同様に、過去1年以内の重賞実績と斤量がプラス材料。前走ドバイシーマクラシックでは引っ掛かって6着に敗れたものの、2走前の日経新春杯ではヒルノダムール、ローズキングダムに完勝。力を出せれば、巻き返す可能性は高いはずだ。

フミノイマージンは前走着順と過去1年以内の重賞実績にプラス材料があるものの、過去10年で牝馬は【0.0.1.10】。好走したのは08年3着カワカミプリンセスのみで、積極的には買いづらい。なお昨年の勝ち馬アーネストリーは、半年以上の間隔が空いているので減点。それでも斤量と重賞実績にプラス材料があるので、2、3着ならチャンスはあるだろう。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN