第495回 内国産種牡馬トップに立ったフジキセキを分析!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第495回 内国産種牡馬トップに立ったフジキセキを分析!

2011/5/16(月)

今月7日、新潟12Rでのチャームポットの勝利で、フジキセキ産駒がJRA通算1136勝をマーク。これで通算1135勝のトサミドリを抜き歴代7位に立ち、内国産種牡馬としては歴代トップとなった。フジキセキはサンデーサイレンスの初年度産駒としてデビュー。3連勝で94年に朝日杯3歳Sを制し、翌年の弥生賞を優勝するも屈腱炎で引退。わずかキャリア4戦、無敗のまま志半ばで競走生活を終えたが、その後は種牡馬として素晴らしい活躍を果たすことになった。今回は過去10年に絞り、フジキセキ産駒の成績を振り返ってみたい(ただし、以下の成績はJRAのレースのみ対象。マル外のFujikiseki産駒は除く)。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 フジキセキ産駒の年齢別成績(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
2歳
162- 125- 126- 820/1233
13.1%
23.3%
33.5%
3歳
421- 414- 345-3364/4544
9.3%
18.4%
26.0%
4歳
229- 216- 200-1644/2289
10.0%
19.4%
28.2%
5歳
145- 145- 128-1203/1621
8.9%
17.9%
25.8%
6歳
38-  30-  54- 575/ 697
5.5%
9.8%
17.5%
7歳以上
5-   5-  12- 310/ 332
1.5%
3.0%
6.6%
※JRAのレースのみ対象。マル外の成績は除く

2094/12/11 中山11R 朝日杯3歳ステークス(G1)1着 1番 フジキセキ

上の表1は2001年1月〜今年5月8日開催終了時(約10年)までのフジキセキ産駒の年齢別成績だ。まず気づくのは7歳以上の成績が異様に低いこと。競走馬のピークは4歳と言われ、年齢とともに活力が衰えてくるのは仕方がないが、過去10年で7歳以上が5勝というのはあまりにも少なすぎる。勝率や連対率もかなり低く、加齢による成績ダウンは明らかだ。特に近年は調教技術などが発達し、7歳以上の馬が重賞を勝つことは決してめずらしくはない。ただし、前述したように表の数字はJRAでのレース成績。フジキセキの代表産駒であり、ダート王者に君臨したカネヒキリは7歳途中まで現役を続け、盛岡のマーキュリーカップを優勝している。そして、オーストラリア産馬の父「Fujikiseki」として走ったキンシャサノキセキは、今年の高松宮記念を8歳にして優勝を果たしている。そうした特別な馬がいることは考慮しなければならないが、フジキセキ産駒を形容する際、「早熟マイラー」と言われることに関して違和感はない。そのことは表1のデータからは読み取ることができる。

■表2 フジキセキ産駒の距離別(芝・ダート)成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
32-  35-  32- 348/ 447
7.2%
15.0%
22.1%
1150m
4-   5-   0-  58/  67
6.0%
13.4%
13.4%
1200m
244- 202- 191-1841/2478
9.8%
18.0%
25.7%
1300m
7-   1-   5-  45/  58
12.1%
13.8%
22.4%
1400m
177- 156- 145-1116/1594
11.1%
20.9%
30.0%
1500m
1-   4-   5-  38/  48
2.1%
10.4%
20.8%
1600m
144- 135- 120-1040/1439
10.0%
19.4%
27.7%
1700m
86-  86-  84- 787/1043
8.2%
16.5%
24.5%
1800m
201- 197- 182-1598/2178
9.2%
18.3%
26.6%
1900m
2-   1-   1-   9/  13
15.4%
23.1%
30.8%
2000m
57-  72-  62- 599/ 790
7.2%
16.3%
24.2%
2100m
6-   2-   0-  35/  43
14.0%
18.6%
18.6%
2200m
12-   5-   3-  80/ 100
12.0%
17.0%
20.0%
2300m
1-   0-   0-  12/  13
7.7%
7.7%
7.7%
2400m
6-   8-   9-  76/  99
6.1%
14.1%
23.2%
2500m
3-   4-   4-  36/  47
6.4%
14.9%
23.4%
2600m
3-   5-   4-  41/  53
5.7%
15.1%
22.6%
3000m
0-   2-   0-   2/   4
0.0%
50.0%
50.0%
3200m
0-   0-   0-   3/   3
0.0%
0.0%
0.0%
3400m
0-   0-   1-   0/   1
0.0%
0.0%
100.0%
1000m〜1300m
287- 243- 228-2292/3050
9.4%
17.4%
24.9%
1400m〜1600m
322- 295- 270-2194/3081
10.5%
20.0%
28.8%
1700m〜2000m
346- 356- 329-2993/4024
8.6%
17.4%
25.6%
2100m〜2400m
25-  15-  12- 203/ 255
9.8%
15.7%
20.4%
2500m〜
6-  11-   9-  82/ 108
5.6%
15.7%
24.1%

上の表2はフジキセキ産駒の距離別成績。集計期間は同じで芝・ダートを問わずまとめたもの。1600mの成績が突出していいわけではないものの、1400〜1600mの連対率は20.0%、複勝率も28.8%で他の距離に比べると高いことがわかる。しかし、その他の距離と比べて大きな開きはない。2100mを超える距離でも連対率や複勝率が極端に下がっているわけではない。さすがに3000m以上の距離になると、出走数そのものが少なくなり、勝ち鞍はない。長い距離に強いタイプではないことは確実だ。次からはこの距離別成績をクラス別に分け、もう少し踏み込んで考えてみたい。

■表3 フジキセキ産駒のG1・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1200m
1-  0-  0- 23/ 24
4.2%
4.2%
4.2%
1600m
4-  3-  5- 52/ 64
6.3%
10.9%
18.8%
1800m
1-  0-  0-  0/  1
100.0%
100.0%
100.0%
2000m
0-  2-  0- 11/ 13
0.0%
15.4%
15.4%
2100m
1-  0-  0-  0/  1
100.0%
100.0%
100.0%
2200m
0-  0-  0-  9/  9
0.0%
0.0%
0.0%
2400m
0-  2-  1- 14/ 17
0.0%
11.8%
17.6%
2500m
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
3000m
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
3200m
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
1000m〜1300m
1-  0-  0- 23/ 24
4.2%
4.2%
4.2%
1400m〜1600m
4-  3-  5- 52/ 64
6.3%
10.9%
18.8%
1700m〜2000m
1-  2-  0- 11/ 14
7.1%
21.4%
21.4%
2100m〜2400m
1-  2-  1- 23/ 27
3.7%
11.1%
14.8%
2500m〜
0-  1-  0-  6/  7
0.0%
14.3%
14.3%

まずはG1から。過去10年で勝利数は7。そのうち4つが1600mのレースだ。内訳は10年NHKマイルC・ダノンシャンティ、08年ヴィクトリアマイル・エイジアンウインズ、07年ヴィクトリアマイル・コイウタ、06年フェブラリー・カネヒキリ。産駒のイメージが語られる場合、どのG1を勝ったかということも大きく影響してくる。フジキセキ産駒はまさしくマイラーであり、くしくもすべて東京コースでの実績だ。ちなみに1200mでの1勝というのは08年に高松宮記念を制したファイングレインのみ。その他の馬では2、3着もない。1800mと2100mでの勝ち鞍はいずれもカネヒキリのJCダート。その他の2000m以上のレースでは2着までというのが現状だ。あと表3にはキンシャサノキセキのスプリンターズSや高松宮記念の実績、そしてカネヒキリの地方ダートG1の実績が抜けている。一般的には1600mに良績が偏っており、カネヒキリにしてもキンシャサノキセキが別の距離での実績を補っているという印象。年齢別成績でも言えることだが、「G1を複数勝つような別格な馬」だけが、「マイラー」の範疇を超えた距離で活躍している。

■表4 フジキセキ産駒のG2・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1200m
1- 1- 0- 9/11
9.1%
18.2%
18.2%
1400m
2- 1- 2-39/44
4.5%
6.8%
11.4%
1600m
0- 5- 1-20/26
0.0%
19.2%
23.1%
1800m
0- 0- 2-12/14
0.0%
0.0%
14.3%
2000m
3- 1- 2-17/23
13.0%
17.4%
26.1%
2200m
0- 1- 0-10/11
0.0%
9.1%
9.1%
2300m
0- 0- 0- 3/ 3
0.0%
0.0%
0.0%
2400m
0- 0- 0- 5/ 5
0.0%
0.0%
0.0%
2500m
0- 0- 0- 4/ 4
0.0%
0.0%
0.0%
3000m
0- 1- 0- 1/ 2
0.0%
50.0%
50.0%
1000m〜1300m
1- 1- 0- 9/11
9.1%
18.2%
18.2%
1400m〜1600m
2- 6- 3-59/70
2.9%
11.4%
15.7%
1700m〜2000m
3- 1- 4-29/37
8.1%
10.8%
21.6%
2100m〜2400m
0- 1- 0-18/19
0.0%
5.3%
5.3%
2500m〜
0- 1- 0- 5/ 6
0.0%
16.7%
16.7%

上の表4はG2の成績。こちらは不思議とG1で得意だったはずの1600mで勝ち鞍がない。2着が多くなっている。今年に入っても、NZT(エーシンジャッカル)、マイラーズC(クレバートウショウ)と2頭の好走馬が出ている。1着ではないものの、それぞれ人気薄だったので、狙い目としては十分と言えるだろうか。1400mはキンシャサノキセキが阪神Cなどを制しているので、実際には表4の数字よりも高い。1800mが意外にも不振。一方で2000mでの好走率は高い。今年はサダムパテックが弥生賞を制した。

■表5 フジキセキ産駒のG3・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
0-  0-  1-  3/  4
0.0%
0.0%
25.0%
1200m
6-  5-  6- 55/ 72
8.3%
15.3%
23.6%
1400m
1-  2-  1- 21/ 25
4.0%
12.0%
16.0%
1600m
9-  8-  5- 75/ 97
9.3%
17.5%
22.7%
1700m
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
1800m
9-  5-  6- 91/111
8.1%
12.6%
18.0%
2000m
3-  5-  4- 33/ 45
6.7%
17.8%
26.7%
3400m
0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%
1000m〜1300m
6-  5-  7- 58/ 76
7.9%
14.5%
23.7%
1400m〜1600m
10- 10-  6- 96/122
8.2%
16.4%
21.3%
1700m〜2000m
12- 10- 10-125/157
7.6%
14.0%
20.4%
2100m〜2400m
0-  0-  0-  0/  0
2500m〜
0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%

上の表5はG3の成績。G3は2000m以下のレースが中心となるせいか、成績がかなりアップする。1600mを中心に1800mでの成績もかなりいい。続くのが1200m。表には記載していないが、この3つの距離は単勝回収率100%以上をマークしている。2000mは連対率が17.8%で1600mを上回る。

■表6 フジキセキ産駒のOPEN特別・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
1-  0-  0-  0/  1
100.0%
100.0%
100.0%
1200m
16-  7-  9- 72/104
15.4%
22.1%
30.8%
1400m
7-  8-  8- 60/ 83
8.4%
18.1%
27.7%
1500m
0-  0-  2-  2/  4
0.0%
0.0%
50.0%
1600m
9-  9- 10- 48/ 76
11.8%
23.7%
36.8%
1700m
0-  4-  3- 16/ 23
0.0%
17.4%
30.4%
1800m
9-  9-  7- 51/ 76
11.8%
23.7%
32.9%
2000m
2-  4-  4- 30/ 40
5.0%
15.0%
25.0%
2100m
0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
2200m
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
2400m
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
2500m
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
2600m
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
3000m
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
1000m〜1300m
17-  7-  9- 72/105
16.2%
22.9%
31.4%
1400m〜1600m
16- 17- 20-110/163
9.8%
20.2%
32.5%
1700m〜2000m
11- 17- 14- 97/139
7.9%
20.1%
30.2%
2100m〜2400m
0-  1-  0-  8/  9
0.0%
11.1%
11.1%
2500m〜
0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%

上の表6はOPEN特別の成績。1200mの成績が1600mに劣らず高くなっている。その他の注目点は1700mの成績が【0.4.3.16】で勝ち切れていないこと。1700mのレースと言えばローカルのダート。そこでのフジキセキ産駒は2、3着が多いということは覚えておきたい。

■表7 フジキセキ産駒の1600万クラス・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
2-  0-  0-  0/  2
100.0%
100.0%
100.0%
1200m
10-  9-  7- 81/107
9.3%
17.8%
24.3%
1400m
13- 13- 15- 92/133
9.8%
19.5%
30.8%
1600m
8-  4-  8- 79/ 99
8.1%
12.1%
20.2%
1700m
1-  4-  2- 14/ 21
4.8%
23.8%
33.3%
1800m
8-  9- 12- 73/102
7.8%
16.7%
28.4%
1900m
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
2000m
0-  4-  3- 22/ 29
0.0%
13.8%
24.1%
2100m
2-  0-  0-  5/  7
28.6%
28.6%
28.6%
2200m
2-  0-  0-  7/  9
22.2%
22.2%
22.2%
2300m
1-  0-  0-  0/  1
100.0%
100.0%
100.0%
2400m
1-  2-  2-  8/ 13
7.7%
23.1%
38.5%
2500m
1-  1-  0-  1/  3
33.3%
66.7%
66.7%
1000m〜1300m
12-  9-  7- 81/109
11.0%
19.3%
25.7%
1400m〜1600m
21- 17- 23-171/232
9.1%
16.4%
26.3%
1700m〜2000m
9- 17- 17-110/153
5.9%
17.0%
28.1%
2100m〜2400m
6-  2-  2- 20/ 30
20.0%
26.7%
33.3%
2500m〜
1-  1-  0-  1/  3
33.3%
66.7%
66.7%

■表8 フジキセキ産駒の1000万クラス・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
0-   2-   0-  10/  12
0.0%
16.7%
16.7%
1200m
30-  27-  33- 332/ 422
7.1%
13.5%
21.3%
1300m
1-   0-   3-  11/  15
6.7%
6.7%
26.7%
1400m
34-  32-  24- 223/ 313
10.9%
21.1%
28.8%
1500m
0-   1-   0-   9/  10
0.0%
10.0%
10.0%
1600m
25-  27-  16- 165/ 233
10.7%
22.3%
29.2%
1700m
8-   7-   8-  75/  98
8.2%
15.3%
23.5%
1800m
31-  34-  27- 279/ 371
8.4%
17.5%
24.8%
1900m
1-   1-   1-   2/   5
20.0%
40.0%
60.0%
2000m
9-  10-   9-  78/ 106
8.5%
17.9%
26.4%
2100m
0-   0-   0-   8/   8
0.0%
0.0%
0.0%
2200m
2-   2-   1-   9/  14
14.3%
28.6%
35.7%
2300m
0-   0-   0-   1/   1
0.0%
0.0%
0.0%
2400m
3-   3-   5-  24/  35
8.6%
17.1%
31.4%
2500m
1-   2-   3-  13/  19
5.3%
15.8%
31.6%
2600m
1-   2-   3-   4/  10
10.0%
30.0%
60.0%
1000m〜1300m
31-  29-  36- 356/ 452
6.9%
13.3%
21.2%
1400m〜1600m
59-  60-  40- 397/ 556
10.6%
21.4%
28.6%
1700m〜2000m
49-  52-  45- 434/ 580
8.4%
17.4%
25.2%
2100m〜2400m
5-   5-   6-  42/  58
8.6%
17.2%
27.6%
2500m〜
2-   4-   6-  17/  29
6.9%
20.7%
41.4%

■表9 フジキセキ産駒の500万クラス・距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1000m
13-  16-  21- 188/ 238
5.50%
12.20%
21.00%
1150m
3-   2-   0-  29/  34
8.80%
14.70%
14.70%
1200m
81-  71-  58- 584/ 794
10.20%
19.10%
26.40%
1300m
3-   1-   1-  13/  18
16.70%
22.20%
27.80%
1400m
42-  46-  41- 296/ 425
9.90%
20.70%
30.40%
1500m
1-   1-   2-  17/  21
4.80%
9.50%
19.00%
1600m
36-  35-  31- 257/ 359
10.00%
19.80%
28.40%
1700m
46-  46-  42- 423/ 557
8.30%
16.50%
24.10%
1800m
59-  62-  64- 523/ 708
8.30%
17.10%
26.10%
1900m
1-   0-   0-   5/   6
16.70%
16.70%
16.70%
2000m
16-  22-  19- 190/ 247
6.50%
15.40%
23.10%
2100m
2-   2-   0-  12/  16
12.50%
25.00%
25.00%
2200m
7-   0-   2-  21/  30
23.30%
23.30%
30.00%
2300m
0-   0-   0-   7/   7
0.00%
0.00%
0.00%
2400m
2-   1-   1-  16/  20
10.00%
15.00%
20.00%
2500m
1-   0-   0-  10/  11
9.10%
9.10%
9.10%
2600m
2-   3-   1-  26/  32
6.30%
15.60%
18.80%
1000m〜1300m
100-  90-  80- 814/1084
9.20%
17.50%
24.90%
1400m〜1600m
79-  82-  74- 570/ 805
9.80%
20.00%
29.20%
1700m〜2000m
122- 130- 125-1141/1518
8.00%
16.60%
24.80%
2100m〜2400m
11-   3-   3-  56/  73
15.10%
19.20%
23.30%
2500m〜
3-   3-   1-  36/  43
7.00%
14.00%
16.30%

最後に1600万(表7)、1000万(表8)、500万(表9)クラスと、条件戦をまとめて見て行きたい。条件戦になると2100m以上での好走例が増えてくる。同じ馬が何度も好走というケースは多いものの、2100〜2600mの距離が得意で、安定感があるタイプがよく出てくる。1600万クラスだと1700mは相変わらずひと息。1000万クラス以下になってようやく狙える。1000mはさほど得意ではない。1200〜2000mでは札幌で組まれている1500m以外の距離では満遍なく好調と言える。中でも1600m。複勝率が高く、「マイラー」と言われる由縁がここにもある。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN