第477回 桜花賞目前・フラワーCを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第477回 桜花賞目前・フラワーCを分析する

2011/3/14(月)

各地に大きな被害をもたらした東北地方太平洋沖地震。被災された皆さまにはお見舞いを申し上げるとともに、これ以上に被害が広がらないことをお祈りしたい。

今週は番組通りなら東西で4重賞。本稿執筆段階で中止分の代替や今週の競馬については発表されていないが、事前に準備を進めていたこともあり、月曜掲載分の今回はフラワーCを取り上げたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

2005/3/19 中山11R 時事通信杯フラワーC(G3)1着 2番 シーザリオ 1番人気

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1
5-  2-  2-  1/ 10
50.0%
70.0%
90.0%
113%
113%
2
1-  1-  2-  6/ 10
10.0%
20.0%
40.0%
44%
68%
3
2-  2-  0-  6/ 10
20.0%
40.0%
40.0%
140%
82%
4
0-  1-  0-  9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
21%
5
0-  1-  2-  7/ 10
0.0%
10.0%
30.0%
0%
90%
6
1-  1-  0-  8/ 10
10.0%
20.0%
20.0%
207%
80%
7
0-  1-  1-  8/ 10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
95%
8
0-  1-  2-  7/ 10
0.0%
10.0%
30.0%
0%
149%
9
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
10
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
11〜
1-  0-  1- 54/ 56
1.8%
1.8%
3.6%
77%
21%

1番人気が安定して上位争いを重ねており、過去10年で【5.2.2.1】。馬券に絡んだ9頭はすべて前走1着(8頭が500万、1頭クイーンC)、8着敗退のブリガドーンは前走500万で6着だった。仮に重賞勝ち馬以外の好走馬が1番人気になった場合は判断が難しいが、前走1着馬が1番人気なら、連軸や3連複の軸としての信頼性は高そうだ。

■表2 配当推移

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
単勝
430円
610円
440円
120円
140円
2070円
240円
200円
4360円
790円
馬連
1490円
1440円
7280円
560円
1700円
2180円
1440円
2830円
2950円
2830円
馬単
12270円
670円
2020円
7620円
2300円
3590円
11350円
6300円
3連複
3710円
1480円
9780円
8860円
11660円
3660円
7440円
1360円
3連単
29670円
68730円
43140円
18680円
79110円
15350円

ただ表1にあった通り、2〜3着には中〜下位人気も多く馬券圏内に絡む馬が見られ、1番人気の好成績の割には馬連や3連系に低配当は少ない。特に馬連は1000円台から2000円台が多く、このあたりの配当からデータ的に不安の少ない馬の組み合わせをまずピックアップし、押さえにそれ以外の組み合わせ、といった馬券の組み立ても考えられる。

■表3 枠番、馬番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1枠
1- 0- 2-14/17
5.9%
5.9%
17.6%
11%
39%
2枠
2- 0- 3-14/19
10.5%
10.5%
26.3%
236%
106%
3枠
1- 2- 0-17/20
5.0%
15.0%
15.0%
12%
25%
4枠
0- 3- 1-16/20
0.0%
15.0%
20.0%
0%
85%
5枠
1- 0- 2-17/20
5.0%
5.0%
15.0%
30%
24%
6枠
4- 2- 0-14/20
20.0%
30.0%
30.0%
171%
63%
7枠
1- 1- 1-17/20
5.0%
10.0%
15.0%
21%
43%
8枠
0- 2- 1-17/20
0.0%
10.0%
15.0%
0%
34%
馬番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1番
1- 0- 2- 7/10
10.0%
10.0%
30.0%
20%
67%
2番
1- 0- 0- 9/10
10.0%
10.0%
10.0%
14%
12%
3番
0- 0- 2- 8/10
0.0%
0.0%
20.0%
0%
69%
4番
1- 1- 1- 7/10
10.0%
20.0%
30.0%
436%
144%
5番
1- 0- 0- 9/10
10.0%
10.0%
10.0%
24%
14%
6番
0- 1- 0- 9/10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
13%
7番
0- 1- 1- 8/10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
72%
8番
0- 2- 0- 8/10
0.0%
20.0%
20.0%
0%
98%
9番
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
61%
33%
10番
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
12%
27%
11番
1- 2- 0- 7/10
10.0%
30.0%
30.0%
207%
111%
12番
2- 1- 1- 6/10
20.0%
30.0%
40.0%
123%
74%
13番
1- 0- 0- 9/10
10.0%
10.0%
10.0%
43%
17%
14番
0- 0- 1- 9/10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
20%
15番
0- 1- 0- 8/ 9
0.0%
11.1%
11.1%
0%
41%
16番
0- 1- 0- 6/ 7
0.0%
14.3%
14.3%
0%
15%

枠番別では6枠が【4.2.0.14】連対率30.0%の好成績。馬番では、フルゲートの6枠に相当する11、12番あたりが良い。その他はかなり分散しているが、複勝率に注目すると13番より外になると少々不利なようだ。

■表4 脚質・上がり別成績

脚質・上がり
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
逃げ
3-  3-  1-  4/ 11
27.3%
54.5%
63.6%
436%
207%
先行
5-  3-  5- 26/ 39
12.8%
20.5%
33.3%
53%
76%
中団
1-  2-  3- 55/ 61
1.6%
4.9%
9.8%
33%
31%
後方
1-  1-  1- 41/ 44
2.3%
4.5%
6.8%
10%
17%
マクリ
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
230%
3F 1位
3-  4-  1-  5/ 13
23.1%
53.8%
61.5%
77%
130%
3F 2位
2-  0-  0-  6/  8
25.0%
25.0%
25.0%
273%
67%
3F 3位
0-  0-  3-  8/ 11
0.0%
0.0%
27.3%
0%
80%
3F〜5位
3-  3-  6- 15/ 27
11.1%
22.2%
44.4%
213%
147%
3F6位〜
2-  3-  0- 91/ 96
2.1%
5.2%
5.2%
4%
11%

2004/3/20 中山11R 時事通信杯フラワーC(G3)1着 10番 ダンスインザムード

脚質別では、好走確率、好走馬の実数ともに逃げ・先行が優勢。また、上がり3ハロン別では、1〜2位が良いのは他のレースでもよく見られるが、4〜5位あたりでも上がり2位と互角、あるいはそれ以上の成績。前々から瞬発力で突き放すのではなく、中山の急坂で粘り強い脚を繰り出せる馬にもチャンスは十分にある。

■表5 馬体重、および増減別成績

馬体重
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
〜399kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
400〜419kg
1-  0-  1-  9/ 11
9.1%
9.1%
18.2%
188%
81%
420〜439kg
2-  3-  0- 29/ 34
5.9%
14.7%
14.7%
30%
37%
440〜459kg
3-  1-  5- 40/ 49
6.1%
8.2%
18.4%
11%
45%
460〜479kg
1-  3-  1- 34/ 39
2.6%
10.3%
12.8%
3%
27%
480〜499kg
3-  3-  3- 11/ 20
15.0%
30.0%
45.0%
279%
135%
500〜519kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
520〜539kg
0-  0-  0-  0/  0
540〜
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
〜-20kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
-19〜-10kg
1-  1-  1- 17/ 20
5.0%
10.0%
15.0%
218%
71%
-9〜 -4kg
2-  3-  4- 50/ 59
3.4%
8.5%
15.3%
38%
39%
-3〜 +3kg
5-  4-  4- 41/ 54
9.3%
16.7%
24.1%
44%
48%
+4〜 +9kg
2-  2-  1- 16/ 21
9.5%
19.0%
23.8%
17%
86%
+10〜+19kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

馬体重を見ると、480キロ以上500キロ未満のゾーンの好走確率が高い。中央の芝ではこのあたりの好走確率が高くなりがちなものだが、牝馬限定戦では小型馬でもさほど見劣らないレースが中にはある。しかしこのレースは、ある程度の馬格がある馬の方が良い傾向だ。また、絞りづらいとされる真冬より多少暖かくなる時期、体を減らしてくる馬もいそうだが、このレースでは4キロ以上の馬体減は減点材料となる。

■表6 前走着順別成績

前走着順
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
前走1着 8- 4- 4-39/55
14.5%
21.8%
29.1%
77%
56%
前走2着以下 2- 6- 6-87/101
2.0%
7.9%
13.9%
50%
50%
前走2着 0- 1- 1- 5/ 7
0.0%
14.3%
28.6%
0%
112%
前走3着 0- 0- 0- 7/ 7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走4着 1- 2- 2-15/20
5.0%
15.0%
25.0%
39%
63%
前走5着 0- 0- 0- 9/ 9
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走6〜9着 0- 1- 3-26/30
0.0%
3.3%
13.3%
0%
46%
前走10着〜 1- 2- 0-25/28
3.6%
10.7%
10.7%
155%
57%

フラワーCは前走1着馬の好走が多いレースで、勝ち馬10頭中8頭が前走1着馬。連対率や複勝率でも前走1着馬は2着以下だった馬の倍から3倍の数字を出している。また、表1本文でも触れた通り、1番人気で馬券に絡んだ9頭は前走1着、馬券圏内を外した1頭は前走6着である。

■表7 前走クラス/レース別成績

前走クラス/レース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
新馬
0- 0- 0-13/13
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
未勝利
1- 1- 1-19/22
4.5%
9.1%
13.6%
94%
57%
500万下
7- 3- 6-49/65
10.8%
15.4%
24.6%
93%
60%
OPEN特別
1- 2- 0- 8/11
9.1%
27.3%
27.3%
40%
76%
G3
1- 3- 3-31/38
2.6%
10.5%
18.4%
20%
43%
G1
0- 0- 0- 3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
OP・重賞計
2- 5- 3-42/52
3.8%
13.5%
19.2%
23%
48%
きんせんか賞
2- 1- 0-10/13
15.4%
23.1%
23.1%
33%
30%
黄梅賞
2- 0- 0- 5/ 7
28.6%
28.6%
28.6%
710%
121%
うぐいす賞
1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
430%
170%
ホープフルS
1- 1- 0- 0/ 2
50.0%
100.0%
100.0%
220%
185%
未勝利
1- 1- 1-19/22
4.5%
9.1%
13.6%
94%
57%
チューリップ賞
1- 0- 2- 4/ 7
14.3%
14.3%
42.9%
112%
140%
若竹賞
1- 0- 1- 0/ 2
50.0%
50.0%
100.0%
60%
110%
寒竹賞
1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
140%
120%
クイーンC
0- 2- 1-24/27
0.0%
7.4%
11.1%
0%
17%
500万平場
0- 1- 3-18/22
0.00%
4.50%
18.20%
0%
75%
水仙賞
0- 1- 1- 2/ 4
0.0%
25.0%
50.0%
0%
77%
フェアリーS
0- 1- 0- 0/ 1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
210%
全日本2歳優駿
0- 1- 0- 0/ 1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
520%
ヒヤシンスS
0- 1- 0- 4/ 5
0.0%
20.0%
20.0%
0%
94%
つばき賞
0- 0- 1- 3/ 4
0.0%
0.0%
25.0%
0%
40%
牡馬混合
7- 5- 5-61/78
9.0%
15.4%
21.8%
104%
60%
牝馬限定
3- 5- 5-65/78
3.8%
10.3%
16.7%
15%
44%
※クラス別は中央のみ

前走クラス別では500万組が好走馬の半数。しかし新馬・未勝利組は苦戦傾向にある。前走レース別では、この10年で条件の変化があるレースも中にはあるが、クイーンC組が重賞で注目される割にあまり良くないことが目立つところ。加えて、前走は牝馬限定戦よりも牡馬との混合戦に出走していた馬の方が好成績だ。

■表8 前走競馬場・コース別成績

前走競馬場/コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
新潟
0-0-0-1/1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
東京
1-5-2-41/49
2.0%
12.2%
16.3%
8%
48%
中山
8-4-4-50/66
12.1%
18.2%
24.2%
123%
54%
中京
0-0-0-3/3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
京都
0-0-2-10/12
0.0%
0.0%
16.7%
0%
60%
阪神
1-0-2-13/16
6.3%
6.3%
18.8%
49%
61%
小倉
0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
地方
0-1-0-3/4
0.0%
25.0%
25.0%
0%
130%
中山・芝1600
6-2-0-24/32
18.8%
25.0%
25.0%
237%
62%
中山・芝2000
2-1-0-3/6
33.3%
50.0%
50.0%
96%
81%
東京・芝1600
1-2-2-23/28
3.6%
10.7%
17.9%
15%
38%
阪神・芝1600外
1-0-1-5/7
14.3%
14.3%
28.6%
112%
107%
東京・ダ1600
0-2-0-7/9
0.0%
22.2%
22.2%
0%
93%
中山・芝2200
0-1-1-3/5
0.0%
20.0%
40.0%
0%
62%
東京・芝2400
0-1-0-2/3
0.0%
33.3%
33.3%
0%
153%
川崎・ダ1600
0-1-0-0/1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
520%
中山・ダ1800
0-0-2-13/15
0.0%
0.0%
13.3%
0%
46%
阪神・芝1600
0-0-1-3/4
0.0%
0.0%
25.0%
0%
57%
京都・芝1800外
0-0-1-1/2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
80%
中山・芝1800
0-0-1-0/1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
110%
京都・ダ1400
0-0-1-0/1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
560%

また、前走の出走コースを見ると、同じ中山競馬場のレースに出走していた馬の成績が良い。特に中山芝1600m組が勝ち馬の半数を超えており、該当馬がいれば注意したい。

■表9 好走馬の前走・前々走と、中山実績、1800m以上実績

馬名
前走
前々走
中山
1800m〜
レース
レース
01 タイムフェアレディ
1
1
うぐいす賞
1
呉竹賞
2
0-1-0-1 0-1-0-0
オイワケヒカリ
3
2
水仙賞
4
新馬
1
1-0-1-1 1-0-1-1
フィフティーンラブ
8
3
未勝利
1
未勝利
2
1-0-1-0 1-0-1-0
02 スマイルトゥモロー
3
1
黄梅賞
1
フェアリーS
11
1-0-0-1
マイネヴィータ
2
2
クイーンC
7
阪神JF
5
1-1-0-0
レディーシップ
5
3
クイーンC
4
新馬
1
03 マイネヌーヴェル
2
1
ホープフルS
1
新馬
1
2-0-1-0 2-0-1-0
トーセンリリー
7
2
全日本2歳
10
阪神JF
13
セイレーンズソング
1
3
水仙賞
1
新馬
1
2-0-0-0 2-0-0-0
04 ダンスインザムード
1
1
若竹賞
1
新馬
1
2-0-0-0
ヤマニンアラバスタ
3
2
ホープフルS
2
阪神JF
7
0-1-0-0 0-1-0-0
メイショウオスカル
5
3
チューリップ賞
4
エルフィンS
2
1-1-1-0
05 シーザリオ
1
1
寒竹賞
1
新馬
1
1-0-0-0 1-0-0-0
スルーレート
5
2
ヒヤシンスS
12
500万
1
0-1-0-1 0-1-0-1
アルフォンシーヌ
7
3
500万
7
未勝利
1
0-1-0-0 0-1-0-0
06 キストゥヘヴン
6
1
未勝利
1
未勝利
2
1-2-0-0
フサイチパンドラ
1
2
きんせんか賞
1
エルフィンS
6
1-0-0-0 1-0-0-0
ブルーメンブラット
8
3
500万
2
未勝利
1
1-0-0-0
07 ショウナンタレント
1
1
きんせんか賞
1
春菜賞
6
2-1-0-0 1-0-0-0
ホクレレ
6
2
未勝利
1
未勝利
2
0-2-0-0 0-3-0-0
クロコレーヌ
12
3
チューリップ賞
7
未勝利
1
0-0-1-2 1-0-2-1
08 ブラックエンブレム
1
1
きんせんか賞
1
葉牡丹賞
3
1-0-1-0 0-0-1-1
レッドアゲート
8
2
500万
4
未勝利
1
1-0-0-1 1-1-0-1
シングライクバード
2
3
つばき賞
1
未勝利
1
1-0-0-0
09 ヴィーヴァヴォドカ
11
1
黄梅賞
13
未勝利
1
1-0-0-1
ディアジーナ
1
2
クイーンC
1
菜の花賞
1
1-1-0-0 0-0-0-1
マジックシアター
2
3
500万
7
500万
5
1-1-0-1 1-1-0-2
10 オウケンサクラ
3
1
チューリップ賞
4
こぶし賞
1
1-0-1-1
コスモネモシン
4
2
フェアリーS
1
未勝利
1
2-0-0-1 1-1-0-2
サンテミリオン
1
3
若竹賞
1
新馬
1
2-0-0-0 2-0-0-0

最後に、好走馬の前走、前々走と、中山実績、1800m以上実績(ともにダート含む)を調べたのが表9である。注目点は2つあり、ひとつは「オープン、重賞以外で連敗していない」こと。前走2着以下から好走した14頭のうち、前々走で勝っていた馬は9頭(背景黄)。残る5頭中4頭は前々走で1着(背景緑)となっている。
もうひとつは中山実績、1800m以上(ダート含む)実績で、出走していれば好走実績があること。これをクリアできなかったのはディアジーナ1頭である。また、中山か1800m以上のいずれかに好走実績を持つ馬が30頭中29を占めている。

以上、フラワーCについて過去10年の傾向からいくつかチェックポイントを挙げてみた。登録馬未発表のためここで有力候補を挙げることはできないが、中山実績や1800m実績、そして前走2着以下の馬の注意点など(表9)から候補馬を絞り、さらに枠順確定後にはその枠番や、当日のオッズ、そして馬体重などもチェックしたい。特に、馬券作戦の上では今年の1番人気馬が好走パターンに当てはまるかどうか(表1本文)が、大きなポイントとなりそうだ。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN