第469回 条件クラスのハンデ戦を考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第469回 条件クラスのハンデ戦を考える

2011/2/14(月)

今週は、土曜の東京メイン・ダイヤモンドSを含め計4鞍のハンデ戦が組まれている。ダイヤモンドSのような重賞では過去の結果からハンデの傾向を見る機会も多いものだが、条件戦のハンデを分析する機会はさほどないもの。そこで今回は、ハンデ戦でも特に条件戦に絞ってデータをいくつか探ってみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用。集計期間は特記のないかぎり08年以降、本年2月6日まで。そして牝馬は除いて集計している。

■表1 参考:平地オープン・重賞におけるハンデ別成績

斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
〜48kg
0-   0-   0-   7/   7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14.3人気
49kg
0-   2-   0-  15/  17
0.0%
11.8%
11.8%
0%
73%
13.6人気
50kg
1-   0-   2-  24/  27
3.7%
3.7%
11.1%
13%
103%
12.6人気
51kg
3-   2-   2-  54/  61
4.9%
8.2%
11.5%
51%
55%
12.0人気
52kg
3-   7-   7- 144/ 161
1.9%
6.2%
10.6%
36%
67%
12.2人気
53kg
11-  11-  11- 286/ 319
3.4%
6.9%
10.3%
47%
56%
10.7人気
54kg
18-  24-  30- 388/ 460
3.9%
9.1%
15.7%
62%
80%
9.2人気
55kg
31-  27-  38- 332/ 428
7.2%
13.6%
22.4%
107%
95%
7.5人気
56kg
39-  43-  37- 313/ 432
9.0%
19.0%
27.5%
62%
74%
6.3人気
56.5kg
3-   0-   0-   5/   8
37.5%
37.5%
37.5%
192%
77%
3.5人気
57kg
23-  30-  13- 168/ 234
9.8%
22.6%
28.2%
64%
80%
5.7人気
57.5kg
10-   5-   3-  53/  71
14.1%
21.1%
25.4%
104%
59%
4.8人気
58kg
5-   2-   3-  34/  44
11.4%
15.9%
22.7%
50%
41%
4.7人気
58.5kg
0-   0-   0-   6/   6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
3.8人気
59kg
0-   0-   0-   1/   1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
5.0人気

条件戦のデータを見る前に、まずオープンや重賞での傾向を見ておきたい。オープン、重賞では重めのハンデを背負った馬が好成績を残すレースが多く、全体として56キロ以上に高連対率が多い。人気にもなりがちで回収率は必ずしも良い数字ばかりではないが、少なくとも53キロ以下の軽量馬を買うよりは56キロ以上のほうが良い傾向だ。

■表2 参考:ダイヤモンドSのハンデ別成績(過去10年)

斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
〜48kg
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
13.3人気
49kg
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
12.3人気
50kg
0-  0-  2-  4/  6
0.0%
0.0%
33.3%
0%
436%
11.5人気
51kg
1-  0-  0-  8/  9
11.1%
11.1%
11.1%
397%
82%
9.7人気
52kg
1-  2-  2- 10/ 15
6.7%
20.0%
33.3%
149%
159%
9.9人気
53kg
2-  3-  0- 20/ 25
8.0%
20.0%
20.0%
72%
74%
8.3人気
54kg
2-  1-  2- 12/ 17
11.8%
17.6%
29.4%
55%
107%
8.3人気
55kg
0-  2-  2- 14/ 18
0.0%
11.1%
22.2%
0%
37%
4.4人気
56kg
1-  0-  0- 14/ 15
6.7%
6.7%
6.7%
24%
10%
4.1人気
56.5kg
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
4.5人気
57kg
2-  0-  1-  6/  9
22.2%
22.2%
33.3%
56%
48%
3.7人気
57.5kg
1-  1-  1-  3/  6
16.7%
33.3%
50.0%
60%
131%
3.7人気
58kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
8.0人気
58.5kg
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
5.0人気

2009/2/15 東京11R ダイヤモンドS(G3)1着 9番 モンテクリスエス ハンデ53キロ

もちろんレースによっては表1の傾向が当てはまらないものもあり、今週のダイヤモンドSもそんなレースのひとつ。57キロや57.5キロあたりは悪くないが、56キロは【1.0.0.14】。54キロ以下から6頭も優勝馬が出ており、特に52キロは単複の回収率も優秀である。本稿執筆段階では登録馬やハンデは発表されていないが、もしこのあたりにおもしろそうな馬がいれば積極的に狙ってみてもいいだろう。

■表3 1000万、1600万条件におけるハンデ別成績

斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
49.5〜51kg
1-   1-   3- 163/ 168
0.6%
1.2%
3.0%
72%
43%
13.8人気
51.5〜53kg
33-  29-  30- 932/1024
3.2%
6.1%
9.0%
81%
63%
11.3人気
53.5〜55kg
153- 179- 183-2068/2583
5.9%
12.9%
19.9%
80%
82%
8.2人気
55.5〜57kg
159- 126- 123- 887/1295
12.3%
22.0%
31.5%
79%
80%
4.9人気
57.5〜59kg
35-  22-  21-  81/ 159
22.0%
35.8%
49.1%
109%
93%
3.0人気
50kg
1-   0-   2-  54/  57
1.8%
1.8%
5.3%
214%
77%
14.0人気
51kg
0-   1-   1- 109/ 111
0.0%
0.9%
1.8%
0%
25%
13.8人気
52kg
8-   4-   6- 274/ 292
2.7%
4.1%
6.2%
90%
59%
12.3人気
53kg
25-  25-  24- 658/ 732
3.4%
6.8%
10.1%
77%
64%
11.0人気
54kg
60-  83-  68-1055/1266
4.7%
11.3%
16.7%
83%
81%
9.1人気
55kg
93-  96- 115-1013/1317
7.1%
14.4%
23.1%
77%
84%
7.3人気
56kg
98-  79-  70- 592/ 839
11.7%
21.1%
29.4%
84%
80%
5.5人気
56.5kg
0-   0-   1-   1/   2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
80%
3.5人気
57kg
61-  47-  52- 294/ 454
13.4%
23.8%
35.2%
72%
79%
3.8人気
57.5kg
22-  11-  12-  55/ 100
22.0%
33.0%
45.0%
127%
95%
3.2人気
58kg
10-  10-   8-  19/  47
21.3%
42.6%
59.6%
78%
94%
2.7人気
58.5kg
3-   1-   1-   7/  12
25.0%
33.3%
41.7%
77%
77%
1.9人気
体重比〜11.0%
123- 107- 111-1579/1920
6.4%
12.0%
17.8%
90%
79%
9.2人気
体重比〜11.5%
110- 103- 120-1250/1583
6.9%
13.5%
21.0%
75%
70%
8.0人気
体重比〜12.0%
86-  92-  74- 833/1085
7.9%
16.4%
23.2%
83%
84%
7.2人気
体重比〜12.5%
49-  40-  41- 391/ 521
9.4%
17.1%
25.0%
60%
70%
6.1人気
体重比〜
13-  15-  14-  78/ 120
10.8%
23.3%
35.0%
86%
107%
6.0人気

さて、ここからが今回の本題。表3は1000万、1600万条件のハンデ別成績である。表1のオープン・重賞同様に、やはりハンデが重い馬の成績が良い57.5キロ以上は回収率でも単勝109%、そして複勝も控除率分を考えれば優秀な93。平均人気3.0と人気になりやすいのは確かだが、それでも買うに値する成績だ。加えて、表の中ほどを見れば56〜57キロあたりも表1のオープン・重賞よりは良い成績を残している。

また、ハンデ戦では体重比を気にする声を耳にするが、表の下部にある通り、体重比で見ても斤量の比率が高い馬が好成績、という結果になっている。

■表4 1000万、1600万条件におけるハンデ別成績(芝ダート別)

コース
斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
49.5〜51kg 1-   1-   3- 117/ 122
0.8%
1.6%
4.1%
100%
59%
13.7人気
51.5〜53kg 27-  24-  19- 640/ 710
3.8%
7.2%
9.9%
97%
73%
11.2人気
53.5〜55kg 105- 120- 124-1373/1722
6.1%
13.1%
20.3%
88%
83%
8.1人気
55.5〜57kg 100-  83-  81- 590/ 854
11.7%
21.4%
30.9%
84%
82%
5.0人気
57.5〜59kg 24-  12-  16-  52/ 104
23.1%
34.6%
50.0%
124%
100%
3.1人気
体重比〜11.0% 79-  76-  74- 967/1196
6.6%
13.0%
19.1%
102%
86%
9.1人気
体重比〜11.5% 74-  63-  77- 830/1044
7.1%
13.1%
20.5%
92%
72%
8.1人気
体重比〜12.0% 56-  58-  52- 586/ 752
7.4%
15.2%
22.1%
86%
87%
7.4人気
体重比〜12.5% 35-  28-  32- 327/ 422
8.3%
14.9%
22.5%
58%
65%
6.2人気
体重比〜 13-  15-   8-  62/  98
13.3%
28.6%
36.7%
105%
112%
6.0人気
ダート 49.5〜51kg 0-   0-   0-  46/  46
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14.3人気
51.5〜53kg 6-   5-  11- 292/ 314
1.9%
3.5%
7.0%
43%
41%
11.6人気
53.5〜55kg 48-  59-  59- 695/ 861
5.6%
12.4%
19.3%
64%
82%
8.4人気
55.5〜57kg 59-  43-  42- 297/ 441
13.4%
23.1%
32.7%
71%
75%
4.7人気
57.5〜59kg 11-  10-   5-  29/  55
20.0%
38.2%
47.3%
80%
81%
2.7人気
体重比〜11.0% 44-  31-  37- 612/ 724
6.1%
10.4%
15.5%
70%
68%
9.3人気
体重比〜11.5% 36-  40-  43- 420/ 539
6.7%
14.1%
22.1%
41%
66%
7.6人気
体重比〜12.0% 30-  34-  22- 247/ 333
9.0%
19.2%
25.8%
75%
76%
6.8人気
体重比〜12.5% 14-  12-   9-  64/  99
14.1%
26.3%
35.4%
71%
89%
5.5人気
体重比〜 0-   0-   6-  16/  22
0.0%
0.0%
27.3%
0%
81%
6.3人気

続いて表4は、同じデータを芝・ダート別に分けて集計したもの(個別の斤量成績は割愛した)。芝ダートとも重ハンデ馬が好成績には変わりないが、単複の回収率では芝の重ハンデ馬が特に優秀。また、体重比は芝なら12.5%を超えるゾーンが良いが、ダートで12.5%を超えると3着までに終わっている。大型馬の出走が多いダート戦、該当馬もさほど多くはない上、予想時にいちいち計算することもないだろうが、一応ダート戦は「軽量馬が重ハンデを背負ったら減点」くらいには考えておくといいだろう。

■表5 前走クラス別成績(前走ハンデ戦以外)

クラス
前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
1000万+1600万、ハンデ戦 同クラス 191- 166- 184-2299/2840
6.7%
12.6%
19.0%
87%
72%
8.4人気
昇級戦 76-  81-  70- 491/ 718
10.6%
21.9%
31.6%
66%
84%
5.8人気
降級戦 22-  15-  10- 100/ 147
15.0%
25.2%
32.0%
107%
85%
5.4人気
1000万、ハンデ戦 同クラス 113-  97- 107-1332/1649
6.9%
12.7%
19.2%
85%
72%
8.2人気
昇級戦 46-  45-  42- 296/ 429
10.7%
21.2%
31.0%
61%
79%
5.7人気
降級戦 12-   8-   7-  45/  72
16.7%
27.8%
37.5%
139%
103%
5.1人気
1600万、ハンデ戦 同クラス 78-  69-  77- 967/1191
6.5%
12.3%
18.8%
90%
71%
8.7人気
昇級戦 30-  36-  28- 195/ 289
10.4%
22.8%
32.5%
74%
92%
6.0人気
降級戦 10-   7-   3-  55/  75
13.3%
22.7%
26.7%
77%
67%
5.7人気
1000万、ハンデ戦以外 同クラス 860-  894-  883-10291/12928
6.7%
13.6%
20.4%
68%
75%
8.0人気
昇級戦 199-  181-  194- 1688/ 2262
8.8%
16.8%
25.4%
71%
81%
6.7人気
降級戦 73-   61-   50-  410/  594
12.3%
22.6%
31.0%
82%
75%
5.5人気
1600万、ハンデ戦以外 同クラス 210- 230- 242-3059/3741
5.6%
11.8%
18.2%
80%
79%
8.6人気
昇級戦 79-  63-  59- 494/ 695
11.4%
20.4%
28.9%
80%
80%
5.9人気
降級戦 26-  19-  15- 194/ 254
10.2%
17.7%
23.6%
63%
71%
6.8人気
※降級には前走格上挑戦も含む
※ハンデ戦以外の集計(下2つ)は前走ハンデ戦も含む

表5は前走クラス別の成績(ハンデ戦は前走ハンデ戦を除く)。同級馬よりは降級馬か昇級馬、というのは1000万、1600万共通。降級馬の少ない今の時期は、昇級馬に注意と考えられる。同期間のハンデ戦以外(表の下2つ)で調べても、同級馬よりも昇級馬の成績が良いのは同じだが、1000万、1600万とも、昇級馬はハンデ戦のほうがやや通用しやすい傾向だ。ただ、単複の回収率では特筆すべきものはなく、的中率を上げるには、という視点になる。

■表6 前走同級出走馬の斤量増減別成績(前走ハンデ戦以外)

クラス
前走斤量
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
1000万+1600万
今回減 122- 126- 138-2009/2395
5.1%
10.4%
16.1%
90%
73%
9.3人気
増減無し 48-  28-  32- 240/ 348
13.8%
21.8%
31.0%
62%
59%
3.8人気
増減±1kg以内 128-  88-  91- 663/ 970
13.2%
22.3%
31.6%
79%
72%
4.9人気
今回増 21-  12-  14-  50/  97
21.6%
34.0%
48.5%
100%
83%
3.1人気
1000万
今回減 67-  76-  79-1177/1399
4.8%
10.2%
15.9%
85%
73%
9.1人気
増減無し 34-  14-  17- 131/ 196
17.3%
24.5%
33.2%
79%
59%
3.6人気
増減±1kg以内 73-  47-  51- 359/ 530
13.8%
22.6%
32.3%
72%
69%
4.6人気
今回増 12-   7-  11-  24/  54
22.2%
35.2%
55.6%
105%
94%
3.3人気
1600万
今回減 55-  50-  59- 832/ 996
5.5%
10.5%
16.5%
98%
73%
9.7人気
増減無し 14-  14-  15- 109/ 152
9.2%
18.4%
28.3%
40%
59%
4.0人気
増減±1kg以内 55-  41-  40- 304/ 440
12.5%
21.8%
30.9%
87%
75%
5.2人気
今回増 9-   5-   3-  26/  43
20.9%
32.6%
39.5%
93%
69%
2.8人気
1000万
増減無し 34-  14-  17- 131/ 196
17.3%
24.5%
33.2%
79%
59%
3.6人気
今回1〜1.5kg減 28-  27-  24- 207/ 286
9.8%
19.2%
27.6%
61%
71%
5.5人気
1600万
増減無し 14-  14-  15- 109/ 152
9.2%
18.4%
28.3%
40%
59%
4.0人気
今回1〜1.5kg減 32-  22-  22- 172/ 248
12.9%
21.8%
30.6%
113%
85%
6.4人気

2010/12/4 阪神10R 堺ステークス 1着 14番 ニホンピロアワーズ ハンデ56キロ(前走比+1キロ)

前走同級出走馬の斤量増減別成績(前走ハンデ戦を除く)では、1000万、1600万ともに「今回増」の馬が良く、「今回減」は今ひとつに終わっている。ここで注意したいのは1600万条件で、表の下に記した通り、1600万では1キロ程度の減なら「増減なし」よりもむしろ良い成績になっている。1000万は1〜1.5キロ減は明らかに好走確率が低く、1000万と1600万では分けて考える必要がありそうだ。

■表7 1000万、1600万条件ハンデ戦における人気別成績(牝馬含む)

コース
人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
ハンデ外連
1番人気 75-  53-  54- 147/ 329
22.8%
38.9%
55.3%
63%
81%
48.4%
2番人気 60-  52-  40- 177/ 329
18.2%
34.0%
46.2%
81%
84%
34.2%
3番人気 37-  49-  48- 195/ 329
11.2%
26.1%
40.7%
68%
85%
28.2%
4番人気 40-  33-  31- 225/ 329
12.2%
22.2%
31.6%
97%
79%
21.6%
5番人気 39-  20-  29- 241/ 329
11.9%
17.9%
26.7%
124%
85%
17.8%
6番人気 16-  27-  27- 259/ 329
4.9%
13.1%
21.3%
67%
83%
15.0%
7番人気 16-  19-  23- 271/ 329
4.9%
10.6%
17.6%
76%
80%
8.2%
8番人気 12-  18-  20- 279/ 329
3.6%
9.1%
15.2%
78%
84%
7.5%
9番人気 7-  15-  15- 290/ 327
2.1%
6.7%
11.3%
46%
68%
8.0%
10〜人気 29-  42-  43-1769/1883
1.5%
3.8%
6.1%
85%
74%
2.4%
ダート 1番人気 37-  27-  16-  55/ 135
27.4%
47.4%
59.3%
78%
83%
47.5%
2番人気 30-  21-  12-  72/ 135
22.2%
37.8%
46.7%
95%
80%
35.0%
3番人気 19-  20-  17-  79/ 135
14.1%
28.9%
41.5%
92%
86%
27.6%
4番人気 17-  12-  13-  93/ 135
12.6%
21.5%
31.1%
103%
78%
22.6%
5番人気 4-  21-  12-  98/ 135
3.0%
18.5%
27.4%
31%
82%
14.9%
6番人気 7-   7-  15- 106/ 135
5.2%
10.4%
21.5%
74%
84%
12.8%
7番人気 7-   5-  12- 112/ 136
5.1%
8.8%
17.6%
75%
79%
9.4%
8番人気 6-   7-   6- 115/ 134
4.5%
9.7%
14.2%
110%
69%
9.2%
9番人気 3-   4-  11- 117/ 135
2.2%
5.2%
13.3%
52%
86%
5.9%
10〜人気 5-  11-  22- 795/ 833
0.6%
1.9%
4.6%
28%
51%
2.6%
※「ハンデ外連」は同期間、同条件のハンデ戦以外の連対率

「荒れやすい」という印象が強いハンデ戦。人気別成績を調べると、芝とダートで異なる傾向が出た。芝のハンデ戦では1番人気の連対率が、ハンデ戦以外に比べ10%ほど低い。一方、ダートのハンデ戦は上位人気いずれもハンデ戦以外とほぼ同じ連対率になっている。

■表8 1000万、1600万条件の配当分布

券種
コース
斤量条件
100〜
500〜
1000〜
2000〜
5000〜
1万〜
平均配当
馬連
ハンデ戦
3.3%
16.4%
19.8%
25.8%
15.5%
19.1%
8053円
ハンデ以外
6.2%
18.6%
24.2%
25.7%
13.1%
12.2%
5338円
ダート
ハンデ戦
5.2%
14.8%
30.4%
25.9%
11.9%
11.9%
4858円
ハンデ以外
7.6%
18.2%
19.4%
26.4%
14.4%
13.9%
6898円
券種
コース
斤量条件
100〜
1000〜
5000〜
1万〜
5万〜
10万〜
平均配当
3連複
ハンデ戦
5.1%
28.4%
19.6%
31.1%
10.6%
5.1%
29346円
ハンデ以外
7.2%
36.7%
17.4%
28.6%
4.9%
5.2%
24297円
ダート
ハンデ戦
4.4%
35.3%
19.1%
30.1%
5.9%
5.1%
22800円
ハンデ以外
3.7%
36.9%
18.3%
31.1%
3.7%
6.2%
28325円

そこで、芝ダートに分けて馬連と3連複の配当分布も調べてみた。芝のハンデ戦が荒れやすいのは表7から想像された通り。ただ、ダートは意外にもハンデ戦の平均配当がハンデ戦以外より低いという結果である。ダートの馬連配当分布を見ると、ハンデ戦は3桁配当も5000円を超えるゾーンもハンデ戦以外より少なく、1000円台が多くなっている。「そこそこ」の配当が多いのがダートのハンデ戦、ということのようだ。芝のハンデ戦は低配当が少なく高配当が多いという、平均配当の印象通りの分布である。

以上、条件クラスのハンデ戦についていくつかデータを拾ってみた。全体としてはハンデ戦のイメージ通りのデータが多かったが、芝とダート、1000万と1600万では微妙な違いが見られたものもあった。ほかにも、距離や年齢、直線の長いコースと小回りコースの違い、そして脚質など、ハンデ戦については調べてみたい要素は多い。皆さんも気になるデータがあれば、ぜひTARGET frontier JVを活用して、馬券作戦に生かしていただきたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN