第460回 注目馬大挙出走!日経新春杯を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第460回 注目馬大挙出走!日経新春杯を分析する

2011/1/13(木)

今週は中山で皐月賞と同じ2000mの京成杯、そして京都競馬場では春の天皇賞へ向けた戦い・日経新春杯が行われる。まだ1月とはいえともに今後へ向けて注目の一戦。今回はこのうち、明け4歳の実力馬が大挙して登録してきた日経新春杯を分析してみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1
1-  2-  1-  6/ 10
10.0%
30.0%
40.0%
45%
62%
2
3-  2-  0-  5/ 10
30.0%
50.0%
50.0%
144%
89%
3
1-  2-  3-  4/ 10
10.0%
30.0%
60.0%
70%
130%
4
2-  1-  1-  6/ 10
20.0%
30.0%
40.0%
237%
111%
5
2-  0-  0-  8/ 10
20.0%
20.0%
20.0%
158%
48%
6
0-  1-  2-  7/ 10
0.0%
10.0%
30.0%
0%
95%
7
0-  1-  0-  9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
46%
8
0-  1-  0-  9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
36%
9
0-  0-  1-  9/ 10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
91%
10
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
11〜
1-  0-  2- 25/ 28
3.6%
3.6%
10.7%
122%
146%

荒れがちなハンデ戦だが、過去10年の勝ち馬10頭中9頭は5番人気以内。1着から2着、3着と下位に行くほど人気薄にも食い込むチャンスが広がるという、ありがちな結果と言えるだろう。ただ、2桁人気馬にも好走があることや、上位人気であれば好走確率にそう大きな差はない(逆に言えば1番人気に人気ほどの信頼性はない)ことには注意が必要だ。

■表2 年齢別成績

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
4歳
2-  2-  6- 19/ 29
6.9%
13.8%
34.5%
52%
103%
5歳
5-  6-  3- 21/ 35
14.3%
31.4%
40.0%
101%
182%
6歳
1-  1-  1- 24/ 27
3.7%
7.4%
11.1%
127%
40%
7歳以上
2-  1-  0- 34/ 37
5.4%
8.1%
8.1%
39%
18%
※本年は牝馬の登録なし

年齢別では明け5歳が頭ひとつ抜けた好成績だが、今年は登録なし。そのため、注目はまず4歳馬。4歳に他のデータで不安を抱える馬が多いようなら、6歳や7歳以上を拾っていく形が良さそうだ。

■表3 斤量別成績(牡・セン馬)

ハンデ
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
平均人気
49kg 0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
12.5人気
50kg 0-  0-  1-  1/  2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
455%
9.0人気
51kg 0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
11.3人気
52kg 0-  0-  2-  6/  8
0.0%
0.0%
25.0%
0%
75%
8.8人気
53kg 0-  0-  2-  8/ 10
0.0%
0.0%
20.0%
0%
52%
9.8人気
54kg 2-  4-  1- 19/ 26
7.7%
23.1%
26.9%
69%
77%
7.4人気
55kg 3-  3-  0- 12/ 18
16.7%
33.3%
33.3%
132%
71%
6.0人気
56kg 2-  1-  0- 13/ 16
12.5%
18.8%
18.8%
75%
37%
6.0人気
56.5kg 0-  0-  2-  3/  5
0.0%
0.0%
40.0%
0%
72%
5.4人気
57kg 0-  0-  0-  7/  7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
4.0人気
57.5kg 0-  1-  0-  5/  6
0.0%
16.7%
16.7%
0%
21%
4.0人気
58kg 0-  1-  0-  5/  6
0.0%
16.7%
16.7%
0%
43%
2.7人気
58.5kg 1-  0-  0-  0/  1
100.0%
100.0%
100.0%
760%
250%
5.0人気
57kg〜 1-  2-  0- 17/ 20
5.0%
15.0%
15.0%
38%
32%
3.7人気
※本年は牝馬の登録なし

2001/1/14 京都11R 日経新春杯(G2)1着 1番 ステイゴールド

ハンデ戦では重ハンデ馬の好走確率が高く出ることが多いが、この日経新春杯は重ハンデ馬不振。55キロを中心に、54〜56キロの好走確率が高い。一番下に掲載した57キロ以上の成績を見ると、平均人気が3.7と人気に推されている割に好走確率が低く、馬券妙味はかなり薄い。
ただ、過去10年57キロ以上を背負った馬で、G1で3回以上馬券に絡んでいたのはステイゴールド(58.5キロ1着)のみ。G1馬券圏内2回が2頭、1回が4頭、そして残る11頭はG2以下での実績によって57キロ以上を背負った馬だった。また、10年以上前になるが、99年にはメジロブライト(G1【1.1.2.3】)が59.5キロで優勝。サンプルが少ないため断言はできないが、ハンデを背負っている要因も考慮する必要があるかもしれない。

■表4 枠番、馬番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1枠
2- 0- 1- 9/12
16.7%
16.7%
25.0%
121%
56%
2枠
1- 0- 1-10/12
8.3%
8.3%
16.7%
81%
38%
3枠
2- 0- 1-10/13
15.4%
15.4%
23.1%
97%
60%
4枠
3- 1- 1- 9/14
21.4%
28.6%
35.7%
174%
84%
5枠
1- 1- 3-13/18
5.6%
11.1%
27.8%
191%
132%
6枠
0- 4- 0-15/19
0.0%
21.1%
21.1%
0%
38%
7枠
0- 2- 2-16/20
0.0%
10.0%
20.0%
0%
122%
8枠
1- 2- 1-16/20
5.0%
15.0%
20.0%
19%
125%
馬番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
1番
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
76%
46%
2番
2- 0- 1- 7/10
20.0%
20.0%
30.0%
168%
68%
3番
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
82%
60%
4番
4- 0- 0- 6/10
40.0%
40.0%
40.0%
289%
93%
5番
0- 0- 2- 8/10
0.0%
0.0%
20.0%
0%
106%
6番
0- 1- 1- 8/10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
50%
7番
0- 1- 1- 8/10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
69%
8番
0- 4- 0- 6/10
0.0%
40.0%
40.0%
0%
94%
9番
0- 0- 2- 8/10
0.0%
0.0%
20.0%
0%
185%
10番
1- 0- 0- 9/10
10.0%
10.0%
10.0%
344%
62%
11番
0- 3- 0- 6/ 9
0.0%
33.3%
33.3%
0%
70%
12番
1- 1- 0- 6/ 8
12.5%
25.0%
25.0%
48%
46%
13番
0- 0- 0- 4/ 4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14番
0- 0- 0- 3/ 3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
15番
0- 0- 1- 1/ 2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
925%
16番
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
偶数 8- 6- 2-47/63
12.7%
22.2%
25.4%
133%
64%
奇数 2- 4- 8-51/65
3.1%
9.2%
21.5%
24%
109%

1コーナーまで長い京都の外回り2400m。しかも多頭数にならない年もあり、枠番、馬番などあまり関係ないように思えるが、実際の結果は外枠がやや不振。また、馬番別では勝率、連対率で偶数番が好成績を出しており、このあたりが気になる方は枠順にも要注目である。

■表5 脚質・上がり別成績

レース
脚質・上がり
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
今回
逃げ
1-  2-  1-  7/ 11
9.1%
27.3%
36.4%
312%
262%
先行
2-  4-  2- 27/ 35
5.7%
17.1%
22.9%
34%
54%
中団
6-  1-  5- 29/ 41
14.6%
17.1%
29.3%
106%
123%
後方
1-  3-  2- 34/ 40
2.5%
10.0%
15.0%
24%
33%
マクリ
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
3F 1位
7-  3-  1-  0/ 11
63.6%
90.9%
100.0%
481%
227%
3F 2位
2-  1-  2-  6/ 11
18.2%
27.3%
45.5%
112%
150%
3F 3位
0-  3-  5-  4/ 12
0.0%
25.0%
66.7%
0%
295%
3F〜5位
0-  2-  1- 16/ 19
0.0%
10.5%
15.8%
0%
39%
3F6位〜
1-  1-  1- 72/ 75
1.3%
2.7%
4.0%
45%
36%
前走
逃げ
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
先行
3-  3-  3- 31/ 40
7.5%
15.0%
22.5%
117%
111%
中団
5-  4-  4- 34/ 47
10.6%
19.1%
27.7%
71%
93%
後方
2-  3-  2- 26/ 33
6.1%
15.2%
21.2%
58%
59%
マクリ
0-  0-  1-  1/  2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
185%
3F 1位
5-  2-  4- 16/ 27
18.5%
25.9%
40.7%
130%
117%
3F 2位
2-  2-  2- 11/ 17
11.8%
23.5%
35.3%
84%
80%
3F 3位
0-  1-  1-  6/  8
0.0%
12.5%
25.0%
0%
52%
3F〜5位
1-  2-  0- 11/ 14
7.1%
21.4%
21.4%
58%
45%
3F6位〜
2-  3-  3- 52/ 60
3.3%
8.3%
13.3%
70%
93%

脚質別では、好走確率で逃げや先行を上回ることが少ない「中団」が、このレースでは好成績。長めの距離だけに、テイエムプリキュア(一昨年逃げ切り)のような例も展開ひとつで起こりうるが、その一昨年にしても2着馬は上がり1位、3着馬は上がり3位。このレースで上がり1位を記録した馬は複勝率100、そして前走で上がり1〜2位の馬の好走確率も高く、出走メンバーから仮に前残りを予想したとしても、相手には差し馬も含めて馬券を組み立てるのが得策だ。

■表6 前走クラス/レース別成績

前走クラス/レース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
500万下
0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
910%
1000万下
0-  0-  2-  6/  8
0.0%
0.0%
25.0%
0%
75%
1600万下
4-  3-  2- 12/ 21
19.0%
33.3%
42.9%
152%
100%
OPEN特別
1-  1-  2- 25/ 29
3.4%
6.9%
13.8%
24%
134%
G3
4-  3-  1- 33/ 41
9.8%
17.1%
19.5%
129%
60%
G2
0-  1-  0- 11/ 12
0.0%
8.3%
8.3%
0%
13%
G1
1-  2-  2-  9/ 14
7.1%
21.4%
35.7%
54%
71%
重賞
5-  6-  3- 53/ 67
7.5%
16.4%
20.9%
90%
54%
愛知杯
2- 0- 0- 2/ 4
50.0%
50.0%
50.0%
957%
195%
鳴尾記念
1- 3- 1-16/21
4.8%
19.0%
23.8%
24%
67%
オリオンS
1- 3- 0- 3/ 7
14.3%
57.1%
57.1%
117%
120%
有馬記念
1- 2- 1- 6/10
10.0%
30.0%
40.0%
76%
85%
万葉S
1- 1- 1- 5/ 8
12.5%
25.0%
37.5%
87%
285%
比叡S
1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
450%
190%
古都S
1- 0- 0- 1/ 2
50.0%
50.0%
50.0%
270%
95%
クリスマスキャロルH
1- 0- 0- 2/ 3
33.3%
33.3%
33.3%
463%
126%
中日新聞杯
1- 0- 0- 4/ 5
20.0%
20.0%
20.0%
196%
56%
ステイヤーズS
0- 1- 0- 7/ 8
0.0%
12.5%
12.5%
0%
20%
寿S
0- 0- 2- 1/ 3
0.0%
0.0%
66.7%
0%
173%
500万下
0- 0- 1- 0/ 1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
910%
猪名川特別
0- 0- 1- 0/ 1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
230%
ダービー
0- 0- 1- 0/ 1
0.0%
0.0%
100.0%
0%
150%
アンドロメダS
0- 0- 1- 2/ 3
0.0%
0.0%
33.3%
0%
543%
江坂特別
0- 0- 1- 3/ 4
0.0%
0.0%
25.0%
0%
92%
※前走レースは好走馬輩出レースのみ抽出
※ほかに前走障害戦出走馬1頭(11着)

前走クラス別では1600万組が重賞組を上回る好成績。オープン特別組の好走馬4頭中3頭は、08年に1〜3着を独占した万葉S出走馬。今年は万葉S組の登録はなく、1600万組か重賞組の争いと考えていいだろう。また、好走馬の前走レースはかなり分散しており、好走馬の多い鳴尾記念組も1800mに短縮されてからは【0.1.0.4にとどまる。マラソンレース・ステイヤーズS組も不振だ。そんな中、さすがにG1の有馬記念組はまずまずだが、人気になりがちなだけに、単複の回収率はさほど良い数字ではない。なお、1600万・オリオンSは2400m戦になってからにかぎると【1.2.0.2】連対率60.0%。

■表7 前走1600万組の前走距離、着順別成績

前走
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
4- 3- 2-12/21
19.0%
33.3%
42.9%
152%
100%
前走距離
同距離
2- 2- 0- 2/ 6
33.3%
66.7%
66.7%
211%
131%
±200以内
4- 2- 0- 5/11
36.4%
54.5%
54.5%
290%
123%
±400以内
4- 3- 0- 7/14
28.6%
50.0%
50.0%
228%
114%
±600以内
4- 3- 2-11/20
20.0%
35.0%
45.0%
160%
106%
前走着順
前走1着
3- 2- 1- 5/11
27.3%
45.5%
54.5%
216%
133%
前走2着
1- 0- 1- 0/ 2
50.0%
50.0%
100.0%
410%
205%
前走3着
0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走4着
0- 1- 0- 1/ 2
0.0%
50.0%
50.0%
0%
120%
前走5着
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走6〜9着
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走10着〜
0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表7は、表6で好成績だった前走1600万組について、前走距離と着順で分類したもの。1600万組全体でも好成績だったが、特に前走2400m前後を走っていた馬、そして前走連対馬の成績が良く、長距離路線で好走してきた馬の信頼性はかなり高い。

■表8 前走重賞組の前走距離、着順別成績

前走
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
5- 6- 3-53/ 67
7.5%
16.4%
20.9%
90%
54%
前走距離
1600m
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
1800m
1- 1- 0-11/13
7.7%
15.4%
15.4%
75%
37%
2000m
3- 2- 1-20/26
11.5%
19.2%
23.1%
166%
76%
2200m
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2400m
0- 0- 1- 2/ 3
0.0%
0.0%
33.3%
0%
50%
2500m
1- 2- 1- 7/11
9.1%
27.3%
36.4%
69%
77%
3000m
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
3600m
0- 1- 0- 7/ 8
0.0%
12.5%
12.5%
0%
20%
前走着順
前走1着
1- 0- 0- 4/ 5
20.0%
20.0%
20.0%
102%
34%
前走2着
1- 1- 2- 5/ 9
11.1%
22.2%
44.4%
108%
95%
前走3着
1- 2- 0- 4/ 7
14.3%
42.9%
42.9%
55%
64%
前走4着
0- 0- 0- 5/ 5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走5着
0- 0- 0- 5/ 5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
前走6〜9着
1- 1- 1-12/15
6.7%
13.3%
20.0%
50%
61%
前走10着〜
1- 2- 0-18/21
4.8%
14.3%
14.3%
163%
59%

一方の前走重賞組。ステップとなるレースがある程度絞られるため、距離別は参考程度。ただ、注目したいのは1800mと2000mの成績。鳴尾記念の距離短縮や中日新聞杯の距離延長、ほかに愛知杯の春からの移動、以前は出走のあった京阪杯(1800m)が1200mに短縮されるなど変化の多いゾーンだが、全体としては、やはり今回と距離の近い2000m組の成績が1800mよりも良い傾向だ。また、前走着順別では1〜3着馬が良く、4〜5着(今年は登録なし)あたりよりは6着以下からの巻き返しに注意、となる。

■表9 重賞組の斤量増減別成績

斤量比較
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収
複回収
今回増
2- 2- 1-10/15
13.3%
26.7%
33.3%
84%
68%
増減無し
2- 3- 0-24/29
6.9%
17.2%
17.2%
47%
50%
増減±1kg以内
3- 5- 3-44/55
5.5%
14.5%
20.0%
87%
55%
今回減
1- 1- 2-19/23
4.3%
8.7%
17.4%
149%
49%
今回3kg以上増
0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
今回2〜2.5kg増
2- 0- 0- 0/ 2
100.0%
100.0%
100.0%
635%
210%
今回1〜1.5kg増
0- 1- 1- 5/ 7
0.0%
14.3%
28.6%
0%
68%
増減無し
2- 3- 0-24/29
6.9%
17.2%
17.2%
47%
50%
今回1〜1.5kg減
1- 0- 0-11/12
8.3%
8.3%
8.3%
286%
51%
今回2〜2.5kg減
0- 1- 0- 2/ 3
0.0%
33.3%
33.3%
0%
53%
今回3kg以上減
0- 0- 0- 5/ 5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表8では、前走重賞1着馬の連対率、複勝率が前走重賞2〜3着に比べ今ひとつ。勝ったことによる斤量増が影響したのではないかと考え、重賞組の斤量増減別成績を調べたのが表9である。しかし結果は「今回増」のほうが好成績。さすがに3キロも増えるとどうか(08年アドマイヤジュピタ1番人気4着)という面もあるが、少々増えている程度なら気にする必要はなさそうだ。逆に、別定や定量からハンデ戦に替わって大きく減らされるようでは、そのハンデ差をもってしても力量差を埋められていないという結果が出ている。

■表10 重賞組好走馬の前走と、直線の長いコースでの実績

馬名
新春杯
前走
東京、または各場外回り(中山除く)重賞実績
レース
01 サンエムエックス
2
2
ステイヤーズS
2
3
なし
ヤマニンリスペクト
3
3
鳴尾記念(20)
4
2
前年菊花賞7着
03 バンブーユベントス
4
1
中日新聞杯(18)
3
2
前年青葉賞2着
コイントス
1
2
有馬記念
8
3
なし(前年アルゼンチン共和国杯2着は中山)
05 サクラセンチュリー
2
1
鳴尾記念(20)
3
1
前年目黒記念15着
06 インティライミ
1
3
ダービー
2
2
←、前年京都新聞杯1着
09 ナムラマース
3
2
鳴尾記念(18)
3
2
←、前々年毎日杯1着、同きさらぎ賞2着
10 メイショウベルーガ
2
1
愛知杯
1
3
前年エリザベス女王杯5着、前々年フローラS4着
01 ステイゴールド
5
1
有馬記念
10
7
前年目黒記念1着、3年前天皇賞(春)2着など
02 ホットシークレット
3
2
有馬記念
9
13
前年目黒記念1着
04 マーブルチーフ
8
2
鳴尾記念(20)
10
11
前年京都新聞杯1着
ダービーレグノ
3
3
有馬記念
12
6
前年新潟記念1着、3年前シンザン記念1着など
05 マーブルチーフ
7
2
鳴尾記念(20)
9
8
前年本競走2着、前々年京都新聞杯1着
09 テイエムプリキュア
11
1
愛知杯
9
18
前年本競走3着

最後に、前走重賞組好走馬の過去の実績を、直線の長いコースに焦点を当てて調べてみた。表の上部、前走好走馬の場合はさほど関係ないという結果。一方で、前走で馬券圏外の馬は、6頭すべてに直線の長いコースでの重賞好走実績があり、5頭は京都外回りで好走していた。近走が不振でも、重賞実績のあるコースに戻った馬には警戒が必要だ。

【結論】
上位人気が比較的安定している日経新春杯。ただ、1〜5番人気あたりは好走確率に大きな差がなく、1番人気の妙味は薄い。ハンデは54〜56キロが好成績。年齢別では5歳馬が不在なら4歳馬。前走クラス別では1600万組が重賞組を上回る好走確率で、重賞組なら前走好走か京都外回りでの重賞実績馬に注目。速い上がりを使える差し馬が強い。

2010/12/12 阪神10R オリオンステークス 1着 9番 ビートブラック

4歳に実績馬が揃った今年。活躍が楽しみな馬ばかりだが、中でもデータからの注目は好成績の1600万組(表6)からビートブラック。1600万組の中でも前走同距離や1着馬は特に目立っており(表7)、同距離のオリオンS1着がまず強調材料になる。また、ハンデ55キロも好走確率が高い(表3)。人気も2〜5番人気のいずれかなら、まったく問題ない(表1)。気になるのは前々走・菊花賞までは先行していたこと(表5)だが、他のデータに好材料が多いだけに、まずはこの馬を挙げておきたい。

以下は少々難しい。ヒルノダムールは前走上がり1位が好材料(表5)。今回の登録馬で、前走上がり2位以内はこの馬だけだ。ただ、1800mになってからは今ひとつの鳴尾記念組(表6本文)。ゲシュタルトは切れでこそ見劣るが、その前走重賞1800m組よりも好走確率の高い2000m組(表8)という点で注目できる。
そして注目を集めるジャパンC優勝馬・ローズキングダム。ダービーや菊花賞では今回の対戦メンバー中上がり最速。ハンデさえ響かなければこれはプラス材料になる(表5)。一方、1番人気必至だが、上位人気の中でその1番人気は多少見劣る成績(表1)。有馬記念を取り消し、ジャパンC以来も出走数が少ないとはいえ(10年で2頭)好走がなく、05年にはジャパンC5着以来のナリタセンチュリーが同じ58キロ、1番人気で9着に敗退している。G1ではこのジャパンC5着が最高だった同馬とローズキングダムを並べて語るのもどうかと思うが、少なくともプラスには評価できない。
このように、各馬プラスもマイナスもあり、しかも週末は荒れ模様という天気予報。馬場状態によっては上がり3ハロンの実績がまったく参考にならない可能性もある。ただ、現時点でこの3頭に順番をつけるとすれば、ハンデ(表3)から56キロのヒルノダムール、ゲシュタルトが上位、58キロのローズキングダムは一歩下がってしまうだろうか。もう1頭の4歳馬・コスモヘレノスはステイヤーズS組が不振(表6)。上記各馬に比べ速い脚に欠けるのも減点になる(表5)。なお、ルーラーシップは本稿執筆段階で回避の想定。仮に出走した場合は、ローズキングダムとは互角か、これを上回る評価が可能だ。

他の世代では、一発の可能性もある人気薄から(表1)・メイショウクオリア。少々古い話になったが、08年に京都外回り・京都新聞杯1着があり前走凡走馬でも巻き返しは可能(表10)。ハンデ56キロ(表3)も好走確率が高めのゾーンに入る。

以上をまとめると、データ視点では筆頭にビートブラック、続いてヒルノダムールゲシュタルトローズキングダム、穴を狙うならメイショウクオリア。出走想定11頭で推奨5頭は少々多いものの、断然人気の予想されるローズキングダムが、データからは鉄板とまでは言い難いことがポイントになりそうな一戦だ。

【追記】

一時は回避と報じられたルーラーシップが、最終的には出走とのこと。鳴尾記念1着からの直行ではなく、有馬記念(6着)を挟んだことで表10の下半分になり、京都外回り重賞の実績がないことは減点材料。一方で、1800mの鳴尾記念よりは有馬記念の方が好走確率が高く(表6、同本文)、このプラスマイナスは相殺できる。ただ、ハンデ56.5キロは3着候補としては良くても連対候補としては微妙(表3)。トータルでは結論中に記した通り、ローズキングダムと互角かやや上といったあたりの評価になる。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN