第434回 古馬の戦いも熱い!府中牝馬Sを占う|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第434回 古馬の戦いも熱い!府中牝馬Sを占う

2010/10/11(月)

今週日曜日は東京競馬場で府中牝馬Sが行われる。秋華賞の展望は週半ばに譲り、今回は古馬牝馬のG3を占ってみたい。G1の裏にあたるレースだが、エリザベス女王杯へ向けて熱い戦いになりそう。過去10年の好走馬を調べて、傾向を探っていきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 府中牝馬S出走馬の年齢別成(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳 0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
4歳 6-  4-  9- 46/ 65
9.2%
15.4%
29.2%
65
80
5歳 4-  6-  1- 45/ 56
7.1%
17.9%
19.6%
42
45
6歳 0-  0-  0- 21/ 21
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
7歳以上 0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

まず過去10年の府中牝馬Sの年齢別成績を見ていこう(表1参照)。3歳馬は同日に秋華賞があるため、出走例そのものが少なく、好走例もない。このレースで好勝負できる力があれば秋華賞でも上位争いできるはずなので、今後も好走馬がでることは想像しにくい。4歳馬は【6-4-9-46】、5歳馬は【4-6-1-45】で連対馬のみならず、3着以内の好走馬すべてを占めている。4歳と5歳が中心であることが一目瞭然だ。よって6歳以上は大苦戦。その中にはカワカミプリンセス(09年1番人気6着)のような例もあり、実績がある人気馬でも危ない。

■表2 府中牝馬S好走馬の芝1800m・東京芝成績(過去10年)

着順 人気 馬名 性齢 芝1800m(連対率) 東京芝(連対率)
09年
1
7
ムードインディゴ
牝4
1-1-0-4(33.3%) 0-0-0-2(0%)
2
3
ベッラレイア
牝5
1-1-1-1(50.0%) 1-1-1-1(50.0%)
3
11
レジネッタ
牝4
0-1-1-1(33.3%) 0-0-1-1(0%)
08年
1
4
ブルーメンブラット
牝5
1-0-1-1(33.3%) 2-0-2-2(33.3%)
2
1
カワカミプリンセス
牝5
1-0-0-0(100%) 2-0-0-1(66.7%)
3
3
ベッラレイア
牝4
1-1-0-0(100%) 1-1-0-1(66.7%)
07年
1
4
デアリングハート
牝5
2-0-0-4(33.3%) 1-1-1-3(33.3%)
2
1
アサヒライジング
牝4
1-0-0-1(50.0%) 1-2-1-0(75.0%)
3
2
アドマイヤキッス
牝4
1-1-0-1(66.7%) 0-0-0-3(0%)
06年
1
2
デアリングハート
牝4
1-0-0-2(33.3%) 0-1-0-2(33.3%)
2
4
サンレイジャスパー
牝4
2-1-3-0(50.0%) 0-0-1-0(0%)
3
1
ディアデラノビア
牝4
0-1-0-0(100%) 1-0-2-0(33.3%)
05年
1
1
ヤマニンアラバスタ
牝4
0-1-0-2(33.3%) 1-0-2-3(16.7%)
2
7
マイネサマンサ
牝5
0-0-0-1(0%) 未経験
3
4
オースミハルカ
牝5
3-0-0-1(75.0%) 1-0-0-1(50.0%)
04年
1
5
オースミハルカ
牝4
2-0-0-0(100%) 0-0-0-1(0%)
2
3
メイショウバトラー
牝4
1-1-1-2(40.0%) 未経験
3
1
スティルインラブ
牝4
0-0-0-1(0%) 1-0-0-0(100%)
03年
1
1
レディパステル
牝5
2-1-3-1(42.9%) 1-4-0-1(83.3%)
2
3
ローズバド
牝5
0-0-0-2(0%) 0-1-1-2(25.0%)
3
2
スマイルトゥモロー
牝4
1-0-0-1(50.0%) 1-0-0-1(50.0%)
02年
1
1
ダイヤモンドビコー
牝4
1-2-0-1(75.0%)
2
5
ジェミードレス
牝5
1-2-1-3(42.9%)
3
2
レディパステル
牝4
1-1-2-1(40.0%)
01年
1
5
マルカキャンディ
牝5
2-1-3-7(23.1%) 0-0-0-1(0%)
2
2
ティコティコタック
牝4
2-0-1-1(50.0%) 未経験
3
6
スリーローマン
牝4
3-1-2-4(40.0%) 未経験
00年
1
1
トゥザヴィクトリー
牝4
1-0-0-1(50.0%) 0-1-0-1(50.0%)
2
7
ハイフレンドコード
牝5
1-0-1-2(25.0%) 0-1-2-3(16.7%)
3
2
フサイチエアデール
牝4
未経験 0-1-0-3(25.0%)
※02年は中山芝1800mで施行。

2009/10/18 東京11R 府中牝馬ステークス(G3)1着 4番 ムードインディゴ

上の表2は府中牝馬Sで好走した馬(過去10年)たちの芝1800m実績、東京芝成績を連対率とともに示したもの。今回、東京芝1800mの舞台で行われるということで、距離・コース適性を考える上で、調べてみた。まず芝1800mの実績では、連対馬20頭中16頭の連対率が33.3%以上。3着以内まで見ても好走馬30頭中24頭が連対率33.3%以上をマークしていた。芝1800mでの好走実績はプラス材料で、結構重要と言えそうだ。

次に東京芝実績。結論から言うと、こちらは距離実績ほど重視しなくてもよさそう。昨年優勝馬ムードインディゴは東京芝の連対率は0%だったし、05年2着マイネサマンサのようにコース未経験で好走を果たした馬も複数いる。近年の優勝馬の東京芝連対率は33.3%程度であり、あまり高い数字は求められない。なお、02年は中山芝1800mで行われた関係で、同成績は記載していない。

■表3 府中牝馬S好走馬のG1・G2・G3好走実績(過去10年)

着順
馬名
G1
G2
G3
09年
1
ムードインディゴ 秋華賞2着 ローズS2着  
2
ベッラレイア オークス2着 ローズS2着 府中牝馬S3着
3
レジネッタ 桜花賞1着 ローズS3着 クイーンS2着
08年
1
ブルーメンブラット Vマイル3着 阪神牝馬S2着  
2
カワカミプリンセス 秋華賞1着 金鯱賞3着  
3
ベッラレイア オークス2着 フローラS1着  
07年
1
デアリングハート Vマイル3着 フィリーズR2着 06年府中牝馬S1着
2
アサヒライジング Vマイル2着   クイーンS1着
3
アドマイヤキッス 桜花賞2着 ローズS1着 愛知杯1着
06年
1
デアリングハート NHKマイルC2着 フィリーズR2着 クイーンS1着
2
サンレイジャスパー     新潟記念2着
3
ディアデラノビア Vマイル3着 マイラーズC3着 中山牝馬S2着
05年
1
ヤマニンアラバスタ オークス3着   新潟記念1着
2
マイネサマンサ     マーメイドS2着
3
オースミハルカ エリザベス女王杯2着   04年府中牝馬S1着
04年
1
オースミハルカ     クイーンS1着
2
メイショウバトラー     小倉記念2着
3
スティルインラブ 秋華賞1着   チューリップ賞2着
03年
1
レディパステル オークス1着 目黒記念2着 中山牝馬S1着
2
ローズバド 秋華賞2着 ローズS2着 マーメイドS1着
3
スマイルトゥモロー オークス1着   フラワーC1着
02年
1
ダイヤモンドビコー   ローズS1着 中山牝馬S1着
2
ジェミードレス     エプソムC3着
3
レディパステル オークス1着 フローラS2着 中山牝馬S3着
01年
1
マルカキャンディ      
2
ティコティコタック 秋華賞1着   阪神牝馬S3着
3
スリーローマン      
00年
1
トゥザヴィクトリー オークス2着   クイーン1着
2
ハイフレンドコード   阪神牝馬S1着 京都牝馬S3着
3
フサイチエアデール エリザベス女王杯2着 ローズS2着 マーメイドS1着

次に府中牝馬S好走馬のG1・G2・G3での好走実績を記した(表3参照)。全体を眺めると実績が埋まっているところが多い。過去に重賞で好走実績がある馬の好走が多いということだ。G3ながらレベルが高く、G1好走実績馬が30頭中21頭もいるのだ。ただ、面白いのはG1馬が優勝したケースは03年(レディパステル)しかないということ。03年は3歳牝馬3冠を達成したスティルインラブが3着に敗れているように案外2、3着が多い。08年1着のブルーメンブラットもそうだが、過去にG1で2、3着止まりだった馬が、今回勝ち切る傾向が見える。

G2実績に目を移すと、ローズS好走馬が多い。昨年の1〜3着はローズS好走経験馬で独占した。特に同レースは阪神芝2000m→阪神芝1800mになったことで、今回との関連性が増している可能性がある。G3実績は、G1かG2実績があれば特に必要としない。ただ、重賞で好走経験がなかったのは、01年1着マルカキャンディ、同年3着のスリーローマンのみ。このようなケースはこの年だけ。昇級馬や重賞実績がない馬は、好走しにくいというのが現状だ。

【結論】
以上の点を踏まえて今年の府中牝馬Sを展望してみよう。現時点では出走馬が不確定だが、一応登録メンバーは以下表4のようになっている。

■表4 今年の府中牝馬S出走予定馬

馬名
性齢
芝1800m(連対率)
東京芝(連対率)
G1
G2
G3
スマートシルエット
牝3
1-0-0-0(100%) 未経験      
モーニングフェイス
牝3
1-0-1-1-(33.3%) 0-0-0-2(0%)      
レディアルバローザ
牝3
0-0-0-1(0%) 0-1-0-0(0%)   フィリーズR3着  
オルレアンノオトメ
牝3
2-1-0-5(37.5%) 1-0-0-5(16.7%)      
コロンバスサークル
牝4
3-1-0-4-(50.0%) 2-1-1-3(42.9%)      
テイエムオーロラ
牝4
1-0-0-0(100%) 未経験     マーメイドS3着
ブロードストリート
牝4
2-0-0-0(100%) 1-0-0-2(33.3%) 秋華賞2着 ローズS1着  
シングライクバード
牝5
1-0-2-5(12.5%) 1-0-0-3(25.0%)     フラワーC3着
ダイワジャンヌ
牝5
2-3-0-5(45.5%) 1-1-0-7(22.2%)      
ブライティアパルス
牝5
1-1-1-3(33.3%) 1-0-1-0(50.0%)     マーメイドS1着
ブラボーデイジー
牝5
2-3-1-7(38.5%) 0-1-0-2(33.3%) Vマイル2着   愛知杯2着
ムードインディゴ
牝5
2-1-0-6(33.3%) 1-0-0-3(25.0%) 秋華賞2着 ローズS2着 09年府中牝馬S1着
リトルアマポーラ
牝5
0-0-0-2(0%) 1-0-0-3(25.0%) エリ女1着   愛知杯1着
リビアーモ
牝5
0-1-0-4(20.0%) 2-0-1-3(33.3%)      
カレイジャスミン
牝5
0-1-1-7(11.1%) 1-2-0-7(30.0%)   フローラS2着  
ウェディングフジコ
牝6
1-1-3-6(18.2%) 2-0-1-5(25.0%)     中山牝馬S2着
セラフィックロンプ
牝6
0-2-3-4(22.2%) 0-0-0-4(0%)     愛知杯1着
ニシノブルームーン
牝6
2-0-3-1(33.3%) 1-1-2-1(40.0%) Vマイル3着   中山牝馬S1着
ヤマニンエマイユ
牝7
0-0-0-3(0%) 2-1-0-7(30.0%)      
サンレイジャスパー
牝8
2-2-3-6(30.8%) 0-1-1-2(25.0%)     小倉記念1着
※10/10午後時点でのメンバー。

2009/9/20 阪神10R 関西TVローズS(G2)1着 4番 ブロードストリート

表の順番は年齢順。表1のデータからは下に位置する6歳以上の馬はいきなり厳しい。やはり中心は4〜5歳の馬だ。4〜5歳馬でG1好走実績があるのはブロードストリート、ブラボーデイジー、ムードインディゴ、リトルアマポーラの4頭。その中でリトルアマポーラはエリザベス女王杯勝ちのG1馬であり、芝1800mの連対率が0%。頭から狙うには不安材料がある。ブラボーデイジーは特に気になるところはないが、それ以上にブロードストリートムードインディゴがよく見える。ともに秋華賞2着、ローズS連対の実績がある。ブロードストリートは休み明け、ムードンディゴは昨年このレースを制して以降は冴えないが、近走を度外視して注目してみたい。あとは今年のマーメイドSを優勝したブライティアパルス

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN