第424回 秋競馬開幕!朝日チャレンジCを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第424回 秋競馬開幕!朝日チャレンジCを分析する

2010/9/6(月)

先週で夏競馬が終わり、今週から中山・阪神開催がスタート。まだ残暑が厳しく、秋と言われても実感はわかないが、秋のG1戦線は刻々と近づいている。秋競馬の開幕を飾るのは、朝日チャレンジC、セントウルS、京成杯AH。週の後半ではスプリンターズSの重要なステップレース・セントウルSを分析する予定だが、今回は土曜日に阪神競馬場で行われる朝日チャレンジCを分析していきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 朝日チャレンジCの性別別成績(過去10年)

性別
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
牡・セン
10-10-8-78/106
9.4%
18.9%
26.4%
57%
64%
0-0-2-13/15
0.0%
0.0%
13.3%
0%
35%

まずは性別別成績(過去10年)から。好走馬の大半は牡・セン馬で、牝馬は3着が2回ある(00年3着マルカコマチ、01年3着ニホンピロスワン)のみ。02年以降の好走馬はすべて牡・セン馬で、牝馬は苦戦が続いている

■表2 朝日チャレンジCの人気別成績(過去10年)

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気
7-  1-  1-  1/ 10
70.0%
80.0%
90.0%
174%
114%
2番人気
1-  1-  0-  8/ 10
10.0%
20.0%
20.0%
33%
26%
3番人気
0-  2-  2-  6/ 10
0.0%
20.0%
40.0%
0%
66%
4番人気
0-  3-  3-  4/ 10
0.0%
30.0%
60.0%
0%
148%
5番人気
1-  1-  1-  7/ 10
10.0%
20.0%
30.0%
96%
84%
6番人気
0-  1-  1-  8/ 10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
74%
7番人気
1-  0-  2-  7/ 10
10.0%
10.0%
30.0%
309%
111%
8番人気
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
9番人気
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
10番人気
0-  1-  0-  9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
112%
11番人気
0-  0-  0-  7/  7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
12番人気
0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
13番人気
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14番人気
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
15番人気
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
16番人気
0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

続いて表2では人気別成績(過去10年)をまとめてみた。基本的に人気通りに決まる傾向が強く、好走馬30頭中29頭は7番人気以内。無理な穴狙いはできないレースだ。1番人気は【7.1.1.1】で複勝率90。4着以下に敗れたのは、03年4着サンライズシャークのみで、1番人気の信頼度は極めて高い。ただし、2番人気は【1.1.0.8】と不振なので注意したい

■表3 朝日チャレンジCの年齢別成績(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳
1-  1-  1-  5/  8
12.5%
25.0%
37.5%
32%
76%
4歳
4-  2-  1- 16/ 23
17.4%
26.1%
30.4%
43%
51%
5歳
4-  5-  5- 27/ 41
9.8%
22.0%
34.1%
42%
71%
6歳
1-  2-  1- 24/ 28
3.6%
10.7%
14.3%
110%
77%
7歳以上
0-  0-  2- 19/ 21
0.0%
0.0%
9.5%
0%
20%

年齢別成績(過去10年)をまとめたのが表3。年齢は若いほうが優秀で、好走馬の多くは4、5歳。6歳でも好走馬は4頭いるが、好走率は4、5歳と比べて大きく劣る。7歳以上は3着2回のみで好走例は少ない。また3歳は出走頭数こそ少ないものの、複勝率は最も高い37.5%をマーク。02年3着トゥルーサーパス、04年1着スズカマンボ、09年2着ブレイクランアウトの3頭が好走している。

■表4 朝日チャレンジCの脚質別成績(過去10年)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
逃げ
0- 2- 1- 7/10
0.0%
20.0%
30.0%
0%
46%
先行
6- 5- 3-24/38
15.8%
28.9%
36.8%
133%
106%
差し
4- 2- 3-27/36
11.1%
16.7%
25.0%
29%
52%
追い込み
0- 1- 2-32/35
0.0%
2.9%
8.6%
0%
20%
マクリ
0- 0- 1- 1/ 2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
120%

このレースは開幕週に行われるが、逃げ馬の成績はいまひとつ。表4は脚質別成績(過去10年)で、逃げて好走した馬は3頭しかいない。好走率が最も高いのは先行で、最多の6勝を挙げている。差し馬も悪くないが、追い込み馬は逃げ馬同様に不振。好走馬は3頭のみで、追い込み馬は軽視したほうがいいだろう。

■表5 朝日チャレンジCの前走クラス別成績(過去10年)

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000万下
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
1600万下
1-  0-  3-  5/  9
11.1%
11.1%
44.4%
20%
74%
OPEN特別
0-  0-  0- 17/ 17
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G3
7-  7-  5- 47/ 66
10.6%
21.2%
28.8%
81%
70%
G2
0-  2-  1-  8/ 11
0.0%
18.2%
27.3%
0%
89%
G1
2-  1-  1-  8/ 12
16.7%
25.0%
33.3%
45%
87%

前走クラス別成績(過去10年)を見ると、好走馬のほとんどは前走重賞組。特に前走G3組だった馬の好走が多く、連対馬20頭中14頭は前走G3組だった不振なのはOPEN特別組で、17頭出走して好走馬はゼロ。同組は前走小倉日経オープンに出走している馬が多いが、同レースの勝ち馬もこのレースでは敗れている。

■表6 過去10年の朝日チャレンジC好走馬(1)

着順
人気
馬名
前走
主な重賞勝ち鞍
09年
1
1
キャプテントゥーレ 関屋記念4着 皐月賞
2
4
ブレイクランアウト 日本ダービー15着 共同通信杯
3
6
トーホウアラン ジャパンC10着 京都大賞典
08年
1
1
ドリームジャーニー 小倉記念1着 朝日杯FS
2
4
トーホウアラン エプソムC7着 京都新聞杯
3
3
キャプテンベガ 七夕賞4着  
07年
1
1
インティライミ 宝塚記念7着 京都新聞杯
2
3
ブライトトゥモロー エプソムC2着 新潟大賞典
06年
1
7
トリリオンカット 新潟記念7着  
2
1
コンゴウリキシオー 小倉記念5着 金鯱賞
3
4
ケイアイガード 関屋記念9着 ラジオたんぱ賞
05年
1
1
ワンモアチャッター 小倉記念2着  
2
6
エリモハリアー 札幌記念6着 函館記念
3
4
ツルマルヨカニセ 小倉記念3着  
04年
1
1
スズカマンボ 日本ダービー5着  
2
5
ヴィータローザ エプソムC6着 セントライト記念
03年
1
2
カンファーベスト 新潟記念2着  
2
10
アラタマインディ 小倉記念9着 小倉記念
3
5
ヒマラヤンブルー 札幌記念4着  
02年
1
5
タップダンスシチー 函館記念8着  
2
2
イブキガバメント 小倉記念2着 朝日チャレンジC
01年
2
3
トウカイパルサー 北九州記念4着  
3
4
ニホンピロスワン マーメイドS5着 ローズS
00年
1
1
ミッキーダンス 小倉記念1着 小倉記念
2
4
ブリリアントロード 札幌記念10着 新潟記念
3
7
マルカコマチ 小倉記念5着 京都牝馬S

このレースの中心となるのは、前走重賞組。そこで同組の好走馬をまとめたのが表6になる。注目したいのは、好走馬の重賞実績ですでに重賞を勝利していた馬の活躍が目立っていること。特に阪神コースが改修されてから行われた07年以降は、好走馬9頭中8頭が重賞勝ち馬。夏は「格より調子」と言われるため、夏の延長線上にあるこのレースでも調子重視で考えたくなるが、明らかに実績がモノをいうレースと言える。

■表7 過去10年の朝日チャレンジC好走馬(2)

着順
人気
馬名
前走
2走前
3走前
07年
3
7
ゴールデンメイン 日本海S1着 グリーンS2着 清水S16着
04年
3
3
メジロマントル 朱鷺S1着 七夕賞5着 稲村ヶ崎特別1着
02年
3
1
トゥルーサーパス ストークS2着 エーデルワイスS1着 あやめ賞1着
01年
1
1
イブキガバメント 天の川S1着 垂水S2着 金鯱賞5着

好走馬のほとんどは前走重賞組のため、前走重賞組以外から好走した馬は表7の4頭しかいない。共通点を探すと、全ての馬が過去3走以内に2回以上連対をしていた。重賞実績がない場合は、近走で好成績を残していないと好走は難しい。

<結論>
それでは今年の朝日チャレンジCを展望していこう。今年の登録馬を前走重賞組と前走非重賞組にわけて分析していきたい。

■表8 今年の朝日チャレンジC登録馬(1)

2009/9/12 阪神10R 朝日チャレンジカップ(G3)1着 6番 キャプテントゥーレ

馬名
性別
年齢
前走
主な重賞勝ち鞍
キャプテントゥーレ
5
安田記念7着 皐月賞1着
プロヴィナージュ
5
クイーンS2着 秋華賞3着
ベストメンバー
4
日経新春杯7着 京都新聞杯1着

今年は登録馬がわずか12頭で、前走重賞組も表8の3頭しかいない。その3頭で重賞勝ち鞍があるのはキャプテントゥーレベストメンバー。特にキャプテントゥーレは昨年の朝日チャレンジC優勝馬。今回はメンバーに恵まれた感もあり、連覇の可能性は十分あるだろう。プロヴィナージュは重賞実績こそないものの、08年秋華賞3着馬。今年に入ってからは阪神牝馬S2着、クイーンS2着と重賞制覇まであと一歩の内容が続いている。今年のメンバーに前走重賞組が少ないことを考えれば、同馬も警戒しておく必要はあるだろう。

■表9 今年の朝日チャレンジC登録馬(2)

馬名
性別
年齢
前走
2走前
3走前
アドマイヤメジャー
4
垂水S1着 下鴨S1着 修学院S6着
アンノルーチェ
5
小倉日経OP1着 メイS15着 谷川岳S5着
エムエスワールド
7
朱鷺S6着 北九州記念16着 米子S7着
タニノエポレット
3
尖閣湾特別16着 500万下4着 かきつばた賞3着
ドリームフライト
6
大阪−ハンブルクC12着 阪神大賞典6着 ダイヤモンドS3着
ニルヴァーナ
7
小倉日経OP6着 七夕賞15着 福島テレビOP2着
ファストロック
6
朱鷺S14着 東風S13着 東京新聞杯14着
ベンチャーナイン
5
天の川S13着 中京記念9着 ダイヤモンドS4着
ホーマンアラシ
7
博多S11着 小倉日経OP5着 宮崎S15着

2010/6/27 阪神9R 垂水ステークス 1着 4番 アドマイヤメジャー

今年の登録馬は前走非重賞組が多く、9頭が該当(表9参照)。しかし、近3走以内に2回以上連対をしているのは、アドマイヤメジャーのみ。同馬は今年に入ってから2戦しかしていないが、その2戦が2着馬に0.4秒差をつける完勝。昨年のセントライト記念では勝ち馬から0.2秒差の4着、菊花賞では5番人気に支持されていた馬で、重賞実績がある馬と互角に戦っても不思議ではないだろう。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN