第408回 新潟競馬場の枠番別成績を分析!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第408回 新潟競馬場の枠番別成績を分析!

2010/7/12(月)

新潟競馬場が全面改修されてから、今年で10年目。名物の直線1000mはすっかりなじみのレースとなり、「外枠有利」は定説として知れ渡った。しかし、新潟競馬場はほかのコースも枠による有利・不利が目立つ競馬場なのは意外と知られていない。そこで今回は新潟競馬場の全コースの枠番別成績を分析した。集計は過去5年(05年7月16日〜10年5月23日)を対象。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 新潟芝1000mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
7-  9- 12-185/213
3.3%
7.5%
13.1%
80%
74%
2枠
18-  4-  7-189/218
8.3%
10.1%
13.3%
143%
48%
3枠
17- 15- 12-179/223
7.6%
14.3%
19.7%
85%
86%
4枠
11- 14- 11-188/224
4.9%
11.2%
16.1%
51%
70%
5枠
11- 15- 12-191/229
4.8%
11.4%
16.6%
44%
82%
6枠
19- 18- 13-184/234
8.1%
15.8%
21.4%
95%
73%
7枠
21- 15- 18-234/288
7.3%
12.5%
18.8%
122%
101%
8枠
17- 31- 36-207/291
5.8%
16.5%
28.9%
61%
99%

新潟競馬場

始めに今週のアイビスサマーダッシュの舞台でもある新潟芝1000mの枠番別成績から見ていこう(表1参照)。「外枠有利」の定説通り、外枠(6〜8枠)は総じて優秀な成績。過去のアイビスサマーダッシュを振り返っても、9回中5回は7、8枠から勝ち馬が誕生している。特に8枠の複勝率は優秀で、8枠の馬が3着以内に入る可能性はかなり高いと考えていいだろう。
「外枠有利」というと「内枠不利」に思われがちだが、内枠の成績はそれほど悪くない。確かに1枠は勝率3.3%、連対率7.5%、複勝率13.1%と枠番別で最も悪い数字だが、回収率はそれほど落ち込んでおらず、それほど軽視する必要はないか。むしろ成績の悪さが目立つのは中枠(4、5枠)。4、5枠の勝率は5%弱に止まり、単回収率も50%前後。つまり1000mは「外枠(6〜8枠)有利、中枠(4、5枠)不利」と言えるだろう。

■表2 新潟芝1200mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
8-  6- 13-133/160
5.0%
8.8%
16.9%
88%
72%
2枠
9- 10- 12-134/165
5.5%
11.5%
18.8%
83%
60%
3枠
13- 15- 14-128/170
7.6%
16.5%
24.7%
67%
88%
4枠
14-  6- 12-142/174
8.0%
11.5%
18.4%
105%
74%
5枠
12- 15- 10-139/176
6.8%
15.3%
21.0%
86%
74%
6枠
12- 18- 13-139/182
6.6%
16.5%
23.6%
105%
88%
7枠
13- 15- 13-167/208
6.3%
13.5%
19.7%
41%
69%
8枠
15- 11-  9-180/215
7.0%
12.1%
16.3%
39%
46%

表2は新潟芝1200mの枠番別成績で、芝1000mとは対照的な結果が出た。まず外枠(7、8枠)は不振で、好走率、回収率ともにいまひとつ。芝1000mとはコースが全く異なるので当たり前だが、芝1000mの延長とは考えないほうがいい。逆に優秀な成績を残しているのは芝1000mで不振だった中枠。特定の枠が飛び抜けていいわけではないが、3〜6枠は総じて優秀な成績を残している

■表3 新潟芝1400mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
16- 16- 14-188/234
6.8%
13.7%
19.7%
75%
58%
2枠
16- 17- 16-191/240
6.7%
13.8%
20.4%
62%
102%
3枠
10- 14- 15-207/246
4.1%
9.8%
15.9%
40%
60%
4枠
22- 16- 14-200/252
8.7%
15.1%
20.6%
97%
62%
5枠
23- 15- 17-202/257
8.9%
14.8%
21.4%
149%
108%
6枠
15- 21- 18-207/261
5.7%
13.8%
20.7%
55%
76%
7枠
18- 17- 20-261/316
5.7%
11.1%
17.4%
38%
95%
8枠
15- 19- 22-271/327
4.6%
10.4%
17.1%
128%
66%

表3は新潟芝1400mの枠番別成績。全体的にほとんど差はないが、中枠がやや優秀か。勝率で8%以上をマークしているのは4、5枠のみで、単回収率も4枠97%、5枠149%と高いアベレージを残している。

■表4 新潟芝1600mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
7- 13- 11-222/253
2.8%
7.9%
12.3%
12%
39%
2枠
13- 13- 13-221/260
5.0%
10.0%
15.0%
59%
49%
3枠
16- 19- 11-222/268
6.0%
13.1%
17.2%
56%
57%
4枠
13- 13- 22-228/276
4.7%
9.4%
17.4%
36%
66%
5枠
23- 21- 16-219/279
8.2%
15.8%
21.5%
67%
89%
6枠
21- 18- 30-211/280
7.5%
13.9%
24.6%
109%
84%
7枠
23- 27- 20-277/347
6.6%
14.4%
20.2%
60%
68%
8枠
27- 20- 20-288/355
7.6%
13.2%
18.9%
108%
67%

2009/8/9 新潟11R 関屋記念(G3)1着 13番 スマイルジャック

表4は新潟芝1600mの枠番別成績で、5〜8枠が圧倒的に有利。勝率6.5%以上、複勝率18%以上をマークしているのは、いずれも5〜8枠となっている。2〜4枠になると成績はやや落ち込み、1枠になると好走率は大きくダウン。1枠の勝率はわずか2.8%、連対率も7.9%と一ケタ台になっている。

■表5 新潟芝1800mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
15- 10- 13-210/248
6.0%
10.1%
15.3%
32%
42%
2枠
14- 19- 12-220/265
5.3%
12.5%
17.0%
44%
59%
3枠
15- 19- 14-230/278
5.4%
12.2%
17.3%
35%
54%
4枠
22- 23- 16-228/289
7.6%
15.6%
21.1%
59%
82%
5枠
17- 22- 20-232/291
5.8%
13.4%
20.3%
39%
59%
6枠
12- 17- 27-241/297
4.0%
9.8%
18.9%
30%
62%
7枠
28- 21- 23-286/358
7.8%
13.7%
20.1%
120%
86%
8枠
31- 23- 29-286/369
8.4%
14.6%
22.5%
104%
84%

新潟芝1800mの枠番別成績をまとめたのが表5。好走率にそれほど違いは見られないが、7、8枠の回収率は優秀だ。1〜6枠の単回収率が30〜60%であるのに対し、7、8枠の単回収率は100%を超えている。また複回収率も85%前後とまずまずの数字と言えるだろう。

■表6 新潟芝2000m(内回り)の枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
3-  3-  4- 77/ 87
3.4%
6.9%
11.5%
44%
90%
2枠
3-  5- 12- 74/ 94
3.2%
8.5%
21.3%
16%
90%
3枠
6-  6-  4- 82/ 98
6.1%
12.2%
16.3%
54%
73%
4枠
6-  5-  4- 86/101
5.9%
10.9%
14.9%
83%
110%
5枠
10-  6-  8- 80/104
9.6%
15.4%
23.1%
131%
140%
6枠
11-  8-  8- 79/106
10.4%
17.9%
25.5%
322%
124%
7枠
6- 13-  7-105/131
4.6%
14.5%
19.8%
28%
80%
8枠
9-  8-  7-108/132
6.8%
12.9%
18.2%
77%
122%

表6は新潟芝2000m(内回り)の枠番別成績をまとめたもの。新潟芝2000mには内回りと外回りがあり、内回りは基本的に3歳未勝利戦のみで施行されている。2000m(内回り)の好走率が高いのは中枠(5枠、6枠)で、単・複回収率はともに100%を超える数字をマーク。一方、成績が不振なのは1、2枠。特に1枠は複勝率がわずか11.5%。5、6枠と比べると、約半分の数字だ。

■表7 新潟芝2000m(外回り)の枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
5-  3-  7- 79/ 94
5.3%
8.5%
16.0%
21%
34%
2枠
3-  7-  2- 91/103
2.9%
9.7%
11.7%
19%
29%
3枠
10-  6- 15- 75/106
9.4%
15.1%
29.2%
94%
113%
4枠
9- 10-  7- 91/117
7.7%
16.2%
22.2%
87%
114%
5枠
13- 14- 11- 84/122
10.7%
22.1%
31.1%
57%
113%
6枠
6-  9-  6-108/129
4.7%
11.6%
16.3%
84%
62%
7枠
10- 16-  9-111/146
6.8%
17.8%
24.0%
50%
60%
8枠
15-  6- 14-114/149
10.1%
14.1%
23.5%
136%
84%

表7は新潟芝2000m(外回り)の枠番別成績。内回り同様に中枠が優秀で、3〜5枠が総じて高い好走率をマーク。そして外回りも1、2枠が不振。過去5年で勝ち馬は1枠から5頭、2枠から3頭しか誕生していない。

■表8 新潟芝2200mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
4-  5-  7- 56/ 72
5.6%
12.5%
22.2%
34%
58%
2枠
3- 11-  3- 59/ 76
3.9%
18.4%
22.4%
13%
100%
3枠
7-  4-  7- 64/ 82
8.5%
13.4%
22.0%
60%
50%
4枠
6-  6-  5- 73/ 90
6.7%
13.3%
18.9%
48%
49%
5枠
6-  6-  7- 78/ 97
6.2%
12.4%
19.6%
30%
68%
6枠
11-  6-  6- 78/101
10.9%
16.8%
22.8%
121%
53%
7枠
9-  7- 10- 87/113
8.0%
14.2%
23.0%
52%
61%
8枠
9- 10- 10- 91/120
7.5%
15.8%
24.2%
65%
122%

新潟芝2200mの枠番別成績をまとめたのが表8。このコースは傾向が見られず、枠による有利・不利はないと言っていいだろう。1、2枠の勝率はやや低いが、それほど気にする数字ではない。

■表9 新潟芝2400mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
3- 3- 5-34/45
6.7%
13.3%
24.4%
37%
72%
2枠
2- 3- 2-42/49
4.1%
10.2%
14.3%
12%
34%
3枠
3- 4- 5-40/52
5.8%
13.5%
23.1%
53%
111%
4枠
4- 6- 4-42/56
7.1%
17.9%
25.0%
110%
87%
5枠
5- 4- 3-48/60
8.3%
15.0%
20.0%
63%
69%
6枠
4- 5- 3-51/63
6.3%
14.3%
19.0%
40%
45%
7枠
4- 6- 6-55/71
5.6%
14.1%
22.5%
40%
70%
8枠
10- 4- 7-52/73
13.7%
19.2%
28.8%
74%
63%

表9は新潟芝2400mの枠番別成績。8枠は勝率、連対率、複勝率で最も高い数字をマーク。7枠はそれほど目立つ成績ではないので、8枠だけが優秀と言える不振なのは2枠で、勝率、連対率、複勝率はいずれも最低の数字。こちらも1枠は不振と言えず、2枠だけの成績が悪いようだ。

■表10 新潟ダート1200mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
21- 21- 18-223/283
7.4%
14.8%
21.2%
37%
63%
2枠
39- 30- 31-421/521
7.5%
13.2%
19.2%
69%
56%
3枠
31- 34- 39-431/535
5.8%
12.1%
19.4%
31%
71%
4枠
34- 37- 47-429/547
6.2%
13.0%
21.6%
40%
68%
5枠
47- 46- 39-421/553
8.5%
16.8%
23.9%
78%
89%
6枠
44- 38- 29-446/557
7.9%
14.7%
19.9%
71%
68%
7枠
31- 31- 38-455/555
5.6%
11.2%
18.0%
76%
69%
8枠
36- 46- 42-438/562
6.4%
14.6%
22.1%
48%
63%

ここからはダートコースの枠番別成績を見ていきたい。まず表10が新潟ダート1200mの枠番別成績。5枠がやや優秀だが、それほど有利とも言えないか。全体的に差はなく、枠による有利・不利はないコースと言えるだろう。

■表11 新潟ダート1800mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
27- 18- 23-220/288
9.4%
15.6%
23.6%
92%
65%
2枠
51- 47- 21-372/491
10.4%
20.0%
24.2%
72%
70%
3枠
41- 40- 42-399/522
7.9%
15.5%
23.6%
126%
74%
4枠
40- 37- 47-423/547
7.3%
14.1%
22.7%
95%
84%
5枠
26- 25- 33-468/552
4.7%
9.2%
15.2%
58%
52%
6枠
35- 37- 44-448/564
6.2%
12.8%
20.6%
41%
71%
7枠
37- 47- 47-441/572
6.5%
14.7%
22.9%
40%
71%
8枠
32- 38- 32-472/574
5.6%
12.2%
17.8%
75%
59%

表11は新潟ダート1800mの枠番別成績。本コースは内枠有利で、1〜3枠が優秀な成績
ただし、外にいくほど成績が落ち込むわけではなく、成績の悪さが目立つのは5枠のみ。勝率、連対率は一ケタ台で、複勝率もわずか15.2%しかない。

■表12 新潟障害2850mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
1- 6- 6-33/46
2.2%
15.2%
28.3%
8%
51%
2枠
4- 4- 6-32/46
8.7%
17.4%
30.4%
79%
121%
3枠
4- 4- 9-59/76
5.3%
10.5%
22.4%
12%
103%
4枠
7- 6- 3-65/81
8.6%
16.0%
19.8%
93%
63%
5枠
3- 6- 4-70/83
3.6%
10.8%
15.7%
11%
36%
6枠
6- 7- 5-66/84
7.1%
15.5%
21.4%
66%
93%
7枠
16- 8- 7-59/90
17.8%
26.7%
34.4%
139%
76%
8枠
5- 5- 6-75/91
5.5%
11.0%
17.6%
27%
79%

芝・ダートコースに加え、障害戦で使用される2850m、3250mのコースも見ていきたい。まず表12が新潟障害2850mの枠番別成績。まず1枠は不振で、勝ち馬はわずか1頭のみ。過去5年で1頭しか勝った馬はいないので、1枠に入ったら割引が必要だろう。優秀なのは7枠で、勝ち馬16頭を輩出。勝率、連対率、複勝率も抜けていい数字をマークしている。

■表13 新潟障害3250mの枠番別成績(05年7月16日以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
2- 1- 1- 1/ 5
40.0%
60.0%
80.0%
260%
294%
2枠
0- 0- 0- 5/ 5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
3枠
0- 2- 0- 8/10
0.0%
20.0%
20.0%
0%
108%
4枠
0- 0- 0-10/10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
5枠
1- 1- 3- 5/10
10.0%
20.0%
50.0%
20%
194%
6枠
1- 1- 0- 8/10
10.0%
20.0%
20.0%
263%
124%
7枠
0- 0- 0-10/10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
8枠
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
54%
76%

最後に新潟障害3250mの枠番別成績だが、このコースは新潟ジャンプSのみで使用されている。そのため集計したレースは5レースのみだが、1枠が【2.1.1.1】で4着以下に敗れたのはわずか一度だけ。1枠は障害2850mで不振だったが、障害3250mでは有利なのかもしれない

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN