第406回 今年の3歳馬は強い?6月の3歳・古馬混合戦分析|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第406回 今年の3歳馬は強い?6月の3歳・古馬混合戦分析

2010/7/5(月)

宝塚記念が終わり、いよいよ本格的な夏競馬という雰囲気になってきた。しかし競馬番組上は既に6月中旬から3歳と古馬の混合戦がスタートしており、多くの3歳馬が古馬相手に勝ち上がっている。そこで今回は6月の「3歳以上」戦における3歳馬の成績を調べてみた。
本来はもう少しサンプルが揃ってから分析したほうが、より細かな傾向を掴み取ることができるが、あまりのんびり構えていると馬券作戦に反映するタイミングを逸することにも繋がってくる。今回は少々サンプル不足ではあるが、鮮度優先ということでおつきあいいただきたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 6月・「3歳以上」戦の年齢別成績(05〜09年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
3歳
71-  79-  69- 691/ 910
7.8%
16.5%
24.1%
75%
78%
4歳
218- 176- 173-1606/2173
10.0%
18.1%
26.1%
81%
84%
5歳
75-  96-  84-1040/1295
5.8%
13.2%
19.7%
101%
83%
6歳
23-  27-  47- 508/ 605
3.8%
8.3%
16.0%
39%
84%
7歳以上
6-  16-  20- 361/ 403
1.5%
5.5%
10.4%
29%
63%

■表2 6月・「3歳以上」戦の3歳馬年別成績

年・年月
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
2005年6月
16- 13- 14-125/168
9.5%
17.3%
25.6%
104%
76%
2006年6月
10- 17-  9-136/172
5.8%
15.7%
20.9%
95%
72%
2007年6月
14- 22- 24-184/244
5.7%
14.8%
24.6%
59%
84%
2008年6月
16- 10- 13-116/155
10.3%
16.8%
25.2%
79%
84%
2009年6月
15- 17-  9-130/171
8.8%
18.7%
24.0%
46%
70%

まず表1、表2は05年から昨年までについて、6月の「3歳以上」戦について調べたもの。表1は年齢別成績、表2は3歳馬の年別成績である。表1からは、この時期は降級馬のいる4歳が好成績で、3歳は4歳に次ぐ成績になっていたことがわかる。また、表2を見ると、年ごとに多少のブレはあるが、連対率で10%台中盤から後半、3着内率で20%台前半から中盤という成績が残っている。

■表3 本年6月・「3歳以上」戦の年齢別成績

年齢
着別度数
本年6月
参考・表1
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
勝率
連対率
3着内率
3歳
21- 24- 12-110/167
12.6%
26.9%
34.1%
126%
109%
7.8%
16.5%
24.1%
4歳
35- 28- 37-290/390
9.0%
16.2%
25.6%
85%
72%
10.0%
18.1%
26.1%
5歳
10- 15- 16-242/283
3.5%
8.8%
14.5%
68%
77%
5.8%
13.2%
19.7%
6歳
9-  4-  9-115/137
6.6%
9.5%
16.1%
101%
69%
3.8%
8.3%
16.0%
7歳以上
1-  3-  1- 67/ 72
1.4%
5.6%
6.9%
14%
30%
1.5%
5.5%
10.4%

続いて表3は、本年6月の成績を調べたもの。表の右には表1の勝率〜3着内率も記したが、今年の3歳馬は例年を大きく上回る好成績を残していることがわかる。勝率から3着内率まですべての項目で4歳馬を逆転している上、単複の回収率も100%以上を記録。その分、4歳や5歳馬が成績を落としている。

■表4 3歳馬の「3歳以上」戦優勝馬一覧

レース名
距離
優勝馬
6月19日
函館
11
潮騒特別(1000) 1200 カレンチャン
2
1
福島
10
さくらんぼ特別(1000) 1200 ダイワナイト
8
1
パドトロワ
1
1
12
500万下 1200 サングレアズール
4
1
阪神
8
500万下 2200 キクカタキシード
7
1
12
500万下・牝 1400 アートオブビーン
11
1
6月20日
函館
9
HTB杯(1000) 2000 トウカイメロディ
2
1
10
500万下・牝 1700 プレシャスジェムズ
2
1
福島
7
500万下 1700 エクストラセック
1
1
12
500万下 1800 サクラテンペスト
1
1
阪神
9
三木特別(1000) 1800 アドマイヤプリンス
1
1
6月26日
函館
8
仁山特別(500) 1200 セイウンシェンロン
4
1
福島
12
500万下 2000 ロフティークリフ
1
1
阪神
8
500万下 1800 ウインブシドウ
7
1
11
生田特別(500) 2400 パントクラトール
6
1
12
500万下 1400 メイショウテキーラ
12
1
6月27日
函館
7
500万下 1700 タイセイレジェンド
2
1
10
500万下 1700 ダノンハラショー
3
1
福島
9
栗子特別(500) 1700 コスモカンタービレ
2
1
10
鶴ヶ城特別(1000) 1150 クリスタルボーイ
4
1
阪神
6
500万下 1400 トーホウシンバル
2
1
7月3日
函館
6
500万下 1000 ハッピーダイアリー
3
1
7
500万下 1700 ジョープライド
4
1
8
大森浜特別(500) 1800 シャガール
1
1
福島
12
500万下 1700 マイネルオベリスク
7
1
阪神
9
三宮特別(1000) 1600 レディアルバローザ
2
1
12
500万下 1800 ニホンピロアワーズ
1
1

2010/06/20 阪神9R  三木特別 1着 8番 アドマイヤプリンス

表4は、今年の「3歳以上」戦の優勝馬一覧である。他の表では6月までの集計結果を掲載しているが、この表のみ本稿執筆中に行われた7月3日(土)分の成績も追加している。全体を見ると、早い段階から3歳馬が通用しやすい印象のある500万条件はもちろん、1000万条件でも勝ち馬が何頭も出ているほか、芝もダートも、そして短距離から中距離まで幅広く勝ち馬が出ている印象だ。また、7月3日にも過去4日と同様に勝ち馬が出ており、3週目以降になって急激に成績が低下することはなさそうな雰囲気がある。

■表5 3歳馬人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1番人気
5-  6-  2-  8/ 21
23.8%
52.4%
61.9%
57%
89%
2番人気
6-  1-  1-  6/ 14
42.9%
50.0%
57.1%
185%
99%
3番人気
1-  1-  2-  9/ 13
7.7%
15.4%
30.8%
42%
61%
4〜6人気
4-  8-  7- 24/ 43
9.3%
27.9%
44.2%
81%
146%
7〜9人気
3-  8-  0- 29/ 40
7.5%
27.5%
27.5%
120%
141%
10〜12人
2-  0-  0- 25/ 27
7.4%
7.4%
7.4%
312%
85%
13〜15人
0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
16〜18人
0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

人気別の成績を見ると、1番人気はほぼ条件戦の水準と言える数字。そして2番人気が1番人気に迫る、あるいは一部では1番人気を上回る成績を残している。上位人気馬は人気通りに信頼できると考えていいだろう。また、4〜6番人気、7〜9番人気は特に連対率が優秀で、複勝の回収率は140%台を記録している。さすがに2桁人気になると好走確率はガクンと下がるものの、ひと桁人気であれば穴馬にも細心の注意を払いたい

■表6 3歳馬競馬場別、所属別成績

  着別度数 勝率 連対率 3着内率 単回収 複回収
競馬場
函館
6- 10-  3- 42/ 61
9.8%
26.2%
31.1%
50%
87%
福島
8-  7-  3- 27/ 45
17.8%
33.3%
40.0%
88%
95%
京都
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
410%
阪神
7-  6-  6- 41/ 60
11.7%
21.7%
31.7%
234%
138%
所属
美浦
9- 12-  6- 44/ 71
12.7%
29.6%
38.0%
73%
101%
栗東
12- 12-  6- 62/ 92
13.0%
26.1%
32.6%
172%
120%
地方
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

競馬場別では、福島競馬場で連対率33.3%を記録。阪神では好走確率がやや下がる一方で、単複の回収率は高い。また、東西の所属別でも好走確率は関東馬、回収率では関西馬という傾向だ。まだサンプルが少ないため今後の様子を見極める必要はあるものの、現在のところは「好走確率の東、回収率の西」と言っていいだろう。

■表7 3歳馬クラス別、性別成績

クラスほか
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
500万下
15- 20- 11-102/148
10.1%
23.6%
31.1%
124%
102%
1000万下
6-  3-  1-  8/ 18
33.3%
50.0%
55.6%
147%
149%
G3
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
410%
平場
12- 16-  8- 73/109
11.0%
25.7%
33.0%
149%
113%
特別
9-  8-  4- 37/ 58
15.5%
29.3%
36.2%
83%
101%
牡・セン
16- 13-  7- 59/ 95
16.8%
30.5%
37.9%
141%
103%
5- 11-  5- 51/ 72
6.9%
22.2%
29.2%
105%
117%

2010/6/20 函館9R HTB杯 1着 15番 トウカイメロディ

クラス別成績では、勝ち鞍や好走馬数が多いのはやはり500万条件。しかし1000万条件では勝率33.3%、連対率50.0%と500万条件を上回る好成績。まず下級条件から、という印象が強い3歳馬だが、1000万条件でも十分に警戒したい。また、性別では牝馬より牡・セン馬の方が好成績。牝馬の連対率22.2%も例年の3歳馬全体(表1)を超えているため軽視は禁物なものの、それ以上に今年の牡・セン馬には要注意だ。

■表8 3歳馬前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
下級
5-  5-  6- 17/ 33
15.2%
30.3%
48.5%
186%
164%
上級
5-  1-  0-  7/ 13
38.5%
46.2%
46.2%
191%
111%
同級
10- 18-  6- 77/111
9.0%
25.2%
30.6%
63%
90%
同級2着
0- 1- 2- 1/ 4
0.0%
25.0%
75.0%
0%
135%
同級3着
2- 1- 0-10/13
15.4%
23.1%
23.1%
58%
65%
同級4着
1- 2- 2- 7/12
8.3%
25.0%
41.7%
74%
103%
同級5着
1- 2- 0- 7/10
10.0%
30.0%
30.0%
87%
80%
同級6〜9着
5- 6- 0-24/35
14.3%
31.4%
31.4%
114%
82%
同級10着〜
1- 5- 2-27/35
2.9%
17.1%
22.9%
15%
93%

前走クラス別では、前走で格上挑戦していた馬、そして下級から勝ち上がってきた馬ともに好成績。また、同級組では6〜9着あたりに負けていた馬の巻き返しが多く、前走着順だけで3歳馬を切ってしまうのは危険。かえって「妙味がある」と考えた方が良さそうだ。

■表9 3歳馬コース、距離別成績

コース
距離
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
13- 12-  6- 55/ 86
15.1%
29.1%
36.0%
97%
115%
1000m〜1300m
5- 6- 2-25/38
13.2%
28.9%
34.2%
82%
114%
1400m〜1600m
1- 1- 1- 5/ 8
12.5%
25.0%
37.5%
68%
106%
1700m〜2000m
5- 3- 2-20/30
16.7%
26.7%
33.3%
53%
92%
2100m〜2400m
2- 1- 0- 4/ 7
28.6%
42.9%
42.9%
447%
202%
2500m〜
0- 1- 1- 1/ 3
0.0%
33.3%
66.7%
0%
180%
ダート
8- 12-  6- 55/ 81
9.9%
24.7%
32.1%
156%
103%
1000m〜1300m
1- 5- 1-17/24
4.2%
25.0%
29.2%
31%
93%
1400m〜1600m
2- 2- 1- 9/14
14.3%
28.6%
35.7%
602%
217%
1700m〜2000m
5- 5- 4-29/43
11.6%
23.3%
32.6%
80%
71%

最後にコース、距離別成績。サンプルがまだ少ないため距離別の傾向は参考程度になるが、芝ダート別では芝の好走確率が高い。一方、ダートでは特に単勝回収率が高くなっているが、これは表5の2桁人気馬2勝がともにダート戦だった影響が今のところ大きく出ている。このあたりは今後の傾向を追ってゆく必要がありそうだ。

以上、6月の3歳・古馬混合戦の気になるデータをいくつか拾ってみた。全体的に成績が良いため「買い」と思われるデータが多いが、表3の数字を見れば、今のところはあまり細かいことを気にせず、気になる3歳馬がいればとにかく買い続けても悪くなさそうだ。また、古馬との対戦が2度目、3度目となれば傾向が変わってゆく可能性もあるので、TARGET frontier JVなどJRA-VAN DataLab.対応ソフトを活用し、皆さんご自身で今後の傾向変化を見てゆくことをオススメしたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN