第400回 3歳馬、降級馬。買いなのはどっち?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第400回 3歳馬、降級馬。買いなのはどっち?

2010/6/14(月)

春のG1戦線も終わり、今週から夏競馬が開幕。今年は函館競馬場のリニューアルオープンもあり、夏競馬を心待ちにしていたファンの方も多いのではないだろうか。夏競馬といえば、2歳馬のデビューはもちろん、3歳馬と古馬との対戦がスタート。そして4歳馬はクラスが下がる、いわゆる降級があり、条件クラスでは「現級馬vs3歳馬vs降級馬」という図式になる。一般的には「3歳馬と降級馬は買い」といわれているが、果たして本当にそうなのか。そして3歳馬と降級馬ではどちらが優秀な成績を残しているのか。今回は、クラス移動した初戦に焦点を当てて、3歳馬と降級馬の成績を分析していきたい。つまり3歳馬なら古馬と対戦する初戦、降級馬は降級初戦が対象となる。データの集計期間は過去3年の夏競馬。夏競馬の定義は、2歳のデビュー戦が始まる週から1回札幌(昨年は2回札幌)、3回新潟、3回小倉の最終日まで。昨年でいえば、6月20日(土)〜9月6日(日)の期間になる。なおデータ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 3歳馬の3歳上500万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
新馬1着
1-   1-   0-  10/  12
8.3%
16.7%
16.7%
41%
45%
未勝利1着
65-  69-  61- 531/726
9.0%
18.5%
26.9%
63%
80%
3歳・500万下
82-  82-  81- 875/1120
7.3%
14.6%
21.9%
98%
88%
3歳・1000万下
0-   0-   0-   1/   1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
OPEN特別
6-   3-   1-  21/  31
19.4%
29.0%
32.3%
129%
109%
G3
1-   1-   1-  12/  15
6.7%
13.3%
20.0%
31%
43%
G2
3-   1-   3-   9/  16
18.8%
25.0%
43.8%
148%
91%
G1
2-   0-   0-   3/   5
40.0%
40.0%
40.0%
118%
58%

始めに3歳馬から見ていこう。表1は3歳馬の3歳上500万下における前走クラス別成績。先にも述べたが、今回はクラス移動して初戦のケースに焦点を当てたため、前走クラスはいずれも3歳馬限定のレースになる。前走クラスの大半は、未勝利と3歳・500万下。未勝利を勝ち上がっていない馬が3歳上500万下に挑戦するケースもわずかにあるが、それはクラス移動ではなく格上挑戦なので、除外している(新馬戦も同様)。そのため、未勝利1着と3歳・500万下で比較すると、未勝利1着のほうが勝率、連対率、複勝率は優秀。ただし、単・複回収率は3歳・500万下のほうが良い数字をマークしている。また前走でOPEN特別や重賞に出走している馬はそれほど多くないが、好走率、単・複回収率は優秀で積極的に狙う価値はあるだろう。特にOPEN特別、G2、G1は優秀な成績だ

■表2 3歳馬の3歳上1000万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳・500万下1着
8-  8-  3- 39/ 58
13.8%
27.6%
32.8%
95%
74%
3歳・1000万下
4-  5-  5- 33/ 47
8.5%
19.1%
29.8%
84%
130%
OPEN特別
4-  5-  6- 33/48
8.3%
18.8%
31.3%
40%
92%
G3
6-  2-  2- 18/28
21.4%
28.6%
35.7%
70%
61%
G2
3-  3-  0- 11/17
17.6%
35.3%
35.3%
42%
61%
G1
2-  0-  1-  4/ 7
28.6%
28.6%
42.9%
264%
120%

2009/7/26 新潟10R 麒麟山特別 1着 11番 トランセンド

次に3歳馬の3歳上1000万下における前走クラス別成績を見ていこう(表2参照)。こちらは前走クラスで大きな傾向は見られず、前走クラスが上がっても優秀な成績とはいえない。ただし、3歳1000万下、OPEN特別の好走率はやや低く、3歳・500万下1着、重賞組のほうが好走率は高い

■表3 3歳馬の3歳上1600万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳・1000万下1着
0-  1-  1-  0/  2
0.0%
50.0%
100.0%
0%
140%
OPEN特別
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G3
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G2
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G1
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表3は3歳馬の3歳上1600万下における前走クラス別成績だが、夏のクラス移動で3歳馬が3歳上1600万下からスタートするケースはほとんどないため、データは少ない。

■表4 降級馬の3歳上500万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
500万下1着
34-  14-  17-  79/ 144
23.6%
33.3%
45.1%
101%
87%
1000万下
91-  88-  61- 474/ 714
12.7%
25.1%
33.6%
77%
75%
1600万下
0-   0-   0-   0/   0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
OPEN特別
0-   0-   1-   4/   5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
224%
G3
0-   0-   0-   2/   2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G2
0-   0-   0-   3/   3
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G1
0-   0-   0-   1/   1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

ここからは4歳の降級馬について分析していきたい。まず3歳上500万下に降級する馬だが(表4参照)、前走レースは大半が500万下1着か1000万下。その2つでどちらが優秀かといえば、500万下1着だ。500万下1着からの馬は、すべての面で1000万下を上回っており、複勝率は45.1%というハイアベレージをマーク。降級馬といえば、前走で格上のクラスに出走している馬に目がいきがちだが、前走で同級を勝利している馬も事実上、降級馬。意外と見落とされている点なのかもしれない。

■表5 降級馬の3歳上1000万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000万下1着
19- 12-   8- 35/  74
25.7%
41.9%
52.7%
113%
97%
1600万下
34- 21- 20-133/208
16.3%
26.4%
36.1%
94%
77%
OPEN特別
2-  1-  1- 14/ 18
11.1%
16.7%
22.2%
87%
55%
G3
3-  2-  2-  4/ 11
27.3%
45.5%
63.6%
109%
108%
G2
2-  1-  0-  4/  7
28.6%
42.9%
42.9%
65%
61%
G1
0-  1-  0-  0/  1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
200%

続いて3歳上1000万下に降級する馬をまとめたのが表5。ここでも前走1600万下の馬より、前走1000万下を勝利している馬のほうが圧倒的に優秀。前走1000万下を勝利している馬は、勝率25.7%、連対率41.9%、複勝率52.7%をマークし、単・複回収率も100%前後をマーク。また前走が重賞の馬も数はわずかだが、好走率は高い

■表6 降級馬の1600万下における前走クラス別成績

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1600万下1着
0-  3-  0-  2/  5
0%
60%
60%
0%
104%
OPEN特別
5-  4-  1- 18/ 28
17.9%
32.1%
35.7%
185%
103%
G3
2-  2-  0- 18/ 22
9.1%
18.2%
18.2%
53%
29%
G2
3-  1-  2-  3/  9
33.3%
44.4%
66.7%
275%
153%
G1
0-  1-  0-  3/  4
0.0%
25.0%
25.0%
0%
30%

表6では降級馬の3歳上1600万下における前走クラス別成績をまとめてみた。ここでは前走1600万下1着の馬が少なく、同級1着とOPEN特別を比較することはできない。しかし、OPEN特別は全体的に優秀で、単・複回収率も100%を超えている。またデータは少ないが、G2からの好走馬も多い

■表7 3歳馬と降級馬のクラス別成績

クラス
3歳馬/降級馬
着別度数
勝率
連対率
複勝率
500万下
3歳馬
160- 157- 147- 1462/1926
8.3%
16.5%
24.1%
降級馬
125- 102-  79-  563/ 869
14.4%
26.1%
35.2%
1000万下
3歳馬
27 -  23-  17-  138/ 205
13.2%
24.4%
32.7%
降級馬
60 -  38-  31-  190/ 319
18.8%
30.7%
40.4%
1600万下
3歳馬
0-    1-   1-     8/   10
0.0%
10.0%
20.0%
降級馬
10-   11-   3-    44/  68
14.7%
30.9%
35.3%

それでは3歳馬と降級馬ではどちらが買いなのか。それを示したのが表7になる。ここでは表1〜6までを前走クラスに関係なくまとめてみた。結論からいえば、どのクラスにおいても3歳馬より降級馬のほうが優秀といえるだろう。ご覧の通り、降級馬はすべての数字で3歳馬を上回っている。ただし、3歳馬が買えないというわけではない。表1〜3で見たように、条件によっては「買い」の場合もある。降級馬は、前走同級1着馬がオススメ。「降級=前走格上条件」ではなく、前走同級1着も降級馬。意外と見落としがちな前走1着馬を積極的に狙うのが面白いのではないだろうか。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN