第392回 アパパネは2冠制覇できるのか?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第392回 アパパネは2冠制覇できるのか?

2010/5/17(月)

阪神JFに続いて桜花賞も制したアパパネ。実績は3歳牝馬の中で抜けており、オークスも同馬が中心となるだろう。もしオークスも優勝すれば、昨年のブエナビスタに続く2冠馬の誕生になるが、2冠制覇を成し遂げた馬はそれほど多くない。果たして今年の桜花賞馬アパパネは2冠馬に輝くことができるのか。オークスの歴史をひも解いて分析してみたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 桜花賞勝ち馬のオークス成績(86年以降)

馬名
オークス成績
10年
アパパネ
09年
ブエナビスタ
1着
08年
レジネッタ
3着
07年
ダイワスカーレット
不出走
06年
キストゥヘヴン
6着
05年
ラインクラフト
不出走
04年
ダンスインザムード
4着
03年
スティルインラブ
1着
02年
アローキャリー
不出走
01年
テイエムオーシャン
3着
00年
チアズグレイス
2着
99年
プリモディーネ
3着
98年
ファレノプシス
3着
97年
キョウエイマーチ
11着
96年
ファイトガリバー
2着
95年
ワンダーパヒューム
3着
94年
オグリローマン
12着
93年
ベガ
1着
92年
ニシノフラワー
7着
91年
シスタートウショウ
2着
90年
アグネスフローラ
2着
89年
シャダイカグラ
2着
88年
アラホウトク
2着
87年
マックスビューティ
1着
86年
メジロラモーヌ
1着

始めに桜花賞勝ち馬のオークス成績(86年以降)をまとめたのが表1。Target frontier JVで調査可能な86年以降で見ると、桜花賞とオークスを制した2冠馬は、86年メジロラモーヌ、87年マックスビューティ、93年ベガ、03年スティルインラブ、09年ブエナビスタの5頭。過去10年では2頭の2冠馬が誕生している。2冠達成できなかった馬も含めて桜花賞馬のオークス成績は【5.5.5.6】。勝率23.8%、連対率47.6%、複勝率71.4%で、3着以内なら好走する確率はかなり高い。
一方、同期間の皐月賞勝ち馬のダービー成績は【7.2.2.10】。複勝率は52.4%にとどまったが、7頭の2冠馬が誕生しており、過去10年でも03年ネオユニヴァース、05年ディープインパクト、06年メイショウサムソンが2冠制覇を成し遂げている。
つまり牝馬と牡馬のクラシック2冠で比較した時、牝馬2冠制覇のほうが成功確率は低い。ただし、複勝率で見た場合、桜花賞馬はオークスで好走する可能性が高い、という結果が出ている。

■表2 牝馬2冠制覇を成し遂げた馬(86年以降)

馬名
通算成績
備考
09年 ブエナビスタ 4-0-1-0 4連勝中
03年 スティルインラブ 3-1-0-0  
93年 ベガ 3-1-0-0 4連勝中
87年 マックスビューティ 6-1-0-1 5連勝中
86年 メジロラモーヌ 6-0-0-2 3連勝中

2003/5/25 東京11R 優駿牝馬(G1)1着 3番 スティルインラブ

牝馬2冠制覇を成し遂げた馬(86年以降)をまとめたのが表2になる。共通点を探すと、すべての馬が二度以上敗戦したことがなかった点が挙げられる。それも4着以下に敗れた経験があったのは、86年メジロラモーヌ(京成杯3歳S4着、クイーンC4着)、87年マックスビューティ(函館3歳S4着)の2頭。93年ベガ以降の馬は、一度も4着以下に敗退したことがなく、戦績にほとんど傷がなかった
アパパネの通算成績は【4.1.1.0】。敗戦したのは新馬戦(3着)と今年の初戦チューリップ賞(2着)のみ。複勝率は100%で、過去の2冠馬と遜色ない成績である。ただし、不安材料もある。それは、2冠馬の5頭中4頭はオークスまでに3連勝以上していたこと。たとえば、昨年のブエナビスタは2戦目で未勝利を勝ち上がると、阪神JF→チューリップ賞→桜花賞と3連勝して、オークスに挑んだ。連勝中ではなかったのは牝馬3冠制覇を成し遂げたスティルインラブのみ。アパパネは2走前のチューリップ賞で敗戦しており、連勝が途切れてしまった点は割り引きが必要かもしれない。

■表3 阪神JF勝ち馬のオークス成績(91年以降)

馬名
オークス成績
09年 アパパネ
08年 ブエナビスタ
1着
07年 トールポピー
1着
06年 ウオッカ
不出走
05年 テイエムプリキュア
11着
04年 ショウナンパントル
7着
03年 ヤマニンシュクル
5着
02年 ピースオブワールド
13着
01年 タムロチェリー
12着
00年 テイエムオーシャン
3着
99年 ヤマカツスズラン
不出走
98年 スティンガー
4着
97年 アインブライド
12着
96年 メジロドーベル
1着
95年 ビワハイジ
13着
94年 ヤマニンパラダイス
不出走
93年 ヒシアマゾン
不出走
92年 スエヒロジョウオー
不出走
91年 ニシノフラワー
7着

アパパネの特徴は、桜花賞だけでなく、昨年の阪神JFも制していること。そこで、表3では阪神JF勝ち馬のオークス成績(91年以降)をまとめてみた。阪神JFが牝馬限定戦となった91年以降、阪神JF勝ち馬のオークス成績は【3.0.1.9】。阪神JFとオークスを制したのは、96年メジロドーベル、07年トールポピー、08年ブエナビスタ。勝率は23.1%で、桜花賞勝ち馬より勝率は10%ほどダウンする。
このように91年以降で見ると、阪神JF勝ち馬のオークス成績はいまひとつだ。ただし、過去2年の阪神JF勝ち馬(トールポピー、ブエナビスタ)はオークスを連勝中。過去2年連続で珍しいことが起こっているから、今年のアパパネを危ないかもしれない。そう疑ってみたくもなるが、阪神競馬場は06年の馬場改修に伴い、阪神1600mのコース形態も大きく変わった。実際、06年ウオッカ、07年トールポピー、08年ブエナビスタ、09年アパパネは実力馬がしっかりと結果を出したレースで、以前とレースの質が変わっている。そのため、05年以前よりも阪神JFがオークスに結びつきやすくなっていると推測もできるだろう。この点は難しい問題で、もう少し時間の経過を見守る必要があるかもしれない。

■表4 阪神JF、桜花賞を制した馬のオークス成績(92年以降)

馬名
オークス成績
09年 ブエナビスタ
1着
00年 テイエムオーシャン
3着
92年 ニシノフラワー
7着

2009/5/24 東京11R 優駿牝馬(G1)1着 7番 ブエナビスタ

それでは阪神JF、桜花賞を制した馬のオークス成績はどうなのか。それをまとめたのが表4になる。91年以降、該当する馬は3頭のみで、阪神JFと桜花賞を制するのがいかに難しいかがわかる。その3頭のオークス成績は、92年ニシノフラワー7着、00年テイエムオーシャン3着、09年ブエナビスタ1着で、勝利したのは昨年のブエナビスタのみ。もし、アパパネがオークスを制すると、阪神JF→桜花賞→オークスを制した馬が2年連続で誕生することになる。

■表5 オークスの系統別成績(過去10年)

系統
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
ロイヤルチャージャー系 5-  8-  3- 88/104
4.8%
12.5%
15.4%
32%
69%
ナスルーラ系 3-  0-  3- 11/ 17
17.6%
17.6%
35.3%
229%
175%
ニアークティック系 2-  0-  3- 27/ 32
6.3%
6.3%
15.6%
53%
52%
ネイティヴダンサー系 0-  1-  0- 15/ 16
0.0%
6.3%
6.3%
0%
25%
その他の系統 0-  1-  1-  7/  9
0.0%
11.1%
22.2%
0%
287%
※ネイティヴダンサー系は15頭中14頭がミスタープロスペクター系。

最後に少し視点を変えて、オークスの系統別成績(過去10年)をまとめてみた。アパパネのあら探しをしているわけではないが、ネイティヴダンサー系で連対をしたのは04年2着スイープトウショウ(父エンドスウィープ)のみ。アパパネの父はキングカメハメハで、ネイティヴダンサー(ミスタープロスペクター)系に該当する。これはアパパネだけのことではないが、決していい材料とはいえないだろう。

アパパネは過去の牝馬2冠馬と比べても遜色ない成績だ。しかし、阪神JF、桜花賞ともに僅差の勝利で能力が抜けているとはいえない。事実、連勝はチューリップ賞でストップし、血統的に不安も大きい。以上の点を踏まえると、2冠の可能性は低いかもしれない。そうはいっても、桜花賞馬はオークスで好走する可能性が高いので、2、3着とみるのが妥当だろう。それではどの馬がオークスを制するのか。それは週半ばに詳しく分析していきたい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN