第366回 JRA通算1600勝達成!中舘英二騎手を分析する!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第366回 JRA通算1600勝達成! 中舘英二騎手を分析する!

2010/2/15(月)

2010/2/6 中京1R サラ3歳未勝利1着 11番 ダイヤモンドイエロ

2月6日の中京1Rで中舘英二騎手がJRA通算1600勝を達成した。デビューから27年間コツコツと勝ち星を積み重ねた結果で、JRA史上では10人目。現役では武豊、横山典弘、柴田善臣、蛯名正義、藤田伸二騎手に次ぐ6人目の快挙となった。そこで今回は同騎手の近5年間(05年以降)を成績をもとに、同騎手について分析をしてみたい。データ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 中舘英二騎手のJRA成績(05年以降)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
※2010年
13-  5-  7- 58/ 83
15.7%
21.7%
30.1%
121
117
2009年
104- 86- 58-636/884
11.8%
21.5%
28.1%
75
65
2008年
105- 78- 76-615/874
12.0%
20.9%
29.6%
71
62
2007年
107- 73- 66-600/846
12.6%
21.3%
29.1%
71
64
2006年
103- 95- 69-642/909
11.3%
21.8%
29.4%
70
71
2005年
105- 91- 79-591/866
12.1%
22.6%
31.8%
69
73
※2/7開催終了時点までの成績

上の表1は近5年間(05年以降、本年は2月7日開催終了時点まで)のJRA成績だ。毎年のように年間100勝以上をマークしている。勝率、連対率などもほぼ変わらない成績であり、大きなケガやスランプなどがなく、コンスタントに好成績を挙げていることがわかる。この間、G1の勝利こそ07年スプリンターズS(アストンマーチャン)のみだが、紛れもなく現役トップジョッキーの一人であることに異論はないはずだ。

■表2 中舘英二騎手のJRA芝成績(05年以降)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
2010年 4-  2-  1- 27/ 34
11.8%
17.6%
20.6%
34
129
2009年 34- 34- 30-360/458
7.4%
14.8%
21.4%
35
54
2008年 53- 41- 41-367/502
10.6%
18.7%
26.9%
77
60
2007年 57- 38- 31-350/476
12.0%
20.0%
26.5%
71
62
2006年 57- 47- 37-354/495
11.5%
21.0%
28.5%
89
71
2005年 50- 50- 49-325/474
10.5%
21.1%
31.4%
64
76

■表3 中舘英二騎手のJRAダート成績(05年以降)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
2010年 9-  3-  6- 31/ 49
18.4%
24.5%
36.7%
182
108
2009年 70- 52- 28-276/426
16.4%
28.6%
35.2%
119
77
2008年 52- 37- 35-248/372
14.0%
23.9%
33.3%
62
66
2007年 50- 35- 35-250/370
13.5%
23.0%
32.4%
70
66
2006年 46- 48- 32-288/414
11.1%
22.7%
30.4%
46
72
2005年 55- 41- 30-266/392
14.0%
24.5%
32.1%
75
69

勝ち鞍や連対率の内訳を見ると、芝よりもダート(表2、表3参照)の方が好成績だろうか。特に芝は05〜07年まで連対率が20%以上あったが、ここ2年は20%を割る数字。勝ち鞍も昨年は例年50勝以上あったのが34勝止まり。しかし、その分ダートで70勝をマークし、ダートでの連対率は毎年20%以上、複勝率は30%以上の好成績だ。いずれにしても最終的にしっかり年間100勝まで持ってくるあたりはさすがだ。

■表4 中舘英二騎手の脚質別成績(05年以降)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
逃げ 223- 135-  72- 408/ 838
26.6%
42.7%
51.3%
136
107
先行 253- 204- 186- 986/1629
15.5%
28.1%
39.5%
94
86
差し 47-  74-  83-1073/1277
3.7%
9.5%
16.0%
34
46
追い込み 8-  11-  12- 659/ 690
1.2%
2.8%
4.5%
10
19
マクリ 6-   4-   2-  13/  25
24.0%
40.0%
48.0%
147
110

中舘英二騎手と言えば「逃げ」が代名詞。脚質別成績(表4参照)を見てもそれは明らかで、逃げ・先行での勝ち鞍が圧倒的なシェアをしめている。逃げ切り勝ち鞍数が先行勝ち鞍数とほぼ変わらないのも凄い。また、逃げ馬に乗った際の単・複回収率はともに100%以上、複勝率は50%以上で、逃げたときは2回に1回馬券に絡んでいることになる。まさにイメージ通りの成績といったところだ。

■表5 中舘英二騎手の人気別成績(05年以降)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気 236- 142-  86- 294/ 758
31.1%
49.9%
61.2%
73
79
2番人気 104-  92-  74- 353/ 623
16.7%
31.5%
43.3%
72
72
3番人気 58-  68-  62- 320/ 508
11.4%
24.8%
37.0%
64
73
4番人気 51-  35-  38- 295/ 419
12.2%
20.5%
29.6%
102
71
5番人気 37-  25-  20- 296/ 378
9.8%
16.4%
21.7%
102
65
6番人気 22-  27-  24- 257/ 330
6.7%
14.8%
22.1%
90
79
7番人気 12-  18-  17- 253/ 300
4.0%
10.0%
15.7%
70
74
8番人気 9-   7-  12- 237/ 265
3.4%
6.0%
10.6%
89
56
9番人気 3-   4-   5- 219/ 231
1.3%
3.0%
5.2%
50
40
10番人気 3-   5-   8- 138/ 154
1.9%
5.2%
10.4%
78
88
11番人気 0-   3-   0- 147/ 150
0.0%
2.0%
2.0%
0
22
12番人気 1-   1-   4- 110/ 116
0.9%
1.7%
5.2%
48
66
13番人気 1-   0-   3-  82/  86
1.2%
1.2%
4.7%
50
77
14番人気 0-   0-   1-  59/  60
0.0%
0.0%
1.7%
0
18
15番人気 0-   1-   1-  42/  44
0.0%
2.3%
4.5%
0
100
16番人気 0-   0-   0-  23/  23
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
17番人気 0-   0-   0-  11/  11
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
18番人気 0-   0-   0-   6/   6
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

次に人気別成績を見ていこう(表5参照)。勝ち鞍数は1番人気が236勝と群を抜いており、勝率も31.1%と高い。脚質(逃げが多い)上、逃げ切り勝ちを期待して馬券を買うのがベストで、連軸期待は弱き(?)。同人気の連対率は49.9%と、それほど高い数字ではないか。そもそも1番人気の馬はマークされるというリスクを常に背負っているため、同人気の馬を買い続けてもさほど効果はない。回収率の面でみると、4番人気から6番人気ぐらいの馬を狙うのが妙味だ。また、同騎手の場合は11番人気以下の超人気薄も積極的には狙いにくい。好走すれば破壊力がある配当が見込めるが、総合的な成績を見ると、おすすめはできない。中穴狙いが面白いようにみえる。

■表6 中舘英二騎手の競馬場別成績(05年以降)

場所
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
札幌 35-  24-  13- 209/ 281
12.5%
21.0%
25.6%
103
68
函館 0-   0-   0-   0/   0
-
-
-
-
-
福島 156- 119-  95- 695/1065
14.6%
25.8%
34.7%
63
63
新潟 113-  92-  92- 637/ 934
12.1%
21.9%
31.8%
73
73
東京 15-  13-  11- 206/ 245
6.1%
11.4%
15.9%
60
50
中山 30-  26-  17- 360/ 433
6.9%
12.9%
16.9%
60
54
中京 128- 113-  84- 663/ 988
13.0%
24.4%
32.9%
77
79
京都 4-   2-   1-  46/  53
7.5%
11.3%
13.2%
36
28
阪神 3-   2-   6-  61/  72
4.2%
6.9%
15.3%
74
77
小倉 53-  37-  36- 265/ 391
13.6%
23.0%
32.2%
84
73
東開催 314- 250- 215-1898/2677
11.7%
21.1%
29.1%
66
64
西開催 188- 154- 127-1035/1504
12.5%
22.7%
31.2%
77
76
中央開催 52-  43-  35- 673/ 803
6.5%
11.8%
16.2%
60
53
ローカル 485- 385- 320-2469/3659
13.3%
23.8%
32.5%
75
71

2007/9/30 中山11R スプリンターズS(G1)1着 7番 アストンマーチャン

上の表6は競馬場別成績。トップジョッキーでありながら中央場所よりもローカル場所を主戦場にしている騎手であるため、それが競馬場別成績にもモロに影響している。特に美浦所属でも小倉での成績がいいことも特徴だ。

■表7 中舘英二騎手の距離・コーナー数別成績(05年以降)

距離/コーナー数
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m〜1300m 210- 177- 135-1134/1656
12.7%
23.4%
31.5%
71
71
1400m〜1600m 27-  23-  28- 377/ 455
5.9%
11.0%
17.1%
48
59
1700m〜2000m 271- 205- 166-1443/2085
13.0%
22.8%
30.8%
77
69
2100m〜2400m 17-  14-  16- 106/ 153
11.1%
20.3%
30.7%
65
64
2500m〜 12-   9-  10-  82/ 113
10.6%
18.6%
27.4%
93
61
コーナー0回 6-  10-   8-  61/  85
7.1%
18.8%
28.2%
51
59
2回(180度) 248- 204- 158-1538/2148
11.5%
21.0%
28.4%
67
68
3回(270度) 5-   5-   6-  63/  79
6.3%
12.7%
20.3%
69
63
4回(360度) 264- 192- 169-1355/1980
13.3%
23.0%
31.6%
79
71
5回(450度)〜 14-  17-  14- 125/ 170
8.2%
18.2%
26.5%
73
55

ローカル競馬場に良績が集中しているため、距離別成績も1000〜1300m、1700〜2000mといった距離の数字が良くなっている(表7参照)。1400〜1600mのレースでは中央場所がメーンになっているというだけで、この距離が苦手というような見解はしたくない。表7でもう一つ注目したいのは、コーナー数別の成績だ。一般的に逃げ馬・先行馬は、コーナー数が多いほどアドバンテージがあると考えるのが普通だが、同騎手の場合はコーナー数にそれほど影響されない。コーナー数5回以上の長距離が特に強いわけでもないが、コーナー数2回の短距離でも中距離と変わらない成績を残している。

■表8 中舘英二騎手の芝・コース別成績(05年以降)

順位
コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
福島・芝1200 35- 31- 16-206/288
12.2%
22.9%
28.5%
57
52
2
中京・芝1200 21- 22- 18-143/204
10.3%
21.1%
29.9%
67
72
3
福島・芝2000 20- 16- 10- 80/126
15.9%
28.6%
36.5%
95
72
4
福島・芝1800 19- 12- 16-111/158
12.0%
19.6%
29.7%
63
62
5
新潟・芝1800外 17- 13-  6- 67/103
16.5%
29.1%
35.0%
93
77
6
中京・芝2000 16- 10- 10- 77/113
14.2%
23.0%
31.9%
83
76
7
小倉・芝1200 14-  7- 12- 77/110
12.7%
19.1%
30.0%
113
69
8
中京・芝1800 11- 18- 10- 75/114
9.6%
25.4%
34.2%
54
92
9
小倉・芝1800 9-  5-  5- 50/ 69
13.0%
20.3%
27.5%
93
74
10
新潟・芝1200 8-  7-  7- 49/ 71
11.3%
21.1%
31.0%
73
78
11
新潟・芝1400 8-  2- 10- 69/ 89
9.0%
11.2%
22.5%
60
86
12
新潟・芝2200 7-  3-  5- 23/ 38
18.4%
26.3%
39.5%
90
67
13
中京・芝2500 7-  3-  4- 24/ 38
18.4%
26.3%
36.8%
122
77
14
新潟・芝1000 6- 10-  8- 61/ 85
7.1%
18.8%
28.2%
51
59
15
札幌・芝1200 6-  2-  4- 43/ 55
10.9%
14.5%
21.8%
69
66
16
新潟・芝2400 6-  2-  2- 12/ 22
27.3%
36.4%
45.5%
165
104
17
小倉・芝2000 5-  9-  1- 45/ 60
8.3%
23.3%
25.0%
32
72
18
中山・芝1200 5-  4-  2- 38/ 49
10.2%
18.4%
22.4%
81
66
19
新潟・芝1600外 4-  5-  7- 76/ 92
4.3%
9.8%
17.4%
36
65
20
新潟・芝2000外 4-  5-  2- 36/ 47
8.5%
19.1%
23.4%
46
42
21
福島・芝2600 3-  6-  3- 26/ 38
7.9%
23.7%
31.6%
72
77
22
東京・芝1600 3-  1-  2- 30/ 36
8.3%
11.1%
16.7%
63
34
23
中山・芝1600 2-  3-  2- 36/ 43
4.7%
11.6%
16.3%
63
59
24
新潟・芝2000 2-  2-  4- 20/ 28
7.1%
14.3%
28.6%
16
75
25
札幌・芝1800 2-  2-  1- 23/ 28
7.1%
14.3%
17.9%
80
42
26
札幌・芝1500 2-  1-  3- 11/ 17
11.8%
17.6%
35.3%
71
101
27
東京・芝1400 2-  1-  2- 40/ 45
4.4%
6.7%
11.1%
82
33
28
中山・芝2000 2-  1-  2- 29/ 34
5.9%
8.8%
14.7%
57
117
29
小倉・芝2600 2-  0-  1- 11/ 14
14.3%
14.3%
21.4%
225
54
30
中山・芝1800 1-  2-  0- 26/ 29
3.4%
10.3%
10.3%
16
15
31
阪神・芝2000 1-  1-  1-  6/  9
11.1%
22.2%
33.3%
203
81
32
福島・芝1700 1-  0-  1-  9/ 11
9.1%
9.1%
18.2%
35
23
33
東京・芝2000 1-  0-  0- 10/ 11
9.1%
9.1%
9.1%
140
31
34
阪神・芝1400 1-  0-  0-  9/ 10
10.0%
10.0%
10.0%
109
35
35
京都・芝1600 1-  0-  0-  5/  6
16.7%
16.7%
16.7%
58
23
36
京都・芝2400外 1-  0-  0-  1/  2
50.0%
50.0%
50.0%
315
115
37
札幌・芝2000 0-  1-  2- 19/ 22
0.0%
4.5%
13.6%
0
36
38
東京・芝1800 0-  1-  1- 28/ 30
0.0%
3.3%
6.7%
0
14
39
阪神・芝1600 0-  1-  1-  6/  8
0.0%
12.5%
25.0%
0
50
40
福島・芝1000 0-  1-  1-  1/  3
0.0%
33.3%
66.7%
0
110
41
京都・芝1200 0-  1-  1-  5/  7
0.0%
14.3%
28.6%
0
58
42
中山・芝2200 0-  1-  0- 13/ 14
0.0%
7.1%
7.1%
0
12
43
東京・芝2400 0-  0-  2-  6/  8
0.0%
0.0%
25.0%
0
70
44
中山・芝2500 0-  0-  1- 12/ 13
0.0%
0.0%
7.7%
0
10
45
阪神・芝1200 0-  0-  1-  3/  4
0.0%
0.0%
25.0%
0
657
46
東京・芝2300 0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%
0
130
47
阪神・芝2500 0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%
0
140
48
札幌・芝2600 0-  0-  0-  8/  8
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
49
京都・芝1800外 0-  0-  0-  7/  7
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
50
阪神・芝1600外 0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
51
京都・芝1400 0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
52
阪神・芝1800外 0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
53
京都・芝2000 0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
54
京都・芝1600外 0-  0-  0-  3/  3
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
55
京都・芝1400外 0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
56
中山・芝3600 0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
57
札幌・芝1000 0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

最後にコース別成績を見ていくことにしよう。まず上の表8は芝のコース別成績。勝ち鞍トップの福島芝1200mを筆頭に上位にはローカルのコースが並ぶ。10位以下でも中京芝2500m、新潟芝2400mはなかなかの好成績だ。ローカルならば距離・競馬場を問わず、ほぼ安定しているが新潟芝1600m、新潟芝2000mの外回りだけはややひと息だろうか。ともに最後の直線がたっぷりあるコースだが、新潟芝1800mが5位なだけに、同コースの外回りがダメだとは一概には言えないのだが…。また、札幌芝2000m、札幌芝2600mがいくらか数を乗っていながら、近5年での勝ち鞍はない。

■表9 中舘英二騎手のダート・コース別成績(05年以降)

順位
コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
福島・ダ1700 47- 27- 33-157/264
17.8%
28.0%
40.5%
57
69
2
中京・ダ1700 44- 36- 27-224/331
13.3%
24.2%
32.3%
85
75
3
新潟・ダ1200 28- 24- 21-109/182
15.4%
28.6%
40.1%
90
82
4
中京・ダ1000 27- 19- 13-101/160
16.9%
28.8%
36.9%
76
93
5
福島・ダ1150 25- 16- 13- 84/138
18.1%
29.7%
39.1%
66
69
6
新潟・ダ1800 23- 19- 20-115/177
13.0%
23.7%
35.0%
79
69
7
札幌・ダ1700 19- 12-  0- 69/100
19.0%
31.0%
31.0%
187
76
8
小倉・ダ1700 17-  8- 10- 45/ 80
21.3%
31.3%
43.8%
90
85
9
中山・ダ1200 11- 11-  7-104/133
8.3%
16.5%
21.8%
62
62
10
中山・ダ1800 9-  4-  3- 95/111
8.1%
11.7%
14.4%
77
43
11
福島・ダ1000 6-  9-  2- 12/ 29
20.7%
51.7%
58.6%
66
79
12
小倉・ダ1000 6-  6-  6- 28/ 46
13.0%
26.1%
39.1%
40
75
13
札幌・ダ1000 6-  6-  2- 35/ 49
12.2%
24.5%
28.6%
62
83
14
東京・ダ1300 4-  1-  1- 16/ 22
18.2%
22.7%
27.3%
217
86
15
中京・ダ2300 2-  5-  2- 19/ 28
7.1%
25.0%
32.1%
66
60
16
東京・ダ1600 2-  5-  0- 27/ 34
5.9%
20.6%
20.6%
27
86
17
東京・ダ1400 2-  4-  0- 41/ 47
4.3%
12.8%
12.8%
23
37
18
京都・ダ1200 2-  0-  0-  9/ 11
18.2%
18.2%
18.2%
89
28
19
東京・ダ2100 1-  0-  2-  7/ 10
10.0%
10.0%
30.0%
49
141
20
阪神・ダ1800 1-  0-  1-  8/ 10
10.0%
10.0%
20.0%
242
91
21
小倉・ダ2400 0-  2-  1-  9/ 12
0.0%
16.7%
25.0%
0
37
22
福島・ダ2400 0-  1-  0-  9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0
14
23
京都・ダ1800 0-  1-  0-  5/  6
0.0%
16.7%
16.7%
0
66
24
阪神・ダ1400 0-  0-  1- 10/ 11
0.0%
0.0%
9.1%
0
40
25
札幌・ダ2400 0-  0-  1-  0/  1
0.0%
0.0%
100.0%
0
280
26
阪神・ダ1200 0-  0-  0-  9/  9
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
27
中山・ダ2400 0-  0-  0-  6/  6
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
28
京都・ダ1400 0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
29
東京・ダ2400 0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
30
阪神・ダ2000 0-  0-  0-  1/  1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

最後にダートのコース別成績を見ていこう(表9参照)。ローカルの1700mはどの競馬場も強く、札幌でも連対率31%、単勝回収率も187%ある。短距離も全く問題はなく、福島ダート1000mは連対率が51.7%というハイアベレージだ。ローカルでは小倉ダート2400m、福島ダート2400mが未勝利なのが気になるぐらい。中央開催でも東京ダート1300mは連対率、単勝回収率が高い。中山ダート1200m、中山ダート1800mも勝ち鞍は十分見込める。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN