第350回 朝日杯FSは「底を見せてない」がキーワード|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第350回 朝日杯FSは「底を見せてない」がキーワード

2009/12/17(木)

翌週にラジオNIKKEI杯2歳Sが控えていることもあり、朝日杯フューチュリティS(以下、朝日杯FS)に2歳の有力馬すべてが集結するわけではないが、東京スポーツ杯2歳S勝ち馬ローズキングダム、京王杯2歳S勝ち馬エイシンアポロンを始め、数多くの出走予定馬が揃った。まずはいつも通り過去10年のデータを基に傾向を分析していきたい。なおデータ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 朝日杯FSの人気別成績(過去10年)

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気
1-4-4-1/10
10.0%
50.0%
90.0%
21%
122%
2番人気
4-1-0-5/10
40.0%
50.0%
50.0%
206%
85%
3番人気
1-1-1-7/10
10.0%
20.0%
30.0%
62%
60%
4番人気
2-0-2-6/10
20.0%
20.0%
40.0%
198%
106%
5番人気
0-2-1-7/10
0.0%
20.0%
30.0%
0%
74%
6番人気
0-0-0-10/10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
7番人気
0-1-0-9/10
0.0%
10.0%
10.0%
0%
27%
8番人気
1-0-0-9/10
10.0%
10.0%
10.0%
213%
57%
9番人気
0-0-1-9/10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
66%
10番人気
1-1-1-7/10
10.0%
20.0%
30.0%
405%
208%
11番人気〜
0-0-0-56/56
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表1は朝日杯FSの人気別成績(過去10年)。まず1番人気で4着以下に敗れたのは07年スズジュピターのみ。勝ち馬が01年アドマイヤドンしかいないのは気になるが、3着以内なら信頼度は高そうだ。逆に2番人気から勝ち馬が4頭誕生している。連対率も50%に達しており、とりあえず1、2番人気が強いレースと言えるだろう。以下、3〜10番人気まで好走馬はいるが、11番人気以下で好走した馬は1頭もいない

■表2 朝日杯FSのオッズ別成績(過去10年)

オッズ
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1.0〜 1.4
0-0-0-0/0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
1.5〜 1.9
0-0-0-0/0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2.0〜 2.9
1-2-2-0/5
20.0%
60.0%
100.0%
42%
126%
3.0〜 3.9
1-2-1-0/4
25.0%
75.0%
100.0%
80%
137%
4.0〜 4.9
0-0-1-5/6
0.0%
0.0%
16.7%
0%
26%
5.0〜 6.9
4-3-2-6/15
26.7%
46.7%
60.0%
157%
116%
7.0〜 9.9
1-0-2-10/13
7.7%
7.7%
23.1%
65%
63%
10.0〜14.9
1-1-0-16/18
5.6%
11.1%
11.1%
62%
28%
15.0〜19.9
0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
20.0〜29.9
1-2-1-14/18
5.6%
16.7%
22.2%
118%
126%
30.0〜49.9
1-0-1-19/21
4.8%
4.8%
9.5%
192%
64%
50.0〜99.9
0-0-0-21/21
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
100.0〜
0-0-0-27/27
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

人気ではなく、オッズの観点からまとめたのが上の表2。オッズで見ると、3.9倍以下は複勝率100%。1番人気で唯一敗れたスズジュピターは4.3倍の1番人気だった。ほか5.0〜6.9倍のゾーンが好調で、4勝2着3回の成績。そして50倍以上になると、1頭も好走馬はいない

■表3 朝日杯FSの前走クラス別成績(過去10年)

前走クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
新馬
1-0-0-4/5
20.0%
20.0%
20.0%
170%
54%
未勝利
1-0-0-4/5
20.0%
20.0%
20.0%
810%
162%
500万下
0-1-0-40/41
0.0%
2.4%
2.4%
0%
7%
OPEN特別
2-0-2-23/27
7.4%
7.4%
14.8%
86%
38%
G3
4-3-3-20/30
13.3%
23.3%
33.3%
71%
56%
G2
2-5-5-34/46
4.3%
15.2%
26.1%
36%
81%
※過去10年で2着が9回なのは01年ヤマノブリザードの前走が地方戦のため。

次に朝日杯FSの前走クラス別成績(過去10年)をまとめたのが表3。基本的に本競走はステップレースのデイリー杯2歳S、京王杯2歳S、東京スポーツ杯2歳Sを使った馬が中心となるので、前走クラスでは前走重賞組が好結果。OPEN特別からの好走馬は4頭いるが、500万下になると好走馬は1頭のみ。新馬、未勝利もそれぞれ好走馬は1頭だけとなっている。

■表4 過去10年の朝日杯FSの結果

着順
人気
馬名
全成績
08年
1
2
セイウンワンダー
2-1-0-0
2
5
フィフスペトル
2-1-0-0
3
1
ブレイクランアウト
1-1-0-1
07年
1
3
ゴスホークケン
1-0-0-1
2
10
レッツゴーキリシマ
2-1-1-1
3
4
キャプテントゥーレ
2-0-1-1
06年
1
2
ドリームジャーニー
2-0-1-0
2
7
ローレルゲレイロ
1-2-1-0
3
1
オースミダイドウ
3-0-0-0
05年
1
1
フサイチリシャール
3-0-0-1
2
5
スーパーホーネット
2-0-1-1
3
1
ジャリスコライト
2-0-0-0
04年
1
2
マイネルレコルト
3-0-0-1
2
3
ストーミーカフェ
2-1-0-0
3
1
ペールギュント
2-1-1-0
03年
1
4
コスモサンビーム
3-2-0-1
2
1
メイショウボーラー
4-0-0-0
3
10
アポインテッドデイ
1-2-0-0
02年
1
8
エイシンチャンプ
2-4-0-2
2
1
サクラプレジデント
2-0-0-0
3
5
テイエムリキサン
2-2-0-1
01年
1
1
アドマイヤドン
2-0-0-0
2
2
ヤマノブリザード
3-1-2-0
3
9
スターエルドラード
1-2-0-2
00年
1
10
メジロベイリー
1-0-2-1
2
1
タガノテイオー
2-2-0-0
3
4
ネイティヴハート
4-1-0-0
99年
1
4
エイシンプストン
1-1-0-0
2
1
レジェンドハンター
4-1-0-0
3
3
マチカネホクシン
2-0-1-1

表4は過去10年の朝日杯FSの結果で、好走馬のレース前時点での全成績をまとめたもの。これを見ると、2回以上4着以下に敗れていた馬は僅か2頭だけ(02年1着エイシンチャンプ、01年3着スターエルドラード)。つまり好走馬の大半はまだ底を見せていない馬と言えるだろう。好走馬のパターンで最も多いのは一度も3着以下に敗れたことがない馬で、好走馬30頭中17頭がこれに該当している。4着以下が2回以上は割引き、逆に4着以下が一度もない場合はプラス材料と判断して良いだろう。

■表5 前走新馬、未勝利に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
2走前
00年
1
10
メジロベイリー 未勝利1着 未勝利3着
99年
1
4
エイシンプレストン 新馬1着 新馬2着

ここからは前走クラス別に好走馬を見ていく。まず表5が前走新馬、未勝利に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)。エイシンプストンの前走は「新馬」と表記されているが、これは現在の「未勝利」に該当する。つまり2頭とも2戦以上のキャリアがあったことになる。好走馬は00年1着メジロベイリー以降、誕生していないので、基本的に前走新馬、未勝利戦の組の好走は難しい。

■表6 前走500万下に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
2走前
05年
2
5
スーパーホーネット くるみ賞1着 デイリー杯2歳S3着

表6は前走500万下に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)で、該当馬はスーパーホ−ネットだけ。同馬は2走前にデイリー杯2歳Sで3着に好走しており、すでに重賞実績を持っていた。

■表7 前走OPEN特別に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
2走前
05年
3
1
ジャリスコライト いちょうS1着 新馬1着
02年
1
8
エイシンチャンプ 京都2歳S1着 黄菊賞2着
3
5
テイエムリキサン 荻S1着 札幌2歳S2着
01年
1
1
アドマイヤドン 京都2歳S1着 新馬1着

表7は前走OPEN特別に出走し、朝日杯FSで好走した馬(過去10年)。好走馬4頭全てが前走1着かつ2走前に連対していた。人気を見ても、4頭中2頭は前走がOPEN特別にも関わらず、本競走で1番人気に支持されていた馬。よほど期待が高い馬ではないと、好走は期待出来ない。

■表8 過去10年で前走重賞戦に出走し、朝日杯FSで好走した馬(2)

着順
人気
馬名
前走
2走前
備考
08年
1
2
セイウンワンダー 新潟2歳S1着 未勝利1着 前走1人気
2
5
フィフスペトル 京王杯2歳S2着 函館2歳S1着  
3
1
ブレイクランアウト 東京スポーツ杯2歳S2着 いちょうS4着  
07年
1
3
ゴスホークケン 東京スポーツ杯2歳S4着 新馬1着 前走1人気
2
10
レッツゴーキリシマ 京王杯2歳S3着 かえで賞1着  
3
4
キャプテントゥーレ デイリー杯2歳S1着 野路菊S3着  
06年
1
2
ドリームジャーニー 東京スポーツ杯2歳S3着 芙蓉S1着  
2
7
ローレルゲレイロ デイリー杯2歳S2着 函館2歳S2着  
3
1
オースミダイドウ デイリー杯2歳S1着 野路菊S1着  
05年
1
1
フサイチリシャール 東京スポーツ杯2歳S1着 荻S1着  
04年
1
2
マイネルレコルト 京王杯2歳S5着 新潟2歳S1着 前走1人気
2
3
ストーミーカフェ 札幌2歳S1着 未勝利1着 前走5人気
3
1
ペールギュント 東京スポーツ杯2歳S2着 デイリー杯2歳S1着  
03年
1
4
コスモサンビーム 京王杯2歳S1着 ききょうS1着  
2
1
メイショウボーラー デイリー杯2歳S1着 小倉2歳S1着  
3
10
アポインテッドデイ 京王杯2歳S2着 500万下2着  
02年
2
1
サクラプレジデント 札幌2歳S1着 新馬1着 前走2人気
01年
2
2
※ヤマノブリザード グラスワンダー特別2着 札幌2歳S1着 前走1人気
3
9
スターエルドラード デイリー杯2歳S13着 新潟2歳S2着 前走2人気
00年
2
1
タガノテイオー 東京スポーツ杯3歳S1着 札幌3歳S2着  
3
4
ネイティヴハート 京王杯3歳S2着 アイビーS1着  
99年
2
1
レジェンドハンター デイリー杯3歳S1着 兼六園JG1着  
3
3
マチカネホクシン 東京スポーツ杯3歳S3着 いちょうS1着  
※ヤマノブリザードの前走は地方のレースだが、重賞組に分類した。

続いて最も好走馬が多い前走重賞組をまとめたのが表8になる。この組はまず2走前で2着以内が必須。好走馬23頭中22頭は2走前で2着以内に好走していた。前走レースはステップレースのデイリー杯2歳S、京王杯2歳S、東京スポーツ杯2歳Sが中心。そして好走馬23頭中16頭はそのステップレースで3着以内に好走していた。残りの7頭はステップレースで4着以下、前走でステップレースに出走していない馬になるが、この馬たちの前走人気を見ると、7頭中6頭は前走で2番人気以内に支持されていた。

■表9 朝日杯FSの枠番別成績(過去10年)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
3-1-2-13/19
15.8%
21.1%
31.6%
103%
76%
2枠
3-1-2-13/19
15.8%
21.1%
31.6%
276%
121%
3枠
1-1-1-17/20
5.0%
10.0%
15.0%
106%
52%
4枠
1-2-2-15/20
5.0%
15.0%
25.0%
26%
46%
5枠
1-3-0-15/19
5.3%
21.1%
21.1%
44%
45%
6枠
1-1-1-17/20
5.0%
10.0%
15.0%
16%
21%
7枠
0-0-2-18/20
0.0%
0.0%
10.0%
0%
44%
8枠
0-1-0-18/19
0.0%
5.3%
5.3%
0%
6%

最後に朝日杯FSの枠番別成績(過去10年)をまとめたのが表9。中山芝1600mは内枠有利というのは定説だが、本競走も圧倒的に内枠有利。勝ち馬の半数以上は1、2枠という結果になっている。そして外枠ははっきりと不振で、7枠は3着2回のみ。8枠は2着1回で、好走したのは単勝オッズ2.0倍の圧倒的な1番人気に支持されていたメイショウボーラー。同馬でさえも2着に敗れており、7、8枠に入ったら割引きと考えていいだろう。

<結論>

それでは今年の朝日杯FSを展望していこう。今年の出走予定馬は以下の通り。

■表10 今年の朝日杯FS出走予定馬(1)

順位
収得賞金(万円)
馬名
全成績
1
3050
エイシンアポロン 2-1-0-2
2
2000
ローズキングダム 2-0-0-0
3
1850
キョウエイアシュラ 2-1-0-1
3
1850
ダッシャーゴーゴー 2-1-0-1
3
1850
トーセンファントム 2-1-0-0
6
1200
エスカーダ 2-0-0-5
7
1200
ニシノメイゲツ 2-0-0-1
8
1050
フローライゼ 1-1-0-1
9
900
エーシンホワイティ 2-1-0-3
9
900
キングレオポルド 2-0-0-1
9
900
ダイワバーバリアン 2-0-1-2
9
900
ヒットジャポット 2-1-1-1
13
400
アリザオ 1-0-0-0
13
400
アーバンウィナー 1-1-1-1
13
400
ガルボ 1-1-0-2
13
400
ツルマルジュピター 1-1-1-1
13
400
バトルシュリイマン 1-0-0-2
13
400
バトルレッド 1-0-1-1
13
400
マイネルマルシェ 1-1-0-1
※フルゲート16頭。収得賞金400万の馬は抽選で3頭出走可能。その他の登録馬は出走回避予定。

2009/10/24 東京9R いちょうステークス 1着 12番 トーセンファントム

表10ではまず今年の朝日杯出走予定馬の全成績をまとめてみた。ここで2回以上4着以下に敗れている馬は減点だ。まず収得賞金トップのエイシンアポロンが当てはまり、その他にエスカーダ、エーシンホワイティ、ガルボ、バトルシュリイマンが該当する。
一方、一度も3着以下に敗れたことがない馬は、ローズキングダムトーセンファントム、アリザオの3頭。ただしアリザオはキャリア1戦で例外。この表からはローズキングダムとトーセンファントムが有力のようだ。

■表11 今年の朝日杯FS出走予定馬(2)

順位
収得賞金(万円)
馬名
前走
2走前
備考
1
3050
エイシンアポロン 京王杯2歳S1着 デイリー杯2歳S2着  
2
2000
ローズキングダム 東京スポーツ杯2歳S1着 新馬1着  
3
1850
キョウエイアシュラ 京王杯2歳S6着 函館2歳S2着 前走6人気
3
1850
ダッシャーゴーゴー 京王杯2歳S4着 ききょうS1着 前走1人気
3
1850
トーセンファントム 東京スポーツ杯2歳S2着 いちょうS1着  
6
1200
エスカーダ クリスマスS1着 福島2歳S13着  
7
1200
ニシノメイゲツ 東京スポーツ杯2歳S6着 芙蓉S1着 前走5人気
8
1050
フローライゼ デイリー杯2歳S8着 新潟2歳S2着 前走3人気
9
900
エーシンホワイティ 福島2歳S4着 500万下1着  
9
900
キングレオポルド ベゴニア賞1着 いちょうS4着  
9
900
ダイワバーバリアン 500万下1着 デイリー杯2歳S4着  
9
900
ヒットジャポット 千両賞1着 未勝利1着  
13
400
アリザオ 新馬1着    
13
400
アーバンウィナー 東京スポーツ杯2歳S7着 いちょうS2着 前走6人気
13
400
ガルボ 未勝利1着 未勝利2着  
13
400
ツルマルジュピター クリスマスS2着 京王杯2歳S3着  
13
400
バトルシュリイマン 未勝利1着 未勝利11着  
13
400
バトルレッド 福島2歳S3着 函館2歳S16着  
13
400
マイネルマルシェ 未勝利1着 未勝利6着  
※フルゲート16頭。収得賞金400万の馬は抽選で3頭出走可能。その他の登録馬は出走回避予定。

2009/11/21 東京11R 東京スポーツ杯2歳S(Jpn3)1着 14番 ローズキングダム

表11では今年の朝日杯出走予定馬(2)で、前走と2走前を表記したもの。まず新馬、未勝利組からはアリザオ、ガルボ、バトルシュリイマンが該当するが、ガルボ、バトルシュリイマンは表10での減点があるので、さすがに厳しいだろう。アリザオはキャリア1戦での参戦になるが、過去10年を見てもキャリア1戦で好走した馬は1頭もいない。次に500万下組はダイワバーバリアン、ヒットジャポットの2頭。500万下で好走したスーパーホーネットは重賞で3着以内に好走していたが、ダイワバーバリアンはデイリー杯2歳S4着、ヒットジャポットは重賞経験すらない。そしてOPEN特別組で前走1着かつ2走前に連対している馬もいない。
過去3年の1〜3着馬はすべて前走重賞レース組だが、今年も同組中心と考えていいだろう。そしてステップレース3着以内、2走前に連対している馬はエイシンアポロンローズキングダムトーセンファントムの3頭。その他の馬で前走2番人気以内かつ2走前に連対している馬はダッシャーゴーゴーだけだ。
今年は表10、11でともに該当したローズキングダム、トーセンファントムが勝ち馬候補と言えそうだ。そして相手候補として表11からエイシンアポロンとダッシャーゴーゴーの2頭を推奨したい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN