第321回 秋競馬開幕! 前走新潟、小倉組の信頼性は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第321回 秋競馬開幕! 前走新潟、小倉組の信頼性は?

2009/9/7(月)

今週は関東では中山、関西では阪神開催。夏競馬も終わり、いよいよ秋競馬が開幕する。しかしまだ「夏競馬の延長線上」との声も聞かれるこの開催。その一方でコース形態は大きく変わるだけに、果たして新潟や小倉組をそのまま信用して良いのか、予想の際に悩むケースも少なくない。そこで今回は、人気と前走場所についてのデータをいくつか調べてみた。分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用し、04年以降の秋競馬開幕2週目までを対象とした。

■表1 秋の中山1〜2週目、人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
中山芝
中山ダート
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
28-  20-  13-  43/ 104
26.9%
46.2%
39-  19-  13-  26/  97
40.2%
59.8%
2
18-  19-  12-  55/ 104
17.3%
35.6%
15-  19-  18-  45/  97
15.5%
35.1%
3
17-  12-  14-  61/ 104
16.3%
27.9%
10-  17-  13-  57/  97
10.3%
27.8%
4
10-  16-  11-  67/ 104
9.6%
25.0%
13-   8-  10-  66/  97
13.4%
21.6%
5
8-  10-  13-  73/ 104
7.7%
17.3%
5-   3-  14-  75/  97
5.2%
8.2%
6
6-  10-  13-  75/ 104
5.8%
15.4%
6-   6-  11-  74/  97
6.2%
12.4%
7
4-   6-   7-  86/ 103
3.9%
9.7%
4-  10-   4-  79/  97
4.1%
14.4%
8
2-   6-   6-  89/ 103
1.9%
7.8%
2-   7-   3-  85/  97
2.1%
9.3%
9
6-   2-   3-  89/ 100
6.0%
8.0%
2-   4-   1-  88/  95
2.1%
6.3%
1〜2
46-  39-  25-  98/ 208
22.1%
40.9%
54-  38-  31-  71/ 194
27.8%
47.4%
1〜3
63-  51-  39- 159/ 312
20.2%
36.5%
64-  55-  44- 128/ 291
22.0%
40.9%
1〜5
81-  77-  63- 299/ 520
15.6%
30.4%
82-  66-  68- 269/ 485
16.9%
30.5%
6〜10
20-  25-  31- 423/ 499
4.0%
9.0%
14-  29-  19- 418/ 480
2.9%
9.0%
10〜12
4-   3-   5- 228/ 240
1.7%
2.9%
0-   4-   6- 263/ 273
0.0%
1.5%
13〜15
1-   0-   6- 150/ 157
0.6%
0.6%
1-   0-   4- 231/ 236
0.4%
0.4%
16〜18
0-   0-   1-  50/  51
0.0%
0.0%
0-   0-   0-  52/  52
0.0%
0.0%

まず表1は、秋の中山1〜2週めについて芝ダート別の人気成績を調べたものだ(新馬戦は除く)。芝とダートの比較では、1番人気の勝率や連対率は断然ダートコースが上。2〜4番人気あたりはほぼ互角で、逆に5〜6番人気あたりのやや穴っぽいところは芝の方が高連対率になっている。その他細かな違いはあるものの、まずは秋の中山1〜2週目で1番人気の信頼性が高いのは芝よりダート、と覚えておきたい。

■表2 秋の中山1〜2週目芝コース、前走場所・人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
前走新潟
前走新潟以外
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
20- 12- 10- 25/ 67
29.9%
47.8%
8-  8-  3- 18/ 37
21.6%
43.2%
2
11- 13-  6- 34/ 64
17.2%
37.5%
7-  6-  6- 21/ 40
17.5%
32.5%
3
11-  8- 11- 35/ 65
16.9%
29.2%
6-  4-  3- 26/ 39
15.4%
25.6%
4
8- 14- 10- 46/ 78
10.3%
28.2%
2-  2-  1- 21/ 26
7.7%
15.4%
5
7-  6- 10- 52/ 75
9.3%
17.3%
1-  4-  3- 21/ 29
3.4%
17.2%
6
4-  8-  9- 51/ 72
5.6%
16.7%
2-  2-  4- 24/ 32
6.3%
12.5%
7
1-  3-  4- 62/ 70
1.4%
5.7%
3-  3-  3- 24/ 33
9.1%
18.2%
8
1-  5-  6- 57/ 69
1.4%
8.7%
1-  1-  0- 32/ 34
2.9%
5.9%
9
4-  1-  2- 56/ 63
6.3%
7.9%
2-  1-  1- 33/ 37
5.4%
8.1%
1〜2
31- 25- 16- 59/131
23.7%
42.7%
15- 14-  9- 39/ 77
19.5%
37.7%
1〜3
42- 33- 27- 94/196
21.4%
38.3%
21- 18- 12- 65/116
18.1%
33.6%
1〜5
57- 53- 47-192/349
16.3%
31.5%
24- 24- 16-107/171
14.0%
28.1%
6〜10
12- 17- 22-285/336
3.6%
8.6%
8-  8-  9-138/163
4.9%
9.8%
10〜12
4-  1-  4-161/170
2.4%
2.9%
0-  2-  1- 67/ 70
0.0%
2.9%
13〜15
1-  0-  3- 89/ 93
1.1%
1.1%
0-  0-  3- 61/ 64
0.0%
0.0%
16〜18
0-  0-  1- 29/ 30
0.0%
0.0%
0-  0-  0- 21/ 21
0.0%
0.0%
72- 71- 76-697/916
7.9%
15.6%
32- 33- 28-369/462
6.9%
14.1%

2008/9/13 中山11R 紫苑ステークス1着 5番 モエレカトリーナ(4番人気)

続いて表2は、表1と同時期の中山競馬場の芝コースについて、前走場所別(関東の新潟かそれ以外か)の成績を調べたものである。レース間隔での分類を行っていないため、前走新潟組の中には春以前の新潟開催出走馬も一部含まれるものの、大半が夏の新潟組である(表3、5〜6も同様)。
この表での注目点は、上位人気は軒並み新潟組のほうが成績は良く、他場組を上回っていることだ。特に新潟組の4番人気馬は他場組の4番人気に大きな差をつけ、同じ新潟組の3番人気馬に迫る連対率を記録している。一方で、表のやや下にある「6〜10」人気を見ると、新潟組と他場組がほぼ同等、やや他場組の方が好成績という数字になっている。
新潟と中山の芝というと、直線の長さ(特に新潟外回りの場合)、そしてゴール前の坂の有無などまったく形態は異なるが、あまり深く考える必要はなさそう、というこのデータになる。もちろん「人気」はそういった適性も考慮された上で出てくるものだが、少なくとも、コース形態が違うからといって新潟組の人気馬を軽視するのは危険と言えそうだ。

■表3 秋の中山1〜2週目ダートコース、前走場所・人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
前走新潟
前走新潟以外
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
29- 16-  9- 17/ 71
40.8%
63.4%
10-  3-  4-  9/ 26
38.5%
50.0%
2
12- 17- 15- 34/ 78
15.4%
37.2%
3-  2-  3- 11/ 19
15.8%
26.3%
3
7- 11-  6- 39/ 63
11.1%
28.6%
3-  6-  7- 18/ 34
8.8%
26.5%
4
10-  6-  7- 40/ 63
15.9%
25.4%
3-  2-  3- 26/ 34
8.8%
14.7%
5
4-  2- 10- 58/ 74
5.4%
8.1%
1-  1-  4- 17/ 23
4.3%
8.7%
6
3-  6-  6- 51/ 66
4.5%
13.6%
3-  0-  5- 23/ 31
9.7%
9.7%
7
1-  3-  3- 50/ 57
1.8%
7.0%
3-  7-  1- 29/ 40
7.5%
25.0%
8
1-  6-  1- 54/ 62
1.6%
11.3%
1-  1-  2- 31/ 35
2.9%
5.7%
9
1-  3-  0- 51/ 55
1.8%
7.3%
1-  1-  1- 37/ 40
2.5%
5.0%
1〜2
41- 33- 24- 51/149
27.5%
49.7%
13-  5-  7- 20/ 45
28.9%
40.0%
1〜3
48- 44- 30- 90/212
22.6%
43.4%
16- 11- 14- 38/ 79
20.3%
34.2%
1〜5
62- 52- 47-188/349
17.8%
32.7%
20- 14- 21- 81/136
14.7%
25.0%
6〜10
6- 19- 10-268/303
2.0%
8.3%
8- 10-  9-150/177
4.5%
10.2%
10〜12
0-  1-  4-161/166
0.0%
0.6%
0-  3-  2-102/107
0.0%
2.8%
13〜15
1-  0-  3-156/160
0.6%
0.6%
0-  0-  1- 75/ 76
0.0%
0.0%
16〜18
0-  0-  0- 29/ 29
0.0%
0.0%
0-  0-  0- 23/ 23
0.0%
0.0%
69- 71- 64-740/944
7.3%
14.8%
28- 26- 33-401/488
5.7%
11.1%

そして中山ダートについて。こちらも芝の表2とほぼ同様の傾向で、特に上位人気は新潟組が優勢だ。また、表の最下部にあるトータルの成績を見ると、芝では新潟組も他場組もさほど差がなかったが、こちらは全体でも明らかに新潟組優位という数字になっている点にも注意したい。

■表4 秋の阪神1〜2週目、人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
阪神芝
阪神ダート
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
26- 13- 10- 31/ 80
32.5%
48.8%
34-  17-   9-  21/  81
42.0%
63.0%
2
14- 17- 15- 34/ 80
17.5%
38.8%
13-  20-  13-  35/  81
16.0%
40.7%
3
6- 14- 10- 50/ 80
7.5%
25.0%
9-  13-   6-  53/  81
11.1%
27.2%
4
7-  5- 15- 53/ 80
8.8%
15.0%
9-   5-  14-  53/  81
11.1%
17.3%
5
9-  7-  8- 56/ 80
11.3%
20.0%
4-   5-   7-  65/  81
4.9%
11.1%
6
4- 11-  6- 59/ 80
5.0%
18.8%
3-   7-   8-  63/  81
3.7%
12.3%
7
6-  3- 10- 59/ 78
7.7%
11.5%
4-   3-   8-  66/  81
4.9%
8.6%
8
2-  3-  4- 69/ 78
2.6%
6.4%
0-   4-   3-  73/  80
0.0%
5.0%
9
3-  3-  1- 69/ 76
3.9%
7.9%
1-   0-   2-  76/  79
1.3%
1.3%
1〜2
40- 30- 25- 65/160
25.0%
43.8%
47-  37-  22-  56/ 162
29.0%
51.9%
1〜3
46- 44- 35-115/240
19.2%
37.5%
56-  50-  28- 109/ 243
23.0%
43.6%
1〜5
62- 56- 58-224/400
15.5%
29.5%
69-  60-  49- 227/ 405
17.0%
31.9%
6〜10
16- 21- 23-322/382
4.2%
9.7%
8-  16-  27- 346/ 397
2.0%
6.0%
10〜12
2-  4-  2-178/186
1.1%
3.2%
1-   6-  11- 199/ 217
0.5%
3.2%
13〜15
1-  0-  0- 96/ 97
1.0%
1.0%
3-   0-   0- 146/ 149
2.0%
2.0%
16〜18
0-  0-  0- 44/ 44
0.0%
0.0%
0-   1-   0-  32/  33
0.0%
3.0%

続いて、阪神についても同様のデータを見てみたい。まず単純な芝、ダートの比較では、中山の表1とほぼ同じ傾向で、1番人気の信頼性は芝よりダート。また、5〜6番人気あたりでは逆に芝の方が高連対率を記録している点も中山と同様である。

■表5 秋の阪神1〜2週目芝コース、前走場所・人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
前走小倉
前走小倉以外
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
14-  9-  5- 21/ 49
28.6%
46.9%
12-  4-  5- 10/ 31
38.7%
51.6%
2
9- 10-  6- 17/ 42
21.4%
45.2%
5-  7-  9- 17/ 38
13.2%
31.6%
3
3-  7-  5- 30/ 45
6.7%
22.2%
3-  7-  5- 20/ 35
8.6%
28.6%
4
4-  3- 12- 33/ 52
7.7%
13.5%
3-  2-  3- 20/ 28
10.7%
17.9%
5
4-  4-  5- 35/ 48
8.3%
16.7%
5-  3-  3- 21/ 32
15.6%
25.0%
6
2-  3-  4- 38/ 47
4.3%
10.6%
2-  8-  2- 21/ 33
6.1%
30.3%
7
5-  2-  8- 35/ 50
10.0%
14.0%
1-  1-  2- 24/ 28
3.6%
7.1%
8
1-  1-  3- 44/ 49
2.0%
4.1%
1-  2-  1- 25/ 29
3.4%
10.3%
9
0-  2-  0- 47/ 49
0.0%
4.1%
3-  1-  1- 22/ 27
11.1%
14.8%
1〜2
23- 19- 11- 38/ 91
25.3%
46.2%
17- 11- 14- 27/ 69
24.6%
40.6%
1〜3
26- 26- 16- 68/136
19.1%
38.2%
20- 18- 19- 47/104
19.2%
36.5%
1〜5
34- 33- 33-136/236
14.4%
28.4%
28- 23- 25- 88/164
17.1%
31.1%
6〜10
8-  8- 16-213/245
3.3%
6.5%
8- 13-  7-109/137
5.8%
15.3%
10〜12
1-  1-  1-112/115
0.9%
1.7%
1-  3-  1- 66/ 71
1.4%
5.6%
13〜15
0-  0-  0- 66/ 66
0.0%
0.0%
1-  0-  0- 30/ 31
3.2%
3.2%
16〜18
0-  0-  0- 32/ 32
0.0%
0.0%
0-  0-  0- 12/ 12
0.0%
0.0%
43- 42- 49-510/644
6.7%
13.2%
37- 38- 32-288/395
9.4%
19.0%

2008/9/14 阪神10R セントウルステークス(G2)1着 4番 カノヤザクラ

しかし、阪神芝の前走場所別成績を見ると、中山(表2)とは少々異なる傾向が現れている。中山では同じ関東のローカルにあたる新潟組の成績が良かったが、阪神芝では小倉組がやや不振。表の一番下にあるトータルの成績では連対率で6%ほどの差、上位人気の成績を見ても2番人気を除いて他場組の方が優勢だ。阪神芝のレースを買う際には、小倉組の過信は禁物と言っていいだろう。

■表6 秋の阪神1〜2週目ダートコース、前走場所・人気別成績(新馬戦除く、04年以降)

人気順
前走小倉
前走小倉以外
着別度数
勝率
連対率
着別度数
勝率
連対率
1
21- 12-  5- 12/ 50
42.0%
66.0%
13-  5-  4-  9/ 31
41.9%
58.1%
2
11- 16-  7- 18/ 52
21.2%
51.9%
2-  4-  6- 17/ 29
6.9%
20.7%
3
7-  7-  4- 29/ 47
14.9%
29.8%
2-  6-  2- 24/ 34
5.9%
23.5%
4
5-  4- 11- 33/ 53
9.4%
17.0%
4-  1-  3- 20/ 28
14.3%
17.9%
5
3-  1-  5- 43/ 52
5.8%
7.7%
1-  4-  2- 22/ 29
3.4%
17.2%
6
3-  5-  7- 45/ 60
5.0%
13.3%
0-  2-  1- 18/ 21
0.0%
9.5%
7
2-  2-  4- 41/ 49
4.1%
8.2%
2-  1-  4- 25/ 32
6.3%
9.4%
8
0-  2-  3- 41/ 46
0.0%
4.3%
0-  2-  0- 32/ 34
0.0%
5.9%
9
1-  0-  2- 51/ 54
1.9%
1.9%
0-  0-  0- 25/ 25
0.0%
0.0%
1〜2
32- 28- 12- 30/102
31.4%
58.8%
15-  9- 10- 26/ 60
25.0%
40.0%
1〜3
39- 35- 16- 59/149
26.2%
49.7%
17- 15- 12- 50/ 94
18.1%
34.0%
1〜5
47- 40- 32-135/254
18.5%
34.3%
22- 20- 17- 92/151
14.6%
27.8%
6〜10
6- 11- 19-224/260
2.3%
6.5%
2-  5-  8-122/137
1.5%
5.1%
10〜12
0-  6-  6-132/144
0.0%
4.2%
1-  0-  5- 67/ 73
1.4%
1.4%
13〜15
3-  0-  0- 90/ 93
3.2%
3.2%
0-  0-  0- 56/ 56
0.0%
0.0%
16〜18
0-  1-  0- 22/ 23
0.0%
4.3%
0-  0-  0- 10/ 10
0.0%
0.0%
56- 56- 54-557/723
7.7%
15.5%
25- 25- 27-325/402
6.2%
12.4%

その一方で、阪神ダートの前走場所別では小倉組が他場組を上回る成績を残している。1番人気に関しては、他場組が小倉組を下回るといっても、勝率41.9%、連対率58.1%は十分に優秀と言える数字。しかし2〜3番人気は明らかに小倉組が良く、トータルの成績も小倉組が他場組より好成績だ。

以上をまとめると、中山、阪神ともに上位人気馬の信頼性が高いのは芝よりもダート、という点がまずひとつ。中山は芝ダートともに前走新潟組の方が良く、特にダートでは新潟組の好成績が目立っている。阪神は芝とダートで考え方の切替えが必要で、芝なら小倉組の過信は禁物、ダートは特に2〜3番人気で小倉組が好成績だ。このデータだけで予想を組み立てるのは難しいだろうが、他のファクターから検討した上で、「最後のひと押し」や「もうひと絞り」をする際にぜひ活用していただきたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN