第310回 好時計勝ち馬はGTで通用!?小倉記念を占う!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第310回 好時計勝ち馬はG1で通用!? 小倉記念を占う!

2009/7/30(木)

今週末は小倉競馬場で小倉記念が行われる。同レースはサマー2000シリーズの第3戦。早くも同シリーズは中盤に差し掛かるが、1戦目、2戦目の優勝馬の出走予定はなく、本競走を勝てばシリーズ優勝の可能性が残る。本競走がハンデ戦となった、00年以降の過去9年の結果を分析し、今年のレースを占っていきたい。データ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 ハンデ戦後の小倉記念の結果(00年以降)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
タイム
08年
1
2
ドリームジャーニー
牡4
57
1.57.9
2
1
ダイシングロウ
牡4
56
3
11
ケンブリッジレーザ
牡5
52
07年
1
6
サンレイジャスパー
牝5
53
1.58.7
2
7
ニホンピロキース
牡6
54
3
10
アラタマサモンズ
牡5
52
06年
1
4
スウィフトカレント
牡5
55
1.57.8
2
7
ヴィータローザ
牡6
57.5
3
9
ニホンピロキース
牡5
54
05年
1
1
メイショウカイドウ
牡6
58.5
1.58.0
2
2
ワンモアチャッター
牡5
54
3
3
ツルマルヨカニセ
牡5
56
04年
1
1
メイショウカイドウ
牡5
56.5
1.58.5
2
2
メイショウバトラー
牝4
54
3
8
オースミステイヤー
牡6
54
03年
1
4
ロサード
牡7
57
2.00.7
2
1
サンライズシャーク
牡5
54
3
9
グリーンブリッツ
牡9
53
02年
1
5
アラタマインディ
牡5
52
1.59.7
2
6
イブキガバメント
牡6
57
3
3
マヤノアブソルート
牝5
53
01年
1
2
ロサード
牡5
57
2.00.2
2
3
トウカイオーザ
牡4
52
3
5
マヤノアブソルート
牝4
52
00年
1
3
ミッキーダンス
牡4
53
1.59.7
2
2
アンブラスモア
牡6
58
3
6
ロサード
牡4
56.5

上の表はハンデ戦となった、00年以降の小倉記念の結果。昨年の優勝馬ドリームジャーニーは今年の宝塚記念を制しており、そのシーンは記憶にあたらしい。夏のローカルのハンデ重賞を経てG1を制するケースはめずらしいが、昨年の同馬の勝ちっぷりは、確かに素晴らしかった。そして、06年の本競走を制したスウィフトカレントは、同年の天皇賞(秋)で2着に好走。サマー2000シリーズに組み込まれるようになってから、にわかに今後の古馬芝中距離路線に繋がる気配を見せている。また、この両馬ともに本競走を1分57秒台の時計で制していることも見逃せない。今年の九州地方は悪天候に見舞われ、この時期でもパンパンの良馬場での開催は保証されていないが、もし好時計で勝つ馬が出てくれば今後も注目したいところだ。

■表2 00年以降の小倉記念の好走馬(1)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
1年以内重賞連対
08年
1
2
ドリームジャーニー
牡4
57 安田記念10着 神戸新聞杯1着
07年
1
6
サンレイジャスパー
牝5
53 マーメイドS2着 府中牝馬S2着、新潟記念2着
06年
1
4
スウィフトカレント
牡5
55 日経新春杯2着  
2
7
ヴィータローザ
牡6
57.5 新潟大賞典12着 中山金杯1着
05年
1
1
メイショウカイドウ
牡6
58.5 北九州記念1着 小倉大賞典1着、04年小倉記念1着
3
3
ツルマルヨカニセ
牡5
56 北九州記念2着  
04年
1
1
メイショウカイドウ
牡5
56.5 北九州記念2着  
2
2
メイショウバトラー
牝4
54 北九州記念3着 小倉大賞典1着
03年
1
4
ロサード
牡7
57 新潟大賞典16着 オールカマー1着
02年
2
6
イブキガバメント
牡6
57 オーストラリアT11着 朝日CC1着
01年
1
2
ロサード
牡5
57 北九州記念2着 京阪杯2着
00年
2
2
アンブラスモア
牡6
58 吾妻小富士OP1着 99年小倉記念2着
3
6
ロサード
牡4
56.5 北九州記念2着 京阪杯1着

前述のドリームジャーニーとスウィフトカレントが実績面ですでに共通していた点は、過去1年以内に芝のG2で連対実績があったこと。前者は前年の神戸新聞杯1着、後者は同年の日経新春杯で2着。となると、G3では単純に格上的存在であり、馬券を取った人にしてみれば1番人気でなかったことがおいしかったぐらいか。ハンデ戦でも実績馬が苦しまないレースと言えそう。03年の優勝馬ロサードも前年にG2のオールカマーを制しており、ここは4番人気ながら勝ち切った。G2での連対といかずとも、過去1年以内に芝1800m以上の重賞で連対していた馬が多く、過去9年の該当馬は上の表2の通り。3着以内に好走した27頭中13頭を占め、しかも05年のツルマルヨカニセと00年のロサード以外は、ここで連対を果たしている。本競走における軸馬選択には、格好の条件と言えるであろう。

■表3 00年以降の小倉記念の好走馬(2)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
前走条件
備考
08年
2
1
ダイシングロウ
牡4
56
博多S1着 1600万・小倉芝1800m 連勝中
3
11
ケンブリッジレーザ
牡5
52
博多S6着 1600万・小倉芝1800m  
07年
2
7
ニホンピロキース
牡6
54
七夕賞5着 G3・福島芝2000m  
3
10
アラタマサモンズ
牡5
52
三木特別1着 1000万・阪神芝1800m  
06年
3
9
ニホンピロキース
牡5
54
博多S4着 1600万・小倉芝1800m  
05年
2
2
ワンモアチャッター
牡5
54
フィリピンT1着 1000万・中京芝2000m 連勝中
04年
3
8
オースミステイヤー
牡6
54
関越S3着 OP・新潟ダ1800m  
03年
2
1
サンライズシャーク
牡5
54
九州スポーツ杯1着 1000万・小倉芝2000m  
3
9
グリーンブリッツ
牡9
53
関屋記念6着 G3・新潟芝1600m  
02年
1
5
アラタマインディ
牡5
52
九州スポーツ杯1着 1000万・小倉芝2000m  
3
3
マヤノアブソルート
牝5
53
サマーS2着 1600万・小倉芝1800m  
01年
2
3
トウカイオーザ
牡4
52
小倉城特別1着 1000万・小倉芝2000m  
3
5
マヤノアブソルート
牝4
52
垂水S1着 1600万・阪神芝2000m 連勝中
00年
1
3
ミッキーダンス
牡4
53
九州スポーツ杯1着 1000万・小倉芝2000m  

表2該当馬以外の過去の小倉記念好走馬(14頭)は上の表3の通り。過去1年以内に芝1800m以上の重賞で連対実績がなく、本競走で好走した馬たちだ。実績馬でないならば、勢いがある上がり馬。その点も含めて、表3から気づく点を列挙してみよう。

・14頭中13頭がハンデ54〜52キロ
・14頭中8頭が前走条件クラスで1着。その8頭のうち5頭が小倉芝1800〜2000mでの勝ち上がり(すべて4〜5歳馬)。
・前走1600万勝ちからの優勝はない。1000万勝ちからは2例あり。
・ダイシングロウ、ワンモアチャッター、マヤノアブソルート(01年)は連勝中だった。

簡単に以上の4点に注意すると、有力馬がかなり見えてくる。特に連対馬に関してはほぼカバーできているはず。問題は昨年3着のケンブリッジレーザ、03年3着のグリーンブリッツのように(格下馬なのに)前走6着以下に敗れていた馬をどう拾うか。好走例が多いパターンではないので、無理して拾うことはしないが、課題としては残る。

【結論】

それでは今年の小倉記念を占っていこう。出走予定馬は以下のとおり。

■表4 今年の小倉記念出走予定馬(1)

順位
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
1年以内重賞連対
2
コスモプラチナ
牝6
54
マーメイドS1着  
5
マイネレーツェル
牝4
54
マーメイドS9着 ローズS1着
12
ダイシングロウ
牡5
55
エプソムC15着 08年小倉記念2着
※フルゲート18頭。(19)ダンスアジョイ、(20)チョウサンデイ以下は除外対象。

2008/7/20 小倉10R 博多ステークス1着 7番 ダイシングロウ

今年は一週前の段階でフルゲート(18頭)を超える登録があった。だが、過去1年以内に芝1800m以上の重賞で連対という実績を持つ馬は上の表4の3頭と少ない。しかもコスモプラチナは牝馬限定戦のマーメイドS、マイネレーツェルは3歳牝馬限定のローズSでの実績。前走マーメイドS2着からのローテーションで、07年1着のサンレイジャスパー(表2参照)は新潟記念2着の実績があったことを考えるとやや不安が残る。そうなると残る選択肢がダイシングロウ。昨年の本競走の2着馬だ。同レース後は3着以内が一度もなく、しばらく不振が続いていたが、復調気配はある。今年の産経大阪杯では勝ち馬から0.4秒差の5着。右回りの中距離、夏場の小倉で一変する可能性はあるだろう。消去法になるが同馬を中心に据えることにする。

■表5 今年の小倉記念出走予定馬(2)

順位
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
前走条件
備考
1
エリモハリアー
セ9
57
七夕賞13着 G3・福島芝2000m  
3
マストビートゥルー
牡6
55
エプソムC6着 G3・東京芝1800m  
4
クラウンプリンセス
牝5
53
米子S1着 OP・阪神芝1600m  
6
ニルヴァーナ
牡6
56
米子S8着 OP・阪神芝1600m  
7
ダイシンプラン
牡4
55
博多S1着 1600万・小倉芝1800m  
7
ホッコーパドゥシャ
牡7
56
七夕賞3着 G3・福島芝2000m  
9
テイエムアンコール
牡5
55
垂水S1着 1600万・阪神芝2000m 連勝中
10
ハギノジョイフル
セ5
52
目黒記念3着 G2・東京芝2500m  
11
エスケーカントリー
牡5
56
マーキュリーC4着 G3・盛岡ダ2000m  
12
サンライズベガ
牡5
54
日本海S1着 1600万・新潟芝2200m  
14
エーティーボス
牡5
54
関ヶ原S1着 1600万・中京芝2000m  
14
シルバーブレイズ
牡5
54
七夕賞10着 G3・福島芝2000m  
14
ドリームフライト
牡5
52
七夕賞9着 G3・福島芝2000m  
17
ダノンビクトリー
牡8
53
ブラジルC7着 OP・東京ダ2100m  
17
トウカイルナ
牝7
51
米子S11着 OP・阪神芝1600m  
※フルゲート18頭。(19)ダンスアジョイ、(20)チョウサンデイ以下は除外対象。

2009/7/19 小倉10R 博多ステークス1着 11番 ダイシンプラン

表4該当馬以外の出走予定馬は上の表5。まずは前走条件クラスで1着馬ということで、ダイシンプラン、テイエムアンコール、サンライズベガ、エーティーボスの名前が挙がる。いずれも4、5歳馬であり、年齢面での割引材料はない。その中で小倉芝1800〜2000mでの勝ち上がりはダイシンプラン。だが、同馬はハンデ55キロ。同じレースを勝ち上がってきた昨年2着のダイシングロウがハンデ56キロだったことを考えると、恵まれた感はあるが、この4頭の内、抜けて有力とも見えない。ハンデ面では54キロのサンライズベガ、エーティーボスが有利でも、ともに他場での勝ち上がり。テイエムアンコールは連勝中という強調材料があるものの、こちらも他場での勝ち上がりだ。よって、4頭とも有力馬ではあるが、データからは横一線の見解。ダイシンプランからの相手候補として4頭を取り上げる形としてみたい。

あとは、前走重賞で3着のホッコーパドゥシャとハギノジョイフルだが、前者はハンデ56キロ。表3で示したように重賞未連対の好走馬のパターンとしてはハンデがやや重い。後者はハンデ52キロと手ごろだが、近走芝の長距離での出走が多く、距離短縮に対応できるかが気になる。余裕があれば押さえたいが、強く推したいタイプでもない。

【追記】

サンライズベガは出走回避。替わって出走可能となった、前走1000万クラスの九州スポーツ杯(小倉芝1800m)を制したアンノルーチェを推奨する。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN