第303回 上がり馬について考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第303回 上がり馬について考える

2009/7/6(月)

2008/10/26 京都11R 菊花賞(Jpn1)1着 14番 オウケンブルースリ

夏になると、急速に力をつけてくる馬がいる。去年の菊花賞勝ち馬オウケンブルースリが良い例だ。6月に中京で未勝利クラスを抜け出し、同月に阪神で500万下を勝利。その後、8月に新潟で1000万下を快勝して、3連勝をマーク。9月にはトライアルの神戸新聞杯で3着だったが、本番では1番人気に見事応えた。同馬のように、上がり馬は3歳馬に多いが、4歳以上でも出世の遅い馬などが連勝するケースもある。よって、年齢は気にしないで見ていきたい。
そうは言っても、まず上がり馬の明確な定義がない。そのためここでは二つのクラスを連続して勝利した馬としよう。そして未勝利→500万下、500万下→1000万下、1000万下→1600万下の3つの連勝パターンを見ていく。500万下、 1000万下は2・3歳戦を除いており、3・4歳上のレースに絞って分析した。なおデータ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 未勝利→500万下連勝馬の次走成績(04年7月3日〜09年6月28日)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
全成績 31-12-9-124/176
17.6%
24.4%
29.5%
80%
61%
17-6-1-65/89
19.1%
25.8%
27.0%
91%
63%
ダート 14-6-8-59/87
16.1%
23.0%
32.2%
69%
60%

始めに未勝利→500万下連勝馬の次走成績をまとめたのが表1。未勝利は2、3歳の未勝利戦を含むが、500万下は3、4歳上の500万下に限定しているので注意していただきたい。全成績の単回収率80%、複回収率61%は平凡な数字で、全体的に目立った傾向は見当たらない。

■表2 未勝利→500万下連勝馬の次走人気別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気 4-2-0-4/10
40.0%
60.0%
60.0%
115%
90%
2番人気 8-1-0-7/16
50.0%
56.3%
56.3%
210%
103%
3番人気 3-1-1-4/9
33.3%
44.4%
55.6%
220%
137%
4番人気 1-0-0-12/13
7.7%
7.7%
7.7%
52%
20%
5番人気 1-1-0-1/3
33.3%
66.7%
66.7%
313%
190%
6番人気 0-0-0-4/4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
7番人気 0-0-0-6/6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
8番人気 0-0-0-7/7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
9番人気 0-1-0-6/7
0.0%
14.3%
14.3%
0%
144%
10人気以下 0-0-0-14/14
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
ダート
1番人気 6-4-1-7/18
33.3%
55.6%
61.1%
70%
80%
2番人気 4-2-4-4/14
28.6%
42.9%
71.4%
125%
114%
3番人気 2-0-2-7/11
18.2%
18.2%
36.4%
100%
92%
4番人気 1-0-0-6/7
14.3%
14.3%
14.3%
117%
42%
5番人気 1-0-0-6/7
14.3%
14.3%
14.3%
158%
41%
6番人気 0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
7番人気 0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
8番人気 0-0-0-7/7
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
9番人気 0-0-1-3/4
0.0%
0.0%
25.0%
0%
147%
10人気以下 0-0-0-6/6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表2では未勝利→500万下連勝馬の次走成績を人気別に分類してみた。上の表1では特徴がなかったが、人気別に見ると単純に上位人気は買いなのがわかる。芝・ダートともに5番人気以内の馬は単・複回収率が100%を超えているケースが目立ち、逆に6番人気以下になると芝・ダートともに好走馬は1頭だけ。このタイプの連勝馬なら上位人気は素直に評価して、下位人気は割り引いていいだろう。

■表3 未勝利→500万下連勝馬の次走距離別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m〜1300m 4-0-0-17/21
19.0%
19.0%
19.0%
103%
42%
1400m〜1600m 2-1-0-12/15
13.3%
20.0%
20.0%
43%
31%
1700m〜2000m 6-4-1-22/33
18.2%
30.3%
33.3%
99%
74%
2100m〜2400m 3-1-0-9/13
23.1%
30.8%
30.8%
89%
113%
2500m〜 2-0-0-5/7
28.6%
28.6%
28.6%
122%
48%
ダート
1000m〜1300m 0-1-1-14/16
0.0%
6.3%
12.5%
0%
20%
1400m〜1600m 4-0-2-8/14
28.6%
28.6%
42.9%
85%
109%
1700m〜2000m 10-4-5-37/56
17.9%
25.0%
33.9%
86%
58%
2100m〜2400m 0-1-0-0/1
0.0%
100.0%
100.0%
0%
100%
2500m〜 0-0-0-0/0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

続いて距離別にも見ていこう。表3は未勝利→500万下連勝馬の次走距離別成績。芝は長い距離の方が勝率、連対率、複勝率は良いが、それほど強く推せる数字でもない。ダートはまず1300m以下が不振。過去5年で1頭も勝ち馬が誕生していないのだから、ここは敬遠した方が正解だろう。ダートは1400〜2000mの距離に絞って良さそうだ。

■表4 500万下→1000万下連勝馬の次走成績(04年7月3日〜09年6月28日)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
全成績
64-32-28-212/336
19.0%
28.6%
36.9%
84%
82%
30-17-19-135/201
14.9%
23.4%
32.8%
95%
83%
ダート
34-15-9-76/134
25.4%
36.6%
43.3%
69%
80%

次に500万下→1000万下と連勝した馬の次走成績をまとめてみた(表4参照)。全成績は単回収率84%、複回収率80%とまずまずな成績。芝は勝率、連対率、複勝率で全成績を下回っているが、回収率では逆に全成績を上回っているのが特徴ダートは芝と逆パターン回収率では期待できないが、勝率、連対率、複勝率は優秀な数字を残している

■表5 500万下→1000万下連勝馬の次走人気別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気 13-5-5-18/41
31.7%
43.9%
56.1%
76%
74%
2番人気 4-4-4-19/31
12.9%
25.8%
38.7%
60%
74%
3番人気 3-1-4-13/21
14.3%
19.0%
38.1%
68%
67%
4番人気 1-1-1-7/10
10.0%
20.0%
30.0%
61%
70%
5番人気 3-3-0-16/22
13.6%
27.3%
27.3%
156%
83%
6番人気 3-1-1-8/13
23.1%
30.8%
38.5%
269%
127%
7番人気 1-0-0-9/10
10.0%
10.0%
10.0%
120%
35%
8番人気 1-1-0-11/13
7.7%
15.4%
15.4%
137%
80%
9番人気 1-0-2-11/14
7.1%
7.1%
21.4%
158%
124%
10人気以下 0-1-2-23/26
0.0%
3.8%
11.5%
0%
105%
ダート
1番人気 25-6-3-11/45
55.6%
68.9%
75.6%
103%
94%
2番人気 6-5-2-6/19
31.6%
57.9%
68.4%
144%
125%
3番人気 2-1-0-4/7
28.6%
42.9%
42.9%
175%
98%
4番人気 1-1-0-11/13
7.7%
15.4%
15.4%
53%
41%
5番人気 0-1-1-10/12
0.0%
8.3%
16.7%
0%
45%
6番人気 0-0-1-4/5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
70%
7番人気 0-0-1-4/5
0.0%
0.0%
20.0%
0%
102%
8番人気 0-0-1-9/10
0.0%
0.0%
10.0%
0%
97%
9番人気 0-1-0-3/4
0.0%
25.0%
25.0%
0%
125%
10人気以下 0-0-0-14/14
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

500万下→1000万下連勝馬の次走成績を人気別に分けたのが表5。芝とダートは対照的な結果が出ている。まず芝は5番人気以下の回収率が優秀。好走馬も多数いて、人気がなくても狙って損はなさそうだ。ダートは3番人気以内が安定した成績で、かつ回収率も優秀な数字。特に1番人気は勝率55.6%、連対率68.9%、複勝率75.6%と抜群の安定感だ。5番人気以下になると、勝ち馬は1頭もいないので、人気薄の馬なら軽視していいだろう。

■表6 500万下→1000万下連勝馬の次走距離別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m〜1300m 9-1-3-20/33
27.3%
30.3%
39.4%
170%
92%
1400m〜1600m 3-4-2-29/38
7.9%
18.4%
23.7%
91%
48%
1700m〜2000m 14-8-8-48/78
17.9%
28.2%
38.5%
104%
96%
2100m〜2400m 3-1-3-23/30
10.0%
13.3%
23.3%
52%
84%
2500m〜 1-3-3-15/22
4.5%
18.2%
31.8%
15%
85%
ダート
1000m〜1300m 7-4-1-19/31
22.6%
35.5%
38.7%
51%
84%
1400m〜1600m 7-5-5-20/37
18.9%
32.4%
45.9%
48%
81%
1700m〜2000m 17-6-2-33/58
29.3%
39.7%
43.1%
86%
78%
2100m〜2400m 3-0-1-4/8
37.5%
37.5%
50.0%
116%
72%
2500m〜 0-0-0-0/0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表6は500万下→1000万下連勝馬の次走成績を距離別にまとめたもの。芝は10001300m17002000mで、単回収率100%を超えている。ダートは2100〜2400mで単回収率116%をマークしているが、サンプルはわずか8レース。ほとんど距離による違いはないと見て良さそうだ。

■表7 1000万下→1600万下連勝馬の次走成績(04年7月3日〜09年6月28日)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
全成績
19-20-10-100/149
12.8%
26.2%
32.9%
72%
75%
7-13-5-58/83
8.4%
24.1%
30.1%
29%
69%
ダート
12-7-5-42/66
18.2%
28.8%
36.4%
128%
83%

続いて1000万下→1600万下連勝馬の次走成績が表7。全成績は平凡な数字だが、芝とダートでは明暗がくっきり分かれている。芝は全ての数字が全成績より劣っており、勝率はわずか8.4。しかし、ダートは全ての数字が全成績より優秀で、単回収率も128%に達している。このタイプの連勝馬ならダート路線組に注意を払いたい。

■表8 1000万下→1600万下連勝馬の次走人気別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気 5-3-0-7/15
33.3%
53.3%
53.3%
78%
74%
2番人気 0-5-1-9/15
0.0%
33.3%
40.0%
0%
70%
3番人気 1-2-2-8/13
7.7%
23.1%
38.5%
46%
97%
4番人気 1-1-0-4/6
16.7%
33.3%
33.3%
106%
75%
5番人気 0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
6番人気 0-1-1-3/5
0.0%
20.0%
40.0%
0%
154%
7番人気 0-1-1-4/6
0.0%
16.7%
33.3%
0%
178%
8番人気 0-0-0-4/4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
9番人気 0-0-0-2/2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
10人気以下 0-0-0-9/9
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
ダート
1番人気 5-2-2-5/14
35.7%
50.0%
64.3%
63%
87%
2番人気 1-2-1-5/9
11.1%
33.3%
44.4%
40%
66%
3番人気 2-3-0-3/8
25.0%
62.5%
62.5%
183%
141%
4番人気 0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
5番人気 2-0-0-5/7
28.6%
28.6%
28.6%
334%
84%
6番人気 0-0-0-4/4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
7番人気 1-0-1-7/9
11.1%
11.1%
22.2%
168%
94%
8番人気 0-0-1-1/2
0.0%
0.0%
50.0%
0%
225%
9番人気 1-0-0-2/3
33.3%
33.3%
33.3%
623%
216%
10人気以下 0-0-0-5/5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表8は1000万下→1600万下連勝馬の次走成績を人気別に分けたもの。芝は表7で見たように全体的な数字が悪く、人気別で見ても狙いどころはない。ダートは人気にかかわらず好走馬が出ているため、人気はそれほど気にしなくてもよさそうだ。ただ1、2番人気の回収率は平凡な数字なので、そこは気をつけたい。

■表9 1000万下→1600万下連勝馬の次走距離別成績(04年7月3日〜09年6月28日)

コース
距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m〜1300m 2-4-0-9/15
13.3%
40.0%
40.0%
68%
97%
1400m〜1600m 1-2-3-19/25
4.0%
12.0%
24.0%
6%
68%
1700m〜2000m 2-4-2-16/24
8.3%
25.0%
33.3%
14%
64%
2100m〜2400m 2-3-0-4/9
22.2%
55.6%
55.6%
100%
113%
2500m〜 0-0-0-10/10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
ダート
1000m〜1300m 1-3-2-7/13
7.7%
30.8%
46.2%
66%
79%
1400m〜1600m 1-3-1-14/19
5.3%
21.1%
26.3%
68%
61%
1700m〜2000m 7-1-2-20/30
23.3%
26.7%
33.3%
130%
82%
2100m〜2400m 3-0-0-1/4
75.0%
75.0%
75.0%
587%
205%
2500m〜 0-0-0-0/0
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

2009/4/11 阪神9R 大阪-ハンブルクC1着 1番 ゼンノグッドウッド

最後に1000万下→1600万下連勝馬の次走成績を距離別に見ていこう(表9参照)。まず芝は2100〜2400mが優秀。連対率、複勝率ともに55.6%をマークし、単・複回収率はともに100%を超えている。具体的な例をあげれば、今年の大阪−ハンブルクC(芝2400m)を勝利したゼンノグッドウッドがこのパターンになる。ダートも距離は長い方が良い。具体的には1700m以上。今年はこのタイプの連勝馬で、ウォータクティクスがアルデバランS、マチカネニホンバレがブリリアントSを勝っている。

ここまで、上がり馬(連勝馬)を3つのパターンに分けて見てきた。意外な点は、全体的に人気馬でも回収率が優秀な点。上位人気に支持される上がり馬なら、素直に買った方が正解なのかもしれない。またこのデータは夏に限定したものではないので、夏以降にも参考になるだろう。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN