第299回 6〜7月の新馬戦の傾向は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第299回 6〜7月の新馬戦の傾向は?

2009/6/22(月)

2008/7/6 阪神4R サラ2歳新馬1着 8番 ロジユニヴァース

先週から夏競馬が開幕。夏競馬の注目といえば、なんといっても新馬戦だ。現3歳世代ではダービーを制したロジユニヴァース、そして朝日杯FSを制したセイウンワンダーがこの時期のデビュー。ペーパーオーナーゲームのファンはもちろん、クラシックへ向けても新馬戦は見逃せない。

新馬戦というと、調教タイムや当日のパドック、返し馬などが予想の重要なカギを握るが、レースを重ねた馬に比べ判断材料が少なく難しい印象もある。そこで今回は、この時期(6〜7月)の新馬戦について、予想の参考になるデータをいくつか探ってみたい。データの分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。なお、宝塚記念については木曜掲載分で分析する予定だ。

■表1 6、7月新馬戦、人気別成績(04〜08年)

人気
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1番人気
81-  38-  24-  57/ 200
40.5%
59.5%
71.5%
80%
86%
2番人気
39-  48-  27-  86/ 200
19.5%
43.5%
57.0%
76%
83%
3番人気
27-  24-  32- 117/ 200
13.5%
25.5%
41.5%
90%
73%
4番人気
13-  26-  31- 130/ 200
6.5%
19.5%
35.0%
60%
77%
5番人気
15-  13-  22- 150/ 200
7.5%
14.0%
25.0%
84%
68%
6番人気
10-  14-  18- 156/ 198
5.1%
12.1%
21.2%
96%
74%
7番人気
6-  13-  16- 160/ 195
3.1%
9.7%
17.9%
77%
84%
8番人気
6-   6-  10- 171/ 193
3.1%
6.2%
11.4%
73%
54%
9番人気
3-   8-  10- 157/ 178
1.7%
6.2%
11.8%
67%
96%
10番人気
0-   8-   2- 143/ 153
0.0%
5.2%
6.5%
0%
55%
11番人気
0-   2-   4- 119/ 125
0.0%
1.6%
4.8%
0%
54%
12番人気
0-   0-   2-  98/ 100
0.0%
0.0%
2.0%
0%
28%
13番人気
0-   0-   0-  76/  76
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14番人気
0-   0-   0-  67/  67
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
15番人気
0-   0-   1-  50/  51
0.0%
0.0%
2.0%
0%
64%
16番人気
0-   0-   0-  40/  40
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
17番人気
0-   0-   1-  23/  24
0.0%
0.0%
4.2%
0%
128%
18番人気
0-   0-   0-  19/  19
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

まず人気別成績では、上位人気が水準以上の好成績を残している。何度か触れたこともあるが、中央競馬では下級条件ほど人気馬の信頼性が高くなる傾向。この時期の新馬戦でもこれは同様で、1番人気は勝率40.5%、連対率59.5%を記録している。同じく04〜08年について2歳新馬戦全体(月限定なし)の成績を調べると、1番人気は勝率34.4%、連対率56.2%。2番人気は勝率20.9%、連対率39.7%。この時期は少頭数になるレースが多い影響か、2歳新馬戦全体と比べてもやや人気馬の信頼性が高い。

■表2 6、7月新馬戦、単オッズ別成績(04〜08年)

単オッズ
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1.0〜 1.4
21-   4-   3-   2/  30
70.0%
83.3%
93.3%
91%
97%
1.5〜 1.9
25-   9-   4-   5/  43
58.1%
79.1%
88.4%
98%
99%
2.0〜 2.9
36-  26-  16-  37/ 115
31.3%
53.9%
67.8%
77%
83%
3.0〜 3.9
23-  31-  13-  41/ 108
21.3%
50.0%
62.0%
73%
88%
4.0〜 4.9
13-  19-  11-  40/  83
15.7%
38.6%
51.8%
69%
82%
5.0〜 6.9
24-  17-  29-  99/ 169
14.2%
24.3%
41.4%
80%
74%
7.0〜 9.9
18-  22-  26- 123/ 189
9.5%
21.2%
34.9%
80%
73%
10.0〜14.9
12-  16-  32- 147/ 207
5.8%
13.5%
29.0%
67%
77%
15.0〜19.9
15-  12-  14- 132/ 173
8.7%
15.6%
23.7%
148%
81%
20.0〜29.9
6-  19-  17- 206/ 248
2.4%
10.1%
16.9%
56%
69%
30.0〜49.9
7-  18-  24- 259/ 308
2.3%
8.1%
15.9%
85%
99%
50.0〜99.9
0-   7-   9- 370/ 386
0.0%
1.8%
4.1%
0%
44%
100.0〜
0-   0-   2- 358/ 360
0.0%
0.0%
0.6%
0%
17%

新馬戦の予想をしていると「1度も走ったことがない馬同士のレースで、断然人気なんて信頼できるのか?」などと思うことがある。しかし、単勝1倍台の成績は抜群。連対率で80%、3着内率は90%ほどになり、軸としての信頼性は極めて高い。また、単複の回収率も1〜2番人気は「控除率に勝つ」成績を残しているのも注目される。

■表3 参考:6、7月2歳未勝利戦、人気別成績(04〜08年)

人気
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1番人気
40- 21-  9- 28/ 98
40.8%
62.2%
71.4%
69%
79%
2番人気
18- 19- 17- 44/ 98
18.4%
37.8%
55.1%
71%
73%
3番人気
20- 19- 21- 38/ 98
20.4%
39.8%
61.2%
122%
98%
4番人気
5- 20- 22- 51/ 98
5.1%
25.5%
48.0%
63%
104%
5番人気
8-  7-  9- 74/ 98
8.2%
15.3%
24.5%
96%
74%
6番人気
4-  5- 12- 76/ 97
4.1%
9.3%
21.6%
80%
100%
7番人気
1-  1-  4- 85/ 91
1.1%
2.2%
6.6%
28%
33%
8番人気
1-  1-  0- 79/ 81
1.2%
2.5%
2.5%
90%
24%
9番人気
0-  0-  3- 58/ 61
0.0%
0.0%
4.9%
0%
99%
10番人気
1-  3-  0- 39/ 43
2.3%
9.3%
9.3%
90%
121%
11番人気
0-  2-  0- 33/ 35
0.0%
5.7%
5.7%
0%
73%
12番人気
0-  0-  1- 27/ 28
0.0%
0.0%
3.6%
0%
45%
13番人気
0-  0-  0- 18/ 18
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
14番人気
0-  0-  0- 12/ 12
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
15番人気
0-  0-  0-  9/  9
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
16番人気
0-  0-  0-  4/  4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
17番人気
0-  0-  0-  2/  2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
18番人気
0-  0-  0-  0/  0

■表4 参考:6、7月2歳未勝利戦、単オッズ別成績(04〜08年)

単オッズ
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1.0〜 1.4
13-  5-  1-  3/ 22
59.1%
81.8%
86.4%
70%
89%
1.5〜 1.9
17-  7-  3-  8/ 35
48.6%
68.6%
77.1%
83%
83%
2.0〜 2.9
12- 11-  6- 17/ 46
26.1%
50.0%
63.0%
62%
71%
3.0〜 3.9
13- 12-  6- 27/ 58
22.4%
43.1%
53.4%
79%
70%
4.0〜 4.9
11-  7-  9- 18/ 45
24.4%
40.0%
60.0%
109%
94%
5.0〜 6.9
7- 11- 18- 31/ 67
10.4%
26.9%
53.7%
63%
82%
7.0〜 9.9
10- 15- 13- 36/ 74
13.5%
33.8%
51.4%
111%
102%
10.0〜14.9
6-  6-  9- 55/ 76
7.9%
15.8%
27.6%
98%
65%
15.0〜19.9
4-  4-  8- 28/ 44
9.1%
18.2%
36.4%
160%
108%
20.0〜29.9
3-  9- 13- 56/ 81
3.7%
14.8%
30.9%
99%
104%
30.0〜49.9
1-  7-  6- 88/102
1.0%
7.8%
13.7%
38%
93%
50.0〜99.9
1-  4-  4-142/151
0.7%
3.3%
6.0%
48%
75%
100.0〜
0-  0-  2-168/170
0.0%
0.0%
1.2%
0%
19%

参考までに、同じ集計期間内の2歳未勝利戦について人気別、単勝オッズ別の成績を調べたのが表3〜4である。経験を積んだもの同士のレースとなり、新馬戦よりもわかりやすい印象もあるが、実際は人気別、単勝オッズ別とも上位は新馬戦とほぼ同様。中には新馬戦を下回る数字もあり、今の時期はレースを経験したからといって人気馬の信頼性が高くなることはないようだ。逆に言えば「よくわからない馬同士」の新馬戦でも、人気は他のレース同様、あるいはそれ以上にアテになるということになる。

■表5 6、7月新馬戦、馬体重別成績(04〜08年)

牡・セン馬
馬体重
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
〜399kg
0-   0-   0-   8/   8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
400〜419kg
1-   6-   2-  44/  53
1.9%
13.2%
17.0%
11%
47%
420〜439kg
12-   9-  13- 136/ 170
7.1%
12.4%
20.0%
75%
43%
440〜459kg
18-  22-  29- 301/ 370
4.9%
10.8%
18.6%
30%
59%
460〜479kg
36-  36-  34- 314/ 420
8.6%
17.1%
25.2%
50%
61%
480〜499kg
23-  28-  19- 179/ 249
9.2%
20.5%
28.1%
52%
51%
500〜519kg
6-  13-  10-  65/  94
6.4%
20.2%
30.9%
33%
68%
520〜539kg
1-   2-   1-  20/  24
4.2%
12.5%
16.7%
22%
22%
540〜
0-   0-   0-   5/   5
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
牝馬
馬体重
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
〜399kg
1-   2-   2-  29/  34
2.9%
8.8%
14.7%
77%
96%
400〜419kg
7-   8-  12-  92/ 119
5.9%
12.6%
22.7%
67%
111%
420〜439kg
27-  22-  19- 222/ 290
9.3%
16.9%
23.4%
64%
74%
440〜459kg
31-  22-  35- 213/ 301
10.3%
17.6%
29.2%
78%
75%
460〜479kg
30-  19-  17- 134/ 200
15.0%
24.5%
33.0%
99%
86%
480〜499kg
7-  10-   7-  46/  70
10.0%
24.3%
34.3%
40%
77%
500〜519kg
0-   0-   0-   8/   8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
520〜539kg
0-   1-   0-   3/   4
0.0%
25.0%
25.0%
0%
82%

新馬戦ではよく「小柄で仕上がりが早い」と注目される馬もいるが、馬体重別の成績を調べると、重い馬ほど好成績という傾向が出ている。牡馬、牝馬ともこれは同様で、「馬体重が軽いこと」を予想の決め手にしてしまうのは禁物である。
なお、性別成績全体では、牡・セン馬が【97.116.108.1072】で勝率7.0%、連対率15.3%。牝馬(牝馬限定戦除く)は【89.70.78.604】で勝率10.6%、連対率18.9%と、牝馬が牡・セン馬を上回る。「夏の牝馬」なのか、「牝馬の仕上がり早」なのか理由は定かではないが、この時期の新馬戦での牝馬重視は正解だ。

■表6 6、7月新馬戦、生月別成績(04〜08年)

生月
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
1月生
7-  9- 10- 48/ 74
9.5%
21.6%
35.1%
27%
89%
2月生
39- 32- 36-266/373
10.5%
19.0%
28.7%
60%
71%
3月生
68- 80- 60-563/771
8.8%
19.2%
27.0%
70%
75%
4月生
62- 57- 63-621/803
7.7%
14.8%
22.7%
54%
54%
5月生
24- 19- 28-309/380
6.3%
11.3%
18.7%
40%
58%
6月生
0-  3-  3- 12/ 18
0.0%
16.7%
33.3%
0%
187%

夏競馬の2歳馬は生まれてからまだ2年ほど。クラシックならまだしも、この時期は生まれの数ヶ月の差が成長度の差として成績に表れやすいとも言われる。表6のようにこちらはその通りのデータで、4月以降の生まれより、1〜3月生まれの成績が良い。予想の際に生まれ月を気にすることなどない、という方もいらっしゃるだろうが、この時期の新馬戦では要チェックのファクターだ。

■表7 6、7月新馬戦、種牡馬別成績(04〜08年)

種牡馬
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
アグネスタキオン
10- 7- 4-23/44
22.7%
38.6%
47.7%
70%
74%
フレンチデピュティ
10- 3- 3-30/46
21.7%
28.3%
34.8%
113%
61%
タイキシャトル
9- 3- 5-29/46
19.6%
26.1%
37.0%
217%
86%
サクラバクシンオー
7-11- 6-38/62
11.3%
29.0%
38.7%
30%
74%
スペシャルウィーク
7-10- 3-29/49
14.3%
34.7%
40.8%
178%
120%
フジキセキ
7- 6- 3-22/38
18.4%
34.2%
42.1%
112%
81%
サンデーサイレンス
5- 5- 2- 4/16
31.3%
62.5%
75.0%
120%
99%
クロフネ
5- 2- 5-26/38
13.2%
18.4%
31.6%
45%
90%
ヘクタープロテクター
4- 3- 1-19/27
14.8%
25.9%
29.6%
271%
79%
アドマイヤベガ
4- 2- 5-25/36
11.1%
16.7%
30.6%
93%
88%

続いて種牡馬別の成績。勝ち鞍首位のアグネスタキオンは以前の種牡馬分析で指摘した通り、2歳戦でも強さを発揮する種牡馬だ。6〜7月の新馬でもご覧の通りの好成績。以下、フレンチデピュティやタイキシャトル、サクラバクシンオーなど、「なるほど」と思える名前が並んでいる。もちろん個々の馬の能力判断が重要ではあるものの、数頭で取捨に悩んだ際には種牡馬で選んでみる手もあるだろう。

■表8 6、7月新馬戦、騎手別成績(04〜08年)

騎手
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
武豊
17-12- 6-24/59
28.8%
49.2%
59.3%
62%
73%
藤田伸二
15- 5- 4-20/44
34.1%
45.5%
54.5%
86%
85%
後藤浩輝
12- 9- 7-29/57
21.1%
36.8%
49.1%
69%
108%
福永祐一
10- 6-10-24/50
20.0%
32.0%
52.0%
85%
97%
柴田善臣
9- 6- 4-30/49
18.4%
30.6%
38.8%
104%
74%
安藤勝己
9- 4- 5-15/33
27.3%
39.4%
54.5%
109%
81%
蛯名正義
6- 8- 1-34/49
12.2%
28.6%
30.6%
78%
58%
小牧太
6- 5- 3-35/49
12.2%
22.4%
28.6%
163%
93%
本田優
6- 1- 1- 6/14
42.9%
50.0%
57.1%
213%
112%
四位洋文
5- 6- 5-19/35
14.3%
31.4%
45.7%
65%
76%
田中勝春
5- 6- 4-44/59
8.5%
18.6%
25.4%
67%
76%
勝浦正樹
5- 3- 5-35/48
10.4%
16.7%
27.1%
186%
85%
岩田康誠
5- 3- 0-24/32
15.6%
25.0%
25.0%
157%
50%
吉田隼人
4- 3- 3-29/39
10.3%
17.9%
25.6%
37%
58%
北村宏司
4- 2- 7-19/32
12.5%
18.8%
40.6%
87%
89%
石橋脩
4- 1- 2-35/42
9.5%
11.9%
16.7%
102%
54%
中舘英二
3- 9- 4-46/62
4.8%
19.4%
25.8%
26%
70%
横山典弘
3- 7-12-23/45
6.7%
22.2%
48.9%
43%
79%
村田一誠
3- 5- 0-25/33
9.1%
24.2%
24.2%
223%
106%
上村洋行
3- 4- 1-18/26
11.5%
26.9%
30.8%
111%
64%

■表9 6、7月新馬戦、調教師別成績(04〜08年)

調教師
着別度数
勝率
連対率
3着内率
単回収
複回収
(栗)山内研二
10- 2- 3-14/29
34.5%
41.4%
51.7%
100%
72%
(美)伊藤圭三
7- 2- 3-31/43
16.3%
20.9%
27.9%
38%
36%
(栗)坂口正則
5- 3- 3-23/34
14.7%
23.5%
32.4%
143%
69%
(栗)昆貢
5- 3- 2- 9/19
26.3%
42.1%
52.6%
111%
97%
(栗)藤原英昭
5- 2- 2- 4/13
38.5%
53.8%
69.2%
232%
121%
(美)国枝栄
4- 5- 2- 9/20
20.0%
45.0%
55.0%
107%
90%
(美)萱野浩二
4- 3- 0-15/22
18.2%
31.8%
31.8%
229%
80%
(栗)領家政蔵
4- 3- 0-10/17
23.5%
41.2%
41.2%
135%
77%
(美)高橋裕
4- 1- 3-13/21
19.0%
23.8%
38.1%
271%
96%
(美)稲葉隆一
4- 1- 1-10/16
25.0%
31.3%
37.5%
261%
105%
(美)相沢郁
4- 0- 2-20/26
15.4%
15.4%
23.1%
62%
40%
(栗)浅見秀一
3- 3- 5-13/24
12.5%
25.0%
45.8%
32%
72%
(栗)中村均
3- 2- 1-23/29
10.3%
17.2%
20.7%
43%
33%
(美)上原博之
3- 2- 1-15/21
14.3%
23.8%
28.6%
62%
50%
(栗)佐々木晶
3- 2- 1-14/20
15.0%
25.0%
30.0%
91%
57%
(栗)瀬戸口勉
3- 2- 1- 8/14
21.4%
35.7%
42.9%
60%
77%
(栗)北橋修二
3- 0- 1- 3/ 7
42.9%
42.9%
57.1%
284%
80%
(栗)安田隆行
2- 4- 3- 3/12
16.7%
50.0%
75.0%
120%
151%
(美)尾形充弘
2- 3- 3- 7/15
13.3%
33.3%
53.3%
407%
204%
(美)柴崎勇
2- 3- 1-11/17
11.8%
29.4%
35.3%
58%
96%

最後に、騎手、調教師別の成績。特に騎手については得意、不得意より騎乗馬に左右される面が大きいだろうが、武豊騎手や藤田騎手の好成績が目立っている。今年リーディングの首位を走る内田博幸騎手の名前が表にはないが、昨年の中央移籍後の成績で【1.2.2.9】勝率7.1%、連対率21.4%。実績を重ねた2年目で上積みがある可能性もあるものの、昨年の成績だけで言えばリーディング上位としてはやや物足りない数字が残っている。
調教師の首位は山内厩舎。以前から2歳戦で好成績を残す印象が強い厩舎だ。ただ、ここ2年の6〜7月新馬戦は1勝止まりとペースダウン。2位以下でも、勝率や連対率の高い厩舎には注目だ。

以上、「6〜7月」にかぎった2歳新馬戦のデータをいくつか拾ってみた。表5の本文で触れた「牝馬」、あるいは表6の生月(1〜3月生まれ)といったあたりは一般的に言われていた通り注目に値するデータ。一方で、体重別の成績や人気馬の信頼性あたりは意外に思われた方もいるだろう。他のレースに比べ予想ファクターの少ない新馬戦、悩んだときにはこのデータを思い出し、参考にしていただきたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN