第297回 夏競馬開幕!札幌競馬場を占う!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第297回 夏競馬開幕!札幌競馬場を占う!

2009/6/15(月)

今週から夏競馬が開幕。北海道シリーズは函館競馬場が改修工事のため札幌競馬場で12週間のロング開催となる(1回、2回札幌はそれぞれ12日間・・・6週間開催)。
そこで、今回は開催に当たって札幌競馬場のうち、芝コースの特徴について一通り調べてみようと思う。主だったコースである芝1200m、芝1500m、芝1800m、芝2000m、芝2600mについてそれぞれ調べてみようと思う。(データの調査・集計にあたってはいつもの通り、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVで調査している。また、集計期間は2004年以降の過去5年間の全レースとしている。)

以下では枠番別成績、脚質・上がり別成績、騎手別成績、調教師別成績をコース別に見ていこうと思う。

■芝1200mについて
表1 札幌芝1200mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠 17- 29- 22-184/252
6.7%
18.3%
27.0%
100
134
2枠 24- 23- 25-198/270
8.9%
17.4%
26.7%
68
104
3枠 28- 22- 27-209/286
9.8%
17.5%
26.9%
170
133
4枠 17- 24- 23-235/299
5.7%
13.7%
21.4%
71
77
5枠 29- 20- 18-238/305
9.5%
16.1%
22.0%
81
57
6枠 19- 19- 22-264/324
5.9%
11.7%
18.5%
54
68
7枠 28- 20- 23-259/330
8.5%
14.5%
21.5%
55
74
8枠 16- 21- 19-280/336
4.8%
11.0%
16.7%
30
62

表2 札幌芝1200mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
55- 28- 20- 75/ 178
30.9%
46.6%
57.9%
205
137
先行
78- 95- 86- 407/ 666
11.7%
26.0%
38.9%
153
139
中団
39- 44- 50- 706/ 839
4.6%
9.9%
15.9%
48
85
後方
5- 11- 23- 677/ 716
0.7%
2.2%
5.4%
7
27
マクリ
1- 0- 0- 0/ 1
100.0%
100.0%
100.0%
470
150
3F 1位
59- 37- 24- 95/ 215
27.4%
44.7%
55.8%
279
231
3F 2位
33- 36- 30- 85/ 184
17.9%
37.5%
53.8%
198
201
3F 3位
24- 31- 27- 117/ 199
12.1%
27.6%
41.2%
162
163
3F〜5位
28- 36- 48- 263/ 375
7.5%
17.1%
29.9%
69
122
3F6位〜
34- 38- 50-1303/1425
2.4%
5.1%
8.6%
20
30

表3 札幌芝1200mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
藤田伸二
18- 17- 14- 86/135
13.3%
25.9%
36.3%
59
62
2
秋山真一
10- 4- 4- 39/ 57
17.5%
24.6%
31.6%
382
123
3
横山典弘
9- 13- 6- 44/ 72
12.5%
30.6%
38.9%
75
105
4
安藤勝己
9- 2- 7- 13/ 31
29.0%
35.5%
58.1%
82
101
5
岩田康誠
7- 11- 5- 16/ 39
17.9%
46.2%
59.0%
123
118
6
松永幹夫
7- 4- 6- 37/ 54
13.0%
20.4%
31.5%
40
142
7
藤岡佑介
6- 9- 9- 70/ 94
6.4%
16.0%
25.5%
62
92
8
武幸四郎
6- 4- 4- 45/ 59
10.2%
16.9%
23.7%
145
65
9
武豊
6- 0- 2- 6/ 14
42.9%
42.9%
57.1%
159
96
10
四位洋文
5- 7- 5- 40/ 57
8.8%
21.1%
29.8%
65
70

表4 札幌芝1200mの調教師別成績

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
(栗)西浦勝一
6- 3- 2-20/31
19.4%
29.0%
35.5%
179
90
2
(栗)中尾秀正
6- 2- 1- 9/18
33.3%
44.4%
50.0%
148
118
3
(栗)昆貢
6- 0- 2-19/27
22.2%
22.2%
29.6%
111
52
4
(美)後藤由之
5- 3- 1-11/20
25.0%
40.0%
45.0%
228
202
5
(美)国枝栄
5- 2- 3-15/25
20.0%
28.0%
40.0%
95
80
6
(美)武藤善則
4- 1- 3-15/23
17.4%
21.7%
34.8%
126
115
7
(栗)須貝彦三
4- 1- 1-28/34
11.8%
14.7%
17.6%
575
120
8
(栗)宮本博
3- 5- 0-14/22
13.6%
36.4%
36.4%
149
200
9
(栗)鮫島一歩
3- 3- 4-11/21
14.3%
28.6%
47.6%
57
82
10
(美)藤沢和雄
3- 3- 3-14/23
13.0%
26.1%
39.1%
124
80

札幌競馬場

枠順:単勝回収率を見ると1枠と3枠が、複勝回収率を見ると1、2、3枠がそれぞれ100%以上の値を示しており、やや内側の枠が有利と見る。ただし、5枠、7枠あたりも数の上では互角以上であることを考えると、あまり気にする必要はないのかなと思う。

脚質・上がり:数の上では先行馬が優勢も、率では逃げ馬が圧倒的に良い。勝率3割、連対率5割弱、複勝率5割超というのは秀逸で今回取り上げた距離の中ではもっとも逃げ馬が強い距離である。単勝回収率からもわかるように、頭を狙うのなら逃げ馬が良いだろう。

騎手別成績:藤田騎手が首位であるが、やはり安藤勝己、岩田康誠、武豊は信頼に値するかと思う。武豊騎手の勝率はかなり高いことがわかる。

■芝1500mについて
表5 札幌芝1500mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
5- 12- 7- 55/ 79
6.3%
21.5%
30.4%
62
118
2枠
8- 8- 9- 54/ 79
10.1%
20.3%
31.6%
94
75
3枠
13- 12- 12- 87/124
10.5%
20.2%
29.8%
104
116
4枠
13- 9- 10-100/132
9.8%
16.7%
24.2%
70
55
5枠
17- 12- 10-102/141
12.1%
20.6%
27.7%
131
91
6枠
10- 9- 9-124/152
6.6%
12.5%
18.4%
40
55
7枠
8- 8- 14-127/157
5.1%
10.2%
19.1%
24
48
8枠
6- 10- 9-130/155
3.9%
10.3%
16.1%
51
37

表6 札幌芝1500mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
31- 13- 9- 78/131
23.7%
33.6%
40.5%
227
101
先行
65- 68- 71-223/427
15.2%
31.1%
47.8%
156
121
中団
20- 31- 29-451/531
3.8%
9.6%
15.1%
59
51
後方
3- 4- 9-353/369
0.8%
1.9%
4.3%
5
14
マクリ
2- 5- 3- 5/ 15
13.3%
46.7%
66.7%
84
148
3F 1位
46- 30- 22- 51/149
30.9%
51.0%
65.8%
306
173
3F 2位
22- 38- 17- 51/128
17.2%
46.9%
60.2%
105
144
3F 3位
22- 19- 25- 65/131
16.8%
31.3%
50.4%
147
108
3F〜5位
19- 20- 34-159/232
8.2%
16.8%
31.5%
100
100
3F6位〜
12- 14- 23-783/832
1.4%
3.1%
5.9%
35
21

表7 札幌芝1500mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
藤田伸二
13- 6-10-36/65
20.0%
29.2%
44.6%
86
78
2
四位洋文
7- 3- 4-23/37
18.9%
27.0%
37.8%
115
113
3
岩田康誠
6- 3- 3-13/25
24.0%
36.0%
48.0%
145
80
4
本田優
5- 1- 1-18/25
20.0%
24.0%
28.0%
145
63
5
横山典弘
4-10- 4-27/45
8.9%
31.1%
40.0%
27
98
6
三浦皇成
4- 3- 1- 6/14
28.6%
50.0%
57.1%
95
88
7
菊沢隆徳
4- 2- 3-31/40
10.0%
15.0%
22.5%
68
58
8
小林徹弥
4- 1- 2-19/26
15.4%
19.2%
26.9%
245
120
9
川島信二
3- 3- 1-16/23
13.0%
26.1%
30.4%
43
65
10
芹沢純一
3- 1- 2-12/18
16.7%
22.2%
33.3%
385
101

表8 札幌芝1500mの調教師別成績

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
(栗)西浦勝一
6- 2- 1- 6/15
40.0%
53.3%
60.0%
241
113
2
(栗)池江泰郎
5- 1- 2- 8/16
31.3%
37.5%
50.0%
106
101
3
(美)藤沢和雄
4- 3- 1-13/21
19.0%
33.3%
38.1%
60
59
4
(栗)松田博資
3- 2- 3- 7/15
20.0%
33.3%
53.3%
72
91
5
(美)河野通文
3- 1- 2- 6/12
25.0%
33.3%
50.0%
135
86
6
(美)国枝栄
2- 1- 2- 5/10
20.0%
30.0%
50.0%
67
98
7
(栗)山内研二
2- 1- 0-11/14
14.3%
21.4%
21.4%
58
37
8
(美)藤原辰雄
2- 1- 0-14/17
11.8%
17.6%
17.6%
130
47
9
(美)杉浦宏昭
2- 0- 2- 4/ 8
25.0%
25.0%
50.0%
670
216
10
[地]堂山芳則
2- 0- 1- 4/ 7
28.6%
28.6%
42.9%
420
140

枠順:JRA唯一の距離であるだけに、この数字はコースの特殊性を表している。連対率、複勝率を見てみると、6枠より外が5枠より内よりも成績が劣るように見える。やや外枠が不利といったところだろうか。この点はコースの形態とともに中山芝1600mに近い感じがする。

脚質・上がり:ここにもこのコースの特徴が出ているが、やはり前に行った馬が有利というのが数字からもわかる。直線に坂があるコースならともかく、平坦・小回りの競馬場なだけに、その辺の特徴が芝1200m、芝1500mでは出ていると思う。

騎手別成績:藤田騎手がここでも首位。芝1200mよりも好成績を残している。四位、岩田、横山の各騎手も十分立派な数字を残しているが、率で見るとこの上位10傑の中では三浦皇成騎手の成績が最も良いことが良くわかる。彼は2年目なのでこの成績は昨年のものなのだが、今年の夏競馬ではどのような騎乗を見せてくれるか非常に楽しみなどころだ。

調教師:芝1200mにつづいて西浦調教師が素晴らしい数字を残している。これに続くのが池江泰郎調教師。松田博、河野、国枝の各調教師も十分信頼に値する数字なので、これらの調教師の管理馬が出てくる際にはチェックしておきたいところである。

■芝1800mについて
表9 札幌芝1800mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
12- 8- 13- 87/120
10.0%
16.7%
27.5%
171
79
2枠
7- 16- 14- 83/120
5.8%
19.2%
30.8%
22
77
3枠
22- 15- 17-124/178
12.4%
20.8%
30.3%
174
94
4枠
20- 16- 23-128/187
10.7%
19.3%
31.6%
142
90
5枠
20- 21- 12-152/205
9.8%
20.0%
25.9%
104
74
6枠
20- 16- 19-158/213
9.4%
16.9%
25.8%
80
63
7枠
4- 16- 11-192/223
1.8%
9.0%
13.9%
12
48
8枠
16- 13- 12-190/231
6.9%
12.6%
17.7%
40
35

表10 札幌芝1800mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
23- 14- 11- 37/ 85
27.1%
43.5%
56.5%
319
186
先行
30- 40- 37-183/290
10.3%
24.1%
36.9%
75
96
中団
20- 20- 22-310/372
5.4%
10.8%
16.7%
42
54
後方
3- 5- 9-245/262
1.1%
3.1%
6.5%
3
22
マクリ
4- 1- 1- 4/ 10
40.0%
50.0%
60.0%
546
170
3F 1位
30- 13- 13- 41/ 97
30.9%
44.3%
57.7%
271
184
3F 2位
18- 17- 10- 44/ 89
20.2%
39.3%
50.6%
95
134
3F 3位
8- 13- 12- 42/ 75
10.7%
28.0%
44.0%
124
139
3F〜5位
13- 18- 23-110/164
7.9%
18.9%
32.9%
75
94
3F6位〜
11- 19- 22-542/594
1.9%
5.1%
8.8%
24
27

表10-2 福島芝1800mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
46- 26- 12- 163/ 247
18.6%
29.1%
34.0%
179
120
先行
104- 101- 97- 489/ 791
13.1%
25.9%
38.2%
121
122
中団
60- 68- 83- 988/1199
5.0%
10.7%
17.6%
68
77
後方
7- 21- 20- 931/ 979
0.7%
2.9%
4.9%
17
28
マクリ
3- 5- 9- 10/ 27
11.1%
29.6%
63.0%
435
275
3F 1位
87- 47- 33- 84/ 251
34.7%
53.4%
66.5%
447
267
3F 2位
39- 51- 48- 108/ 246
15.9%
36.6%
56.1%
156
230
3F 3位
42- 41- 36- 130/ 249
16.9%
33.3%
47.8%
165
161
3F〜5位
35- 47- 60- 298/ 440
8.0%
18.6%
32.3%
90
115
3F6位〜
17- 35- 44-1957/2053
0.8%
2.5%
4.7%
9
19

表10-3 東京芝1800mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
32- 38- 22- 225/ 317
10.1%
22.1%
29.0%
183
111
先行
120- 98- 73- 651/ 942
12.7%
23.1%
30.9%
141
98
中団
91- 109- 133-1109/1442
6.3%
13.9%
23.1%
59
69
後方
28- 29- 44-1001/1102
2.5%
5.2%
9.2%
34
29
マクリ
4- 2- 2- 10/ 18
22.2%
33.3%
44.4%
210
119
3F 1位
100- 75- 53- 96/ 324
30.9%
54.0%
70.4%
232
163
3F 2位
68- 51- 55- 120/ 294
23.1%
40.5%
59.2%
281
194
3F 3位
40- 42- 49- 156/ 287
13.9%
28.6%
45.6%
154
134
3F〜5位
34- 51- 59- 421/ 565
6.0%
15.0%
25.5%
68
77
3F6位〜
33- 57- 58-2199/2347
1.4%
3.8%
6.3%
33
29

表11 札幌芝1800mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
藤田伸二
20-13- 8-55/96
20.8%
34.4%
42.7%
125
72
2
安藤勝己
11- 8- 2-13/34
32.4%
55.9%
61.8%
103
100
3
横山典弘
9- 6- 4-32/51
17.6%
29.4%
37.3%
115
68
4
藤岡佑介
8- 5- 7-41/61
13.1%
21.3%
32.8%
122
87
5
武幸四郎
7- 5- 4-27/43
16.3%
27.9%
37.2%
81
92
6
松永幹夫
6- 5- 3-24/38
15.8%
28.9%
36.8%
296
128
7
本田優
6- 3- 4-32/45
13.3%
20.0%
28.9%
97
66
8
柴山雄一
4- 6- 7-32/49
8.2%
20.4%
34.7%
128
95
9
岩田康誠
4- 6- 3-14/27
14.8%
37.0%
48.1%
115
90
10
池添謙一
4- 2- 0-17/23
17.4%
26.1%
26.1%
226
72

表12 札幌芝1800mの調教師別成績

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
(栗)松田博資
6- 2- 3-22/33
18.2%
24.2%
33.3%
68
53
2
(栗)池江泰郎
5- 9- 8-17/39
12.8%
35.9%
56.4%
66
95
3
(栗)田所秀孝
5- 2- 4-12/23
21.7%
30.4%
47.8%
226
191
4
(美)藤沢和雄
4- 8- 4-17/33
12.1%
36.4%
48.5%
23
75
5
(栗)加用正
4- 5- 0-13/22
18.2%
40.9%
40.9%
86
86
6
(美)小島太
4- 4- 1-20/29
13.8%
27.6%
31.0%
94
60
7
(美)上原博之
4- 0- 2- 6/12
33.3%
33.3%
50.0%
560
200
8
(栗)橋田満
4- 0- 1- 7/12
33.3%
33.3%
41.7%
124
60
9
(美)二ノ宮敬
3- 3- 2- 8/16
18.8%
37.5%
50.0%
51
73
10
(栗)藤岡健一
3- 1- 2-12/18
16.7%
22.2%
33.3%
170
76

枠順:連対率、複勝率を見てみると、7枠より外の成績が劣るようで、外枠が不利といったところだろう。スタート後の直線が短いので内側の方が良いポジションが取りやすいのかもしれない。

脚質・上がり:平坦・小回り、スタート後の直線が短いということで、前に行った馬が強い。同じく今週から開幕する福島1800mと先週まで開催が行われていた東京芝1800m(ともに2004年以降のデータが対象。表10-2、表10-3) と比較してみても明らかに札幌芝1800mは逃げ馬に有利なコースであることがわかるかと思う。その分上がりが1位馬の成績もそんなに良くはない。

騎手別成績:藤田騎手が芝1200、芝1500に続いてここでも首位。芝1200mよりも好成績を残している。これに続くのは安藤勝己騎手。かなりの数字を残しているので、騎乗してくる際にはむやみにはずさないほうが良いかと思う。

 

■芝2000mについて
表13 札幌芝2000mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
6- 8- 12- 72/ 98
6.1%
14.3%
26.5%
45
101
2枠
7- 11- 8- 77/103
6.8%
17.5%
25.2%
40
55
3枠
14- 9- 9- 86/118
11.9%
19.5%
27.1%
64
123
4枠
8- 12- 14- 90/124
6.5%
16.1%
27.4%
86
92
5枠
12- 10- 8- 99/129
9.3%
17.1%
23.3%
81
78
6枠
13- 2- 6-114/135
9.6%
11.1%
15.6%
71
48
7枠
6- 11- 8-112/137
4.4%
12.4%
18.2%
31
59
8枠
6- 9- 7-114/136
4.4%
11.0%
16.2%
56
59

表14 札幌芝2000mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
15- 3- 8- 50/ 76
19.7%
23.7%
34.2%
150
115
先行
32- 48- 26-153/259
12.4%
30.9%
40.9%
86
110
中団
19- 14- 28-297/358
5.3%
9.2%
17.0%
36
83
後方
3- 2- 7-255/267
1.1%
1.9%
4.5%
17
14
マクリ
3- 5- 3- 6/ 17
17.6%
47.1%
64.7%
452
202
3F 1位
27- 11- 16- 27/ 81
33.3%
46.9%
66.7%
313
200
3F 2位
16- 21- 16- 39/ 92
17.4%
40.2%
57.6%
120
215
3F 3位
11- 18- 10- 36/ 75
14.7%
38.7%
52.0%
89
144
3F〜5位
10- 12- 12-107/141
7.1%
15.6%
24.1%
64
66
3F6位〜
8- 10- 18-549/585
1.4%
3.1%
6.2%
11
31

表14-2 福島芝2000mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
45- 23- 20- 112/ 200
22.5%
34.0%
44.0%
233
173
先行
90- 89- 74- 372/ 625
14.4%
28.6%
40.5%
131
125
中団
32- 54- 70- 793/ 949
3.4%
9.1%
16.4%
44
66
後方
9- 7- 13- 750/ 779
1.2%
2.1%
3.7%
16
15
マクリ
6- 7- 4- 26/ 43
14.0%
30.2%
39.5%
124
205
3F 1位
74- 47- 33- 59/ 213
34.7%
56.8%
72.3%
246
209
3F 2位
40- 54- 33- 61/ 188
21.3%
50.0%
67.6%
314
244
3F 3位
28- 25- 33- 113/ 199
14.1%
26.6%
43.2%
139
143
3F〜5位
23- 28- 45- 285/ 381
6.0%
13.4%
25.2%
71
96
3F6位〜
17- 26- 37-1532/1612
1.1%
2.7%
5.0%
14
25

表14-3 東京芝2000mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
26- 30- 15- 123/ 194
13.4%
28.9%
36.6%
218
170
先行
73- 68- 69- 430/ 640
11.4%
22.0%
32.8%
108
106
中団
60- 62- 74- 693/ 889
6.7%
13.7%
22.0%
54
69
後方
21- 23- 23- 574/ 641
3.3%
6.9%
10.5%
20
34
マクリ
3- 0- 3- 9/ 15
20.0%
20.0%
40.0%
34
82
3F 1位
84- 49- 30- 58/ 221
38.0%
60.2%
73.8%
210
185
3F 2位
37- 42- 39- 84/ 202
18.3%
39.1%
58.4%
214
190
3F 3位
27- 30- 31- 99/ 187
14.4%
30.5%
47.1%
210
162
3F〜5位
18- 23- 45- 280/ 366
4.9%
11.2%
23.5%
44
71
3F6位〜
17- 39- 39-1304/1399
1.2%
4.0%
6.8%
20
35

表15 札幌芝2000mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
藤田伸二
12-11- 4-33/60
20.0%
38.3%
45.0%
76
89
2
柴山雄一
7- 6- 1-14/28
25.0%
46.4%
50.0%
143
90
3
横山典弘
5- 2- 6-20/33
15.2%
21.2%
39.4%
120
106
4
武幸四郎
5- 2- 1-19/27
18.5%
25.9%
29.6%
352
94
5
松岡正海
4- 1- 1-13/19
21.1%
26.3%
31.6%
232
91
6
本田優
4- 1- 0-14/19
21.1%
26.3%
26.3%
87
42
7
岩田康誠
3- 4- 6-10/23
13.0%
30.4%
56.5%
31
108
8
秋山真一
3- 3- 1-24/31
9.7%
19.4%
22.6%
72
75
9
四位洋文
3- 2- 4-18/27
11.1%
18.5%
33.3%
90
100
10
松永幹夫
3- 2- 2-10/17
17.6%
29.4%
41.2%
161
101

表16 札幌芝2000mの調教師別成績

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
(美)国枝栄
5- 2- 1-10/18
27.8%
38.9%
44.4%
118
88
2
(栗)池江泰郎
4- 5- 2-21/32
12.5%
28.1%
34.4%
67
75
3
(栗)藤原英昭
3- 0- 1- 4/ 8
37.5%
37.5%
50.0%
503
136
4
(栗)中尾秀正
3- 0- 0- 5/ 8
37.5%
37.5%
37.5%
161
58
5
(美)藤沢和雄
2- 5- 5-20/32
6.3%
21.9%
37.5%
21
120
6
(栗)伊藤雄二
2- 3- 0- 9/14
14.3%
35.7%
35.7%
105
84
7
(栗)山内研二
2- 2- 1- 9/14
14.3%
28.6%
35.7%
143
180
8
(美)田村康仁
2- 1- 2- 7/12
16.7%
25.0%
41.7%
193
339
9
(栗)田所秀孝
2- 1- 0-15/18
11.1%
16.7%
16.7%
55
30
10
(栗)新川恵
2- 1- 0-14/17
11.8%
17.6%
17.6%
114
70

2008/8/24 札幌9R 札幌記念(Jpn2)1着 5番 タスカータソルテ

枠順:4コーナー奥のポケットからの発走で、1コーナーまでの距離が長いだけあって、特段内枠が有利という傾向はでていない。ただ、7枠、8枠の勝率が他と比べて低いものになっているだけに外枠に対する考慮は必要といえば必要かと思う。

脚質・上がり:他の距離と同様、前に行った馬が強いのだが、連対率、複勝率などを見ても先行馬に逆転されているように、芝1800mと比べるとそうでもないのがわかるだろう。福島2000mと先週まで開催が行われていた東京芝2000m(ともに2004年以降のデータが対象。表14-2、表14-3) と比較してみると、芝1800mのときは札幌の方が明らかに逃げ馬有利だったのに対し、芝2000mにおいては福島競馬場の方が逃げ馬の成績が良い。従って札幌2000mにおいては逃げ馬だけでなく、(連対馬のほぼ半分を占める)逃げ・先行馬というくくりで見たほうがよさそうだ。

騎手別成績:騎手では藤田騎手がここでも首位。芝1800m並みの好成績を残している。柴山騎手はここで初登場だが、特筆すべき成績である。あとは単勝回収率の高い武幸四郎騎手、松岡騎手の一発に注意といったところか。

 

■芝2600mについて
表17 札幌芝2600mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
3- 5- 4-23/35
8.6%
22.9%
34.3%
60
99
2枠
2- 2- 3-28/35
5.7%
11.4%
20.0%
27
84
3枠
6- 6- 3-36/51
11.8%
23.5%
29.4%
169
153
4枠
4- 4- 4-42/54
7.4%
14.8%
22.2%
44
54
5枠
5- 3- 9-38/55
9.1%
14.5%
30.9%
76
104
6枠
3- 3- 5-52/63
4.8%
9.5%
17.5%
20
66
7枠
6- 4- 2-53/65
9.2%
15.4%
18.5%
60
68
8枠
6- 8- 5-48/67
9.0%
20.9%
28.4%
69
82

表18 札幌芝2600mの脚質・上がり別成績

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
8- 7- 3- 20/ 38
21.1%
39.5%
47.4%
142
129
先行
19- 17- 16- 72/124
15.3%
29.0%
41.9%
119
143
中団
6- 9- 12-126/153
3.9%
9.8%
17.6%
36
74
後方
0- 1- 2- 96/ 99
0.0%
1.0%
3.0%
0
13
マクリ
2- 1- 2- 4/ 9
22.2%
33.3%
55.6%
258
175
3F 1位
16- 8- 8- 7/ 39
41.0%
61.5%
82.1%
395
313
3F 2位
10- 8- 6- 22/ 46
21.7%
39.1%
52.2%
157
150
3F 3位
3- 5- 6- 21/ 35
8.6%
22.9%
40.0%
39
111
3F〜5位
4- 9- 10- 48/ 71
5.6%
18.3%
32.4%
21
127
3F6位〜
2- 5- 5-217/229
0.9%
3.1%
5.2%
11
21

表19 札幌芝2600mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
四位洋文 7- 0- 1- 6/14
50.0%
50.0%
57.1%
301
151
2
藤田伸二 5- 1- 6-22/34
14.7%
17.6%
35.3%
66
56
3
横山典弘 4- 2- 1- 6/13
30.8%
46.2%
53.8%
103
121
4
蛯名正義 2- 0- 0- 6/ 8
25.0%
25.0%
25.0%
103
43
5
松田大作 1- 6- 1- 6/14
7.1%
50.0%
57.1%
35
290
6
武幸四郎 1- 3- 1- 5/10
10.0%
40.0%
50.0%
101
139
7
岩田康誠 1- 2- 0- 9/12
8.3%
25.0%
25.0%
48
63
8
小林徹弥 1- 1- 1- 6/ 9
11.1%
22.2%
33.3%
243
146
9
菊沢隆徳 1- 1- 1-14/17
5.9%
11.8%
17.6%
34
41
10
本田優 1- 1- 0- 9/11
9.1%
18.2%
18.2%
103
64

表20 札幌芝2600mの調教師別成績

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
(美)藤沢和雄
3- 1- 2- 6/12
25.0%
33.3%
50.0%
163
142
2
(栗)伊藤雄二
3- 0- 0- 1/ 4
75.0%
75.0%
75.0%
202
100
3
(栗)山内研二
2- 0- 1-12/15
13.3%
13.3%
20.0%
158
128
4
(栗)鮫島一歩
2- 0- 0- 4/ 6
33.3%
33.3%
33.3%
110
55
5
(栗)藤原英昭
1- 3- 1- 2/ 7
14.3%
57.1%
71.4%
71
208
6
(栗)友道康夫
1- 3- 0- 3/ 7
14.3%
57.1%
57.1%
207
142
7
(美)加賀武見
1- 1- 1-10/13
7.7%
15.4%
23.1%
30
119
8
(美)伊藤伸一
1- 1- 1- 4/ 7
14.3%
28.6%
42.9%
51
71
9
(栗)岡田稲男
1- 1- 1- 4/ 7
14.3%
28.6%
42.9%
144
175
10
(美)鹿戸雄一
1- 1- 0- 1/ 3
33.3%
66.7%
66.7%
83
96

枠順:向こう正面でのスタートで、距離も長いため、あまり枠による有利不利はない。8枠の成績も他のコースと比べて劣るものではないことからもこのことがわかるかと思う。

脚質・上がり:芝2000mや芝1500mに比べても逃げ馬の成績は良い。また、上がり3F1位の馬の成績が他の札幌の距離よりも優秀であることからも、長距離となってペースが落ち着くことで 逃げ馬や先行馬の上がりがまとめやすいのではないかという感じがする。

騎手別成績:ここへ来て藤田騎手が2位で、四位騎手が秀逸な数字で首位となっている。四位、藤田、横山といったリーディング上位の顔ぶれが並ぶが、武幸四郎騎手とともに、松田大作騎手の2着への人気薄での突っ込みには注意しておきたいところである。連対率や複勝率は優秀である。

調教師別成績:芝1800以下ではランキングに入っていなかった藤原英昭調教師が芝2000mに続いて上位にランクイン。サクセスブロッケンやエイジアンウインズといった個性豊かな馬を管理しており、昨年ステイヤーズSを勝ったエアジパングは過去にこの条件を勝っている。

ライタープロフィール

ヒノデクロス(ひのでくろす)

1976年6月、静岡県生まれ。大学卒業後、都内のシステム開発会社勤務。競馬歴は15年ほど、好きな馬はヒロデクロスとダンスインザダーク。「同じようなレースではおおよそ同じような結果になる」とのことで重賞を中心に過去データの観点から予想を行っている。趣味はサッカー、フットサル。日本代表と清水エスパルスおよび柴犬をこよなく愛す。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN