第291回 ダービーデイの最終レース・目黒記念を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第291回 ダービーデイの最終レース・目黒記念を分析する

2009/5/25(月)

今週の注目はなんといっても競馬の祭典・日本ダービー。本コーナーにおいては、木曜掲載分でその分析を行う予定だ。今週はほかにも、金鯱賞、目黒記念と宝塚記念へ向けて注目の一戦が行われる。月曜掲載分の今回は、このうちダービーデイの最終レースとして行われる目黒記念について分析してみたい。

目黒記念は施行時期が何度か変更されているが、ここでは春の東京2開催目の1〜2週目(通常は3回東京1〜2週目)となった00年以降の過去9年間について分析する。データの分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

なお、本稿執筆時点では特別登録馬こそ発表されているものの、各馬のハンデキャップは未発表。また、出走馬の正確な想定も行えないため、有力馬の選定はハンデキャップ確定後や枠順発表後に、掲載したデータと照らし合わせ皆さん独自に行っていただきたい。

■表1 人気別成績

人気
出走
1着
2着
3着
着外
勝率
連対率
複勝率
1
9
3
2
0
4
33.3%
55.6%
55.6%
2
9
0
3
1
5
0.0%
33.3%
44.4%
3
9
4
0
1
4
44.4%
44.4%
55.6%
4
9
0
1
0
8
0.0%
11.1%
11.1%
5
9
0
1
2
6
0.0%
11.1%
33.3%
6
9
1
0
1
7
11.1%
11.1%
22.2%
7
9
0
1
1
7
0.0%
11.1%
22.2%
8
9
0
0
0
9
0.0%
0.0%
0.0%
9
9
0
0
0
9
0.0%
0.0%
0.0%
10
9
0
0
0
9
0.0%
0.0%
0.0%
11
9
0
0
0
9
0.0%
0.0%
0.0%
12
9
1
0
1
7
11.1%
11.1%
22.2%
13
9
0
0
1
8
0.0%
0.0%
11.1%
14
8
0
0
0
8
0.0%
0.0%
0.0%
15
8
0
0
1
7
0.0%
0.0%
12.5%
16
7
0
1
0
6
0.0%
14.3%
14.3%
17
7
0
0
0
7
0.0%
0.0%
0.0%
18
5
0
0
0
5
0.0%
0.0%
0.0%

まず人気別の成績では1、3番人気が好成績。また、2番人気は勝利こそないものの3連対を記録しており、ハンデ戦ながらも上位人気が安定した結果を残している。ただ、2桁人気馬も馬券圏内に計5頭。人気馬を軸にした場合でも、相手には人気薄を1〜2頭は拾っておくのが得策だろう。

■表2 年齢別成績

年齢
出走
1着
2着
3着
着外
勝率
連対率
複勝率
3歳
3
0
1
0
2
0.0%
33.3%
33.3%
4歳
41
3
3
2
33
7.3%
14.6%
19.5%
5歳
37
2
3
3
29
5.4%
13.5%
21.6%
6歳
38
3
2
2
31
7.9%
13.2%
18.4%
7歳上
33
1
0
2
30
3.0%
3.0%
9.1%

年齢別では4〜6歳がほぼ互角。勝率や連対率のみならず、馬券圏内に絡んだ実数も各7〜8頭と接近しており、優劣はつけがたい。ただ、7歳以上になると明らかに成績に差が生じ、軸馬候補は6歳までの中から選ぶのが良さそうだ。3歳馬は一昨年にココナッツパンチが2着になったが、今年は登録がない。

■表3 斤量別成績(牡・セン馬)

年齢
出走
1着
2着
3着
着外
勝率
連対率
複勝率
〜49
3
0
0
0
3
0.0%
0.0%
0.0%
49.5〜51
10
0
1
0
9
0.0%
10.0%
10.0%
51.5〜53
34
0
0
1
33
0.0%
0.0%
2.9%
53.5〜55
49
2
2
4
41
4.1%
8.2%
16.3%
55.5〜57
33
5
2
4
22
15.2%
21.2%
33.3%
57.5〜58.5
15
2
3
0
10
13.3%
33.3%
33.3%
※牝馬は03年レディパステルが56キロで2番人気2着。牝馬計【0.1.0.7】

続いて斤量別成績では「重い馬ほど好成績」という傾向にあり、57.5〜58.5キロが33.3%の高連対率。また、55.5〜57キロも勝率は57.5〜58.5キロを上回り、連対馬の実数も多く要注意だ。

■表4 上位人気馬とハンデの関係(牡・セン馬)

人気
3着以内馬斤量
4着以下馬斤量
1番人気
58
57.5
56.5
58.5
58
57
58
55
56
2番人気
57
57.5
57
52
55
58
3番人気
57
54
56.5
54
56
56
54
53
55

ハンデキャップと人気の関係(3番人気まで)を調べると、1〜2番人気で3着以内に入った8頭中7頭が57キロ以上。残る1頭も56.5キロで、人気馬を中心に斤量の重い馬が好成績を残している。牝馬で唯一馬券圏内に絡んだレディパステル(2番人気)も、牡馬なら58キロに相当する56キロだった。逆に、1〜2番人気で4着以下に敗れた馬の半数以上(牡・セン馬)は56キロ以下。今年も56キロ以下の1〜2番人気馬がいるようなら、疑ってかかる手はある。

■表5 前走レース別成績(3着以内馬輩出レースのみ)

レース
出走
1着
2着
3着
着外
勝率
連対率
複勝率
天皇賞(春)
29
5
3
1
20
17.2%
27.6%
31.0%
メトロポリタンS
42
2
2
1
37
4.8%
9.5%
11.9%
白川特別(1000万)
1
1
0
0
0
100.0%
100.0%
100.0%
ドバイシーマC
2
1
0
0
1
50.0%
50.0%
50.0%
阪神大賞典
1
0
1
0
0
0.0%
100.0%
100.0%
マーチS
1
0
1
0
0
0.0%
100.0%
100.0%
皐月賞
2
0
1
0
1
0.0%
50.0%
50.0%
アメリカJCC
2
0
1
0
1
0.0%
50.0%
50.0%
烏丸S(1600万)
10
0
0
2
8
0.0%
0.0%
20.0%
有馬記念
1
0
0
1
0
0.0%
0.0%
100.0%
鳴尾記念
1
0
0
1
0
0.0%
0.0%
100.0%
中京記念
1
0
0
1
0
0.0%
0.0%
100.0%
ダイヤモンドS
4
0
0
1
3
0.0%
0.0%
25.0%
エイプリルS
7
0
0
1
6
0.0%
0.0%
14.3%
※メトロポリタンSには03年の東京競馬場リニューアル記念を含む

2008/6/1 東京12R 農林水産省賞典目黒記念(Jpn2)1着 5番 ホクトスルタン 2着 17番 アルナスライン

前走レース別の成績では、ひと月ほど前に行われる天皇賞(春)の出走馬が8連対と、連対馬の半数近くを占める。特に1着馬は9頭中5頭を天皇賞組が占めており、連単系馬券の1着候補としては注目が必要だろう。これに続くのが、春の東京開催前半に行われるオープン特別・メトロポリタンS組で計4連対。両レース出走組が1頭も連対に絡めなかったのは一昨年のみ。昨年は天皇賞(春)4着・ホクトスルタンと、メトロポリタンS1着・アルナスラインの組み合わせで決着した。

■表6 天皇賞(春)組の好走馬

馬名
目黒記念
天皇賞(春)
00 ステイゴールド
1
1
4
4
01 マックロウ
1
2
8
4
02 トシザブイ
12
1
11
7
アクティブバイオ
7
2
7
9
03 トシザブイ
6
1
17
7
04 チャクラ
3
1
9
4
ダービーレグノ
5
3
15
7
06 アイポッパー
2
2
7
4
08 ホクトスルタン
3
1
6
4

天皇賞(春)組に共通するのは、その天皇賞(春)でひと桁着順だったこと。この組で馬券に絡んだ9頭例外なくクリアしており、必須条件と考えたい。この目黒記念では下位人気だった馬も含まれており、相手が軽くなったにも関わらず人気にならない馬には妙味がありそうだ。

■表7 メトロポリタンS組の好走馬

馬名
目黒記念
メトロ
01 ホットシークレット
3
1
1
4
03 レディパステル
2
2
3
2
メジロランバート
15
3
8
8
05 オペラシチー
1
1
1
3
08 アルナスライン
1
2
1
1

一方、メトロポリタンS組の好走馬5頭中4頭は、この目黒記念で3番人気以内に推されていた。残る1頭、メジロランバートは3着で、特に「連対候補」として考える場合は、今回上位人気になっていることが条件だ。ただ、メトロポリタンSでは敗れていても問題なく、カギになるのは同じく人気順。こちらもメジロランバート以外は3番人気以内に推されていた。

■表8 脚質別成績

脚質
出走
1着
2着
3着
着外
勝率
連対率
複勝率
逃げ
10
1
0
0
9
10.0%
10.0%
10.0%
先行
33
1
1
7
24
3.0%
6.1%
27.3%
中団
67
5
8
1
53
7.5%
19.4%
20.9%
後方
41
2
0
1
38
4.9%
4.9%
7.3%
マクリ
1
0
0
0
1
0.0%
0.0%
0.0%
※脚質はTarget frontier JVによる分類

最後に脚質別成績も見てみたい。昨年はホクトスルタンが鮮やかに逃げ切ったが、逃げて馬券に絡んだのはこの馬1頭のみ。「中団」から進めた馬が連対馬18頭中13を占めている。また「先行」馬は、1、2着こそ1頭ずつだが、3着には計7頭が絡んでいる点にも注目。3連複や3連単を購入する際には注意が必要だ。

2008/11/9 東京11R アルゼンチン共和国杯(Jpn2)2着 14番 ジャガーメイル

以上、目黒記念についていくつかデータを探ってみた。冒頭にも触れた通り、本稿執筆時点では各馬のハンデキャップや出走馬は不明だが、現時点でも表5、6からまず天皇賞(春)のひと桁着順馬には注目しても良いだろう。特別登録馬からピックアップすると、ジャガーメイル(5着)、トウカイトリック(6着)、そしてポップロック(8着)の計3頭になる。
このうちトウカイトリック、ポップロックは7、8歳で表2から少々減点。5歳のジャガーメイルは、同じ東京芝2500mのアルゼンチン共和国杯で「中団」から2着に好走しており、ここに駒を進めてくれば脚質(表8)からも注目される。ただし、月曜発表のハンデや、当日の人気順の確認は怠らないようにしたい(表4など)。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN