第289回 オークス直前!東京芝2400mの傾向を占う!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第289回 オークス直前!東京芝2400mの傾向を占う!

2009/5/18(月)

今週はオークス、そして来週はダービーと東京芝2400mでの重要なレースが2週連続で開催される。今回は「東京芝2400m」という舞台について「脚質」、「枠順」、「騎手」と言った項目を分析し、傾向を占うこととするが、とりわけ今週のオークスに焦点を合わせこのレースについても見ていきたいと思う。
(データの調査・集計にあたってはいつもの通り、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVで調査している。)

まず脚質傾向から見て行こうと思う。その中では初めに東京芝2400m全体の脚質傾向について調査してみることとする(表1)。対象は東京競馬場改修後の2003年以降としている(2009年5月10日まで)

■表1 東京芝2400mの脚質別着回数

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
17- 7- 8- 77/109
15.6%
22.0%
29.4%
325
132
先行
30- 37- 33-284/384
7.8%
17.4%
26.0%
49
71
中団
47- 44- 43-422/556
8.5%
16.4%
24.1%
84
73
後方
10- 15- 20-342/387
2.6%
6.5%
11.6%
13
41
マクリ
0- 1- 0- 4/ 5
0.0%
20.0%
20.0%
0
40
3F 1位
38- 33- 22- 31/124
30.6%
57.3%
75.0%
156
215
3F 2位
29- 19- 22- 40/110
26.4%
43.6%
63.6%
248
163
3F 3位
13- 14- 18- 70/115
11.3%
23.5%
39.1%
178
127
3F〜5位
13- 21- 22-148/204
6.4%
16.7%
27.5%
51
91
3F6位〜
11- 17- 20-837/885
1.2%
3.2%
5.4%
32
24

率で見ると逃げ馬が良いように見えるが、対象となっている104レースにおいて、先行馬と中団からの差し馬が勝ったのが77レース、2着にも81レースあり、先行馬、差し馬を狙うのがオーソドックスである。
また、上がり3Fの順位についてもそのレースにおいて1位と2位の馬が半分以上を占めていることを踏まえると、上がり3Fで良い脚が使える先行、差し馬が強いという妥当な結果となっている。

次に表1を細分化して、コース別(A、B、C、Dの柵の位置別)の成績を見てみようと思う。

■表2 東京芝2400mの脚質別着回数(Aコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
5- 3- 3- 34/ 45
11.1%
17.8%
24.4%
124
74
先行
15- 14- 15-112/156
9.6%
18.6%
28.2%
75
78
中団
18- 19- 18-150/205
8.8%
18.0%
26.8%
62
68
後方
4- 5- 6-128/143
2.8%
6.3%
10.5%
11
27
マクリ
0- 1- 0- 2/ 3
0.0%
33.3%
33.3%
0
66
3F 1位
15- 14- 9- 11/ 49
30.6%
59.2%
77.6%
154
185
3F 2位
13- 10- 7- 14/ 44
29.5%
52.3%
68.2%
213
157
3F 3位
5- 4- 8- 29/ 46
10.9%
19.6%
37.0%
65
88
3F〜5位
3- 7- 11- 62/ 83
3.6%
12.0%
25.3%
51
92
3F6位〜
6- 7- 7-310/330
1.8%
3.9%
6.1%
22
18

■表3 東京芝2400mの脚質別着回数(Bコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
5- 0- 1- 4/10
50.0%
50.0%
60.0%
667
209
先行
2- 4- 4-26/36
5.6%
16.7%
27.8%
22
99
中団
2- 3- 4-33/42
4.8%
11.9%
21.4%
22
43
後方
1- 3- 1-25/30
3.3%
13.3%
16.7%
5
42
マクリ
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
2- 5- 3- 3/13
15.4%
53.8%
76.9%
73
194
3F 2位
3- 1- 1- 4/ 9
33.3%
44.4%
55.6%
106
78
3F 3位
2- 1- 1- 9/13
15.4%
23.1%
30.8%
136
88
3F〜5位
2- 1- 2-12/17
11.8%
17.6%
29.4%
102
81
3F6位〜
1- 2- 3-60/66
1.5%
4.5%
9.1%
47
45

■表4 東京芝2400mの脚質別着回数(Cコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
6- 4- 2- 24/ 36
16.7%
27.8%
33.3%
549
212
先行
8- 12- 8-103/131
6.1%
15.3%
21.4%
29
54
中団
19- 16- 15-180/230
8.3%
15.2%
21.7%
127
85
後方
2- 3- 10-136/151
1.3%
3.3%
9.9%
11
45
マクリ
0- 0- 0- 2/ 2
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
15- 7- 8- 12/ 42
35.7%
52.4%
71.4%
180
239
3F 2位
8- 5- 12- 14/ 39
20.5%
33.3%
64.1%
375
212
3F 3位
2- 7- 6- 22/ 37
5.4%
24.3%
40.5%
280
181
3F〜5位
7- 9- 4- 46/ 66
10.6%
24.2%
30.3%
64
99
3F6位〜
3- 7- 5-349/364
0.8%
2.7%
4.1%
49
26

■表5 東京芝2400mの脚質別着回数(Dコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
1- 0- 2- 15/ 18
5.6%
5.6%
16.7%
192
75
先行
5- 7- 6- 43/ 61
8.2%
19.7%
29.5%
41
72
中団
8- 6- 6- 59/ 79
10.1%
17.7%
25.3%
51
68
後方
3- 4- 3- 53/ 63
4.8%
11.1%
15.9%
28
65
マクリ
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
6- 7- 2- 5/ 20
30.0%
65.0%
75.0%
164
249
3F 2位
5- 3- 2- 8/ 18
27.8%
44.4%
55.6%
128
111
3F 3位
4- 2- 3- 10/ 19
21.1%
31.6%
47.4%
280
143
3F〜5位
1- 4- 5- 28/ 38
2.6%
13.2%
26.3%
8
79
3F6位〜
1- 1- 5-118/125
0.8%
1.6%
5.6%
5
20

Aコースで行われるレースが一番多いので、全体の結果に近似的になるのは納得できると思うが、Aコースだと先行馬と差し馬の全体に占める割合が上がるのがわかる(全42レース中約8割の33レースで1着、2着をそれぞれ占めている)
これに対してBコースで行われた場合、最も成績が良いのが逃げ馬であるのは注目すべきであろう。その影響もあってか、上がり3Fが1位の馬の成績もあまりよくないことがわかる。
Cコース、Dコースと仮柵が外に行くと中団からの差し馬が数の上では多くなる。Cコースでは全レースの半分以上で、Dコースでも約半分のレースで1着になっていることがわかる。(Cコースでは逃げ馬の率が良いのでここに関しても注意すべきか)

■表6 オークス過去10年の脚質別着回数

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
1- 0- 0- 10/ 11
9.1%
9.1%
9.1%
194
50
先行
0- 2- 3- 26/ 31
0.0%
6.5%
16.1%
0
117
中団
7- 8- 4- 70/ 89
7.9%
16.9%
21.3%
63
91
後方
2- 0- 3- 42/ 47
4.3%
4.3%
10.6%
58
59
マクリ
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
6- 2- 3- 3/ 14
42.9%
57.1%
78.6%
398
310
3F 2位
1- 0- 3- 3/ 7
14.3%
14.3%
57.1%
167
178
3F 3位
1- 3- 0- 9/ 13
7.7%
30.8%
30.8%
74
124
3F〜5位
1- 5- 1- 16/ 23
4.3%
26.1%
30.4%
29
280
3F6位〜
1- 0- 3-117/121
0.8%
0.8%
3.3%
17
12

■表7 オークス過去10年の脚質別着回数(Bコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
0- 0- 0- 4/ 4
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
先行
0- 2- 2- 9/13
0.0%
15.4%
30.8%
0
236
中団
2- 2- 1-31/36
5.6%
11.1%
13.9%
59
44
後方
2- 0- 1-16/19
10.5%
10.5%
15.8%
144
55
マクリ
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
4- 1- 0- 1/ 6
66.7%
83.3%
83.3%
811
246
3F 2位
0- 0- 1- 1/ 2
0.0%
0.0%
50.0%
0
115
3F 3位
0- 2- 0- 4/ 6
0.0%
33.3%
33.3%
0
176
3F〜5位
0- 1- 1- 8/10
0.0%
10.0%
20.0%
0
258
3F6位〜
0- 0- 2-46/48
0.0%
0.0%
4.2%
0
7

■表8 オークス過去10年の脚質別着回数(Cコース使用時)

脚質上り
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
1- 0- 0- 6/ 7
14.3%
14.3%
14.3%
305
78
先行
0- 0- 1-17/18
0.0%
0.0%
5.6%
0
31
中団
5- 6- 3-39/53
9.4%
20.8%
26.4%
66
124
後方
0- 0- 2-26/28
0.0%
0.0%
7.1%
0
62
マクリ
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 1位
2- 1- 3- 2/ 8
25.0%
37.5%
75.0%
88
358
3F 2位
1- 0- 2- 2/ 5
20.0%
20.0%
60.0%
234
204
3F 3位
1- 1- 0- 5/ 7
14.3%
28.6%
28.6%
138
80
3F〜5位
1- 4- 0- 8/13
7.7%
38.5%
38.5%
51
298
3F6位〜
1- 0- 1-71/73
1.4%
1.4%
2.7%
29
15

それでは肝心のオークスはどうなのか?ということで、脚質について過去10年分を表6にまとめてみた。ここでは差し馬の天下であることがおわかりいただけるかと思う。10年中7年で1着を、8年で2着に食い込んでいてここに逆らうのは得策ではないことがわかるかと思う。

過去10年のオークスは4年分をBコースで、6年分をCコースで行っていたようで、それぞれについて表7、表8にまとめてみたので参考にしていただきたい。Cコースでは差し馬が強いのに対して、Bコースの場合、1〜3着見ると平均的に先行・中団(差し)・後方(追込)が絡んでいることがわかるかと思う。Bコースの場合、差し中心で考えながらもCコースほど差しオンリーで考えることはやめたほうがよさそうである。(ちなみに2009年のオークスはBコースで開催予定である)

■表9 東京芝2400mの枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
10- 12- 8-113/143
7.0%
15.4%
21.0%
58
60
2枠
15- 5- 9-122/151
9.9%
13.2%
19.2%
105
59
3枠
12- 14- 14-122/162
7.4%
16.0%
24.7%
75
65
4枠
6- 14- 13-142/175
3.4%
11.4%
18.9%
42
63
5枠
18- 25- 12-127/182
9.9%
23.6%
30.2%
118
104
6枠
12- 11- 18-150/191
6.3%
12.0%
21.5%
35
54
7枠
15- 10- 16-178/219
6.8%
11.4%
18.7%
95
72
8枠
16- 13- 14-181/224
7.1%
12.9%
19.2%
61
65

■表10 東京芝2400mの枠番別成績(Aコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
4- 3- 4-42/53
7.5%
13.2%
20.8%
82
75
2枠
5- 1- 5-46/57
8.8%
10.5%
19.3%
70
52
3枠
6- 6- 2-48/62
9.7%
19.4%
22.6%
84
55
4枠
4- 4- 2-57/67
6.0%
11.9%
14.9%
44
28
5枠
7-11- 5-48/71
9.9%
25.4%
32.4%
61
116
6枠
5- 6- 9-57/77
6.5%
14.3%
26.0%
34
55
7枠
5- 7- 7-62/81
6.2%
14.8%
23.5%
55
67
8枠
6- 4- 8-68/86
7.0%
11.6%
20.9%
41
41

■表11 東京芝2400mの枠番別成績(Bコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
0- 3- 1- 6/10
0.0%
30.0%
40.0%
0
94
2枠
1- 0- 1- 8/10
10.0%
10.0%
20.0%
54
31
3枠
1- 1- 1- 9/12
8.3%
16.7%
25.0%
60
77
4枠
1- 0- 2-11/14
7.1%
7.1%
21.4%
70
74
5枠
3- 3- 1- 8/15
20.0%
40.0%
46.7%
238
190
6枠
1- 1- 2-14/18
5.6%
11.1%
22.2%
33
37
7枠
2- 0- 1-16/19
10.5%
10.5%
15.8%
52
27
8枠
1- 2- 1-16/20
5.0%
15.0%
20.0%
58
73

■表12 東京芝2400mの枠番別成績(Cコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
6- 6- 2-44/58
10.3%
20.7%
24.1%
67
53
2枠
6- 3- 3-49/61
9.8%
14.8%
19.7%
155
80
3枠
3- 4- 9-48/64
4.7%
10.9%
25.0%
88
77
4枠
0- 6- 3-57/66
0.0%
9.1%
13.6%
0
58
5枠
5- 7- 5-49/66
7.6%
18.2%
25.8%
192
80
6枠
5- 1- 3-57/66
7.6%
9.1%
13.6%
40
46
7枠
7- 3- 7-70/87
8.0%
11.5%
19.5%
167
102
8枠
3- 5- 3-75/86
3.5%
9.3%
12.8%
66
84

■表13 東京芝2400mの枠番別成績(Dコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
0- 0- 1-21/22
0.0%
0.0%
4.5%
0
25
2枠
3- 1- 0-19/23
13.0%
17.4%
17.4%
83
31
3枠
2- 3- 2-17/24
8.3%
20.8%
29.2%
26
53
4枠
1- 4- 6-17/28
3.6%
17.9%
39.3%
123
154
5枠
3- 4- 1-22/30
10.0%
23.3%
26.7%
29
84
6枠
1- 3- 4-22/30
3.3%
13.3%
26.7%
28
80
7枠
1- 0- 1-30/32
3.1%
3.1%
6.3%
25
30
8枠
6- 2- 2-22/32
18.8%
25.0%
31.3%
105
77

ここからは枠順についてみてみようと思う。脚質と同様に東京芝2400m全体の傾向を表9に、AコースからDコースまでの成績を表10から表13に順に掲載した。
表9と表10を見てもわかるとおり、東京芝2400mというコースについて枠順はあまり関係がなさそうなイメージである。ただ、Bコースでは5枠馬の成績がよく、Cコースについては若干落ちるかと思われていた1枠、2枠が健闘を見せていること、および、Dコースについては逆に1枠が不振で8枠が良いということがデータ的には抽出されている。

■表14 オークス過去10年の枠番別成績

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
1- 3- 0-16/20
5.0%
20.0%
20.0%
58
71
2枠
2- 1- 1-16/20
10.0%
15.0%
20.0%
35
67
3枠
1- 3- 2-14/20
5.0%
20.0%
30.0%
18
110
4枠
0- 1- 0-19/20
0.0%
5.0%
5.0%
0
7
5枠
2- 0- 3-15/20
10.0%
10.0%
25.0%
86
91
6枠
0- 1- 2-17/20
0.0%
5.0%
15.0%
0
44
7枠
3- 0- 1-26/30
10.0%
10.0%
13.3%
162
82
8枠
1- 1- 1-26/29
3.4%
6.9%
10.3%
58
167

■表15 オークス過去10年の枠番別成績(Bコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
0- 1- 0- 7/ 8
0.0%
12.5%
12.5%
0
26
2枠
0- 1- 1- 6/ 8
0.0%
12.5%
25.0%
0
128
3枠
1- 1- 1- 5/ 8
12.5%
25.0%
37.5%
46
67
4枠
0- 0- 0- 8/ 8
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
5枠
1- 0- 0- 7/ 8
12.5%
12.5%
12.5%
131
45
6枠
0- 1- 1- 6/ 8
0.0%
12.5%
25.0%
0
48
7枠
1- 0- 0-11/12
8.3%
8.3%
8.3%
146
25
8枠
1- 0- 1-10/12
8.3%
8.3%
16.7%
140
240

■表16 オークス過去10年の枠番別成績(Cコース使用時)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1枠
1- 2- 0- 9/12
8.3%
25.0%
25.0%
97
100
2枠
2- 0- 0-10/12
16.7%
16.7%
16.7%
59
25
3枠
0- 2- 1- 9/12
0.0%
16.7%
25.0%
0
138
4枠
0- 1- 0-11/12
0.0%
8.3%
8.3%
0
12
5枠
1- 0- 3- 8/12
8.3%
8.3%
33.3%
55
121
6枠
0- 0- 1-11/12
0.0%
0.0%
8.3%
0
41
7枠
2- 0- 1-15/18
11.1%
11.1%
16.7%
172
120
8枠
0- 1- 0-16/17
0.0%
5.9%
5.9%
0
116

オークスの枠順別成績およびコース毎(Bコース、Cコース)の枠順別成績についても表14、表15、表16にそれぞれまとめてみた。
Cコースでの開催時には内側の1、2枠がそれなりの結果を残しているが、全体およびBコース開催時についてはあまり気にする必要はなさそうだ。4枠の成績があまり思わしくない程度かと思う。

■表17 東京芝2400mの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
武豊
6- 7-14-32/59
10.2%
22.0%
45.8%
26
91
2
蛯名正義
6- 6- 6-51/69
8.7%
17.4%
26.1%
61
65
3
後藤浩輝
6- 6- 3-51/66
9.1%
18.2%
22.7%
61
68
4
吉田豊
6- 3- 1-46/56
10.7%
16.1%
17.9%
66
67
5
安藤勝己
6- 2- 3-17/28
21.4%
28.6%
39.3%
59
84
6
柴田善臣
5- 9- 7-42/63
7.9%
22.2%
33.3%
102
79
7
内田博幸
5- 6- 5-27/43
11.6%
25.6%
37.2%
43
76
8
藤田伸二
5- 5- 2-33/45
11.1%
22.2%
26.7%
258
148
9
横山典弘
4- 9- 1-45/59
6.8%
22.0%
23.7%
18
53
10
松岡正海
4- 3- 1-36/44
9.1%
15.9%
18.2%
143
105

最後に見ていくのが騎手別成績。表17には騎手別の成績(東京芝2400m)をまとめてみた。騎手リーディングの顔ぶれと似通った結果となっているが、以下ではもう少し細かく見て行こうと思う。全体のランキングトップの武豊騎手、勝率・連対率トップの安藤勝己騎手、勝率・連対率・複勝率でそれぞれ上位につけている内田博幸騎手の3人について人気別の成績を見てみようと思う。
(武豊騎手が表18、内田博幸騎手が表19、安藤勝己騎手は表20となっている。)

■表18 武豊騎手の東京芝2400mの人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1番人気
4- 3- 4- 9/20
20.0%
35.0%
55.0%
37
71
2番人気
2- 1- 3- 3/ 9
22.2%
33.3%
66.7%
94
114
3番人気
0- 2- 2- 8/12
0.0%
16.7%
33.3%
0
63
4番人気
0- 1- 2- 2/ 5
0.0%
20.0%
60.0%
0
136
5番人気
0- 0- 1- 1/ 2
0.0%
0.0%
50.0%
0
150
6〜 人気
0- 0- 2- 9/11
0.0%
0.0%
18.2%
0
109

■表19 内田騎手の東京芝2400mの人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1番人気
2- 2- 1- 0/ 5
40.0%
80.0%
100.0%
94
140
2番人気
2- 1- 1- 2/ 6
33.3%
50.0%
66.7%
163
108
3番人気
1- 0- 0- 4/ 5
20.0%
20.0%
20.0%
86
26
4番人気
0- 1- 2- 3/ 6
0.0%
16.7%
50.0%
0
110
5番人気
0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
6〜 人気
0- 2- 1-17/20
0.0%
10.0%
15.0%
0
56

■表20 安藤勝己騎手の東京芝2400mの人気別成績

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1番人気
4- 1- 1- 1/ 7
57.1%
71.4%
85.7%
125
111
2番人気
2- 0- 0- 5/ 7
28.6%
28.6%
28.6%
111
61
3番人気
0- 0- 0- 0/ 0
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
4番人気
0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
5番人気
0- 1- 0- 1/ 2
0.0%
50.0%
50.0%
0
150
6〜 人気
0- 0- 2- 9/11
0.0%
0.0%
18.2%
0
78

2009/4/12 阪神10R 桜花賞(Jpn1)1着 9番 ブエナビスタ

人気でやや応え切れていないのがランキングで1位の武豊騎手。ディープインパクトの2勝(ダービー、JC)が含まれてこの結果であることを考えると、やや物足りない感じがしてしまう。それと比べると頼もしいのが安藤勝己騎手と内田博幸騎手。内田騎手は1番人気騎乗時には3着内率はパーフェクト、2人気時についてもかなりの成績を残している。一方の安藤騎手も1番人気時には十分信頼に足る成績を残しているかと思う。
今年のオークスでは安藤騎手が桜花賞馬であるブエナビスタという大本命馬に、内田騎手がディアジーナという2番手候補筆頭の馬に騎乗することを考えると、このデータのまま決まるのでは?と思ってしまうところである。

■表21 過去10年のオークスの騎手別成績

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1
福永祐一
3- 1- 0- 3/ 7
42.9%
57.1%
57.1%
494
210
2
池添謙一
1- 1- 1- 3/ 6
16.7%
33.3%
50.0%
161
170
3
蛯名正義
1- 1- 0- 5/ 7
14.3%
28.6%
28.6%
241
204
4
藤田伸二
1- 0- 1- 5/ 7
14.3%
14.3%
28.6%
52
54
5
デザーモ
1- 0- 1- 0/ 2
50.0%
50.0%
100.0%
880
250

2005/5/22 東京11R 優駿牝馬(G1)1着 4番 シーザリオ

最後にオークスでの騎手別成績も調べたので掲載しておく。ここでは福永祐一騎手と池添謙一騎手がともに健闘している。特に福永騎手はオークス男にふさわしい成績であり、過去10年中7年で騎乗し2005年のシーザリオでの勝利を含め、3勝2着1回という素晴らしい成績を残していることがわかるかと思う。
表22に福永騎手の過去10年のオークスにおける成績をまとめてみたが、前走が桜花賞に出走していた福永騎手騎乗馬は全てオークスで連対していることがわかる。今年は桜花賞3着のジェルミナルに騎乗することが想定されるが、果たしてこのジンクスは今年も生きるのがどうかということも気になるところである。

■表22 オークスでの福永騎手の成績

着順
馬名
馬番
人気
前走レース名
前走騎手
前走人気
前走着順
2008
10
ムードインディゴ
5
7
忘れな草賞 福永祐一
2
1
2007
1
ローブデコルテ
2
5
桜花賞 福永祐一
9
4
2006
2
フサイチパンドラ
2
5
桜花賞 角田晃一
2
14
2005
1
シーザリオ
4
1
桜花賞 吉田稔
1
2
2004
1
ダイワエルシエーロ
13
6
桜花賞 福永祐一
5
7
2003
13
ピースオブワールド
4
3
阪神JF 福永祐一
1
1
2001
17
リキセレナード
3
16
スイートピーS 吉田豊
4
2

ライタープロフィール

ヒノデクロス(ひのでくろす)

1976年6月、静岡県生まれ。大学卒業後、都内のシステム開発会社勤務。競馬歴は15年ほど、好きな馬はヒロデクロスとダンスインザダーク。「同じようなレースではおおよそ同じような結果になる」とのことで重賞を中心に過去データの観点から予想を行っている。趣味はサッカー、フットサル。日本代表と清水エスパルスおよび柴犬をこよなく愛す。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN