第287回 最近の古馬牝馬限定重賞は荒れ放題!?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第287回 最近の古馬牝馬限定重賞は荒れ放題!?

2009/5/11(月)

今年の中山牝馬Sは4番人気キストゥへヴンが勝利し、2着に15番人気ピンクカメオ、3着に11番人気ダンスオールナイトが入り、3連単139万円。福島牝馬Sは7番人気ブラボーデイジーが勝利し、2着に11番人気アルコセニョーラ、3着に13番人気ヤマニンメルベイユが入り、3連単は79万円となった。このように最近の古馬牝馬重賞は荒れに荒れている。なぜこれほどまで荒れているのだろうか。おそらく牝馬では無類の強さを誇ったダイワスカーレットが牡馬混合戦中心に使われてきたこと、そのライバルであったウオッカも同様の路線をとってきたこと(古馬になってから牝馬限定重賞に出走したのは、昨年のヴィクトリアマイルのみ)が要因と推測できる。つまり近年の古馬牝馬限定重賞は突出馬不在の中で行われているからだろう。ダイワスカーレットは既に引退しているが、今年に入っても古馬牝馬限定重賞が荒れる傾向に変化はなく、しばらく難しいレースが続きそうだ。そこで今回は08年以降の牝馬限定重賞を振り返り、その傾向を見ていきたい。データ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 08年以降の古馬牝馬限定重賞の結果

レース名
着順
人気
馬名
前走
08年
京都牝馬S
1
2
アドマイヤキッス 愛知杯3着
2
9
ザレマ 仲冬S5着
3
6
キストゥへヴン ターコイズS13着
中山牝馬S
1
6
ヤマニンメルベイユ 白富士S3着
2
13
マイネカンナ 初音S4着
3
3
キストゥへヴン 京都牝馬S3着
阪神牝馬S
1
5
エイジアンウインズ 心斎橋S1着
2
1
ブルーメンブラット 京都牝馬S4着
3
9
パーフェクトジョイ 大阪城S3着
福島牝馬S
1
3
マイネカンナ 中山牝馬S2着
2
4
ハロースピード 中山牝馬S5着
3
1
ザレマ 京都牝馬S2着
ヴィクトリアM
1
5
エイジアンウインズ 阪神牝馬S1着
2
1
ウオッカ ドバイDF4着
3
4
ブルーメンブラット 阪神牝馬S2着
マーメイドS
1
12
トーホウシャイン 1000万下・牝9着
2
10
ピースオブラヴ 新潟大賞典15着
3
5
ソリッドプラチナム 烏丸S7着
クイーンS
1
2
ヤマニンメルベイユ ヴィクトリアM4着
2
1
レジネッタ オークス3着
3
12
フミノサチヒメ パールS11着
府中牝馬S
1
4
ブルーメンブラット ヴィクトリアM3着
2
1
カワカミプリンセス 金鯱賞3着
3
3
ベッラレイア マーメイドS5着
エリザベス女王杯
1
4
リトルアマポーラ 秋華賞6着
2
1
カワカミプリンセス 府中牝馬S2着
3
2
ベッラレイア 府中牝馬S3着
愛知杯
1
16
セラフィックロンプ 三春駒特別3着
2
14
チェレブリタ 三春駒特別1着
3
3
マイネレーツェル エリザベス女王杯4着
09年
京都牝馬S
1
6
チェレブリタ 愛知杯2着
2
7
レインダンス 愛知杯7着
3
1
ザレマ ターコイズS1着
中山牝馬S
1
4
キストゥへヴン 東京新聞杯10着
2
15
ピンクカメオ 阪急杯15着
3
11
ダンスオールナイト 初音S1着
阪神牝馬S
1
7
ジョリーダンス 阪急杯6着
2
3
ザレマ 中山牝馬S4着
3
4
オディール 京都牝馬S5着
福島牝馬S
1
7
ブラボーデイジー 中山牝馬S6着
2
11
アルコセニョーラ 福島民報杯7着
3
13
ヤマニンメルベイユ 中山牝馬S16着

2009/4/25 福島11R 福島牝馬ステークス(G3) 1着 8番 ブラボーデイジー

まず始めに08年以降の古馬牝馬限定重賞の結果を見てほしい(表1参照)。08年京都牝馬Sから09年の福島牝馬Sまで計14レース。好走馬の人気を一目見ただけでも、荒れていることがわかるだろう。二桁人気の好走馬も多く、08年以降10頭の二桁人気馬が馬券に絡んでいる。全体で共通することを探すのは難しいが、前走で牡馬混合戦に出走した馬が穴を開けるケースが目立つ。14R中9Rで前走牡馬混合戦に出走した馬が馬券に絡んでいる

■表2 08年以降の古馬牝馬限定重賞の配当

レース名
単勝
馬連
3連複
3連単
08年 京都牝馬S
340
3,060
13,550
68,280
中山牝馬S
1,470
17,730
40,640
266,180
阪神牝馬S
880
1,310
9,780
52,240
福島牝馬S
800
3,330
4,240
28,360
ヴィクトリアM
1,340
1,670
3,240
23,000
マーメイドS
11,630
74,000
178,370
1,930,350
クイーンS
380
730
7,630
33,640
府中牝馬S
800
1,050
2,150
14,760
エリザベス女王杯
1,320
1,010
1,660
12,690
愛知杯
5,850
61,380
171,050
1,440,120
09年 京都牝馬S
1,210
9,720
10,560
96,550
中山牝馬S
810
21,930
230,760
1,394,370
阪神牝馬S
1,990
6,420
18,620
149,870
福島牝馬S
1,370
13,060
145,730
792,960

表2は08年以降の古馬牝馬限定重賞の配当。ここでは単勝、馬連、3連複、3連単の配当を抜き出してみた。まず単勝10倍台以上は計8回。近6レースに限れば、うち5レースで単勝10倍台以上となっている。そして馬連万馬券は計5回。1万円台が2回、2万円台が1回、6万円台と7万円台がそれぞれ1回出ている。馬連配当が10倍台未満だったのは昨年のクイーンSのみ。残りの13レースは全て10倍台以上の配当となっている。そして3連複万馬券は計8回。10万馬券を超える馬券も4回出ており、うち3回は芝1800〜2000mのハンデ戦だった。最後に3連単を見ていこう。3連単は驚くべきことに全てが万馬券。配当面でも100万馬券が3回出ており、100倍台はわずか2回のみ。以上のように、全体的に見ても平穏に収まっているとは言い難い。古馬牝馬限定重賞は人気馬を軸にするなら、相手は人気薄へというのが攻略への近道だ。

■表3 古馬牝馬限定重賞の人気別成績(08年以降)

人気
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1番人気 0-5-2-7/14
0.0%
35.7%
50.0%
0%
71%
2番人気 2-0-1-11/14
14.3%
14.3%
21.4%
51%
34%
3番人気 1-1-3-9/14
7.1%
14.3%
35.7%
57%
98%
4番人気 3-1-2-8/14
21.4%
28.6%
42.9%
209%
112%
5番人気 2-0-1-11/14
14.3%
14.3%
21.4%
158%
66%
6番人気 2-0-1-11/14
14.3%
14.3%
21.4%
191%
87%
7番人気 2-1-0-11/14
14.3%
21.4%
21.4%
240%
83%
8番人気 0-0-0-14/14
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
9番人気 0-1-1-12/14
0.0%
7.1%
14.3%
0%
80%
10番人気以下 2-5-3-85/95
2.1%
7.4%
10.5%
184%
128%

次に古馬牝馬限定重賞の人気別成績(08年以降)を見ていこう(表3参照)。まず1番人気の成績だが、これが振るわない。勝ち馬は1頭も誕生しておらず、2着5回、3着2回があるのみ。複勝率50%という数字も決して良くない。08年以降の古馬牝馬限定重賞の3連単が全て万馬券というのも頷けるだろう。注目したいのは4番人気。1着3回は人気別成績の中で最多の数。複勝率42.9%も優秀な数字だ。そして10番人気以下の馬にも注意が必要。1着2回2着5回3着3回の成績で、単・複回収率はともに100%を超えている。

■表4 古馬牝馬限定重賞の距離別成績(08年以降)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1400m 2-2-2-27/33
6.1%
12.1%
18.2%
86%
63%
1600m 3-3-3-36/45
6.7%
13.3%
20.0%
64%
59%
1800m 6-6-6-77/95
6.3%
12.6%
18.9%
59%
94%
2000m 2-2-2-24/30
6.7%
13.3%
20.0%
582%
226%
2200m 1-1-1-15/18
5.6%
11.1%
16.7%
73%
29%

2008/12/20 中京11R 農林水産省賞典愛知杯(G3) 1着 15番 セラフィックロンプ

表4は古馬牝馬限定重賞の距離別成績(08年以降)。距離別で見ると、荒れやすいのは2000mのレース。この距離はマーメイドSと愛知杯の2レースしか該当しないが、マーメイドSは最低人気トーホウシャイン、愛知杯は16番人気セラフィックロンプが勝利した。2レースともに3連単は100万円を超える配当となっている。

■表5 古馬牝馬限定重賞の世代別成績(08年以降)

順位
世代
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
現 5歳(2004年産) 4-8-4-72/88
4.5%
13.6%
18.2%
100%
86%
2
現 6歳(2003年産) 4-3-7-36/50
8.0%
14.0%
28.0%
271%
152%
3
現 4歳(2005年産) 3-2-2-40/47
6.4%
10.6%
14.9%
82%
63%
4
現 7歳(2002年産) 2-1-1-26/30
6.7%
10.0%
13.3%
61%
85%
5
現 8歳(2001年産) 1-0-0-5/6
16.7%
16.7%
16.7%
331%
66%

表5では古馬牝馬限定重賞の世代別成績(08年以降)をまとめてみた。好走馬が最も多いのは現5歳世代で、1着4回2着8回3着4回の成績。単回収率は100%を超えており、複回収率も86%で優秀な数字と言えるだろう。次いで優秀なのは現6歳世代で、1着4回2着3回3着7回の成績。複勝率28%は世代別で最も良い数字で、単・複回収率はともに100%を超えている。意外なのは現4歳世代の成績だろう。好走馬は7頭いるが、現5・6歳世代と比較すると分が悪い。たしかに振り返ってみると、桜花賞馬レジネッタ、オークス馬トールポピー、秋華賞馬ブラックエンブレムは、3頭ともに今年の初戦で3着以内に入れなかった。

■表6 古馬牝馬限定重賞の前走着順別成績(08年以降)

前走着順
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
前走1着 2-1-2-36/41
4.9%
7.3%
12.2%
54%
72%
前走2着 2-1-2-9/14
14.3%
21.4%
35.7%
143%
80%
前走3着 4-2-3-12/21
19.0%
28.6%
42.9%
402%
161%
前走4着 1-4-1-10/16
6.3%
31.3%
37.5%
23%
115%
前走5着 0-2-2-12/16
0.0%
12.5%
25.0%
0%
81%
前走6〜9着 4-2-1-38/45
8.9%
13.3%
15.6%
362%
123%
前走10着〜 1-2-3-60/66
1.5%
4.5%
9.1%
12%
74%

表6は古馬牝馬限定重賞の前走着順別成績(08年以降)。期待を裏切っているのは前走1着馬。勝率4.9%、連対率7.3%、複勝率12.2%と悲惨な成績になっており、前走1着馬は疑ってかかる必要がありそうだ。前走2〜4着馬になると、好走率は大幅にアップ。特に前走3着馬は複勝率42.9%と優秀な成績を収めている。

ここまで古馬牝馬限定重賞に関するいくつかのデータを分析してきたが、最後にそのポイントを以下にまとめてみよう。
・前走で牡馬混合レースに出走している馬が好走する。
・4番人気の成績が特に良く、10番人気以下でも好走は期待できる。
・距離2000mの重賞は特に荒れる。
・現5・6歳世代の成績が優秀で、現4歳世代はイマイチ。
・前走1着馬より前走2〜4着馬の好走率が高い。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN