第282回 春の京都競馬開幕、アンタレスSを占う!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第282回 春の京都競馬開幕、アンタレスSを占う!

2009/4/23(木)

今週は春のGIがお休み。東ではオークスのトライアルのフローラSが、西ではダートのGIII・アンタレスSがそれぞれ開催される。本コーナーでは過去3年、フローラS、アンタレスS、フローラSと分析してきているので、今年は順序どおりアンタレスSについて分析していきたいと考えている。まずは、分析するに当たって過去10年の3着以内馬から見ていこうと思う。
(データの調査・集計にあたってはいつもの通り、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVで調査している。)

■表1 アンタレスSの過去10年の3着以内馬

着順
馬名
性齢
騎手
斤量
人気
東西
前走
レース名
騎手
斤量
人気
着順
距離
2008
1
ワンダースピード
牡6
小牧太
56
7
西
ベテルギウスS 小牧太
58
2
1
ダ2000
2
ドラゴンファイヤー
牡4
福永祐一
57
8
マーチS 蛯名正義
56
3
9
ダ1800
3
サンライズバッカス
牡6
安藤勝己
58
5
西
川崎記念 安藤勝己
57
ダ2100
2007
1
ワイルドワンダー
牡5
岩田康誠
56
3
コーラルS 岩田康誠
55
1
1
ダ1400
2
キクノアロー
牡4
安藤勝己
58
2
西
名古屋大賞典 岩田康誠
58
2
4
ダ1900
3
メイショウトウコン
牡5
武幸四郎
57
1
西
フェブラリーS 武幸四郎
57
4
11
ダ1600
2006
1
フィフティーワナー
セ4
武豊
56
2
西
摩耶S 柴山雄一
56
1
1
ダ1800
2
ヒシアトラス
牡6
横山典弘
57
1
マーチS 横山典弘
59
2
1
ダ1800
3
サカラート
牡6
岩田康誠
58
3
西
フェブラリーS 小牧太
57
14
6
ダ1600
2005
1
ピットファイター
牡6
安藤勝己
57
5
フェブラリーS バルジュ
57
8
6
ダ1600
2
オーガストバイオ
牡4
池添謙一
56
10
西
甲南S 福永祐一
57
1
1
ダ1800
3
サワノブレイブ
牡4
小牧太
56
12
西
コーラルS 福永祐一
55
6
6
ダ1400
2004
1
タイムパラドックス
牡6
安藤勝己
57
2
西
コーラルS 安藤勝己
57
3
4
ダ1400
2
サイレンスボーイ
牡5
デムーロ
56
1
西
コーラルS デムーロ
55
5
1
ダ1400
3
ヒシアトラス
牡4
郷原洋司
56
4
マーチS 郷原洋司
55
3
4
ダ1800
2003
1
ゴールドアリュール
牡4
武豊
59
1
西
フェブラリーS 武豊
56
1
1
ダ1800
2
イーグルカフェ
牡6
田中勝春
59
4
フェブラリーS デムーロ
57
4
3
ダ1800
3
ディーエスサンダー
牡4
勝浦正樹
56
9
マーチS 勝浦正樹
54
5
5
ダ1800
2002
1
ハギノハイグレイド
牡6
武豊
58
3
西
ダイオライト記念 四位洋文
55
4
2
ダ2400
2
アルアラン
牡6
藤田伸二
53
13
西
マーチS 横山賀一
53
12
14
ダ1800
3
ワンモアマイライン
牡4
石橋守
53
9
西
甲南S 石橋守
56
5
1
ダ1800
2001
1
スマートボーイ
牡6
伊藤直人
56
7
マーチS 伊藤直人
56.5
9
12
ダ1800
2
リージェントブラフ
牡5
吉田豊
56.5
4
ダイオライト記念 吉田豊
56
5
1
ダ2400
3
タマモルビーキング
牡4
和田竜二
52
12
西
マーチS 菊沢隆徳
52
10
16
ダ1800
2000
1
スマートボーイ
牡5
伊藤直人
56.5
1
マーチS 伊藤直人
56
2
2
ダ1800
2
ホーマンスピリット
牡5
熊沢重文
55
10
西
マーチS 横山典弘
55
5
7
ダ1800
3
バクシンヒーロー
牡4
秋山真一
52
7
マーチS 田中勝春
52
3
4
ダ1800
1999
1
オースミジェット
牡5
四位洋文
58
2
西
プロキオンS 四位洋文
57
5
2
ダ1400
2
ジェーニオ
牡4
武豊
52
5
西
丹沢S 武豊
56
1
2
ダ2100
3
マイターン
牡4
河内洋
56
1
西
竹秋S 橋本美純
55
1
1
ダ1700

今回はこの中から「人気」、「年齢」、「東西(関東・関西)」という観点から分析を行っていきたいと思う。まずは「人気」から。表2の人気別成績をご覧頂きたい。

■表2 人気別成績

人気
着回数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
1番人気
2- 2- 2- 4/ 10
20.0%
40.0%
60.0%
53
83
2番人気
3- 1- 0- 6/ 10
30.0%
40.0%
40.0%
103
58
3番人気
2- 0- 1- 7/ 10
20.0%
20.0%
30.0%
124
60
4番人気
0- 2- 1- 7/ 10
0.0%
20.0%
30.0%
0
72
5番人気
1- 1- 1- 7/ 10
10.0%
20.0%
30.0%
95
117
6番人気
0- 0- 0- 10/ 10
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
7番人気
2- 0- 1- 7/ 10
20.0%
20.0%
30.0%
328
143
8番人気
0- 1- 0- 9/ 10
0.0%
10.0%
10.0%
0
100
9番人気
0- 0- 2- 8/ 10
0.0%
0.0%
20.0%
0
145
10番人気
0- 2- 0- 8/ 10
0.0%
20.0%
20.0%
0
149
11人気〜
0- 1- 2- 51/ 54
0.0%
1.9%
5.6%
0
82

表2によると、3着まで見ると1番人気が、勝率で見ると2番人気がややリード。上位人気について見ていくことがこのレースのポイントになりうるのだろう、ということで、1、2番人気についてもう少し見ていきたいと思う。

■表3 過去10年の1番人気馬

着順
馬名
性齢
騎手
前走
前々走
レース名
人気
着順
レース名
人気
着順
2008
4
フィフティーワナー
セ6
岩田康誠 マーチS
1
3
仁川S
1
1
2007
3
メイショウトウコン
牡5
武幸四郎 フェブラリーS
4
11
平安S
9
1
2006
2
ヒシアトラス
牡6
横山典弘 マーチS
2
1
仁川S
2
2
2005
4
ヒシアトラス
牡5
横山典弘 ダイオライト記念
2
3
フェブラリーS
6
3
2004
2
サイレンスボーイ
牡5
デムーロ コーラルS
5
1
甲南S
3
1
2003
1
ゴールドアリュール
牡4
武豊 フェブラリーS
1
1
東京大賞典
1
1
2002
5
スターリングローズ
牡5
松永幹夫 コーラルS
2
1
武蔵野S
4
7
2001
5
タマモストロング
牡6
小池隆生 名古屋大賞典
2
4
フェブラリーS
12
7
2000
1
スマートボーイ
牡5
伊藤直人 マーチS
2
2
仁川S
3
2
1999
3
マイターン
牡4
河内洋 竹秋S
1
1
ダイオライト記念
3
2

表3はアンタレスSの過去10年の1番人気馬の一覧である。
10頭中掲示板を外すような馬はいないようで、全てそれなりに健闘している。うち6頭が馬券の対象となったわけだが、このうち5頭に共通するのが、「前走勝利もしくは重賞連対」かつ「前々走連対」という2点である。
前走がGI以外で未連対、前走勝利も前々走未連対、といった馬に関しては疑ってみることが必要かもしれない。

■表4 過去10年の2番人気馬

着順
馬名
性齢
騎手
前走
前々走
レース名
人気
着順
レース名
人気
着順
2008
7
ロングプライド
牡4
武豊 フェブラリーS
4
4
平安S
4
4
2007
2
キクノアロー
牡4
安藤勝己 名古屋大賞典
2
4
ダイオライト記念
2
2
2006
1
フィフティーワナー
セ4
武豊 摩耶S
1
1
1000万下
1
1
2005
8
サイレンスボーイ
牡6
和田竜二 コーラルS
3
1
フェブラリーS
12
8
2004
1
タイムパラドックス
牡6
安藤勝己 コーラルS
3
4
フェブラリーS
4
6
2003
5
タイムパラドックス
牡5
安藤勝己 仁川S
1
2
北山S
3
1
2002
12
タガノフォーティ
牡4
河内洋 マーチS
1
4
仁川S
2
1
2001
16
アイランドオオジャ
牡5
中舘英二 マーチS
7
1
内外タイムズ杯
5
1
2000
5
オースミジェット
牡6
四位洋文 名古屋大賞典
1
1
フェブラリーS
8
6
1999
1
オースミジェット
牡5
四位洋文 プロキオンS
5
2
名古屋大賞典
2
1

表4には2番人気馬についてまとめてみた。1番人気のように「前走勝利もしくは重賞連対」かつ「前々走連対」もパターンとしてはありえるが、それ以外では安藤勝己騎手が騎乗した馬が2度ほど好走を見せている。安藤騎手は、2番人気以外でも昨年3着のサンライズバッカスのようにここ5年で4回も3着以内に入っているので、注意しておきたいところである。

■表5 年齢別成績

着回数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
4歳 2- 4- 7- 32/ 45
4.4%
13.3%
28.9%
11
166
5歳 3- 3- 1- 41/ 48
6.3%
12.5%
14.6%
28
35
6歳 5- 3- 2- 29/ 39
12.8%
20.5%
25.6%
132
116
7歳以上 0- 0- 0- 22/ 22
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

人気別に続き、ここからは年齢別に見ていく。表5に年齢別の成績をまとめてみた。
連対数でいうと、6歳が頭ひとつリードといったところだが、3着まで広げて考えると4歳勢が優勢といったところ。4歳から6歳についてはあまり差がないようなので、ここでは過去10年で3着内好走例が見られない7歳以上についてだけ気にすればよいかと思う。

■表6 4歳馬の前走人気別成績

前走人気
着回数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
前走1人気 2- 2- 1- 4/ 9
22.2%
44.4%
55.6%
55
173
前走2人気 0- 1- 0- 4/ 5
0.0%
20.0%
20.0%
0
32
前走3人気 0- 1- 2- 1/ 4
0.0%
25.0%
75.0%
0
392
前走4人気 0- 0- 0- 1/ 1
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
前走5人気 0- 0- 2- 2/ 4
0.0%
0.0%
50.0%
0
362
前走6〜9人 0- 0- 1-10/11
0.0%
0.0%
9.1%
0
144
前走10人〜 0- 0- 1-10/11
0.0%
0.0%
9.1%
0
107

年齢別に絡めて、表1を見ていて気になったのが、前走1番人気だった4歳馬の好走例がちらほら見られること。表6に4歳馬の前走人気別成績をまとめてみたが、これを見ると、それなりの結果を残していることがわかるかと思う。

■表7 前走1人気の4歳馬

着順
馬名
性齢
騎手
人気
前走
レース名
騎手
人気
着順
距離
2006
1
フィフティーワナー
セ4
武豊
2
摩耶S 柴山雄一
1
1
ダ1800
2005
2
オーガストバイオ
牡4
池添謙一
10
甲南S 福永祐一
1
1
ダ1800
10
タイキエニグマ
牡4
福永祐一
7
マーチS 横山典弘
1
12
ダ1800
2003
1
ゴールドアリュール
牡4
武豊
1
フェブラリーS 武豊
1
1
ダ1800
7
ツルマルファイター
牡4
川原正一
10
コーラルS 武豊
1
4
ダ1400
11
サンライズキング
牡4
藤田伸二
6
韓国馬事会杯 後藤浩輝
1
1
ダ1800
2002
12
タガノフォーティ
牡4
河内洋
2
マーチS 熊沢重文
1
4
ダ1800
1999
2
ジェーニオ
牡4
武豊
5
丹沢S 武豊
1
2
ダ2100
3
マイターン
牡4
河内洋
1
竹秋S 橋本美純
1
1
ダ1700

表6を受けて、表7に前走で1番人気だった4歳馬を一覧にまとめてみた。
表7で明らかなのが、前走1人気で負けていた4歳馬はアンタレスSでも負けているということと、前走1人気で期待に応えていた4歳馬はアンタレスSでも3着内に好走しているということである。(1例だけ2003年にサンライズキングが11着に敗れているが、この馬は前走馬体重がマイナス10キロだっただけに、そのあたりはチェックが必要かもしれない。)

■表8 東西別成績

東西別
着回数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
美浦
4- 4- 3- 28/ 39
10.3%
20.5%
28.2%
85
103
栗東
6- 6- 7- 84/103
5.8%
11.7%
18.4%
36
93
地方
0- 0- 0- 12/ 12
0.0%
0.0%
0.0%
0
0

人気別、年齢別と見てきたので、最後に東西別の成績をまとめてみた。
関西重賞(というか重賞全体を見てもそうだが)にしては珍しく関東馬が健闘している。着回数でも半分弱ほどを占めていて、勝率、連対率、複勝率のどれを見ても関西馬を上回っている。

■表9 3着内好走した関東馬の一覧

着順
馬名
性齢
騎手
斤量
人気
前走
重賞連対
OP
勝利
レース名
騎手
人気
着順
距離
2008
2
ドラゴンファイヤー
牡4
福永祐一
57
8
マーチS 蛯名正義
3
9
ダ1800
×
2007
1
ワイルドワンダー
牡5
岩田康誠
56
3
コーラルS 岩田康誠
1
1
ダ1400
×
2006
2
ヒシアトラス
牡6
横山典弘
57
1
マーチS 横山典弘
2
1
ダ1800
2005
1
ピットファイター
牡6
安藤勝己
57
5
フェブラリーS バルジュ
8
6
ダ1600
2004
3
ヒシアトラス
牡4
郷原洋司
56
4
マーチS 郷原洋司
3
4
ダ1800
×
2003
2
イーグルカフェ
牡6
田中勝春
59
4
フェブラリーS デムーロ
4
3
ダ1800
×
3
ディーエスサンダー
牡4
勝浦正樹
56
9
マーチS 勝浦正樹
5
5
ダ1800
×
2001
1
スマートボーイ
牡6
伊藤直人
56
7
マーチS 伊藤直人
9
12
ダ1800
×
2
リージェントブラフ
牡5
吉田豊
56.5
4
ダイオライト記念 吉田豊
5
1
ダ2400
×
2000
1
スマートボーイ
牡5
伊藤直人
56.5
1
マーチS 伊藤直人
2
2
ダ1800
×
3
バクシンヒーロー
牡4
秋山真一
52
7
マーチS 田中勝春
3
4
ダ1800
×
※重賞連対、OP勝利・・・ダートの重賞で連対経験があったか、ダートのOP勝利経験があったかを示す(3歳馬限定戦も含む)

ということで、最後に3着内に好走した関東馬を表9にまとみてみた。
ここで言いたいのは好走した関東馬はすべてダートの重賞連対かOP戦の勝利経験を持っていた、ということである。
前走の着順はあまり関係なく、ダートでの実績に着目していただきたい。3歳限定のOP、重賞実績でも構わないと思う。

【結論】

結論ということで、特別登録馬からここまで見てきたデータを用いて候補馬をピックアップしようと思う。

■表10 特別登録馬

馬名
性齢
斤量
東西
前走
前々走
アドマイヤダンク
牡5
56
西
桶狭間S1人気1着 大津特別1人気1着
アロンダイト
牡6
58
西
マーチS4人気7着 仁川S2人気8着
ウォータクティクス
牡4
56
西
アルデバランS1人気1着 フェアウェルS1人気1着
エプソムアーロン
牡5
56
西
ドンカスターS2人気1着 錦秋S3人気2着
サトノコクオー
牡5
56
マーチS2人気3着 仁川S3人気2着
スターシップ
牡5
56
下総S4人気1着 アレキサンドライトS5人気5着
ダイショウジェット
牡6
56
西
マーチS13人気2着 ポラリスS7人気1着
ダイナミックグロウ
牡5
56
西
マーチS12人気13着 トパーズS6人気13着
フォーティファイド
牡4
56
西
甲南S1人気1着 白嶺S3人気2着
ボランタス
牡5
56
西
マーチS8人気5着 川崎記念6人気5着
マコトスパルビエロ
牡5
56
西
マーチS3人気10着 仁川S1人気3着
メイショウシャフト
牡6
56
西
マーチS16人気12着 千葉S11人気11着
メイショウトウコン
牡7
58
西
名古屋大賞典3人気3着 名古屋GP1人気2着
ユウキタイティ
牡5
56
西
マーチS14人気6着 仁川S11人気10着
ロールオブザダイス
牡4
56
西
ダイオライト記念3人気3着 佐賀記念3人気2着
ワンダースピード
牡7
58
西
名古屋大賞典2人気2着 平安S3人気1着
(出走順上位馬について出走予定馬を16頭ピックアップした)

2009/2/14 京都11R アルデバランステークス 1着 15番 ウォータクティクス2009/3/15 阪神10R 甲南ステークス 1着 4番 フォーティファイド

まず、「人気」という面で見ていくが、1人気有力だったエスポワールシチーが回避予定とのこと。1番人気となりそうなのは実績馬のメイショウトウコン、4歳の上がり馬のウォータクティクスやフォーティファイドあたりになるのかと思っている。
その中で見ると、ウォータクティクスフォーティファイドに関しては表3のデータに合致している点が強みである。また、「年齢」で見ても表7の前走1人気の4歳馬での条件についても合致している点が心強い。両馬とも武豊騎手からの乗り替わりとなるが、期待してみたいところである。
「年齢」という意味で補足すると、7歳以上は不振とのデータが出ているので、メイショウトウコンとワンダースピードについては評価を若干下げている。

「東西」という意味で期待したい関東馬では、今回はサトノコクオーとスターシップの2頭が登録。関東馬の好走条件としては、「ダートの重賞連対経験」か「OP特別勝利経験」としたが、2頭にはそれらの経験はなかった。基本、見送りといったところだが、サトノコクオーに関してはこのレースと相性のよい安藤勝己騎手が騎乗とのこと。余力があれば押さえに回しておきたいところである。
その他では京都ダート1800mで2戦2勝、ここのところ2連勝中のアドマイヤダンクにも期待したいところだが、それよりも気になっているのが前走レース別成績(表11)で上位であるダイオライト記念で3着と好走したロールオブザダイスである。ダイオライト記念組は4頭中2頭が当レースでも連対しているが、ダイオライト記念3着内馬という意味では3頭中2頭に連対率がアップしている。3着であったロールオブザダイスもウォータクティクスやフォーティファイドと同様に中心に考えていたいと思っている。

■表11 前走レース別成績

前走レース名
着回数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
マーチS
2- 4- 4-44/54
3.7%
11.1%
18.5%
32
118
フェブラリーS
2- 1- 2- 3/ 8
25.0%
37.5%
62.5%
136
130
コーラルS
2- 1- 1-21/25
8.0%
12.0%
16.0%
36
82
ダイオライト記念
1- 1- 0- 2/ 4
25.0%
50.0%
50.0%
155
135
プロキオンS
1- 0- 0- 2/ 3
33.3%
33.3%
33.3%
123
46

ライタープロフィール

ヒノデクロス(ひのでくろす)

1976年6月、静岡県生まれ。大学卒業後、都内のシステム開発会社勤務。競馬歴は15年ほど、好きな馬はヒロデクロスとダンスインザダーク。「同じようなレースではおおよそ同じような結果になる」とのことで重賞を中心に過去データの観点から予想を行っている。趣味はサッカー、フットサル。日本代表と清水エスパルスおよび柴犬をこよなく愛す。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN