第271回 中京芝1200mの特徴とは?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第271回 中京芝1200mの特徴とは?

2009/3/16(月)

一般的に知られている中京競馬場の特徴は、「小回り・平坦・直線が短い」ことだが、中京芝1200mはその他にどのような特徴があるのだろうか。今週末のファルコンS、そして来週に行われる大一番の高松宮記念はともに中京芝1200mが舞台で、両レースが行われる前にその特徴を見ていきたい。なおデータ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用し、集計期間は04年1月から09年2月8日までの約5年間とした。 2008/3/30 中京11R 高松宮記念(G1)1着 4番 ファイングレイン

■表1 中京芝1200mの枠番別成績(04年以降)

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠
44-33-40-501/618
7.1%
12.5%
18.9%
106%
79%
2枠
33-30-42-524/635
6.1%
10.9%
17.5%
68%
68%
3枠
41-39-36-522/638
6.4%
12.5%
18.2%
77%
68%
4枠
42-47-44-521/654
6.4%
13.6%
20.3%
46%
92%
5枠
36-45-32-546/659
5.5%
12.3%
17.1%
65%
77%
6枠
37-35-44-545/661
5.6%
10.9%
17.5%
82%
69%
7枠
47-52-45-692/836
5.6%
11.8%
17.2%
74%
70%
8枠
49-55-52-706/862
5.7%
12.1%
18.1%
92%
82%


まずは中京芝1200mの枠番別成績(04年以降)を見ていこう(表1参照)。中京芝1200mは2コーナー奥のポケットがスタート地点。コーナーは小回りできついが、スタート地点から最初のコーナーまでの距離が十分あるのが特徴。そのためか枠番別成績に大きな差は見られなかった。1枠の勝率と単回収率が若干良い数字だが、全体的に枠による有利・不利はないと見てよさそうだ。

■表2 中京芝1200mと芝1200mの脚質別成績(04年以降)

コース
脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
中京芝1200m
逃げ
73-32-36-194/335
21.8%
31.3%
42.1%
183%
145%
先行
134-157-113-831/1235
10.9%
23.6%
32.7%
125%
119%
中団
107-127-157-1945/2336
4.6%
10.0%
16.7%
72%
82%
後方
21-20-29-1580/1650
1.3%
2.5%
4.2%
25%
21%
マクリ
0-0-0-1/1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
芝1200m
逃げ
484-323-214-1104/2125
22.8%
38.0%
48.0%
183%
147%
先行
993-1043-890-4930/7856
12.6%
25.9%
37.2%
123%
119%
中団
547-610-788-9891/11836
4.6%
9.8%
16.4%
62%
73%
後方
101-150-237-8832/9320
1.1%
2.7%
5.2%
24%
28%
マクリ
3-2-2-5/12
25.0%
41.7%
58.3%
107%
227%

表2では上段に中京芝1200mの脚質別成績(04年以降)、下段に全競馬場の芝1200mの脚質別成績(04年以降)をまとめてみた。中京芝1200mの逃げ・先行馬の成績は確かに優秀だが、全競馬場の芝1200mの逃げ・先行馬の成績でも同様の結果が出ている。つまり中京芝1200mは特別に逃げ・先行馬が強いわけではなく、一般的な芝1200m同様に逃げ・先行馬の好走確率が高いと考えられる。

■表3 中京芝1200mの騎手別成績ベスト10(04年以降)

順位
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
岩田康誠 6-11-5-28/50
12.0%
34.0%
44.0%
76%
104%
2
福永祐一 11-12-8-50/81
13.6%
28.4%
38.3%
60%
91%
3
中舘英二 23-22-15-135/195
11.8%
23.1%
30.8%
73%
70%
4
浜中俊 8-9-3-49/69
11.6%
24.6%
29.0%
83%
73%
5
上村洋行 15-7-10-79/111
13.5%
19.8%
28.8%
85%
109%
6
武幸四郎 6-6-6-46/64
9.4%
18.8%
28.1%
54%
94%
7
和田竜二 6-16-14-103/139
4.3%
15.8%
25.9%
104%
110%
8
川田将雅 8-9-1-57/75
10.7%
22.7%
24.0%
70%
126%
9
小牧太 3-9-12-78/102
2.9%
11.8%
23.5%
54%
72%
10
佐藤哲三 7-10-6-78/101
6.9%
16.8%
22.8%
47%
62%
※騎乗回数が50回以上ある騎手の複勝率に基づく順位。

表3は中京芝1200mの騎手別成績ベスト10(04年以降)。1位は岩田康誠騎手。複勝率は44%をマークし、複回収率は100%を超える数字。ローカルよりも中央場所での騎乗が多いため、騎乗回数は50回と少ないが、中京芝1200mのレースに騎乗する時にはぜひ押さえておきたいジョッキーだ。2位の福永祐一騎手は全体的に高い数字をマークしており、勝率13.6%はベスト10の騎手の中でトップの数字。同騎手は過去5年の高松宮記念で、3度3着以内(04年サニングデール1着、06年ラインクラフト2着、08年スズカフェニックス3着)に好走しているのも頷けるだろう。その他のジョッキーでは、複回収率が100%を超えている上村洋行騎手和田竜二騎手川田将雅騎手が中京芝1200mと特に相性が良い騎手と言えるだろう。ベスト10にランクインした騎手のほとんどが関西所属の騎手というのも特徴で、関東より関西の騎手が強いと覚えておいてもよいだろう。

■表4 中京芝1200mの調教師別成績ベスト10(04年以降)

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
(栗)鶴留明雄 8-7-9-35/59
13.6%
25.4%
40.7%
55%
96%
2
(栗)山内研二 2-7-9-35/53
3.8%
17.0%
34.0%
19%
104%
3
(栗)佐々木晶三 9-8-7-48/72
12.5%
23.6%
33.3%
227%
92%
4
(栗)安達昭夫 4-6-6-34/50
8.0%
20.0%
32.0%
160%
199%
5
(栗)森秀行 12-4-4-44/64
18.8%
25.0%
31.3%
211%
102%
6
(美)和田正道 4-8-5-48/65
6.2%
18.5%
26.2%
83%
115%
7
(栗)加用正 4-5-4-38/51
7.8%
17.6%
25.5%
309%
92%
8
(栗)坂口正大 8-8-5-68/89
9.0%
18.0%
23.6%
70%
47%
9
(栗)小野幸治 2-5-5-39/51
3.9%
13.7%
23.5%
17%
70%
10
(栗)高橋成忠 5-5-8-62/80
6.3%
12.5%
22.5%
116%
78%
※出走回数が50回以上ある調教師の複勝率に基づく順位。

次に中京芝1200mの調教師別成績(04年以降)をまとめたのが表4。1位は鶴留明雄厩舎で、複勝率は驚異の40.7%をマーク。単・複回収率は100%に届かなかったが、好走率が高いことはぜひ覚えておきたい。単・複回収率の面で優秀なのは3〜7位にランクインした調教師。佐々木晶三厩舎は勝率12.5%、連対率23.6%、複勝率33.3%をマークし、単回収率は227%に達している。安達昭夫厩舎森秀行厩舎は単・複回収率がともに100%を超えており、中京芝1200mは得意なコースのようだ。和田正道厩舎は関東の調教師で唯一ベスト10にランクイン。勝率は一桁台だが、複勝率は26.2%をマークし、複回収率は115%に達している。加用正厩舎も勝率は一桁台だが、単回収率309%、複回収率92%は優秀な数字。調教師別でも関東より関西の調教師が強く、関西優勢は変わらないようだ。

■表5 中京芝1200mの種牡馬別成績ベスト10(04年以降)

順位
種牡馬
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1
アドマイヤベガ 10-9-5-54/78
12.8%
24.4%
30.8%
251%
97%
2
ブライアンズタイム 6-9-10-67/92
6.5%
16.3%
27.2%
60%
75%
3
グラスワンダー 8-7-7-60/82
9.8%
18.3%
26.8%
50%
85%
4
サクラバクシンオー 42-27-31-273/373
11.3%
18.5%
26.8%
89%
72%
5
ラストタイクーン 5-4-5-39/53
9.4%
17.0%
26.4%
156%
114%
6
バブルガムフェロー 6-7-2-42/57
10.5%
22.8%
26.3%
108%
146%
7
スウェプトオーヴァーボード 5-4-4-38/51
9.8%
17.6%
25.5%
66%
92%
8
スペシャルウィーク 4-11-7-66/88
4.5%
17.0%
25.0%
70%
105%
9
サンデーサイレンス 15-12-15-132/174
8.6%
15.5%
24.1%
96%
92%
10
キングヘイロー 6-7-2-54/69
8.7%
18.8%
21.7%
92%
62%
※出走回数が50回以上ある種牡馬の複勝率に基づく順位。

短距離適性のある種牡馬は存在するが、中京芝1200mのコースに合っているのはどのような種牡馬だろうか。そこで中京芝1200mの種牡馬別成績(04年以降)を調べたのが表5。1位はアドマイヤベガで複勝率30.8%、単回収率251%、複回収率97%の成績。アドマイヤベガ産駒は現4歳世代以上にしか存在しないが、中京芝1200mに出走した際にはマークが必要だ。短距離の代名詞とも言えるサクラバクシンオーは勝率、連対率、複勝率で高い数字をマーク。勝率の11.3%は1位のアドマイヤベガに次ぐ数字になっている。4位のラストタイクーン、6位のバブルガムフェローはともに単・複回収率が100%を超えており、ぜひ覚えておきたい種牡馬だ。ベスト10にランクインした種牡馬を系統別に分類してみると、サンデーサイレンス系が4頭もランクインしており、中京芝1200mはサンデーサイレンス系全般との相性が良いとも推測できるだろう。

■表6 中京芝1200mの前走距離別成績(04年以降)

前走距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
同距離
194-191-206-2456/3047
6.4%
12.6%
19.4%
68%
72%
今回延長
18-20-10-303/351
5.1%
10.8%
13.7%
66%
54%
今回短縮
104-103-100-1490/1797
5.8%
11.5%
17.1%
96%
91%
1000m
18-17-9-279/323
5.6%
10.8%
13.6%
72%
53%
1200m
194-191-206-2456/3047
6.4%
12.6%
19.4%
68%
72%
1300m
1-3-2-37/43
2.3%
9.3%
14.0%
34%
80%
1400m
72-62-58-775/967
7.4%
13.9%
19.9%
109%
101%
1500m
0-2-1-21/24
0.0%
8.3%
12.5%
0%
33%
1600m
20-19-29-348/416
4.8%
9.4%
16.3%
100%
64%
1700m
1-5-3-69/78
1.3%
7.7%
11.5%
18%
111%
1800m
6-12-4-182/204
2.9%
8.8%
10.8%
76%
89%
2000m
2-0-3-41/46
4.3%
4.3%
10.9%
53%
161%
2100m
0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
2200m
2-0-0-2/4
50.0%
50.0%
50.0%
1440%
387%
2300m
0-0-0-1/1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2400m
0-0-0-1/1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2500m
0-0-0-1/1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2600m
0-0-0-2/2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

最後に中京芝1200mの前走距離別成績(04年以降)を調べてみた(表6参照)。まず同距離、今回延長、今回短縮の3つに分けると、同距離の単・複回収率より今回短縮の馬の単・複回収率の方が良いことがわかる。今回短縮の馬は単回収率96%、複回収率91%で、勝率、連対率、複勝率の数字では若干同距離より劣るが、狙い目は距離短縮馬の方にありそうだ。さらに詳しく前走距離別に分類すると、中でも前走1400mの成績が目立っている。単・複回収率は100%を超えており、勝率、連対率、複勝率でも同距離より良い数字をマークしている。つまり中京芝1200mは同距離より距離短縮馬に妙味があり、特に前走1400mからの短縮馬が強いと言えるだろう。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN