第262回 ダイヤモンドSへの好ステップとハンデ差に注目!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第262回 ダイヤモンドSへの好ステップとハンデ差に注目!

2009/2/12(木)

今週は東京競馬場でダイヤモンドS、京都競馬場できさらぎ賞が行われる。今回は古馬長距離G3のダイヤモンドSに注目。アドマイヤモナーク、エリモエクスパイアと、2年連続で本競走の連対馬が同年のG1で連対を果たしており、ハンデ戦のマラソンレースといえど、今後の古馬長距離戦線に向けて見逃せない一戦だ。中山競馬場で行われた03年を除く、99年以降の過去10年のデータを参考に、本競走を占っていきたい。データ分析は、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 過去10年のダイヤモンドSのハンデ別成績

ハンデ
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
49キロ以下 0-0-0-6
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
50キロ 0-2-1-4
0.0%
28.6%
42.9%
0%
448%
51キロ 1-1-0-11
7.7%
15.4%
15.4%
275%
168%
52キロ 0-1-1-12
0.0%
7.1%
14.3%
0%
81%
53キロ 1-2-1-16
5.0%
15.0%
20.0%
56%
53%
54キロ 3-0-2-8
23.1%
23.1%
38.5%
114%
107%
55キロ 1-2-2-16
4.8%
14.3%
23.8%
79%
57%
56キロ 1-0-0-8
11.1%
11.1%
11.1%
40%
17%
56.5キロ 0-0-0-2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
57キロ 1-0-0-5
16.7%
16.7%
16.7%
48%
25%
57.5キロ 1-1-2-3
14.3%
28.6%
57.1%
51%
148%
58キロ以上 0-0-0-1
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
※中山開催の03年は除く

ダイヤモンドSはハンデ戦。過去10年の好走馬を見ると、ハンデ57.5キロの実績馬からハンデ50キロの軽量馬まで幅広く好走馬が出ている。そこでまずは過去の出走各馬のハンデに注目し、上の表1のデータを出した。ハンデ49キロ以下の馬は過去10年で6頭出走しているが、まだ好走例はなく、いくら軽いハンデといえど49キロを背負う馬では能力そのものに疑問があり、狙い目に加えるのは厳しそうだ。しかし、50キロになると連対率は28.6%、複勝率42.9%と、優勝こそないが優秀な成績。ハンデ51キロ、53キロからは優勝馬が出ている。過去10年で最も勝ち鞍が多いのがハンデ54キロ。そして、ハンデが重い方を見てみると、58キロ以上の好走例はないが、57.5キロ、57キロは好走馬が出ている。

そこで、これから49キロ以下の馬を除き、ハンデごとに大きく3つに分けて詳しく調べていきたい。すなわち、ハンデ50〜53キロの軽量馬、ハンデ54〜56.5キロの馬、そして一般的な別定斤量・57キロ以上の馬たち。この3つに分けて過去の好走馬を振り返って、ヒントを探っていきたい。

■表2 過去10年のダイヤモンドSの好走馬(1)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
前斤
最長好走距離
08年
3
12
レーザーズエッジ
牡6
50
許波多特別4着
57
芝2600m
07年
2
6
エリモエクスパイア
牡4
53
オリオンS4着
55
芝2400m
3
10
アドバンテージ
牡4
52
迎春S4着
56
芝2600m
06年
2
7
メジロトンキニーズ
牝4
50
迎春S3着
54
芝2500m
05年
1
10
ウイングランツ
牡5
51
箱根特別2着
57
芝2600m
2
8
ハイフレンドトライ
牡5
52
松籟S6着
55
芝3000m
04年
2
3
ミッキーベル
牡4
53
迎春S1着
56
芝2500m
02年
1
6
キングザファクト
牡5
53
万葉S6着
55
芝2600m
00年
2
11
ジョーヤマト
牡7
51
松籟S9着
54
芝2500m
99年
2
10
ロングワールド
牡7
50
万葉S6着
56
芝2400m
3
4
タヤスメドウ
牡4
53
江坂特別1着
55
芝2500m

まずは軽ハンデ50〜53キロで好走した馬たち(表2参照)。過去10年、11頭が該当する。これらの馬の前走成績を見てみると、準OP以下の条件クラスを使っていた馬が多い。前走OPクラスを使っていたのは、02年1着のキングザファクト、99年のロングワールドの2頭だけだ。そして、前走準OPあるいは1000万クラスを使っていた馬たちも、決して前走が1着ではない。1着だったのは04年2着のミッキーベル、99年3着のタヤスメドウのみで、条件クラスで負けている馬が格上挑戦し、結果好走を果たすという例も多い。

そして、もうひとつ大事と思われる点は前走からの斤量の増減。仮に格上挑戦した場合、実績的に今回重いハンデを背負わされることはありえないが、前走の条件クラスがハンデ戦で、そこで軽い斤量だった場合は、今回の軽ハンデの威力は半減する。例えば、昨年3着のレーザーズエッジは前走から7キロの斤量減だったし、05年1着のウイングランツも6キロ減。ここまでいかなくとも、表2の該当馬はすべて前走から2キロは斤量が減っていた。

そして、これまでの長距離実績も大事。ここを使ってくるような馬は、スタミナ自慢ばかりだと思うが、クラスを問わずすでに芝2400m以上の競走で3着以内に入ったことがあった。

■表3 過去のダイヤモンドSの好走馬(2)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
2走前成績
備考
08年
2
2
コンラッド
牡6
55
迎春S1着 クリスマスC8着  
06年
1
3
マッキーマックス
牡6
54
万葉S3着 オリオンS5着  
3
9
トウカイトリック
牡4
54
日経新春杯6着 鳴尾記念4着 05年福島記念2着
04年
1
2
ナムラサンクス
牡5
56
万葉S1着 中日新聞杯12着  
3
6
タニノエタニティ
牡6
54
日経新春杯7着 鳴尾記念10着  
02年
3
2
トシザブイ
牡6
55
万葉S3着 目黒記念5着  
01年
1
3
イブキヤマノオー
牡6
54
日経新春杯5着 冬至S1着  
2
4
メジロランバート
牡6
55
迎春S2着 冬至S7着  
3
1
トシザブイ
牡5
55
万葉S1着 江坂特別5着  
00年
1
7
ユーセイトップラン
牡7
55
日経新春杯13着 有馬記念13着 98年ダイヤモンドS1着ほか
99年
1
3
タマモイナズマ
牡5
54
万葉S1着 愛知杯8着  

次はいわゆる手ごろなハンデと言われる、ハンデ54〜56.5キロの馬たち(表3参照)を見ていこう。まず、目につくのが6歳馬の活躍。該当馬11頭中6頭が6歳馬。7歳以上のベテランはともかく、明け4歳も06年3着のトウカイトリック1頭のみ。軽ハンデの4歳馬の好走は割と多いが、54キロ〜56.5キロを背負っての好走はかなり少ない。

そして前走成績も特徴的。本競走の好ステップである迎春S(準OP・中山芝2500m)で連対、あるいは万葉S(OP・京都芝3000m)で3着以内に好走していた馬が11頭中7頭もいる。残るのはすべて前走日経新春杯組。01年1着のイブキヤマノオーは2走前の冬至Sが、準OPの中山芝2500mという条件であり、近走この条件を使い、好走していた馬たちが非常に有力であることがわかる。また、前走日経新春杯組のうち、トウカイトリック、ユーセイトップランの2頭には過去に古馬混合の芝2000m以上の重賞で連対実績があった。

■表4 過去10年のダイヤモンドSの好走馬(3)

着順
人気
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
2走前成績
08年
1
1
アドマイヤモナーク
牡7
57.5 日経新春杯1着 万葉S3着
07年
1
1
トウカイトリック
牡5
57 万葉S2着 ステイヤーズS3着
05年
3
4
チャクラ
牡5
57.5 万葉S2着 ステイヤーズS9着
02年
2
4
フサイチランハート
牡5
57.5 AJC杯1着 1000万1着
00年
3
3
スエヒロコマンダー
牡5
57.5 日経新春杯4着 有馬記念11着

最後にハンデ57キロ以上の馬について見ていく(表4参照)。ここでも近2走以内に万葉S3着以内の実績というのが大きな強みになる。昨年の優勝馬アドマイヤモナークを含め3頭が該当。そうでなければ02年1着のフサイチランハートのように前走重賞で1着であること。アドマイヤモナークは前走日経新春杯1着で、この条件にも該当していた。00年3着のスエヒロコマンダー以外は、いずれかの条件を満たしていた。ハンデ57キロを背負わされる馬に関しては、近走の好調度が大きな目安となりそうだ。


【結論】

それでは今年のダイヤモンドSを占っていこう。今年の出走予定馬の中には、ハンデ57キロ以上の馬が不在。したがって、ハンデ54〜56.5キロ、ハンデ50〜53キロの2つのパターンに分けての分析となる。

■表5 今年のダイヤモンドS出走予定馬(1)

順位
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
2走前成績
備考
2
キストゥヘヴン
牝6
55.5 東京新聞杯10着 マイルCS13着  
6
トウカイエリート
牡9
56 万葉S6着 ステイヤーズS3着 07年日経新春杯2着
7
ドラゴンファイヤー
牡6
56 ステイヤーズS5着 ブラジルC6着  
4
ビービーファルコン
セ5
54 迎春S1着 1000万1着  
1
フローテーション
牡4
56 有馬記念9着 ステイヤーズS2着  
10
ブラックアルタイル
セ7
54 万葉S5着 アイルランドT8着  
9
ベンチャーナイン
牡4
55 有馬記念10着 ステイヤーズS4着  
16
ホワイトピルグリム
牡4
54 日経新春杯4着 菊花賞7着  
2009/1/10 中山10R 迎春ステークス 1着 10番 ビービーファルコン 2着 11番 モンテクリスエス

まずはハンデ54〜56.5キロの出走予定馬について(表5参照)。好ステップである迎春Sの連対馬、万葉Sで3着以内の馬は、ビービーファルコン1頭のみ。日経新春杯組もホワイトピルグリム1頭。しかし、同馬は過去に古馬混合の芝2000m以上での重賞連対実績がなく、強く推せない。人気が予想されるフローテーション、ベンチャーナインは4歳勢。互いに昨年末のステイヤーズSで上位に入線しているが、前走は有馬記念に出走。ローテーション、実績、年齢からは、過去にない好走パターンとなり、データからは推しにくい。よって、ここではビービーファルコンのみを注目馬とする。

■表6 今年のダイヤモンドS出走予定馬(2)

順位
馬名
性齢
ハンデ
前走成績
前斤
最長好走距離
10
ウインカーディナル
牡7
52
万葉S7着
52
ダート2100m
13
ウォーゲーム
牡5
53
睦月賞1着
57
芝2500m
12
ゴーウィズウィンド
牡10
49
AJC杯13着
57
芝2600m
14
スノークラッシャー
牡4
52
初咲賞1着
56
芝2200m
16
ドリームノクターン
牡4
52
南武特別1着
54
芝2600m
5
ドリームフライト
牡5
53
日経新春杯8着
53
芝2600m
3
ハギノジョイフル
セ5
53
松籟S1着
54
芝2600m
8
ブレーヴハート
牡7
53
万葉S4着
53
芝2600m
14
モンテクリスエス
牡4
53
迎春S2着
56
芝2500m
※フルゲート16頭。(18)セタガヤフラッグほかは除外対象(2/11現在)。 2009/1/25 京都9R 睦月賞 1着 2番 ウォーゲーム

次にハンデ50〜53キロの出走馬予定馬について見ていこう(表6参照)。今年も前走条件クラスからの出走馬が何頭かいるが、前走の斤量を調べると、疑問と思える馬もいる。前走から2キロ以上斤量が減り、前走5着以内という条件でフィルターをかけてみると、ウォーゲーム、スノークラッシャー、ドリームノクターン、モンテクリスエスの4頭が該当。しかし、スノークラッシャーは過去の最長好走距離が芝2200mと、やや足りない。そしてドリームノクターンは昨年10月以来の休み明け。上記のデータでは示さなかったが、本競走は年明けに一度使われている好走馬が多く、過去10年、休み明けの好走例はない。したがって、ここではウォーゲームモンテクリスエスが注目馬。中でも前走迎春S2着のモンテクリスエスを上位に取り上げてみたい。


【追記】

当初除外対象だったエーシンダードマンが出走可能になった。同馬は前走迎春Sで3着。当時の斤量57キロから、今回は4キロ減って今回はハンデ53キロ。芝2600mでの好走実績があり、距離実績も十分。好走データに合致するので、有力馬の1頭に加えたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN