第246回 あらためて主要4重賞を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第246回 あらためて主要4重賞を分析する

2008/12/18(木)

今週は中山競馬場で朝日杯FSが行われる。来週にラジオNIKKEI杯2歳も控えるため、本競走は賞金を持っている2歳牡馬のすべてが集結するわけではないが、重賞ウイナーを数頭含み、数多くの出走予定馬が揃った。過去10年の本競走を振り返り、注目馬を探してみたい。データの分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の朝日杯FSの好走馬

着順
人気
馬名
前走成績
2走前成績
07年
1
3
ゴスホークケン 東スポ杯2歳S4着 新馬1着
2
10
レッゴーキリシマ 京王杯2歳S3着 かえで賞1着
3
4
キャプテントゥーレ デイリー杯2歳S1着 野路菊S3着
06年
1
2
ドリームジャーニー 東スポ杯2歳S3着 芙蓉S1着
2
7
ローレルゲレイロ デイリー杯2歳S2着 函館2歳S2着
3
1
オースミダイドウ デイリー杯2歳S1着 野路菊S1着
05年
1
2
フサイチリシャール 東スポ杯2歳S1着 萩S1着
2
5
スーパーホーネット くるみ賞1着 デイリー杯2歳S3着
3
1
ジャリスコライト いちょうS1着 新馬1着
04年
1
2
マイネルレコルト 京王杯2歳S5着 新潟2歳S1着
2
3
ストーミーカフェ 札幌2歳S1着 未勝利1着
3
1
ペールギュント 東スポ杯2歳S2着 デイリー杯2歳S1着
03年
1
4
コスモサンビーム 京王杯2歳S1着 ききょうS1着
2
1
メイショウボーラー デイリー杯2歳S1着 小倉2歳S1着
3
10
アポインテッドデイ 京王杯2歳S2着 500万2着
02年
1
8
エイシンチャンプ 京都2歳S1着 黄菊賞2着
2
1
サクラプレジデント 札幌2歳S1着 新潟2歳S1着
3
5
テイエムリキサン 萩S1着 札幌2歳S2着
01年
1
1
アドマイヤドン 京都2歳S1着 新馬1着
2
2
ヤマノブリザード グラスワンダー特別2着 札幌2歳S1着
3
9
スターエルドラード デイリー杯2歳S13着 新潟2歳S2着
00年
1
10
メジロベイリー 未勝利1着 未勝利3着
2
1
タガノテイオー 東スポ杯3歳S1着 札幌2歳S2着
3
4
ネイティヴハート 京王杯3歳S2着 アイビーS1着
99年
1
4
エイシンプレストン 新馬1着 新馬2着
2
1
レジェンドハンター デイリー杯3歳S1着 兼六園J1着
3
3
マチカネホクシン 東スポ杯3歳S3着 いちょうS1着
98年
1
1
アドマイヤコジーン 東スポ杯3歳S1着 新馬1着
2
2
エイシンキャメロン デイリー杯3歳S1着 野路菊S1着
3
4
バイオマスター 500万1着 新馬1着

上の表1は過去10年の朝日杯FSで3着以内に入った馬たちの一覧。これらの馬たちの前走成績、2走前成績などが記してある。05年の本競走を分析した際(第48回データde出〜た)にすでに述べさせていただいたように、東京スポーツ杯2歳S、京王杯2歳S、デイリー杯2歳、札幌2歳Sの4重賞がいわゆる主要ステップレース。過去10年の好走馬30頭中24頭が、近2走以内に主要4重賞を使っている。この主要4重賞を使っている馬から中心馬を探すのがセオリーと言えるだろう。

主要4重賞を使っていない場合は、前走OPクラスの芝1600m以上での勝ち鞍が重要。ジャリスコライト、エイシンチャンプ、アドマイヤドンがこの実績を持っていた。前走新馬、未勝利を勝ち上がったばかりの馬にとっては、かなりハードルが高く、メジロベイリー、エイシンプレストンの2頭しか好走馬が出ていない。

■表2 近2走以内の主要4重賞経験頭数と本番での着順

レース名
合計
朝日杯FS着順
デイリー杯2歳S
9頭
【0.5.4】
東スポ杯2歳S
7頭
【4.1.2】
札幌2歳S
6頭
【0.4.2】
京王杯2歳S
5頭
【2.1.2】

次に上の表2では近2走以内に主要4重賞を経験し、本競走で3着以内に入った馬たちの頭数と本番での成績を調べた。4重賞の中で最も好走馬を出しているのがデイリー杯2歳Sの出走経験馬。昨年のキャプテントゥーレを含め過去10年で9頭の好走馬が出ている。しかし、本番の朝日杯FSでの好走内訳を見ると、驚くべき結果。勝ち馬が出ておらず、2着馬が5頭、3着馬が4頭。3連複などの軸としては有力だが、頭から狙うには心もとない成績・傾向だ。

続いて東スポ杯2歳Sに出走経験がある好走馬は7頭。好走馬の内訳は昨年のゴスホークケンを中心に優勝馬が4頭、2着馬が1頭、3着馬が2頭。続く札幌2歳Sの出走経験馬は6頭。その内訳はデイリー杯に似ていて、優勝馬がゼロ。04年のストーミーカフェら2着馬が4頭、3着馬が2頭となっている。最後に京王杯2歳Sに出走経験がある好走馬は5頭。主要4重賞の中では最も頭数が少ないが、04年のマイネルレコルトなど優勝馬が2頭出ている。

■表3 過去10年、デイリー杯2歳Sに出走し朝日杯FSで好走した馬

着順
人気
馬名
デ杯成績
デ杯通過順位
07年
3
4
キャプテントゥーレ
1着
【 - -2-2】
06年
2
7
ローレルゲレイロ
2着
【 - -4-6】
3
1
オースミダイドウ
1着
【 - -8-6】
05年
2
5
スーパーホーネット
3着
【 - -9-9】
04年
3
1
ペールギュント
1着
【 - -12-12】
03年
2
1
メイショウボーラー
1着
【 - -1-1】
01年
3
9
スターエルドラード
13着
【- -13-14】
99年
2
1
レジェンドハンター
1着
【 - -1-1】
98年
2
2
エイシンキャメロン
1着
【 - -1-1】

ここからは主要4重賞組の好走馬を詳しく見ていこう。まずはデイリー杯2歳S組(表3参照)。01年3着のスターエルドラード以外は、デイリー杯2歳Sで3着以内に入っている馬で、基本的には好走馬のみが今回の対象となる。そして、さらに注目したいのはデイリー杯2歳Sでの各コーナーの通過順位。結論から言うと、デイリー杯2歳Sで前目のポジションにつけて好走していた馬の方が、今回良績を残せる可能性がある。過去の朝日杯FSで連対を果たしたエイシンキャメロン、レジェンドハンター、メイショウボーラーは、デイリー杯2歳Sを逃げて好走していた馬。ペールギュントのような差し・追い込みタイプは、中山コースへ替わることがマイナス材料になりやすい。

■表4 過去10年、東スポ杯2歳Sに出走し朝日杯FSで好走した馬

着順
人気
馬名
東スポ杯成績
東スポ杯通過順位
RPCI
07年
1
3
ゴスホークケン
4着
【 -2-3-3】
50.9
06年
1
2
ドリームジャーニー
3着
【 -5-6-7】
60.7
05年
1
2
フサイチリシャール
1着
【 -1-1-1】
58.6
04年
3
1
ペールギュント
2着
【 -8-9-8】
54.3
00年
2
1
タガノテイオー
1着
【 -5-6-6】
53.5
99年
3
3
マチカネホクシン
3着
【 -7-8-7】
45.9
98年
1
1
アドマイヤコジーン
1着
【 -5-3-2】
56.6

次に東スポ杯2歳S組(表4参照)を見ていこう。ここも昨年のゴスホークケン以外が、同レースで3着以内に好走していた馬。そして、この組も各コーナーでの通過順位が大きなヒントになる。本競走の優勝馬4頭のうちゴスホークケン、フサイチリシャール、アドマイヤコジーンの3頭は、東スポ杯2歳Sでの4コーナー通過順位は3番手以内だった。残りの優勝馬であるドリームジャーニーは、差し・追い込みタイプだが、この年の東スポ杯2歳SはRPCI(レースペースチェンジ指数・第203回の本稿参考)が60.7で、いわゆる上がりの競馬。後ろから行く馬にとっては不向きな展開だった。RPCIを参考にすると、50.9だった昨年は例年よりも確実に厳しいペースで、先行したゴスホークケンにとっては苦しい競馬だったことがわかる。やや複雑な話になってしまうが、前哨戦での展開の有利・不利を考えることも、ここでは大きなヒントとなる。

■表5 過去10年、京王杯2歳Sに出走し朝日杯FSで好走した馬

着順
人気
馬名
京王杯成績
京王杯通過順位
RPCI
07年
2
10
レッゴーキリシマ
3着
【 - -1-2】
46.2
04年
1
2
マイネルレコルト
5着
【 - -11-7】
51.6
03年
1
4
コスモサンビーム
1着
【 - -4-4】
49.6
3
10
アポインテッドデイ
2着
【 - -5-5】
00年
3
4
ネイティヴハート
2着
【 - -3-6】
43.9

次は順番から言うと札幌2歳S組だが、今年の出走予定馬の中に、同レースの上位馬がいない。よって、詳しい分析は割愛させていただき、京王杯2歳S組を見ていくことにする(表5参照)。同組もまずはそこで良績を残していることが大前提。マイネルレコルト以外は、京王杯2歳Sで3着以内に入っていた。そして、東スポ杯2歳S組と同じように通過順位と、RPCIを分析することが有効となる。該当馬5頭のうち、4コーナーの通過順位が一番後ろだったのは、マイネルレコルト(7番手)。だが、同年のPRCIは51.6と、上がりが問われる流れ。一方、昨年の京王杯2歳SはPPCIが46.2と、前半からペースが厳しく、後半は上がりがかかる流れ。実際に上位を独占したのは、レッツゴーキリシマ以外はすべて後ろから差してきた馬たちだった。4コーナー2番手から踏ん張ったレッツゴーキリシマが、より力を示したと言えるのではないだろうか。


【結論】

それでは今年の朝日杯FSを占っていこう。まずは札幌2歳Sを除く主要重賞について調べていく。

■表6 今年のデイリー杯2歳Sに出走した朝日杯FS出走予定馬

馬名
デ杯成績
デ杯通過順位
シェーンヴァルト 1着
【 - -8-7】
ホッコータキオン 2着
【 - -1-1】
ピースピース 4着
【- -11-11】
トップオブピーコイ 10着
【 - -3-2】

今年のデイリー杯2歳S組は上の表6。基本的には連対馬のシェーンヴァルト、ホッコータキオンまでが上位争い可能と見るが、同レースでの通過順位からホッコータキオンの方に注目。レコードを誘発させるほどの速いペースで飛ばし、逃げ粘っての2着。それでいながら勝ち馬のシェーンヴァルトとはタイム差なしのクビ差ということで、中山コースに替わっての逆転が見込めるかもしれない。

2008/10/18 京都11R デイリー杯2歳ステークス(Jpn2) 2着 10番 ホッコータキオン 2008/11/22 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(Jpn3) 2着 2番 ブレイクランアウト

■表7 今年の東スポ杯2歳Sに出走した朝日杯FS出走予定馬

馬名
東スポ杯成績
東スポ杯通過順位
RPCI
ブレイクランアウト
2着
【 -10-9-9】
58.3
サンカルロ
3着
【 -8-7-7】
マッハヴェロシティ
6着
【 14-14-13】

次に東スポ杯2歳S組を見ていこう(表7参照)。今年の同レースはRPCIが、58.3と例年の本競走と比べて、ペースが遅い部類に入る。本来は厳しい流れを先行して好走している場合の方が、本競走には繋がりやすいが、4コーナー9番手で2着まで押し上げたブレイクランアウトに可能性を託したい。

■表8 今年の京王杯2歳Sに出走した朝日杯FS出走予定馬

馬名
京王杯成績
京王杯通過順位
RPCI
ゲットフルマークス
1着
【 - -1-1】
54.1
フィフスペトル
2着
【 - -4-4】
エイシンタイガー
3着
【 - -6-4】
トップオブピーコイ
15着
【 - -15-15】

次に京王杯2歳S組を見ていこう(表8参照)。今年の同レースはRPCIが54.1。例年の本競走に比べると、確実に遅い流れだ。優勝したのは逃げ切ったゲットフルマークスだが、展開に恵まれた感が否めない。2着のフィフスペトル、3着のエイシンタイガーも4コーナーはともに4番手と、先行しており、極端に展開が不利だったとは言えないが、勝ち馬よりも脚を余した内容だったと言えるだろう。したがって、この組はフィフスペトルエイシンタイガーにのみ注目してみたい。

■表9 表6〜8に該当しなかった今年の朝日杯FS出走予定馬

馬名
前走成績
2走前成績
オメガユリシス 福島2歳S1着 くるみ賞6着
カノンコード もちの木賞2着 新馬1着
ケイアイマッシブ 500万7着 未勝利1着
ケンブリッジエル 500万2着 未勝利1着
サトノエクスプレス 新馬1着  
シングンレジェンド 新馬1着  
セイウンワンダー 新潟2歳S1着 未勝利1着
タイフーンルビー 未勝利1着 未勝利3着
ツルマルジャパン クリスマスS9着 小倉2歳S3着
トウカイフィット 500万3着 いちょうS5着
トレノパズル 新馬1着  
ナンヨークイーン マカオJCT6着 未勝利1着
ブライトクロノス ベゴニア賞7着 いちょうS6着
ベルベットロード ベゴニア賞5着 未勝利1着
ボンジュールボン 未勝利1着 未勝利4着
ミッキーパンプキン 萩S1着 新馬1着
メジロチャンプ 札幌2歳S9着 コスモス賞4着
リーチマイドリーム ベゴニア賞6着 未勝利1着
レッドスパーダ 新馬1着  

最後に主要4重賞に出走しなかった馬たちを上の表9に記した。表9の該当馬の大半は賞金が足りずに、抽選の結果に委ねられそう。前述したように基本的には前走OPクラスの芝1600m以上での勝利が必要になることから、セイウンワンダー(新潟2歳S1着)とミッキーパンプキン(萩S1着)のみがチャンスと言えそう。ただし、セイウンワンダーは新潟2歳S以来の休み明け。過去10年の好走馬で、最も間隔が開いていたのは、前走札幌2歳S1着(9月末)のサクラプレジデント。その他の馬は10月以降に一度はレースを使っていた。この点がどうかということで、ミッキーパンプキンの方を上位に取りたい。

まとめると、勝ち切れないものの2、3着候補として有力なデイリー杯2歳S組からはホッコータキオン。勝ち馬を多く出している東スポ杯2歳S、京王杯2歳S組からブレイクランアウト、フィフスペトル、エイシンタイガー。別路線組からはミッキーパンプキンを推奨してみたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN