第229回 皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞の結末は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第229回 皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞の結末は?

2008/10/20(月)

今週は3歳牡馬クラシックの最終戦、菊花賞が京都競馬場で行われる。今年は皐月賞馬・キャプテントゥーレが休養中、そしてダービー馬・ディープスカイは天皇賞(秋)に出走を予定しており、春二冠の優勝馬不在となった。そこで月曜掲載分の今回は、過去の「皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞」に注目してみた。

データの分析にはJRA-VAN DataLab.Target frontier JVを利用し、JRA-VAN Data Lab.で情報が提供されている86年以降について調査を行った。なお、今週は週前半の今回は筆者(浅田)、そして木曜掲載分は小田原智大氏の担当となっている。菊花賞についてのより詳しい分析は、小田原氏担当分の掲載をお待ちいただきたい。

■表1 ダービー馬の三冠成績(86年以降)

ダービー馬
皐月賞
ダービー
菊花賞
86 ダイナガリバー  
2
10
3
1
5
2
87 メリーナイス   
8
7
4
1
1
9
88 サクラチヨノオー 
2
3
3
1
不出走
89 ウィナーズサークル
7
2
3
1
2
10
90 アイネスフウジン 
1
2
3
1
不出走
91 トウカイテイオー 
1
1
1
1
不出走
92 ミホノブルボン  
1
1
1
1
1
2
93 ウイニングチケット
1
4
1
1
2
3
94 ナリタブライアン 
1
1
1
1
1
1
95 タヤスツヨシ   
4
2
1
1
5
6
96 フサイチコンコルド
不出走
7
1
2
3
97 サニーブライアン 
11
1
6
1
不出走
98 スペシャルウィーク
1
3
1
1
1
2
99 アドマイヤベガ  
1
6
2
1
1
6
00 アグネスフライト 
不出走
3
1
1
5
01 ジャングルポケット
2
3
1
1
1
4
02 タニノギムレット 
1
3
1
1
不出走
03 ネオユニヴァース 
1
1
1
1
1
3
04 キングカメハメハ 
不出走
1
1
不出走
05 ディープインパクト
1
1
1
1
1
1
06 メイショウサムソン
6
1
1
1
1
4
07 ウオッカ     
不出走
3
1
不出走
08 ディープスカイ  
不出走
1
1
不出走

86年以降のダービー馬は表1の通りで、菊花賞不出走馬は計8頭。その多くが故障により菊花賞を断念した馬だが、昨年のウオッカは牝馬のため秋華賞に出走した。今年のディープスカイに似ているのは04年にやはりNHKマイルC、ダービーの「変則二冠」を達成したキングカメハメハで、神戸新聞杯を制した後、天皇賞(秋)への出走を表明していた(天皇賞には出走せず引退)。

■表2 ダービー馬不在の菊花賞(86年以降)

菊花賞1、2着馬
(上段:1着、下段:2着)
皐月賞
ダービー
前走

人気
馬連
馬単
レース
88 スーパークリーク
不出走
不出走
京都新聞杯
4
6
3
枠4110
ガクエンツービート
不出走
11
9
京都新聞杯
8
9
7
90 メジロマックイーン
不出走
不出走
1500万
1
2
4
枠1240
ホワイトストーン
9
8
12
3
セントライト
1
1
2
91 レオダーバン
不出走
2
2
セントライト
1
3
3
1200
イブキマイカグラ
2
4
不出走
京都新聞杯
1
2
1
97 マチカネフクキタル
不出走
11
7
京都新聞杯
1
1
3
3970
ダイワオーシュウ
不出走
不出走
セントライト
2
2
7
02 ヒシミラクル
不出走
不出走
神戸新聞杯
7
6
10
96070
ファストタテヤマ
12
15
15
15
札幌記念
11
13
16
182540
04 デルタブルース
不出走
不出走
1000万
1
1
8
11280
ホオキパウェーブ
不出走
9
9
セントライト
2
2
4
36510
07 アサクサキングス
6
7
14
2
神戸新聞杯
5
2
4
2930
アルナスライン
不出走
不出走
京都大賞典
6
3
6
6300
1990/11/4京都11R 菊花賞(G1) 1着2番 メジロマックイーン

表2は86年以降、ダービー馬が不在だった7回の菊花賞における連対馬を調べたものである。「ダービー馬不在なら2着馬が良いのでは?」などとつい考えてしまうが、この7回でダービー最先着馬が連対を果たしたのは2回のみ。加えて、ダービーで上位人気に推されていたのもレオダーバン1頭だけであり、ダービー馬不在の年はダービーの成績や当時の評価(人気)は参考にならない。また、7回すべてダービー出走馬と不出走馬の組み合わせとなっている点も注目したい。
人気面では1、2番人気はそれぞれ1連対止まりと波乱傾向。ただ、過去10年の菊花賞でも1番人気馬は【1.1.2.6】と、近年はダービー馬の存在いかんに関わらず1番人気の信頼性には疑問符がつく。注意したいのは2番人気で、過去10年では【2.2.0.6】。86年以降でも【3.5.3.11】で連対率36.4%の好成績を残しており、明らかにダービー馬不在年の2番人気馬は例年よりも信頼性が低い。

■表3 皐月賞馬の三冠成績(86年以降)

皐月賞馬
皐月賞
ダービー
菊花賞
86 ダイナコスモス  
5
1
2
5
不出走
87 サクラスターオー 
2
1
不出走
9
1
88 ヤエノムテキ   
9
1
2
4
1
10
89 ドクタースパート 
3
1
4
14
不出走
90 ハクタイセイ   
3
1
2
5
不出走
91 トウカイテイオー 
1
1
1
1
不出走
92 ミホノブルボン  
1
1
1
1
1
2
93 ナリタタイシン  
3
1
3
3
3
17
94 ナリタブライアン 
1
1
1
1
1
1
95 ジェニュイン   
3
1
2
2
不出走
96 イシノサンデー  
4
1
3
6
不出走
97 サニーブライアン 
11
1
6
1
不出走
98 セイウンスカイ  
2
1
3
4
2
1
99 テイエムオペラオー
5
1
3
3
2
2
00 エアシャカール  
2
1
1
2
2
1
01 アグネスタキオン 
1
1
不出走
不出走
02 ノーリーズン   
15
1
2
8
1
03 ネオユニヴァース 
1
1
1
1
1
3
04 ダイワメジャー  
10
1
4
6
不出走
05 ディープインパクト
1
1
1
1
1
1
06 メイショウサムソン
6
1
1
1
1
4
07 ヴィクトリー   
7
1
2
9
3
16
08 キャプテントゥーレ
7
1
不出走
不出走

続いて、86年以降の皐月賞馬についても見てみたい。春二冠を制しながら菊花賞に駒を進められなかったトウカイテイオーやサニーブライアンなど、今年のキャプテントゥーレも含め計10頭が菊花賞不出走となっている。
余談ではあるが、皐月賞馬は86年以降で13頭が菊花賞に出走し、【5.2.1.5】で勝率38.5%、連対率53.8%の好成績を収めている。一方、距離も時期も皐月賞より近いダービー馬は、【2.3.3.7】で勝率13.3%、連対率33.3%と、皐月賞馬の成績を下回る。「菊花賞ではダービー馬より皐月賞馬」と覚えておくと、来年以降に役立つこともありそうだ。

■表4 皐月賞馬不在の菊花賞(86年以降)

菊花賞1、2着馬
(上段:1着、下段:2着)
皐月賞
ダービー
前走
馬連
レース
人気
馬単
86 メジロデュレン
不出走
不出走
1400万
1
1
6
枠2890
ダイナガリバー
2
10
3
1
京都新聞杯
2
4
5
89 バンブービギン
不出走
不出走
京都新聞杯
5
1
1
枠1370
レインボーアンバー
不出走
不出走
京都新聞杯
9
5
4
90 メジロマックイーン
不出走
不出走
1500万
1
2
4
枠1240
ホワイトストーン
9
8
12
3
セントライト
1
1
2
91 レオダーバン
不出走
2
2
セントライト
1
3
3
1200
イブキマイカグラ
2
4
不出走
京都新聞杯
1
2
1
95 マヤノトップガン
不出走
不出走
京都新聞杯
2
2
3
6330
トウカイパレス
不出走
不出走
京都新聞杯
10
4
9
96 ダンスインザダーク
不出走
1
2
京都新聞杯
1
1
1
1760
ロイヤルタッチ
1
2
2
4
京都新聞杯
2
3
6
97 マチカネフクキタル
不出走
11
7
京都新聞杯
1
1
3
3970
ダイワオーシュウ
不出走
不出走
セントライト
2
2
7
01 マンハッタンカフェ
不出走
不出走
セントライト
3
4
6
46210
マイネルデスポット
不出走
不出走
1000万
10
3
11
04 デルタブルース
不出走
不出走
1000万
1
1
8
11280
ホオキパウェーブ
不出走
9
9
セントライト
2
2
4
36510
2004/10/24 京都11R 菊花賞(G1) 1着18番 メジロマックイーン

皐月賞馬不在の菊花賞における連対馬を調べると、2番人気が1連対と不振な点は表2のダービーと同様である。この皐月賞馬不在の年で注目したいのは前走着順。出走レースは様々だが、連対した18頭すべてが前走で5着以内に好走しているのだ。01年11番人気2着のマイネルデスポットは前走1000万条件3着、04年8番人気優勝のデルタブルースは前走1000万条件1着であり、条件戦出走馬でも侮れない。

以上が皐月賞馬、ダービー馬が不在だった年の菊花賞の結果である。しかし今年は、皐月賞馬、ダービー馬が揃って不在。同様の例は90、91、97、04年の計4回で(表2、表4で年の背景黄色)、その連対馬8頭は、前走が重賞なら3着以内、準オープンなら2着以内、1000万条件なら1着と、単なる「皐月賞馬不在」の年よりもさらに傾向がはっきりする。
今年の登録馬で該当するのは、重賞3着以内はオウケンブルースリ(神戸新聞杯3着)、ダイワワイルドボア(セントライト記念1着)、ノットアローン(セントライト記念3着)、マイネルチャールズ(セントライト記念2着)の4頭。準オープン2着以内はシゲルフセルト。そして1000万条件1着はアグネススターチ、スマートギア、ダイシンプラン、ドットコムの4頭だ。
このうちダービー出走馬は、アグネススターチ(10着)、マイネルチャールズ(4着)のみ。ダービー馬不在の年は「ダービー出走馬−不出走馬」の組み合わせという傾向通りの結果なら(表2)、今年はこの2頭が有力な連対候補だ(ただし、連対するのはいずれか1頭)。
ちなみに、皐月賞とダービーを異なる馬が制し、両馬が不在だったのは90年と04年。わずか2例ではサンプル不足の感は否めないものの、ともに条件戦組−セントライト記念組の組み合わせで決着したことも一応覚えておきたい。

冒頭にも述べた通り、今回はあくまで「皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞」に絞って注目したものである。木曜掲載分における分析結果を軸に据えつつ、さらに買い目を絞る材料が欲しい、などというときに「もうひと押し」として役立てて頂ければ幸いだ。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN