第223回 馬場状態別に占うスプリンターズステークス|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第223回 馬場状態別に占うスプリンターズステークス

2008/9/29(月)

今週は秋のGI開幕戦のスプリンターズステークス(以下、スプリンターズS)が中山競馬場で開催される。昔のスプリンターズSは逃げ馬にとって鬼門のレースであったはずだが、日程移動後は昨年のアストンマーチャンを筆頭に逃げ馬が活躍している。今回はこの辺について調べてみたいと思う。
まずは日程変更があった2000年以降の3着以内馬から見ていこうと思う。表1をご覧頂きたい。(データの調査・集計にあたってはいつもの通り、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVで調査している。 また、2002年は新潟開催のため除外している。)

■表1 2000年以降のスプリンターズSの3着以内馬一覧(中山開催のみ)

馬名
性齢
騎手
通過順
上り3F
前走
レース名
騎手
通過順
2007
(不)
1 アストンマーチャン 牝3 中舘英二 3    01-01
36.3
北九州記念 岩田康誠
1
6
   03-05
2 サンアディユ    牝5 川田将雅 1    02-03
36.1
セントウルS 川田将雅
11
1
   01-02
3 アイルラヴァゲイン 牡5 松岡正海 5    02-02
36.2
セントウルS 松岡正海
3
5
   02-02
2006
(良)
1 テイクオーバーターゲット セ7 フォード 1    01-01
35.3
セントウルS フォード
2
2
   02-02
2 メイショウボーラー 牡5 福永祐一 10    04-04
35.3
セントウルS 福永祐一
5
7
   09-09
3 タガノバスティーユ 牡3 勝浦正樹 16    14-14
34.3
北九州記念 池添謙一
6
9
   11-11
2005
(良)
1 サイレントウィットネス セ6 コーツィ 1    03-03
34.1
安田記念 コーツィ
5
3
   02-02
2 デュランダル    牡6 池添謙一 2    15-14
32.7
香港M 池添謙一
5
 
3 アドマイヤマックス 牡6 武豊   3    12-12
33.4
安田記念 武豊  
4
12
   10-10
2004
(不)
1 カルストンライトオ 牡6 大西直宏 5    01-01
36.3
アイビスSD 大西直宏
1
1
1
2 デュランダル    牡5 池添謙一 2    16-14
35.8
高松宮記念 池添謙一
1
2
   17-17
3 ケープオブグッドホープ セ6 プレブル 8    09-09
36.4
ジュライC キネーン
4
 
2003
(良)
1 デュランダル    牡4 池添謙一 5    15-14
33.1
セントウルS 池添謙一
4
3
   11-11
2 ビリーヴ      牝5 安藤勝己 1    04-02
34.4
セントウルS 安藤勝己
1
2
   04-03
3 アドマイヤマックス 牡4 武豊   2    13-13
33.7
セントウルS 福永祐一
3
4
   06-06
2001
(良)
1 トロットスター   牡5 蛯名正義 4    08-10
33.9
安田記念 蛯名正義
4
14
   14-10
2 メジロダーリング  牝5 田中勝春 3    01-01
34.5
アイビスSD 吉田豊 
2
1
5
3 ダイタクヤマト   牡7 江田照男 2    05-03
34.3
セントウルS 江田照男
2
2
   03-03
2000
(稍)
1 ダイタクヤマト   牡6 江田照男 16    02-01
35.6
セントウルS 吉田稔 
7
7
   04-04
2 アグネスワールド  牡5 武豊   1    05-05
35.4
ジュライC 武豊  
1
 
3 ブラックホーク   牡6 横山典弘 2    08-08
35.3
セントウルS 横山典弘
1
2
   10-10
※年の下の()内は馬場状態

過去7回のうち、良馬場で行われたのが2006、2005、2003、2001年の4回、それ以外の渋った馬場状態で行われたのが2007、2004、2000年である。
渋った馬場状態で行われた際には逃げ馬、もしくはそれに準ずる馬が勝ってやや波乱気味な一方、良馬場で行われた際には1〜3番人気のいずれかが連対を確保している。
どうもこのレースは馬場状態によってふたつの顔を持っているのではないか?そう感じたのでここからは馬場状態別に見て行こうと思う。まずは良馬場で行われた4回分を見てみる。

 

【パターン1:スプリンターズSが良馬場で行われた場合】

■表2 脚質別成績(良馬場時)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
1- 1- 0- 2/ 4
25.0%
50.0%
50.0%
105
95
先行
1- 2- 1-11/15
6.7%
20.0%
26.7%
13
62
中団
0- 0- 0-24/24
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
後方
2- 1- 3-10/16
12.5%
18.8%
37.5%
101
291

表2にはスプリンターズSが良馬場で行われた際の脚質別成績をまとめてみた。中団(差し)が不振で逃げ馬が強く、追い込み馬が健闘している。中団を除いて脚質別に好走馬を見て行こうと思う。

■表3 良馬場時に逃げて好走した馬の詳細

馬名
性齢
前走
前走通過順
GT勝ち鞍等
2006
1
テイクオーバーターゲット
セ7
セントウルS2人気2着
02-02
豪州GI他
2001
2
メジロダーリング
牝5
アイビスSD2人気1着
05
なし(GIII連勝中)

■表4 良馬場時に先行して好走した馬の詳細

馬名
性齢
前走
前走通過順
GT勝ち鞍等
2006 2 メイショウボーラー 牡5 セントウルS5人気7着
09-09
フェブラリーS、朝日杯2着
2005 1 サイレントウィットネス セ6 安田記念5人気3着
02-02
香港スプリント他
2003 2 ビリーヴ 牝5 セントウルS1人気2着
04-03
スプリンターズS、高松宮杯
2001 3 ダイタクヤマト 牡7 セントウルS2人気2着
03-03
スプリンターズS

2006/10/1 中山11R スプリンターズS(G1) 1着 13番 テイクオーバーターゲット表3は逃げ馬について、表4では先行馬についてそれぞれまとめてみた。傾向が似ているので合わせて見ていくこととする。
メイショウボーラーを除くと、表3、表4ともに「前走の重賞で先行して3着以内かつスプリンターズSで3番人気以内」というのがポイントかと思う。前走の好調を維持しスプリンターズSでも好走しているようだ。もう少し細かく見て、「前走がセントウルS、アイビスSDで先行して連対したGI勝ち馬もしくは重賞連勝馬」としてもよいかもしれない。


■表5 良馬場時に追い込んで好走した馬の詳細

馬名
性齢
前走
前走通過順
重賞実績
2006
3
タガノバスティーユ
牡3
北九州記念6人気9着
11-11
ファルコンS1着
2005
2
デュランダル
牡6
香港マイル5着
スプリンターズS、マイルCS2回
2005
3
アドマイヤマックス
牡6
安田記念4人気12着
10-10
高松宮杯1着
2003
1
デュランダル
牡4
セントウルS4人気3着
11-11
なし
2003
3
アドマイヤマックス
牡4
セントウルS3人気4着
06-06
安田記念2着、東スポ杯1着
2001
1
トロットスター
牡5
安田記念4人気14着
14-10
高松宮杯1着

表5は追い込んで3着内に好走した馬の一覧である。
ここでは特に目立った傾向は見られなかった。デュランダル(2005年)、アドマイヤマックス、トロットスターあたりを見ると既に短距離GIで実績のある馬ということだろうか。休み明けなら前走は気にしなくてもよさそうだが、そうでなければある程度格好つけたいところかもしれないが、どちらにせよ後方からレースを進めて不発に終わっていることは共通している感じがする。

■表6 前走脚質別成績(良馬場時)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
0- 0- 0- 8/ 8
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
先行
2- 1- 1-18/22
9.1%
13.6%
18.2%
28
24
中団
1- 2- 2-10/15
6.7%
20.0%
33.3%
54
96
後方
1- 0- 1- 7/ 9
11.1%
11.1%
22.2%
90
430

■表7 前走上がり順位別成績(良馬場時)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
3F 1位
1- 1- 0- 9/11
9.1%
18.2%
18.2%
73
35
3F 2位
0- 0- 0- 4/ 4
0.0%
0.0%
0.0%
0
0
3F 3位
0- 1- 0- 3/ 4
0.0%
25.0%
25.0%
0
30
3F〜5位
0- 0- 3-10/13
0.0%
0.0%
23.1%
0
303
3F6位〜
3- 1- 1-17/22
13.6%
18.2%
22.7%
65
63

表6および表7にはスプリンターズSの前走の脚質傾向および上がり3Fについて調べてみた。
表3、4では前走では先行して重賞で好走していると良い旨のデータが出ているが、表6によると前走で逃げていた馬はスプリンターズSが良馬場で行われた場合は全滅していることがわかる。
また、追い込み馬が健闘をみせているものの、表7を見る限りだと前走で上がり3Fが1位、2位だった馬の連対はわずかに2頭。「切れる脚はなくてもよいから先行して押し切る」もしくは「前走で末脚が不発に終わった馬の巻き返し」ということなのかと思う。

 

【パターン2:スプリンターズSが良馬場以外で行われた場合】

以降ではスプリンターズSが良馬場でないやや重、不良馬場で行われた3回についてみてみることとする。まずはこのケースにおける脚質別の成績を表8で確認してみようと思う。

■表8 脚質別成績(良馬場時以外)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
2- 0- 0- 1/ 3
66.7%
66.7%
66.7%
470
176
先行
1- 1- 1- 6/ 9
11.1%
22.2%
33.3%
2861
295
中団
0- 1- 2-17/20
0.0%
5.0%
15.0%
0
47
後方
0- 1- 0-15/16
0.0%
6.3%
6.3%
0
13

馬場が渋るとさすがに前が強くなっていて、成績も逃げ-先行-中団-追込の順になっているようだが、その中でも逃げ馬が断トツの成績を残している。逃げ馬は単勝もしくは頭で狙いたいところだ。馬場が渋った際に前が強いことは、2000年以降の全体の脚質別成績をまとめた表9と比較しても明らかかと思う。

■表9 脚質別成績(全体)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回値
複回値
逃げ
3- 1- 0- 3/ 7
42.9%
57.1%
57.1%
261
130
先行
2- 3- 2-17/24
8.3%
20.8%
29.2%
1081
149
中団
0- 1- 2-41/44
0.0%
2.3%
6.8%
0
21
後方
2- 2- 3-25/32
6.3%
12.5%
21.9%
50
152

■表10 良馬場時以外に逃げて好走した馬の詳細

馬名
性齢
前走
前走通過順
重賞実績
2007
1
アストンマーチャン
牝3
北九州記念1人気6着
01-01
阪神JF2着、Fレビュー1着他
2004
1
カルストンライトオ
牡6
アイビスSD1人気1着
01
アイビスSD1着(2回)

2007/9/30 中山11R スプリンターズS(G1)1着 7番 アストンマーチャン表10には逃げて好走した馬をまとめてみた。アストンマーチャンとカルストンライトオで、人気馬を蹴散らし馬場が悪い中鮮やかな逃げ切りを見せている。
共通点としては、前走1人気、重賞勝ち鞍ありに加え、前走で逃げていたことを挙げておきたい。アストンマーチャンは前走逃げるも敗退し、スプリンターズSではやや人気を落としたものの、悪天候にも助けられスプリンターズSでは逃げ切り勝ちを収めたわけで、今後もこのようなパターンは出てくるのではないかと思う。


■表11 良馬場時以外に先行して好走した馬の詳細

馬名
性齢
前走
前走通過順
重賞実績
2007
2
サンアディユ
牝5
セントウルS11人気1着
01-02
2007アイビスSD1着
2007
3
アイルラヴァゲイン
牡5
セントウルS3人気5着
02-02
2007オーシャンS1着
2000
1
ダイタクヤマト
牡6
セントウルS7人気7着
04-04
2000函館SS2着

表11には先行して好走した馬をまとめてみた。サンアディユ、アイルラヴァゲイン、ダイタクヤマトの3頭となっている。この3頭の共通点としては前走セントウルS出走、前走先行、同年夏のスプリント重賞で好走実績あり、の3つである。
サンアディユ以外は全て3番人気以下であり、良馬場のパターン1と比較すると、人気薄の好走が目立つパターンとなっている。

このように良馬場とそれ以外のケースに分けて見てきたが、本稿執筆時点ではスプリンターズS当日の天気予報は未定である。次回はもう少しこのレースについて分析し、週末の天気予報を加味して結論を出そうと思う。

ライタープロフィール

ヒノデクロス(ひのでくろす)

1976年6月、静岡県生まれ。大学卒業後、都内のシステム開発会社勤務。競馬歴は15年ほど、好きな馬はヒロデクロスとダンスインザダーク。「同じようなレースではおおよそ同じような結果になる」とのことで重賞を中心に過去データの観点から予想を行っている。趣味はサッカー、フットサル。日本代表と清水エスパルスおよび柴犬をこよなく愛す。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN