第222回 本命党のための?オールカマーを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第222回 本命党のための?オールカマーを分析する

2008/9/25(木)

今週は中山競馬場でオールカマー、阪神競馬場で菊花賞トライアル神戸新聞杯が組まれている。今回は秋の古馬G1戦線に向けて重要な一戦であるオールカマーの展望を行ってみたい。
なおデータ分析には、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

■表1 過去10年のオールカマーの結果

着順
人気
馬名
前走
07年
1
1
マツリダゴッホ 札幌記念7着
2
5
シルクネクサス 札幌記念5着
3
7
エリモハリアー 札幌記念8着
06年
1
4
バランスオブゲーム 宝塚記念3着
2
2
コスモバルク 札幌日経OP2着
3
6
ディアデラノビア ヴィクトリアM3着
05年
1
4
ホオキパウェーブ 札幌記念9着
2
2
グラスボンバー 新潟記念2着
3
6
エルノヴァ クイーンS5着
04年
1
9
トーセンダンディ 新潟記念3着
2
4
スーパージーン 新潟記念1着
3
3
ウインジェネラーレ ブリーダーズGC4着
03年
1
1
エアエミネム 札幌記念2着
2
3
ファストタテヤマ 宝塚記念9着
3
7
メジロランバート みなみ北海道S3着
02年
1
2
ロサード 小倉記念5着
2
3
アグネススペシャル 新潟記念2着
3
9
ホットシークレット 宝塚記念9着
01年
1
2
エアスマップ 新潟記念2着
2
3
ゲイリートマホーク 新潟記念7着
3
6
サイレントセイバー 新潟記念10着
00年
1
1
メイショウドトウ 宝塚記念2着
2
4
サクラナミキオー 札幌記念6着
3
5
スエヒロコマンダー 朝日チャレンジC6着
99年
1
3
ホッカイルソー 新潟記念2着
2
2
ダイワオーシュウ 有馬記念8着
3
1
ダイワテキサス 札幌記念4着
98年
1
1
ダイワテキサス 関屋記念1着
2
4
ダイワオーシュウ 天皇賞(春)5着
3
2
サイレントハンター 札幌記念2着
※02年は新潟芝2200mで施行。

始めに過去10年のオールカマーの結果を見ていこう(表1参照)。まず注目したいのはオールカマー連対馬の人気。過去10年のオールカマーの結果を見ると、1、2着は1〜4番人気以内の組み合わせが8回もあり、上位人気同士で決まる傾向が強い。過去10年の馬連平均配当は1791円(01年は小頭数のため枠連で計算)で、2000円以上の配当だったのは04年の一回のみだ。3着に人気薄が来ることはあるが、1、2着は上位人気同士で決まる本命党向きのレースと言えるだろう。
その他の傾向としては新潟記念と札幌記念をステップにしている馬が目立ち、いずれかのレースをステップにしている馬が過去10年中9年で連対している。また過去10年の好走馬30頭中16頭が前走で新潟記念か札幌記念を使っており、馬券の中心は新潟記念か札幌記念をステップにしている馬から考えたい。よって以下ではオールカマーで好走した前走新潟記念組と前走札幌記念組から見ていこう。

■表2 前走新潟記念出走馬の前走着順別成績(過去10年)

前走着順
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
前走1着
0-1-0-0/1
0%
100%
100%
0%
180%
前走2着
2-2-0-0/4
50%
100%
100%
292%
175%
前走3着
1-0-0-3/4
25%
25%
25%
1667%
142%
前走4着
0-0-0-3/3
0%
0%
0%
0%
0%
前走5着
0-0-0-1/1
0%
0%
0%
0%
0%
前走6〜9着
0-1-0-7/8
0%
12.50%
12.50%
0%
32%
前走10着〜
0-0-1-4/5
0%
0%
20%
0%
0%

表2は前走新潟記念出走馬の前走着順別成績(過去10年)。前走新潟記念1着だった馬は1頭出走して2着。前走新潟記念2着だった馬は4頭出走して1着2回2着2回の成績。つまり前走新潟記念連対馬は5頭出走し、いずれもがオールカマーで連対している
前走3着以下からも3頭が馬券になっているが、その3頭については下記の表3で見ていこう。

■表3 前走新潟記念組のオールカマー好走馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
2走前
05年
2
2
グラスボンバー 新潟記念2着 七夕賞3着
04年
1
9
トーセンダンディ 新潟記念3着 関屋記念4着
2
4
スーパージーン 新潟記念1着 北九州記念10着
02年
2
3
アグネススペシャル 新潟記念2着 関屋記念6着
01年
1
2
エアスマップ 新潟記念2着 函館記念15着
2
3
ゲイリートマホーク 新潟記念7着 七夕賞1着
3
6
サイレントセイバー 新潟記念10着 NSTオープン1着
99年
1
3
ホッカイルソー 新潟記念2着 七夕賞4着

表3は前走新潟記念組のオールカマー好走馬をまとめたもの(過去10年)。表2の繰り返しになるが、前走新潟記念組は新潟記念で連対している馬が中心になる。前走新潟記念3着以下からのオールカマー好走馬は3頭いて、3頭中2頭が2走前にOPクラス以上のレースで勝利を収めていた

■表4 前走札幌記念出走馬の前走着順別成績(過去10年)

前走着順
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
前走1着
0-0-0-0/0
0%
0%
0%
0%
0%
前走2着
1-0-1-0/2
50%
50%
100%
70%
110%
前走3着
0-0-0-1/1
0%
0%
0%
0%
0%
前走4着
0-0-1-1/2
0%
0%
50%
0%
50%
前走5着
0-1-0-0/1
0%
100%
100%
0%
300%
前走6〜9着
2-1-1-1/5
40%
60%
80%
164%
192%
前走10着〜
0-0-0-5/5
0%
0%
0%
0%
0%

表4は前走札幌記念出走馬の前走着順別成績(過去10年)。前走札幌記念組は札幌記念2着馬の相性が良く、前走10着以下からの馬は一度も馬券になっていないことが特徴。しかしその他の着順からの好走馬も7頭いて、このデータだけではわからない点も多い。よって以下の表5で前走札幌記念組のオールカマー好走馬を別の角度から分析していこう。

■表5 前走札幌記念組のオールカマー好走馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
2走前
中山芝実績
07年
1
1
マツリダゴッホ 札幌記念7着 天皇賞(春)11着 アメリカJCC1着
2
5
シルクネクサス 札幌記念5着 函館記念7着 アメリカJCC3着
3
7
エリモハリアー 札幌記念8着 函館記念1着  
05年
1
4
ホオキパウェーブ 札幌記念9着 JC16着 セントライト記念2着
03年
1
1
エアエミネム 札幌記念2着 函館記念1着  
00年
2
4
サクラナミキオー 札幌記念6着 函館記念4着 エイプリルS1着
99年
3
1
ダイワテキサス 札幌記念4着 中山記念2着 オールカマー1着
98年
3
2
サイレントハンター 札幌記念2着 鳴尾記念9着 エイプリルS1着

表5は前走札幌記念組のオールカマー好走馬(過去10年)。前走札幌記念組は前走着順が10着以内なら問題ない。重要なのは中山芝実績。前走札幌記念組のオールカマー好走馬8頭中6頭が中山芝の重賞で3着以内かオープンクラスで勝利を収めていた。そして中山芝実績がなかった2頭は2走前に函館記念で勝利を収めている共通点があった

■表6 その他のオールカマー好走馬(過去10年)

着順
人気
馬名
前走
重賞連対実績
中山芝重賞実績
06年
1
4
バランスオブゲーム 宝塚記念3着 中山記念1着 セントライト記念1着
2
2
コスモバルク 札幌日経OP2着 シンガポールAC1着 セントライト記念1着
3
6
ディアデラノビア ヴィクトリアM3着 フローラS1着 中山牝馬S2着
05年
3
6
エルノヴァ クイーンS5着 クイーンS2着  
04年
3
3
ウインジェネラーレ ブリーダーズGC4着 日経賞1着 アメリカJCC2着
03年
2
3
ファストタテヤマ 宝塚記念9着 菊花賞2着  
3
7
メジロランバート みなみ北海道S3着 ダイヤモンドS2着 日経賞3着
02年
1
2
ロサード 小倉記念5着 小倉記念1着  
3
9
ホットシークレット 宝塚記念9着 目黒記念1着 ステイヤーズS1着
00年
1
1
メイショウドトウ 宝塚記念2着 宝塚記念2着 日経賞3着
3
5
スエヒロコマンダー 朝日チャレンジC6着 鳴尾記念1着  
99年
2
2
ダイワオーシュウ 有馬記念8着 オールカマー2着 オールカマー2着
98年
1
1
ダイワテキサス 関屋記念1着 関屋記念1着  
2
4
ダイワオーシュウ 天皇賞(春)5着 菊花賞2着 セントライト記念2着

最後に前走新潟記念組、前走札幌記念組以外のオールカマー好走馬を見ていこう(表6参照)。前走レースは様々だが、前走着順5着以内の馬が14頭中10前走で6着以下に敗れていた4頭中3頭が前走G1レースに出走していた。つまりその他のオールカマー好走馬は前走5着以内、例外は前走G1をステップにしてきている馬と判断することができる。そしてその他のオールカマー好走馬は重賞連対実績と中山芝重賞実績が重要だ。全ての馬が重賞で連対実績があり、14頭中9頭が中山芝の重賞で3着以内に好走したことがあった


<結論>

それでは今年のオールカマーを展望していこう。今年の出走予定馬16頭を、前走レース別で3つのグループにわけてみたい。

2008/2/4 東京10R 早春ステークス1着 4番 マイネルキッツ2007/12/23 中山9R 有馬記念(G1)1着 3番 マツリダゴッホ

■表7 今年のオールカマー出走予定馬(1)

馬名
前走
2走前
スクールボーイ 新潟記念10着 関屋記念9着
トウショウシロッコ 新潟記念3着 函館記念13着
マイネルキッツ 新潟記念2着 七夕賞3着
ミストラルクルーズ 新潟記念4着 函館記念8着

表7は今年のオールカマー出走予定馬(1)で、前走新潟記念組をまとめたもの。過去10年で新潟記念連対馬はオールカマーでパーフェクト連対中。今年の前走新潟記念連対馬はマイネルキッツ。前走3着以下で2走前にOPクラス以上のレースで勝利を収めている馬はいないので、前走新潟記念組からはマイネルキッツのみを推奨馬として挙げたい。

■表8 今年のオールカマー出走予定馬(2)

馬名
前走
中山芝実績
マツリダゴッホ 札幌記念2着 有馬記念1着

表8は今年のオールカマー出走予定馬(2)で、前走札幌記念組だが、今年はマツリダゴッホ1頭のみ。そのマツリダゴッホは前走札幌記念2着。前走札幌記念2着馬はオールカマーで2頭いて、1着1回3着1回の成績。前走着順も好材料で、かつ中山芝実績もあり、今年も中心視して良いだろう。


■表9 今年のオールカマー出走予定馬(3)

馬名
前走
重賞連対実績
中山芝重賞実績
アドマイヤタイトル 札幌日経OP6着    
エアシェイディ 宝塚記念7着 アメリカJCC1着 アメリカJCC1着
エリモハリアー 朝日CC9着 函館記念1着 オールカマー3着
キングストレイル キーンランドC4着 セントライト記念1着 セントライト記念1着
コスモプロデュース 札幌日経OP11着    
ゴーウィズウィンド 札幌日経OP10着    
シャドウゲイト かしわ記念5着 中山金杯1着 中山金杯1着
スウィフトカレント ブリーダーズGC5着 小倉記念1着  
スクリーンヒーロー 札幌日経OP2着   セントライト記念3着
ブラックアルタイル ダイヤモンドS10着   アメリカJCC3着
モンテクリスエス ラジオNIKKEI賞15着    

表9は今年のオールカマー出走予定馬(3)で、前走札幌記念組と前走新潟記念組以外の馬をまとめたもの。前走着順が5着以内、6着以下なら前走がG1に出走している馬は、エアシェイディを始め5頭が該当。その中で重賞連対実績がある馬はエアシェイディキングストレイルシャドウゲイトスウィフトカレント。特に中山芝重賞実績もあるエアシェイディキングストレイルシャドウゲイトは強く推奨したい馬だ。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN