第198回 今年も牝馬?函館スプリントSを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第198回 今年も牝馬?函館スプリントSを分析する

2008/7/3(木)

今週は函館競馬場で函館スプリントS、福島競馬場でラジオNIKKEI賞が行われる。当コーナーでは過去2年、ヒノデクロス氏(第128回「上がり馬?実績馬?ラジオNIKKEI賞を占う!」)と浅田知広氏(第77回「ハンデ戦になったラジオNIKKEI賞の狙い方」)がラジオNIKKEI賞を分析しているので、今年は函館スプリントSに注目しよう。
函館スプリントSは00年から現在の1回函館での施行になった。しかし00年以前と比較して、それほど大きな変化は見られないので、いつも通り過去10年のデータを基に分析していく。なおデータ分析にはJRA-VAN Data Lab. Target frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の函館スプリントSの結果

着順
人気
馬名
前走
芝1200m(複勝率)
07年
1
3
アグネスラズベリ CBC賞3着
3-1-1-3(62.5%)
2
6
サープラスシンガー クロッカスS1着
2-2-0-0(100%)
3
4
ブラックバースピン CBC賞1着
1-0-0-1(50%)
06年
1
13
ビーナスライン フリーウェイS11着
4-1-5-4(71.4%)
2
1
シーイズトウショウ CBC賞1着
7-4-3-7(66.7%)
3
10
ブルーショットガン 高松宮記念11着
4-5-3-23(34.3%)
05年
1
2
シーイズトウショウ テレビ愛知OP1着
4-2-1-4(63.6%)
2
6
ボールドブライアン バーデンバーデンC6着
0-0-0-1(0%)
3
3
ディープサマー NHKマイルC13着
2-1-0-0(100%)
04年
1
2
シーイズトウショウ 高松宮記念5着
2-2-1-1(83.3%)
2
8
ゴールデンロドリゴ ダービー卿CT13着
4-2-2-12(40%)
3
5
カルストンライトオ バーデンバーデンC2着
6-2-5-7(65%)
03年
1
1
ビリーヴ 安田記念12着
9-1-1-4(73.3%)
2
2
アグネスソニック 高松宮記念6着
1-0-1-1(66.7%)
3
10
アタゴタイショウ 兵庫GT5着
1-1-0-1(66.7%)
02年
1
3
サニングデール ファルコンS1着
3-1-0-0(100%)
2
2
タイキトレジャー マイルCS3着
3-2-1-4(60%)
3
6
ダンツキャスト テレビ愛知OP6着
3-3-2-15(34.8%)
01年
1
5
メジロダーリング 京王杯スプリングC8着
5-4-4-8(61.9%)
2
1
タイキトレジャー UHB杯1着
2-1-1-4(50%)
3
4
ブレイクタイム 安田記念2着
1-0-1-1(66.7%)
00年
1
2
タイキトレジャー パラダイスS1着
0-0-1-0(100%)
2
6
ダイタクヤマト テレビ愛知OP5着
5-2-3-8(55.6%)
3
8
メジロダーリング テレビ愛知OP14着
3-2-3-4(66.7%)
99年
1
3
シンコウフォレスト バーデンバーデンC12着
5-1-3-6(60%)
2
1
シンボリスウォード バーデンバーデンC1着
4-0-1-1(83.3%)
3
10
コウチエラミー 鳴門S10着
0-0-0-1(0%)
98年
1
1
ケイワンバイキング 高松宮記念5着
0-0-0-2(0%)
2
2
エイシンバーリン 安田記念7着
1-3-1-3(62.5%)
3
6
サンライズアトラス バーデンバーデンC1着
4-2-0-5(54.5%)

手始めに過去10年の函館スプリントSの結果を見ていこう(表1参照)。05年以前は函館スプリントS直近の芝1200mの重賞が無かったため、前走レースは様々だった。しかし06年にCBC賞の施行時期が12月から6月に移ったことにより、過去2年の好走馬6頭中3頭が前走CBC賞組から出ているCBC賞での成績もそのまま直結しており、CBC賞好走馬には注意を払いたい
過去10年で見た場合は、1200mの実績に注目できる函館スプリントS好走馬30頭中24頭は芝1200mの複勝率が50%以上だった。単純に当該距離で実績がない馬は厳しいようだ。

■表2 函館スプリントSの性別別成績(過去10年)

性別
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
牡・セ
4-8-9-71/92
4.3%
13.0%
22.8%
24%
86%
6-2-1-16/25
24.0%
32.0%
36.0%
421%
114%

表2は函館スプリントSの性別成績(過去10年)。「夏は牝馬を狙え」という格言があるが、その格言を象徴するようなデータが出た。牝馬は全ての数字で牡馬とセン馬を上回っており、単・複回収率はともに100%を超えている過去6年の勝ち馬は全て牝馬で、このレースに限っては牝馬というだけで買うのもアリだろう

■表3 函館スプリントSの年齢別成績(過去10年)

年齢
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
3歳
1-1-2-10/14
7.1%
14.3%
28.6%
65%
130%
4歳
2-2-4-24/32
6.3%
12.5%
25.0%
30%
61%
5歳
5-1-2-19/27
18.5%
22.2%
29.6%
358%
126%
6歳
2-5-1-30/38
5.3%
18.4%
21.1%
30%
51%
7歳以上
0-1-1-23/25
0.0%
4.0%
8.0%
0%
65%

表3は函館スプリントSの年齢別成績(過去10年)。ここで注目したいのは5歳馬の成績。勝率、連対率、複勝率、単回収率は年齢別で最も高い数字をマークしており、勝ち馬は5歳から5頭が誕生している。7歳以上になると数字は総じて大きくダウン。過去10年で好走馬は2頭のみで、7歳以上は割引が必要だ。

■表4 函館スプリントSの前走距離別成績(過去10年)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m
0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
1200m
6-6-6-63/81
7.4%
14.8%
22.2%
36%
62%
1400m
3-1-2-18/24
12.5%
16.7%
25.0%
397%
163%
1600m
1-3-2-9/15
6.7%
26.7%
40.0%
11%
120%
1700m以上
0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

表4は函館スプリントSの前走距離別成績(過去10年)。前走距離別では1200mからの好走馬が多いが、出走頭数も81頭と多いので当然の結果と言えるだろう。出走頭数に占める好走馬の割合を考えると前走で1400mと1600mの距離を使った馬が優秀。1400mは単・複回収率がともに100%を超えており、1600mでは複勝率が40%に達している。好走例がないのは前走で1000mと1700m以上の距離を使った馬。出走頭数自体も少ないが、前走距離は1200〜1600mに絞るのが良さそうだ。

■表5 過去10年の函館スプリントS好走馬(1)

着順
人気
馬名
前走
2走前
同年の高松宮記念出走の有無
07年
1
3
アグネスラズべリ CBC賞3着 ヴィクトリアM11着
3
4
ブラックバースピン CBC賞1着 京王杯SC12着
06年
2
1
シーイズトウショウ CBC賞1着 阪神牝馬S6着
3
10
ブルーショットガン 高松宮記念11着 阪急杯1着
05年
1
2
シーイズトウショウ テレビ愛知OP1着 谷川岳S4着
2
6
ボールドブライアン バーデンバーデンC6着 欅S12着
04年
1
2
シーイズトウショウ 高松宮記念5着 阪急杯2着
3
5
カルストンライトオ バーデンバーデンC2着 CBC賞10着
03年
2
2
アグネスソニック 高松宮記念6着 阪急杯3着
02年
3
6
ダンツキャスト テレビ愛知OP6着 駿風S6着
01年
2
1
タイキトレジャー UHB杯1着 高松宮記念10着
00年
2
6
ダイタクヤマト テレビ愛知OP5着 やまびこS1着
3
8
メジロダーリング テレビ愛知OP14着 やまびこS3着
99年
1
3
シンコウフォレスト バーデンバーデンC12着 高松宮記念3着
2
1
シンボリスウォード バーデンバーデンC1着 高松宮記念9着
98年
1
1
ケイワンバイキング 高松宮記念5着 ダービー卿CT2着
3
6
サンライズアトラス バーデンバーデンC1着 都大路S4着

ここからは表4のデータを参考にして、過去10年の函館スプリントS好走馬を3つのグループに分けてみたい。表5は過去10年の函館スプリントS好走馬(1)で、前走1200mを使っていた馬(※3歳馬を除く)。このグループの多くの馬に共通しているのは2走以内に一度は3着以内に好走していることだ。昨年の勝ち馬アグネスラズベリを始め、17頭中15頭が該当する。そしてもう一点注目したいのは同年の高松宮記念出走の有無。17頭中10頭が同年の高松宮記念に出走しており、着順よりも出走しているか否かが大切だ。

■表6 過去10年の函館スプリントS好走馬(2)

着順
人気
馬名
前走
備考
06年
1
13
ビーナスライン フリーウェイS11着 函館芝1200m(3.0.1.0)
04年
2
8
ゴールデンロドリゴ ダービー卿CT13着  
03年
1
1
ビリーヴ 安田記念12着 高松宮記念1着
02年
2
2
タイキトレジャー マイルCS3着 函館芝1200m(2.1.0.0)
01年
1
5
メジロダーリング 京王杯スプリングC5着 函館芝1200m(0.1.1.0)
3
4
ブレイクタイム 安田記念2着 安田記念2着
00年
1
2
タイキトレジャー パラダイスS1着  
99年
3
10
コウチエラミー 鳴門S10着  
98年
2
2
エイシンバーリン 安田記念7着 高松宮記念2着

表6は過去10年の函館スプリントS好走馬(2)で、前走1400m以上のレースに使っていた馬(※3歳馬を除く)。このグループで好走した9頭中6頭は函館芝1200mの複勝率が100%だったかG1連対実績のある馬だった

■表7 過去10年の函館スプリントS好走馬(3)

着順
人気
馬名
前走
芝1200m実績(複勝率)
重賞実績
07年
2
6
サープラスシンガー クロッカスS1着
2-2-0-0(100%)
 
05年
3
3
ディープサマー NHKマイルC13着
2-1-0-0(100%)
クリスタルC1着
03年
3
10
アタゴタイショウ 兵庫GT5着
1-1-0-1(66.7%)
函館2歳S1着
02年
1
3
サニングデール ファルコンS1着
3-1-0-0(100%)
ファルコンS1着

最後に過去10年の函館スプリントS好走馬(3)を見てほしい(表7参照)。表7は函館スプリントSで好走した3歳馬。この時期の3歳馬はまだキャリアが浅く古馬と一括りにしては正確性を欠くため、3歳馬だけ別枠で見ていきたい。3歳馬で好走した馬は過去10年で4頭。4頭全てに共通するのは1200mの複勝率が100%か芝1200mの重賞勝ち馬だったことだ。


<結論>

それでは今年の函館スプリントS出走予定馬を見ていこう。まず今年の出走予定馬を表5〜7の3つのグループに分けていきたい。

■表8 今年の函館スプリントS出走予定馬(1)

馬名
年齢
性別
前走
2走前
芝1200m(複勝率)
同年の高松宮記念出走の有無
※タイセイアトム
5
北海道SC5着 根岸S2着
2-1-0-7(30%)
 
キンシャサノキセキ
5
高松宮記念2着 阪急杯5着
1-1-1-0(100%)
プレミアムボックス
5
高松宮記念10着 オーシャンS1着
5-0-3-2(80%)
トウショウカレッジ
6
CBC賞9着 テレビ愛知OP1着
5-1-0-10(37.5%)
 
ウエスタンビーナス
5
CBC賞4着 春雷S1着
3-2-1-7(46.2%)
 
コパノフウジン
6
春雷S4着 オーシャンS15着
2-5-0-12(36.8%)
 
マイネルスケルツィ
5
千葉S15着 すばるS3着
0-0-0-1(0%)
 
スピニングノアール
7
CBC賞2着 テレビ愛知OP4着
5-3-8-21(43.2%)
 
タニノマティーニ
8
CBC賞8着 テレビ愛知OP3着
5-3-1-15(37.5%)
 
リキアイタイカン
10
CBC賞10着 谷川岳S9着
4-1-3-24(25%)
 
※フルゲート16頭。(17)テンイムホウ他は除外対象。
※タイセイアトムの前走は1000m。

2008/3/8 中山11R 夕刊フジ賞オーシャンステークス(Jpn3)1着 15番 プレミアムボックス表8は今年の函館スプリントS出走予定馬(1)で、前走1200mのレースを使っている馬(※3歳馬を除く)。キンシャサノキセキを始め10頭がこのグループに該当した。近2走以内に一度は3着以内かつ同年の高松宮記念に出走している馬はキンシャサノキセキプレミアムボックス。2頭ともに函館スプリントSで活躍の多い5歳馬というのも好材料だ。その他で推奨したいのはウエスタンビーナス。同年の高松宮記念出走こそないものの、2走前に勝利し、「牝馬」「5歳」という二つのキーワードに合致する。

■表9 今年の函館スプリントS出走予定馬(2)

馬名
年齢
性別
前走
芝1200m(複勝率)
キングストレイル
6
京王杯SC5着
0-0-0-1(0%)
タマモホットプレイ
7
京王杯SC6着
3-2-1-17(26.1%)
シンボリグラン
6
谷川岳S4着
2-1-2-2(71.4%)

表9は今年の函館スプリントS出走予定馬(2)で、前走1400mのレースを使っている馬(※3歳馬を除く)。今年の出走予定馬ではキングストレイル他3頭がこのグループに該当するが、函館芝1200mの複勝率100%かG1連対実績のある馬は不在で、このグループからは推奨できそうな馬はいない。

■表10 今年の函館スプリントS出走予定馬(3)

馬名
年齢
性別
前走
芝1200m(複勝率)
備考
ゴスホークケン
3
NHKマイルC12着
未経験
 
ルルパンブルー
3
桜花賞14着
3-0-1-0(100%)
フェアリーS1着
ミリオンウェーブ
3
葵S1着
1-2-0-1(75%)
 

2007/12/16中山11R フェアリーステークス(Jpn3)1着 15番 ルルパンブルー最後に表10を見てほしい。表10は今年の函館スプリントS出走予定馬(3)で、3歳馬をまとめたもの。今年の3歳馬はG1勝ち馬ゴスホークケンを始め3頭が該当。芝1200mの複勝率が100%か芝1200mの重賞を勝っているのはルルパンブルーだけだ。

以上の4頭を今年の函館スプリントSの推奨馬としたい。中でもデータ的にパーフェクトなキンシャサノキセキプレミアムボックスルルパンブルーを中心視したい。そしてこの3頭に次ぐ馬としてウエスタンビーナスを挙げておく。函館スプリントSが行われる函館芝1200mのコースについては第193回「函館競馬場の特徴を知っていますか?」の中で分析したので、そちらの方も参考にして頂きたい。

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN