第184回 絶対に負けられないレース、ヴィクトリアマイルを占う!!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第184回 絶対に負けられないレース、ヴィクトリアマイルを占う!!

2008/5/15(木)

今週の後半の記事では目前に迫ったヴィクトリアマイルのレースについて分析していきたいと思う。小田原氏が担当した昨年の当レースの分析記事では12番人気で勝利したコイウタを推奨することに成功したが、その手法をアレンジして戦績を分析し、今年も登録馬の中から好走しそうな馬をピックアップできればと考えている。

まずは表1にて過去2年の3着以内馬の基本データについてみていくことにする。なお、データの調査・集計にあたってはいつもの通り、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVで調査している。

■表1 過去2年のヴィクトリアマイルの3着以内馬(1)

馬名
性齢
騎手名
斤量
人気
東西
前走
距離
人気
着順
2007
1
コイウタ
牝4
松岡正海
55
12
ダービー卿CT
1600
9
2
2
アサヒライジング
牝4
柴田善臣
55
9
阪神牝馬S
1400
2
8
3
デアリングハート
牝5
藤田伸二
55
8
西
ダービー卿CT
1600
6
6
2006
1
ダンスインザムード
牝5
北村宏司
55
2
西
マイラーズC
1600
2
2
2
エアメサイア
牝4
武豊
55
3
西
阪神牝馬S
1400
2
2
3
ディアデラノビア
牝4
岩田康誠
55
4
西
マイラーズC
1600
4
3

前走項目を見たところ、マイラーズC、阪神牝馬S、ダービー卿CTといったレースが有力のようだ。牝馬のレースで好走したり、上位人気であったりした馬がここでも上位争いをしているようだが、牡馬相手の重賞に出走、好走した馬には注目したほうが良いかと思う。年齢に関しては4歳馬が6頭中4頭を占めており、有力である。

■表2 過去2年のヴィクトリアマイルの3着以内馬(2)

馬名
GI実績
重賞勝鞍
2007
1
コイウタ
桜花賞3着
クイーンC1着
2
アサヒライジング
秋華賞2着、オークス3着他
3
デアリングハート
NHKマイルC2着、桜花賞3着
府中牝馬S1着、クイーンS1着
2006
1
ダンスインザムード
桜花賞1着、天皇賞秋2着、マイルCS2着他
フラワーC1着
2
エアメサイア
秋華賞1着、オークス2着
ローズS1着
3
ディアデラノビア
オークス3着
フローラS1着

表2には6頭のGI実績および重賞勝鞍をまとめてみた、この表において全馬に共通しているのがG13着内の実績である。その中でも2パターンに分かれているようで、「GI3着内実績+重賞勝ち」というパターンが多い。G1実績や重賞の勝ち鞍が東京だとさらにベスト。重賞勝ちがない場合は複数回のG1実績が求められているようだ。

ここからは昨年の記事を参考に全成績、芝1600m実績、東京芝実績という三つの観点で見ていこうと思う。まずは表3の全成績から。

■表3 過去2年のヴィクトリアマイルの3着内馬の中央での全成績の着回数情報

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
2007
1
コイウタ
4
2
2
6
42.9%
57.1%
2
アサヒライジング
3
2
2
6
38.5%
53.8%
3
デアリングハート
3
3
2
10
33.3%
44.4%
2006
1
ダンスインザムード
4
3
1
8
43.8%
50.0%
2
エアメサイア
4
3
2
2
63.6%
81.8%
3
ディアデラノビア
3
1
2
4
40.0%
60.0%

表3に6頭の中央での全成績をまとめてみた。共通しているのは3勝以上という点である。総じて3勝以上+連対率4割+3着内率5割という点はクリアしておきたいかと考える。(例外はGIで複数回の3着内実績のあったアサヒライジングとデアリングハートである。)

■表4 過去2年のヴィクトリアマイルの3着内馬の芝1600mの着回数情報

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
2007
1
コイウタ
2
1
1
3
42.9%
57.1%
2
アサヒライジング
2
1
1
3
42.9%
57.1%
3
デアリングハート
1
1
0
5
28.6%
28.6%
2006
1
ダンスインザムード
3
2
0
2
71.4%
71.4%
2
エアメサイア
2
1
0
1
75.0%
75.0%
3
ディアデラノビア
2
0
1
3
33.3%
50.0%

表4には芝マイル戦での実績をまとめてみた。全馬に芝マイル戦で勝鞍があり、デアリングハート以外は連対率3割+3着内率5割以上であった。そのため、ここでの条件としては、芝マイル戦で1勝以上+連対率3割+3着内率5割もしくは芝マイルで勝ち鞍がある+GI連対馬であることという条件を設定したい。

■表5 過去2年のヴィクトリアマイルの3着内馬の東京芝の着回数情報

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
2007
1
コイウタ
1
1
1
1
50.0%
75.0%
2
アサヒライジング
1
1
1
0
66.7%
100.0%
3
デアリングハート
1
1
0
2
50.0%
50.0%
2006
1
ダンスインザムード
0
1
1
4
16.7%
33.3%
2
エアメサイア
0
1
0
0
100.0%
100.0%
3
ディアデラノビア
1
0
1
0
50.0%
100.0%

表5には東京芝の成績をまとめてみた。全馬に共通する項目としては、東京芝に出走経験と連対実績があることである。また、連対率の悪いダンスインザムードには天皇賞秋の2着という実績があったが、それ以外は連対率5割以上という共通点もあった。従って、連対率が5割以上あること、もしくは連対歴があってGI連対馬であることという点をポイントとしたい。

以下では今年のヴィクトリアマイルの登録馬について、上記で見ていった項目を照らし合わせていこうと思う。まずはGI・重賞実績から。

■表6 2008年のヴィクトリアマイルの特別登録馬一覧(1)-G1実績、重賞実績

馬名
性齢
GI実績
重賞実績
アルコセニョーラ
牝4
なし
なし
ウオッカ
牝4
ダービー1着、阪神JF1着他
チューリップ賞1着
エイジアンウインズ
牝4
なし
阪神牝馬S1着
キストゥヘヴン
牝5
桜花賞1着
フラワーC1着
ザレマ
牝4
なし
京都牝馬S2着
ジョリーダンス
牝7
安田記念3着
阪神牝馬S1着
スズノメヒョー
牝4
なし
なし
タイキマドレーヌ
牝5
なし
なし
タニノハイクレア
牝4
なし
なし
テンイムホウ
牝6
なし
なし
トウカイオスカー
牝4
なし
なし
ニシノマナムスメ
牝4
なし
マイラーズC2着
パーフェクトジョイ
牝5
なし
阪神牝馬S3着
ピンクカメオ
牝4
NHKマイルC1着
なし
ブルーメンブラット
牝5
なし
オーロC1着、阪神牝馬S2着
ベッラレイア
牝4
オークス2着
フローラS1着
ベルモントプロテア
牝4
なし
なし
マイネカンナ
牝4
なし
福島牝馬S1着
ヤマニンメルベイユ
牝6
なし
中山牝馬S1着
レインダンス
牝4
秋華賞2着
なし
ローブデコルテ
牝4
オークス1着
なし
※アイスドール、イクスキューズ、ハロースピードは回避予定

今年の登録馬の中から必要な実績をもつ馬を強調してみた。まず、重賞勝ち、牡馬相手のOP勝ち、直近での重賞連対実績も持たない馬は実績不足とみなし、グレーアウトしている。残った中から「GI3着内実績+重賞勝ち」もしくは「複数回のGI3着内実績」という条件でチェックしてみたところ、ここではウオッカ、キストゥヘヴン、ジョリーダンス、ベッラレイア、ピンクカメオ、ローブデコルテが上位の評価である。

次の表7以降では残った馬について着回数の実績を見ていこうと思う。

■表7 2008年のヴィクトリアマイルの特別登録馬一覧(2)-全着回数

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
アルコセニョーラ
4
3
1
12
34.0%
40.0%
ウオッカ
5
2
1
4
58.3%
66.7%
エイジアンウインズ
5
2
2
1
70.0%
90.0%
キストゥヘヴン
3
3
2
10
33.3%
44.4%
ザレマ
2
5
2
5
50.0%
64.3%
ジョリーダンス
6
6
2
10
50.0%
58.3%
ニシノマナムスメ
4
3
2
3
58.3%
75.0%
パーフェクトジョイ
5
1
4
10
30.0%
50.0%
ピンクカメオ
4
1
0
9
35.7%
35.7%
ブルーメンブラット
6
5
3
7
52.4%
66.7%
ベッラレイア
3
2
1
1
71.4%
85.7%
マイネカンナ
4
3
1
8
43.8%
50.0%
ヤマニンメルベイユ
6
2
5
10
34.8%
56.5%
レインダンス
3
3
2
7
40.0%
53.3%
ローブデコルテ
3
2
1
7
38.5%
46.2%

表7では中央の全成績をチェックしてみた。「3勝以上+連対率4割+3着内率5割」という条件で見てみるとほぼ半数の馬がクリアしている。4着以下回数が1回のみであるエイジアンウインズ、ベッラレイアは有力候補とみてよさそうだ。

■表8 2008年のヴィクトリアマイルの特別登録馬一覧(3)-芝1600m実績

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
アルコセニョーラ
0
0
0
1
0.0%
0.0%
ウオッカ
4
1
0
0
100.0%
100.0%
エイジアンウインズ
0
0
0
0
0.0%
0.0%
キストゥヘヴン
2
0
1
5
25.0%
37.5%
ザレマ
0
2
0
1
66.7%
66.7%
ジョリーダンス
2
3
1
4
50.0%
60.0%
ニシノマナムスメ
2
2
0
0
100.0%
100.0%
パーフェクトジョイ
0
0
1
3
0.0%
25.0%
ピンクカメオ
2
0
0
5
28.6%
28.6%
ブルーメンブラット
0
2
1
3
33.3%
50.0%
ベッラレイア
1
0
0
0
100.0%
100.0%
マイネカンナ
0
0
0
4
0.0%
0.0%
ヤマニンメルベイユ
0
0
0
1
0.0%
0.0%
レインダンス
0
1
1
1
33.3%
66.7%
ローブデコルテ
0
1
0
4
20.0%
20.0%

表8では芝マイル戦での成績をチェックしている。芝マイル戦で1勝以上+連対率3割+3着内率5割もしくは芝マイルで勝ち鞍がある+GI連対馬であることという条件で見てみるとウオッカ、キストゥヘヴン、ジョリーダンス、ニシノマナムスメ、ピンクカメオ、ベッラレイアというところが浮上するようだ。中でもウオッカ、ニシノマナムスメはそれぞれ5,4回出走して連対率100%というのは信頼に足るということだろう。

■表9 2008年のヴィクトリアマイルの特別登録馬一覧(4)-東京芝実績

馬名
1着
2着
3着
4着以下
連対率
3着内率
アルコセニョーラ
1
0
0
3
25.0%
25.0%
ウオッカ
1
0
0
1
50.0%
50.0%
エイジアンウインズ
0
0
0
0
0.0%
0.0%
キストゥヘヴン
0
0
0
4
0.0%
0.0%
ザレマ
0
1
0
1
50.0%
50.0%
ジョリーダンス
2
1
1
3
42.9%
57.1%
ニシノマナムスメ
1
0
0
0
100.0%
100.0%
パーフェクトジョイ
0
0
1
1
0.0%
50.0%
ピンクカメオ
2
0
0
2
50.0%
50.0%
ブルーメンブラット
2
0
1
2
40.0%
60.0%
ベッラレイア
1
1
0
0
100.0%
100.0%
マイネカンナ
1
0
0
5
16.7%
16.7%
ヤマニンメルベイユ
0
1
1
3
20.0%
40.0%
レインダンス
0
0
0
2
0.0%
0.0%
ローブデコルテ
1
0
0
1
50.0%
50.0%

東京芝コースでの実績を表9にまとめてみた。東京芝での連対率が5割以上、もしくは東京芝で連対歴があるGI連対馬という条件でチェックしてみたところ、ダービー勝ちのあるウオッカに加え、ニシノマナムスメ、ピンクカメオ、ベッラレイアといったところが浮上した。また、2勝以上でまずまずの連対率、3着内率を持っているジョリーダンス、ブルーメンブラットに関しては救済措置としてチェックしてみようと思う。

 

【結論】

最後にここまで見た項目を総合的にジャッジして結論をまとめたいと思う。

■表10 まとめ

馬名
GI,重賞実績
中央芝実績
芝マイル実績
東京芝実績
アルコセニョーラ
ウオッカ
エイジアンウインズ
キストゥヘヴン
ザレマ
ジョリーダンス
ニシノマナムスメ
パーフェクトジョイ
ピンクカメオ
ブルーメンブラット
ベッラレイア
マイネカンナ
ヤマニンメルベイユ
レインダンス
ローブデコルテ

2007/5/27 東京10R 東京優駿(Jpn1) 1着 3番 ウオッカ ウオッカは全ての項目で条件を完璧に満たしている。海外帰りを不安視する声もあるが、データ的には何一つ不満はない。格的に見てウオッカにとってはここは絶対に負けられないレースではないかと思う。1着候補筆頭で迷わず本命視する。


2008/4/19 阪神11R 読売マイラーズカップ(G2) 2着 11番 ニシノマナムスメ ウオッカの相手候補としては表10より3頭をピックアップ。この条件で豊富な実績を持つジョリーダンス、直近の牡馬相手の重賞でも健闘してきたニシノマナムスメ、昨年のオークスを沸かせた実力馬ベッラレイアである。 この中では年齢的なものや順調さを加味し、4歳馬で順調に使われているニシノマナムスメを上位に取りたい。現時点で除外対象のキストゥヘヴンや近走不振続きのピンクカメオは敬遠しようと思う。


最後に、前回の「第183回 春のGIのキーポイント・東京芝1600mについて占う!!」で挙げた「逃げ、先行」、「フジキセキ産駒」、「内枠、特に2枠」、「前目でレースを進められて上がり3F33-34秒前半でまとめられる」という条件に最もマッチするエイジアンウインズを加えようと思う。

ライタープロフィール

ヒノデクロス(ひのでくろす)

1976年6月、静岡県生まれ。大学卒業後、都内のシステム開発会社勤務。競馬歴は15年ほど、好きな馬はヒロデクロスとダンスインザダーク。「同じようなレースではおおよそ同じような結果になる」とのことで重賞を中心に過去データの観点から予想を行っている。趣味はサッカー、フットサル。日本代表と清水エスパルスおよび柴犬をこよなく愛す。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN