第169回 デビュー2年目の出世頭!浜中俊騎手の買い方|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第169回 デビュー2年目の出世頭!浜中俊騎手の買い方

2008/3/24(月)

今年は5人の新人騎手がデビューしたが、昨年は10人の新人騎手がデビューしていた(地方競馬から移籍した騎手も新人騎手としてカウント)。その10人の中で出世頭と言える浜中俊騎手ついて今回は分析していきたい。

3月21日現在、全国リーディング12位(関西リーディング7位)がデビュー2年目の浜中俊騎手だというのはご存知だろうか。関東圏の方には馴染みのない騎手かもしれないが、現在勝ち鞍は関東の蛯名正義騎手と並んでおり、今から注目しておいていい騎手だろう。関西圏の方でも名前は知っているが、どういう騎手か分からないという方もここで浜中俊騎手の得意・不得意な条件を押さえて馬券に活かして頂きたい。なおデータ分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用し、集計期間は浜中俊騎手がデビューした07年3月3日から08年3月16日までとした。

■表1 デビュー2年目の騎手の成績(07年3月3日〜08年3月16日)

所属
騎手
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
美浦 安藤光彰 24-36-26-505/591
4.1%
10.2%
14.6%
36%
60%
美浦 池崎祐介 0-2-3-83/88
0.0%
2.3%
5.7%
0%
28%
美浦 草野太郎 4-4-4-115/127
3.1%
6.3%
9.4%
46%
74%
美浦 丸田恭介 4-11-5-138/158
2.5%
9.5%
12.7%
32%
69%
美浦 宮崎北斗 10-10-13-287/320
3.1%
6.3%
10.3%
59%
54%
栗東 大下智 9-6-10-209/234
3.8%
6.4%
10.7%
130%
73%
栗東 荻野琢真 13-16-17-275/321
4.0%
9.0%
14.3%
39%
55%
栗東 田中健 19-23-21-394/457
4.2%
9.2%
13.8%
71%
62%
栗東 浜中俊 37-39-57-395/528
7.0%
14.4%
25.2%
82%
85%
栗東 藤岡康太 35-26-40-503/604
5.8%
10.1%
16.7%
67%
59%

手始めに昨年デビューした10人の騎手が約1年間でどういう成績を残してきたかを見ていこう。表1はデビュー2年目の騎手の成績をまとめたもの(07年3月3日〜08年3月16日、表2以下の集計期間も表1と同様)。今回スポットを当てる浜中俊騎手は単回収率だけが10人中2番目で、勝率、連対率、複勝率、複勝回収率は全て10人中トップの数字。浜中俊騎手は昨年20勝を上げたが、今年は3月16日を終えた時点で17勝。今年に入り昨年を大きく上回る活躍をしている。

■表2 浜中俊騎手の芝・ダート別成績(07年3月3日〜08年3月16日)

コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
全成績 37-39-57-395/528
7.0%
14.4%
25.2%
82%
85%
14-16-20-181/231
6.1%
13.0%
21.6%
51%
63%
ダート 23-23-37-214/297
7.7%
15.5%
27.9%
107%
103%

ここから本題の浜中俊騎手の成績を詳細に分析していく。まずは、芝・ダート別成績を見ていこう(表2参照)。表2から浜中俊騎手は、ダートで好成績を残していることがわかる。単・複回収率は100%を超えており、「浜中俊騎手はダート戦に強い」と言えるだろう。

■表3 浜中俊騎手の調教師別成績ベスト5(07年3月3日〜08年3月16日)

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1 坂口正大 8-7-15-88/118
6.8%
12.7%
25.4%
64%
73%
2 中尾正 3-8-7-22/40
7.5%
27.5%
45.0%
59%
156%
3 河内洋 3-0-5-15/23
13.0%
13.0%
34.8%
702%
237%
4 福永甲 2-3-2-26/33
6.1%
15.2%
21.2%
24%
105%
5 安達昭夫 2-1-0-10/13
15.4%
23.1%
23.1%
123%
53%
※騎乗回数が10回以上ある調教師の中での順位。

表3は浜中俊騎手の調教師別成績ベスト5。勝利数が最も多いのは、浜中俊騎手の所属厩舎でもある坂口正大調教師。しかし騎乗回数が計118回と他の厩舎よりも遥かに多いため、単純に勝利数が多いだけで強調材料とは言えない。坂口正大調教師は他の数字を見ても特に目立つ点はなく、可もなく不可もなくといったところだ。
注目したいのは、中尾正調教師河内洋調教師。中尾正調教師では連対率27.5%、複勝率45%、複回収率は156%にも達する。河内洋調教師では複勝率34.8%で、単・複回収率はともに100%を超えている。また河内洋調教師で3着以内に好走した馬は全て4番人気以下の馬だった。浜中俊騎手が人気薄の河内厩舎の馬に乗っていた時は、要注意だ。

■表4 浜中俊騎手の調教師別成績ワースト5(07年3月3日〜08年3月16日)

順位
調教師
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
9 小島貞博 1-1-2-9/13
7.7%
15.4%
30.8%
8%
78%
10 坂口正則 1-0-1-8/10
10.0%
10.0%
20.0%
102%
106%
11 崎山博樹 0-1-3-6/10
0.0%
10.0%
40.0%
0%
59%
12 南井克巳 0-1-0-10/11
0.0%
9.1%
9.1%
0%
149%
13 吉岡八郎 0-0-2-12/14
0.0%
0.0%
14.3%
0%
22%
※騎乗回数が10回以上ある調教師の中での順位。

表3と対照的に浜中俊騎手の調教師別成績ワースト5をまとめたものが表4。表4を見ると南井克巳調教師吉岡八郎調教師との相性が悪いことがわかる。南井克巳調教師での複回収率は149%で好数字だが、1頭の馬によって支えられているもので評価はしがたい。吉岡八郎調教師では3着が2回あるが、2人気、3人気の馬でしかも同一の馬だった。全体的な数字は低く、現状では買いづらい。

■表5 浜中俊騎手の脚質別成績(07年3月3日〜08年3月16日)

脚質
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
逃げ 10-8-6-17/41
24.4%
43.9%
58.5%
208%
148%
先行 19-17-27-82/145
13.1%
24.8%
43.4%
117%
143%
中団 8-11-24-179/222
3.6%
8.6%
19.4%
82%
73%
後方 0-1-0-115/116
0.0%
0.9%
0.9%
0%
14%
マクリ 0-2-0-1/3
0.0%
66.7%
66.7%
0%
146%

次は浜中俊騎手の脚質別成績を見ていこう(表5参照)。逃げた時は連対率43.9%で複勝率は58.5%にも達し、単・複回収率はともに100%を超えている。先行は逃げと比べると全体的な数字は劣るが、それでも複勝率43.4%で単・回収率はこちらも100%を超えている。以上のことから浜中俊騎手の逃げ・先行は買いと言えるだろう。対照的に後方からの馬は116頭中3着以内に入ったのは1頭のみ。後方からの馬は、軽視していいだろう。

■表6 浜中俊騎手のクラス別成績(07年3月3日〜08年3月16日)

クラス
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
新馬 1-2-3-18/24
4.2%
12.5%
25.0%
74%
150%
未勝利 12-15-19-167/213
5.6%
12.7%
21.6%
90%
69%
500万下 22-20-29-161/232
9.5%
18.1%
30.6%
93%
100%
1000万下 2-2-4-35/43
4.7%
9.3%
18.6%
26%
70%
1600万下 0-0-2-8/10
0.0%
0.0%
20.0%
0%
72%
OPEN特別 0-0-0-2/2
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G3 0-0-0-4/4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
G2 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
G1 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-

表6は浜中俊騎手のクラス別成績をまとめたもの。クラス別では500万下が勝率、連対率、複勝率、単回収率でトップ。複回収率も100%で、浜中俊騎手の活躍の場は500万下であるのがわかる。1600万下以上のクラスでは騎乗回数もまだ少ないが、1600万下で3着が2回あるのみ。まだ上のクラスで浜中俊騎手に期待をかけるのは避けたほうが良さそうだ。

■表7 浜中俊騎手の距離別成績(07年3月3日〜08年3月16日)

距離
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1000m 3-7-5-39/54
5.6%
18.5%
27.8%
24%
54%
1200m 11-15-16-103/145
7.6%
17.9%
29.0%
57%
102%
1400m 2-2-0-44/48
4.2%
8.3%
8.3%
50%
23%
1600m 0-0-2-11/13
0.0%
0.0%
15.4%
0%
163%
1700m 11-8-18-74/111
9.9%
17.1%
33.3%
73%
102%
1800m 5-3-10-69/87
5.7%
9.2%
20.7%
220%
108%
2000m 3-3-4-39/49
6.1%
12.2%
20.4%
60%
48%
1000m〜1300m 14-22-21-143/200
7.0%
18.0%
28.5%
48%
88%
1400m〜1600m 2-2-2-55/61
3.3%
6.6%
9.8%
39%
53%
1700m〜2000m 19-14-32-183/248
7.7%
13.3%
26.2%
122%
93%
2100m〜2400m 2-0-1-6/9
22.2%
22.2%
33.3%
146%
72%
2500m〜 0-1-1-8/10
0.0%
10.0%
20.0%
0%
53%

続いて浜中俊騎手の距離別成績を見ていこう(表7参照)。1800mでは単・複回収率が100%を超えており、1700mでは複勝率33.3%、複回収率102%をマーク。しかし1700mから100m短い1600mではまだ連対したことがない。1400mでは勝率、連対率、複勝率は全て1ケタで、単・複回収率もイマイチだ。距離を大きく5つに分類した表7の下を見ると、浜中俊騎手は1700m〜2000mが得意で、1400m〜1600mが不得意と言えそうだ。

■表8 浜中俊騎手の場所別成績(07年3月3日〜08年3月16日)

場所
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
札幌 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
函館 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
福島 1-1-1-16/19
5.3%
10.5%
15.8%
55%
58%
新潟 0-1-0-6/7
0.0%
14.3%
14.3%
0%
234%
東京 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
中山 0-0-0-0/0
-
-
-
-
-
中京 13-18-23-133/187
7.0%
16.6%
28.9%
49%
76%
京都 8-8-14-99/129
6.2%
12.4%
23.3%
83%
91%
阪神 1-4-6-47/58
1.7%
8.6%
19.0%
219%
128%
小倉 14-7-13-94/128
10.9%
16.4%
26.6%
78%
71%
中央開催 9-12-20-146/187
4.8%
11.2%
21.9%
125%
102%
ローカル 28-27-37-249/341
8.2%
16.1%
27.0%
59%
76%

表8は浜中俊騎手の場所別成績。特に目立った点は見当たらないが、阪神の単・複回収率が100%を越えている点は注目したいところ。浜中俊騎手はまだ東への遠征自体が少ないが、福島競馬場ではあまり良い成績を残せていない。この表で特に強調しておきたいのは、中央開催とローカル別の成績。勝率、連対率、複勝率はローカルの方が良いが、単・複回収率は中央開催の方が良いことがわかる。

■表9 浜中俊騎手のコース別成績ベスト5(07年3月3日〜08年3月16日)

順位
コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1 中京・ダ1700 6-7-13-50/76
7.9%
17.1%
34.2%
42%
106%
2 小倉・芝1200 5-2-4-30/41
12.2%
17.1%
26.8%
50%
86%
3 小倉・ダ1700 5-1-5-19/30
16.7%
20.0%
36.7%
166%
108%
4 中京・芝1200 4-7-3-28/42
9.5%
26.2%
33.3%
105%
74%
5 京都・ダ1800 4-2-5-20/31
12.9%
19.4%
35.5%
207%
145%
※騎乗回数が10回以上あるコースの順位。

表9は浜中俊騎手のコース別成績ベスト5。複勝率が30%以上で、単・複回収率が100%を超えている小倉ダ1700mと京都ダ1800mが得意コースと言えるだろう。

■表10 浜中俊騎手のコース別成績ワースト5(07年3月3日〜08年3月16日)

順位
コース
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
12 阪神・ダ1200 0-2-2-8/12
0.0%
16.7%
33.3%
0%
225%
13 京都・芝2000 0-2-1-7/10
0.0%
20.0%
30.0%
0%
76%
14 中京・芝1800 0-0-1-12/13
0.0%
0.0%
7.7%
0%
10%
15 京都・ダ1400 0-0-0-26/26
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
16 小倉・芝1800 0-0-0-12/12
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
※騎乗回数が10回以上あるコースの順位。

表10は浜中俊騎手のコース別成績ワースト5。不得意なコースは、中京芝1800m、京都ダ1400m、小倉芝1800m中京芝1800mでは3着が1回あるのみで、京都ダ1400mと小倉芝1800mではまだ一度も3着以内に好走したことがない。

■表11 浜中俊騎手の乗り替わりと継続騎乗の成績(07年3月3日〜08年3月16日)

着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
乗り替わり 20-21-19-244/304
6.6%
13.5%
19.7%
57%
67%
継続騎乗 16-15-35-123/189
8.5%
16.4%
34.9%
130%
107%

最後に浜中俊騎手の乗り替わりと継続騎乗の成績をまとめたのが表11。全ての数字で乗り替わりより継続騎乗の方が良いことがわかる。継続騎乗では単・複回収率は100%を超えており、浜中俊騎手は乗り替わりよりも継続騎乗で買いの騎手と言えそうだ。

浜中騎手の特別戦初勝利となった07年宝ヶ池特別 2007/11/18京都9R 宝ケ池特別 1着 9番 シャイナムスメ

現在全国リーディング12位につけている浜中俊騎手が、どのようなジョッキーなのか大体見えてきたのではないだろうか。様々な角度から分析してきたので、ひとえにここを狙え!というものでもないが、何かが今回のデータと合致する際には強調材料としてとらえていいだろう。まだデビュー2年目の19歳の騎手。これから不得意な条件を克服していくこともあるだろうし、今後の経過を注意深く見ていきたい騎手のひとりだ。


 

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN