第158回 東京開幕!根岸Sに再チャレンジ!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第158回 東京開幕! 根岸Sに再チャレンジ!

2008/1/30(水)

根岸Sが東京ダート1400mの条件で行われるようになったのは01年から。03年はコース改修ため、中山開催で行われており、つまりこれまで過去6年分のデータが集まったことになる。一昨年の当コーナーで行った根岸Sの分析時よりも検討・参考材料が増えたのは間違いない。そこで、もう一度整理して同レースの分析にチャレンジしてみたい。
データの分析・集計はJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 01年以降の根岸Sの結果(中山開催の03年除く)
着順 人気 馬名 性齢 斤量 前走成績
07年 1 11 ビッググラス 牡6 56 京都金杯14着
2 1 シーキングザベスト 牡6 57 ギャラクシーS1着
3 12 ニホンピロサート 牡9 56 ガーネットS4着
06年 1 6 リミットレスビッド 牡7 57 ガーネットS1着
2 3 タイキエニグマ 牡5 56 師走S1着
3 4 トウショウギア 牡6 56 霜月S1着
05年 1 1 メイショウボーラー 牡4 56 ガーネットS1着
2 9 ハードクリスタル 牡5 56 JCダート8着
3 5 エコルプレイス 牡5 57 ギャラクシーS2着
04年 1 7 シャドウスケイプ 牡5 56 ガーネットS3着
2 10 ヒューマ 牡4 55 ガーネットS6着
3 3 ノボトゥルー 牡8 59 兵庫GT2着
02年 1 6 サウスヴィグラス 牡6 56 ガーネットS2着
2 5 ノボトゥルー 牡6 59 東京大賞典9着
3 9 ワシントンカラー 牡8 57 ガーネットS3着
01年 1 8 ノボトゥルー 牡5 56 ジャニュアリーS1着
2 3 サンフォードシチー 牡6 57 JCダート2着
3 1 ブロードアピール 牝7 55 ガーネットS2着

まずはその過去6年分の根岸Sで上位3位までに好走した馬をまとめてみた(表1参照)。一昨年にスポットを当てた斤量面からチェックすると、勝ち馬に関しては56〜57キロの間から誕生。3着までではあるが高齢馬も比較的良く来ている。そして、前走ガーネットSを使っていた馬の好走例が多い。好走馬18頭中8頭が前走ガーネットS組だ。いつものようにオーソドックスな作戦だが、この点に注目して突破口を見つけたい。

 

■表2 前走ガーネットSに出走して根岸Sで好走した馬
着順 人気 馬名 前走(成績・着差・上がり)
07年 3 12 ニホンピロサート ガーネットS4着 0.3秒 36.4(2位)
06年 1 6 リミットレスビッド ガーネットS1着 - 36.5(1位)
05年 1 1 メイショウボーラー ガーネットS1着 - 36.9(3位タイ)
04年 1 7 シャドウスケイプ ガーネットS3着 1.2秒差 38.1(3位)
2 10 ヒューマ ガーネットS6着 1.3秒差 38.4(5位)
02年 1 6 サウスヴィグラス ガーネットS2着 0.2秒差 36.2(10位)
3 9 ワシントンカラー ガーネットS3着 0.6秒差 36.0(8位タイ)
01年 3 1 ブロードアピール ガーネットS2着 0.1秒差 34.8(1位)

上の表2ではその前走ガーネットSに出走して好走した8頭を詳しく調べてみた。04年2着のヒューマ以外は前走ガーネットSで掲示板に入る走り。着差などはあまり気にせずに、普通に前走着順がいい馬をピックアップするだけでもいいかもしれない。加えて、もうひとつ注目したいのが前走ガーネットSでの上がり3ハロンの順位だ。8頭中5頭が前走メンバー中上がり3位以内の末脚。サウスヴィグラスのように徹底した逃げ・先行タイプは上がりの順位は低くなってしまうのは仕方ないが、直線の短い中山から長い東京へのコース替わりの関係で、どちらかというと鋭い差し・追い込みで上位入線を果たした馬の方に今回はチャンスがありそうだ。

 

■表3 前走ダートのOPで連対し、根岸Sで好走した馬
着順 人気 馬名 前走成績 ダ1400m成績 東京ダート実績
07年 2 1 シーキングザベスト ギャラクシーS1着 6.1.0.1(87.5%) 武蔵野S1着
06年 2 3 タイキエニグマ 師走S1着 2.0.0.0(100%) ブラジルC1着
3 4 トウショウギア 霜月S1着 4.0.0.5(44.4%) 霜月S1着
05年 3 5 エコルプレイス ギャラクシーS2着 4.3.0.1(87.5%) 欅S1着
04年 3 3 ノボトゥルー 兵庫GT2着 5.4.0.1(90.0%) フェブラリーS1着

続いて同様に前走レース・成績によって分類してみると、上の表3のタイプに注目できる。それは、前走ダートのOPクラスのレースで連対をしていた馬。昨年2着のシーキングザベストを含み5頭が該当する。これらの馬は前走着順がいいだけでなく、過去のダート1400mの成績自体が秀逸。5頭中4頭がダート1400mでの連対率が87.5%以上というハイアベレージ。残るトウショウギアにしても過去、ダート1400mで4勝をマークと、同距離での実績は十分だった。また、5頭すべてに準OPクラス以上の東京ダート1400〜1600mで勝ち鞍があったことも見逃せない。

 

■表4 その他の根岸S好走馬
着順 人気 馬名 前走成績 2走前成績 ダ1400m成績
07年 1 11 ビッググラス 京都金杯14着 アクアルミナスS1着 2.3.1.1(71.4%)
05年 2 9 ハードクリスタル JCダート8着 赤富士S1着 1.0.0.0(100%)
02年 2 5 ノボトゥルー 東京大賞典9着 JCダート4着 2.1.0.0(100%)
01年 1 8 ノボトゥルー ジャニュアリーS1着 尾張S8着 1.1.0.0(100%)
2 3 サンフォードシチー JCダート2着 武蔵野S1着 3.2.1.1(71.4%)

そして、残る過去の好走馬は上の表4。前走成績を見ると、一見バラバラのように見えるが、昨年の優勝馬ビッググラスは前走が芝の京都金杯、05年2着のハードクリスタルら3頭は前走ダートのG1に参戦、01年1着のノボトゥルーは前走準OPを勝利。巻き返し・好走があってもおかしくない背景が、前走成績からだけでも感じ取れる。また、5頭中3頭が2走前にダートのレースで1着。そして、ここでもダート1400mの総合実績をチェックするのが肝要で、5頭すべてが連対率71.4%以上という成績だった。

 

 

【結論】

それでは今年の根岸Sを占っていこう。このレースも登録馬が多くなっているが、優先出走順位を元に考えていきたい(フルゲート16頭。サイレントディールは回避の見込み。カフェオリンポス他は除外対象)。

 

■表5 今年の根岸S出走予定馬(1)
順位 馬名 性齢 斤量 前走(成績・着順・上がり)
6 ノボトゥルー 牡12 58 ガーネットS13着 1.3秒差 37.3(4位タイ)
7 トウショウギア 牡8 56 ガーネットS16着 2.2秒差 39.4(16位)
8 タイセイアトム 牡5 57 ガーネットS1着 - 37.3(4位タイ)
14 スリーアベニュー 牡6 56 ガーネットS2着 0.3秒差 36.6(1位)

まずは前走ガーネットS組から。今年は5頭が出走予定(表5参照)で、掲示板に乗ったのはタイセイアトムスリーアベニュー。タイセイアトムは逃げを打ったにもかかわらず上がり3ハロンがメンバー中4位タイで勝利という強い内容だったが、同馬以上の末脚を使って2着に来たのがスリーアベニュー。決め手重視と考え、ここではスリーアベニュー>タイセイアトムという評価を下してみたい。

 

■表6 今年の根岸S出走予定馬(2)
順位 馬名 性齢 斤量 前走成績 ダ1400m実績 東京ダート実績
4 リミットレスビッド 牡9 58 兵庫GT1着 4.1.1.3(55.6%) 根岸S1着
12 アドマイヤスバル 牡5 56 霜月S1着 3.1.1.1(66.7%) 霜月S1着
15 トラストジュゲム 牡6 56 門松S1着 1.1.0.0(100%)  
16 マイネルスケルツィ 牡5 57 ギャラクシーS1着 1.0.0.0(100%)  

続いて前走OPクラスのダートで連対を果たしている好調馬。今年は上の表6の4頭が該当するが、正直、全頭に可能性を感じ、非常に甲乙をつけ難い。ダート1400mの連対率はリミットレスビッドが最も低いが、55.6%とマズマズの数字。そして、準OPクラス以上の東京ダート1400〜1600mで勝ち鞍があるのは、リミットレスビッドアドマイヤスバル。前述した斤量面を考えると、アドマイヤスバル>リミットレスビッドの評価が妥当だろうか。残りのトラストジュゲム、マイネルスケルツィはダート1400mの経験自体が浅いだけで、同距離で底を見せていないのは確か。この点がどうでるかだ。

 

■表7 今年の根岸S出走予定馬(3)
順位 馬名 性齢 斤量 前走成績 2走前成績 ダ1400m実績
5 ワイルドワンダー 牡6 57 JCダート5着 武蔵野S2着 4.0.1.0(80%)
13 シンボリグラン 牡6 57 阪神C8着 キャピタルS4着 未経験
17 レオエンペラー 牡4 56 初日の出S1着 tvk賞1着 未経験

次に表4の時と同じ考えで分類すると、上の表7の3頭の名前が挙がる。その中で注目はワイルドワンダー。前走JCダートが強い内容で5着。ダート1400mは過去4勝をマークし、連対率は80%。東京ダートコースの実績も十分だ。

 

■表8 今年の根岸S出走予定馬
順位 馬名 性齢 斤量 前走成績 2走前成績 ダ1400m実績 東京ダート実績
1 シルヴァーゼット 牡7 56 船橋記念4着 テレビ埼玉杯3着 0.2.0.4(33.3%)  
1 ビッググラス 牡7 57 報知AC6着 霜月S9着 3.3.1.2(66.7%) 根岸S1着
3 メイショウバトラー 牝8 55 兵庫GT3着 クイーン賞2着 5.0.1.3(55.6%)  
10 エイシンロンバード 牡6 57 門松S6着 JCダート13着 3.0.2.6(27.3%) 武蔵野S1着
11 トーセンブライト 牡7 56 門松S3着 ギャラクシーS5着 3.1.2.2(50%) ペルセウスS1着

 

最後に上のどのタイプにも該当しなかった馬が上の表8。前走成績だけで見ると、割引が必要なのだが、他の馬と同じように2走前成績、ダート1400m実績、東京ダート実績を併せて記した。トーセンブライトあたりは総合的に成績が良いように見える。

2007/1/7 中山11R ガーネットS(G3)1着 3番 スリーアベニュー 2006/5/7 東京10R サウジアラビアカップ
1着 16番 ワイルドワンダー
2007/1/7 中山11R
ガーネットS(G3)
1着 3番 スリーアベニュー
2006/5/7 東京10R
サウジアラビアカップ
1着 16番 ワイルドワンダー

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN