第155回 最後のガーネットSを制する馬は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第155回 最後のガーネットSを制する馬は?

2008/1/10(木)

冬になると中央競馬の番組はダート中心になる。そして今週、今年最初のダート重賞にあたるガーネットSが行われる。また平成21年以降はガーネットSが廃止になるので、同レースが施行されるのは今年で最後ということになる。果たして、最後のガーネットSを制するのは、どの馬だろうか?

ガーネットSは、97年に重賞に格上げされてから、02年まで別定重賞として行われていたが、03年以降は、ハンデ重賞となった。当コーナーでは、過去10年のデータを基に分析することが多いが、今回はハンデ重賞となった2003年以降の過去5年のデータを基に分析していきたい。なおデータ分析には、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 過去5年のガーネットSの所属別成績
 所属  着別度数  勝率   連対率   複勝率   単回収値   複回収値 
美浦 0-1-0-30/31 0.0% 3.2% 3.2% 0% 245%
栗東 5-4-5-33/47 10.6% 19.1% 29.8% 51% 161%
地方 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

始めに過去5年のガーネットS出走馬の所属別成績を見てもらいたい(表1参照)。この表1を見てわかることは、圧倒的に関西馬有利ということだ。過去5年で関東馬の好走は、05年のエンゲルグレーセ1頭のみ。ただ過去5年ガーネットSに出走した関東馬31頭の人気を見ると、3番人気以内に支持された馬は、1頭もいなかった。今年3番人気以内に支持される関東馬がいたら、その馬を関東馬というだけで、切るのは危険かもしれない。

 

■表2 過去5年のガーネットSの間隔別成績
間隔 着別度数  勝率   連対率   複勝率   単回収率   複回収率 
連闘 0-1-0-1/2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 105%
中1週 0-0-0-9/9 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
中2週 2-0-1-10/13 15.4% 15.4% 23.1% 69% 41%
中3週 0-2-0-15/17 0.0% 11.8% 11.8% 0% 460%
中4〜9週 3-2-4-20/29 10.3% 17.2% 31.0% 52% 229%
中10〜半年 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
半年以上 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

上記の表2は、過去5年のガーネットS出走馬の間隔別成績。過去5年の好走馬15頭中14頭が、中2〜9週に集中しているのがわかる。つまり、ガーネットSは間隔が詰まっている馬(連闘、中1週)と間隔が空きすぎている馬(中10週以上)は割引と言えるだろう。

 

■表3 前走ダート重賞に出走したガーネットS好走馬(過去5年)
 着順   人気  馬名  斤量  前走 2走前 備考
07年 2 4 リミットレスビッド 59 兵庫GT1着 京阪杯4着 根岸S1着
04年 1 1 マイネルセレクト 58.5 JBCスプリント2着 シリウスS1着 シリウスS1着
03年 1 2 ニホンピロサート 57 とちぎマロニエC3着 霜月S1着 ダート実績(7.6.4.0)

ここからは過去5年のガーネットS好走馬を、前走クラス別に見ていく。まずは、前走ダート重賞に出走した馬を見てほしい(表3参照)。この条件に該当した3頭に共通することは、2走以内に1着に好走していることだ。さらに見ていくと、3頭中2頭は、中央競馬のダート重賞勝ちの実績があった。ただこのパターンは、アグネスウイング、ブルーコンコルドが人気を集めて敗退しており、過信は禁物かもしれない。そして残りの1頭のニホンピロサートは、重賞勝ちこそないものの、それまでのダート実績が(7.6.4.0)と4着以下に敗れたことが一度も無く、底を見せてない馬だった。

 

■表4 前走ダートのOP特別に出走したガーネットS好走馬(過去5年)
 着順   人気  馬名  斤量  前走 2走前 備考
07年 3 2 ニシノコンサフォス 57 霜月S11着 エニフS2着  
05年 2 16 エンゲルグレーセ 55 師走S11着 霜月S11着 エルムS1着
04年 2 2 ブルーコンコルド 55 ギャラクシーS8着 霜月S1着  
3 6 シャドウスケイプ 54 霜月S2着 南部杯7着  
03年 2 6 シャドウスケイプ 54 ギャラクシー4着 霜月S3着  
3 15 スターキングマン 52 師走S8着 トパーズS12着 ダービーGP2着

次に過去5年の前走ダートのOP特別に出走した馬を見てほしい(表4参照)。この条件に該当した馬の6頭中4頭が2走以内にダートのOP特別で3着以内に好走していた。また近2走以内にダートのOP特別で3着以内の実績がなかった2頭は、過去にダート重賞で連対の実績があった

 

■表5 前走ダートの1600万下に出走したガーネットS好走馬(過去5年)
 着順   人気  馬名  斤量  前走  ダ1200実績 
07年 1 3 スリーアベニュー 54 アクアラインS1着 (5.5.1.0)
06年 2 7 シルヴァーゼット 55 アクアラインS1着 (1.0.0.0)
05年 3 1 サミーミラクル 55 アクアラインS1着 (2.1.1.0)

上記の表5は、前走ダートの1600万下に出走した馬をまとめたもの(過去5年)。この条件に該当した3頭全てが、前走中山ダート1200mのアクアラインSを勝っていた。またその3頭のダート1200m実績を見ると3頭全てが、4着以下に敗れたことが一度も無く、底を見せてない馬だった。

 

■表6 前走芝のレースに出走したガーネットS好走馬(過去5年)
 着順   人気  馬名  斤量  前走 備考
06年 1 6 リミットレスビッド 56 アンドロメダS4着 CBC賞3着
3 2 コパノフウジン 54 市川S1着 クリスタルC2着
05年 1 3 メイショウボーラー 56 CBC賞4着 朝日杯FS2着

最後は、前走芝のレースに出走したガーネットS好走馬を見ていく(過去5年)。該当馬は3頭で、全てが芝の重賞で3着以内の実績があった

 

【結論】

それでは、今年のガーネットS出走予定馬を上記のデータに照らし合わせて見ていきたい。

■表7 今年のガーネットS出走予定馬
馬名  斤量   所属  間隔 前走 2走前 備考
プリサイスマシーン 59 美浦 中1週 兵庫GT2着 阪神C10着  
トウショウギア 58.5 美浦 中7週 霜月S2着 東京盃6着 欅S1着
ニシノコンサフォス 57 栗東 中4週 ギャラクシーS9着 栗東S9着  
フリートアピール 51 地方 中3週 ディセンバー賞1着 メトロポリタンNC4着  
ベルモントサンダー 55 地方 中5週 アフター5スター賞1着 JBCスプリント7着  
ノボトゥルー 56 栗東 中6週 浦和記念7着 JBCスプリント10着  
ディバインシルバー 56 美浦 中21週 サマーCh10着 北海道SC5着  
スリーアベニュー 56 栗東 中4週 ギャラクシーS4着 高松宮記念17着 ガーネットS1着
ワキノカイザー 55 栗東 連闘 門松S10着 ペルセウスS11着 ダ1200成績(2.1.0.2)
トーセンザオー 55 栗東 中2週 尾張S1着 ギャラクシーS3着  
シアトルバローズ 54 栗東 中2週 フェアウェルS1着 アクアルミナスS10着 ダ1200成績(3.1.0.4)
タイセイアトム 54 栗東 中6週 貴船S1着 フルーツラインC1着 ダ1200成績(2.0.3.4)
アンバージャック 56 美浦 中2週 尾張S13着 京阪杯14着 京阪杯1着
ヤマノルドルフ 55 美浦 中14週 内房S1着 浦安特別1着 ダ1200成績(4.3.2.8)
メイショウシャフト 55 栗東 連闘 門松S11着 ギャラクシーS6着 ダ1200成績(0.0.0.1)
コパノフウジン 55 栗東 中4週 ギャラクシーS13着 京阪杯10着  

※フルゲート16頭。カノヤザクラ、ゴールデンキャスト、サトノスローン、リザーブカードは出走回避の見込み。マイネルアルビオン他は除外対象(1/9午前現在)

まず前走ダート重賞に出走した馬から見ていきたい。該当馬は何頭かいるものの、いずれも過去のダート重賞をステップに好走した馬の条件に当てはまらなかった。中でも人気を集めそうなプリサイスマシーンは、所属、間隔、前走のどれを見ても、好材料はなく、割引が必要だろう。
次は前走ダートのOP特別に出走した馬。近2走以内にダートのOP特別で3着以内に好走しているか、ダート重賞で連対実績がある馬は、トウショウギアスリーアベニュー。同レースの過去5年を見るとシャドウスケイプとリミットレスビッドが2年続けて好走しており、スリーアベニューにもその期待が高まる。
続いて前走ダートの1600万下に出走した馬だが、どの馬もダート1200mの実績で、4着以下の経験が一度もないという馬はいなかった。
最後に前走芝のレースに出走した馬。芝の重賞3着以内の実績がある馬は、アンバージャック

以上の3頭を今回の推奨馬としてあげたい。特に関西馬でもあるスリーアベニューが今年で最後となるガーネットSを制する存在に最も近いといえるだろう。地方馬は2頭が出走を予定しているが、過去地方馬の出走例は一度だけで判断しづらい。地方馬を押さえるならJBCスプリントで、中央馬相手に差のない競馬をしたベルモントサンダー1頭だけでいいだろう。

 

2007/1/7 中山11R ガーネットステークス(G3)
1着3番 スリーアベニュー
2007/5/26 東京11R 欅ステークス
1着12番 トウショウギア
2007/1/7 中山11R
ガーネットステークス(G3)
1着 3番 スリーアベニュー
2007/5/26 東京11R
欅ステークス
1着 12番 トウショウギア

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN