第152回 前走クラス別で見るフェアリーS|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第152回 前走クラス別で見るフェアリーS

2007/12/13(木)

5週連続して続いたG1も、今週はひと休み。その今週は土曜日に愛知杯、日曜日にフェアリーSと阪神Cが行われる。その中でも今回は、過去のデータが豊富なフェアリーSの傾向を探ってみたい。

2008年度のJRAの競馬番組を見ると、今週分析するフェアリーSの名前がないことに気づく。これは阪神JFの移設に伴い、フェアリーSの施行時期が1月へ移ることになったためだ。来年は施行されず、再来年の1月からスタートになる。つまり12月に行われるフェアリーSは今年で最後ということになる。
過去10年のフェアリーSの好走馬を見ると、新馬、未勝利からG1まで、前走クラスが様々なのがわかる。2歳のG3なので、これは当たり前とも言えるが、前走クラス別に好走馬を分析していくことにフェアリーSを解くヒントがあるのではないだろうか。よっていつも通り過去10年の結果を踏まえて、今回は前走クラス別にフェアリーSを分析していきたい。なおデータ分析には、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 フェアリーS出走馬の前走クラス別成績(過去10年)
 前走クラス   着別度数   勝率   連対率   複勝率   単回収率   複回収率 
新馬 1-1-0-23/25 4.0% 8.0% 8.0% 25% 16%
未勝利 0-1-4-18/23 0.0% 4.3% 21.7% 0% 13%
500万下 3-5-3-38/49 6.1% 16.3% 22.4% 257% 136%
OP特別 2-0-0-14/16 12.5% 12.5% 12.5% 57% 23%
G3 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 18%
G2 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
G1 4-3-2-16/25 16.0% 28.0% 36.0% 94% 112%
※デビュー戦が未勝利戦は新馬戦、キャリア2戦以上の馬の新馬戦は未勝利戦とカウント。

始めにフェアリーS出走馬の前走クラス別成績を見てもらいたい(表1参照)。好走馬を多く出しているのは、前走500万下か前走G1を使っている馬だ。過去10年のフェアリーSの好走馬30頭中20頭がこの2つのクラスをステップにしていたことがわかる。ちなみに前走でG3、G2を使っている馬の好走は過去10年で1回だけしかない。

 

■表2 前走G1に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走 2走前
04年 3 2 カシマフラワー 阪神JF11着 エーデルワイス賞1着
03年 1 1 マルターズヒート 阪神JF10着 ファンタジーS3着
02年 1 6 ホワイトカーニバル 阪神JF9着 エーデルワイス賞2着
2 3 ソルティビッド 阪神JF17着 ファンタジーS5着
99年 1 2 ベルグチケット 阪神3歳牝馬S7着 京王杯6着
2 3 ウォーターポラリス 阪神3歳牝馬S14着 新馬1着
3 11 マイネアメジスト 阪神3歳牝馬S12着 新馬1着
98年 1 1 タヤスブルーム 阪神3歳牝馬S9着 ファンタジーS3着
2 2 エイシンルーデンス 阪神3歳牝馬S7着 りんどう賞1着

ここから前走クラス別に好走馬を見ていく。まず始めに前走G1に出走したフェアリーS好走馬をまとめてみた(表2参照)。全ての馬が阪神JFを使っていたが、阪神JFの成績は特に関係がなく、惨敗していても問題はない。大事なのは2走前の成績だ。9頭中7頭が2走前3着以内に好走していた。その7頭を更に分けると2走前が重賞ならば3着以内、2走前が重賞以外のレースなら1に好走していることが条件と言えるだろう。

 

■表3 前走G3に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走 2走前
06年 3 2 ニシノマオ ファンタジーS5着 小倉2歳S2着

前走G2に出走したフェアリーS好走馬はいない。よって次は前走G3に出走した好走馬を見ていきたい(表3参照)。該当馬はニシノマオ1頭だけで、何とも言えないが、同馬は2走前に連対、そして重賞連対実積があった。

 

■表4 前走OP特別に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走 芝1200実績
00年 1 2 テンシノキセキ 福島3歳S1着 (1.0.0.0)
97年 1 3 レディステラ 福島3歳S1着 (3.0.0.0)

続いて前走OP特別に出走したフェアリーS好走馬(表4参照)。該当した2頭は共に前走OP勝ち、そして1200mは無敗だった。

 

■表5 前走500万下に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走 2走前
06年 1 13 アポロティアラ サフラン賞12着 未勝利1着
2 6 サンタフェソレイユ 赤松賞4着 サフラン賞2着
05年 1 6 ダイワパッション 黒松賞1着 未勝利1着
04年 1 3 フェリシア 赤松賞2着 サフラン賞2着
03年 2 4 ホシノピアス 500万下4着 未勝利1着
3 2 アドマイヤマジック ベゴニア賞4着 福島2歳S13着
02年 3 7 トーセンサニー 500万下1着 500万下4着
01年 2 2 ブルーリッジリバー りんどう賞1着 芙蓉S9着
00年 2 11 サクセスストレイン 500万下1着 サフラン賞10着
98年 3 5 ステファニーチャン 赤松賞2着 函館3歳S14着
97年 2 6 ストームティグレス 黒松賞1着 京成杯3歳S9着

過去10年のフェアリーSで最も好走馬が多いのは前走500万下の馬。表5はその前走500万下に出走したフェアリーSの好走馬をまとめたもの。表5を見ると過去10年中9年で前走500万下に出走した馬が好走しており、これらの馬の取捨が重要な鍵を握っていると言えるだろう。その前走500万下に出走したフェアリーS好走馬を見ていくと、11頭中8頭が2走内に500万下で連対していたことがわかる。

 

■表6 前走未勝利戦に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走  前走距離 
05年 2 7 ウエスタンビーナス 未勝利1着 芝1400
3 10 サザンビューティー 未勝利1着 ダ1200
01年 3 4 タガノチャーリーズ 未勝利1着 芝1400
00年 3 12 タケイチイチホース 未勝利1着 芝1400
97年 3 7 プリンセスカーラ 未勝利1着 芝1400

上の表6は前走未勝利戦に出走したフェアリー好走馬。5頭中4頭が前走芝1400mで、残る1頭は前走ダ1200m。前走未勝利に出走したフェアリーS好走馬は全て前走で芝1200m以外のレースを使っていた馬だった。

 

■表7 前走新馬戦に出走したフェアリーS好走馬(過去10年)
 着順   人気  馬名 前走  前走着差 
04年 2 1 ペニーホイッスル 新馬1着 -0.8
01年 1 3 サーガノヴェル 未勝利1着 -1.0
※サーガノヴェルの前走はデビュー戦のため新馬戦としてカウント。

最後に前走新馬戦に出走したフェアリーS好走馬を見てほしい(表7参照)。好走した2頭は共に前走で2着馬に大きな着差をつけて勝っていた

 

■表8 フェアリーSの枠番別成績(過去10年)
 枠番   着別度数   勝率   連対率   複勝率   単回収率   複回収率 
1枠 0-3-3-13/19 0.0% 15.8% 31.6% 0% 129%
2枠 4-2-1-12/19 21.1% 31.6% 36.8% 182% 106%
3枠 1-0-2-15/18 5.6% 5.6% 16.7% 566% 176%
4枠 4-1-0-15/20 20.0% 25.0% 25.0% 126% 55%
5枠 0-0-0-20/20 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
6枠 0-0-4-16/20 0.0% 0.0% 20.0% 0% 138%
7枠 0-4-0-15/19 0.0% 21.1% 21.1% 0% 57%
8枠 1-0-0-19/20 5.0% 5.0% 5.0% 15% 7%

最後に表8を見てほしい。この表8は過去10年のフェアリーSの枠番別成績。これを見てわかることは圧倒的に内枠有利ということだ。過去10年のうち勝ち馬は1〜4枠に9頭いるのに対し、5〜8枠には1頭しかいないことがわかる。

 

【結論】

それでは今年の出走予定馬を上記のデータに照らし合わせて見ていきたい。今年のフェアリーSは登録馬が多く、抽選対象の馬も多いため、出走予定馬を全て賞金順に並べて見ていく。

■今年のフェアリーS出走予定馬
馬名 賞金(万円) 前走 2走前 備考
エフティマイア 2800 阪神JF17着 京王杯2歳S13着  
ハートオブクィーン 2600 阪神JF11着 京王杯2歳S10着  
ビーチアイドル 1200 兵庫GP6着 ファンタジーS4着  
ルルパンブルー 1200 ファンタジーS14着 ききょうS3着  
トラストパープル 900 阪神JF18着 くるみ賞1着  
マイネレーツェル 900 白菊賞1着 ファンタジーS8着  
エーソングフォー 400 未勝利1着 新馬2着 前走距離(ダ1400)
オリヒメチャーム 400 500万下7着 福島2歳S9着  
コスモグラマラス 400 新馬1着   前走着差(-0.4)
サクラカスケード 400 新馬1着   前走着差(-0.1)
サマーエタニティ 400 500万下3着 500万下3着  
スイートカルタゴ 400 500万下5着 未勝利1着  
スワンキーポーチ 400 新馬1着   前走着差(-0.7)
ピエナプリンセス 400 未勝利1着 未勝利3着 前走距離(芝1400)
フラミニアンウェイ 400 ファンタジーS12着 サフラン賞7着  
マイネアルデュール 400 500万下3着 未勝利1着  
ミスティフォレスト 400 新馬1着   前走着差(-0.9)
メイビリーヴ 400 ベゴニア賞2着 新馬1着  
メジロアリス 400 サフラン賞2着 カンナS3着  
※フルゲート16頭。タニノゴッドマザー、ブリリアントマリー、マイネブリッツは回避の見込み(12/12午前現在)

まずは前走G1に出走していた馬を見ていく。2走前に重賞3着以内もしくは重賞以外のレースで1着に好走している条件に当てはまるのはトラストパープル。出走予定馬の中に前走G2に出走していた馬はいないので、次は前走G3に出走していた馬を見ていきたい。ニシノマオのように近2走内に2着以内に好走、そして重賞連対の実績がある馬は見つからず、今年は前走G3を使っている馬は推奨し難い。

次に前走500万下に出走していた馬。近2走内に500万下で連対の実績があるのは、マイネレーツェルメイビリーヴメジロアリスの3頭。続いて前走未勝利の馬。前走で芝1200m以外の条件を使っていた馬は、エーソングフォーピエナプリンセス。最後に前走が新馬戦だった馬。2着馬に大きな着差をつけて勝ち上がってきた馬は、スワンキーポーチミスティフォレスト

以上の9頭を今回の推奨馬としてあげたい。もう少し絞れれば良かったが、推奨馬9頭中6頭が賞金400万円の抽選対象なので、出走馬が確定したときには今回あげた推奨馬が何頭か減っている可能性があるだろう。最終的にはその残った推奨馬、そして1〜4枠に入った馬を中心に馬券は組み立てたいところだ。

2007/10/28 東京8R くるみ賞
1着5番 トラストパープル
2007/11/24 京都9R 白菊賞
1着3番 マイネレーツェル
2007/10/28 東京8R
くるみ賞
1着 5番 トラストパープル
2007/11/24 京都9R
白菊賞
1着 3番 マイネレーツェル

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN