第135回 混戦模様の札幌記念を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第135回 混戦模様の札幌記念を分析する

2007/8/16(木)

今週はサマー2000シリーズの第4戦、札幌記念。実績馬の参戦が多く見られる一戦で、過去の優勝馬にはG1馬や後にG1を制する超一流馬が名を連ねている。今年はG1馬が実績通りの結果を出すのか、それともここをステップに大舞台を目指す馬が現れるのか。データから分析してみよう。

今週は札幌記念。過去の優勝馬にはエアグルーヴやセイウンスカイ、テイエムオーシャン、ファインモーションといったG1、そしてヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーンといった後のG1馬が名を連ねており、夏のローカル重賞としては他と一線を画す、非常にレベルの高い一戦だ。 札幌記念をデータから分析してみよう。なお、分析にはJRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

このレースは「定量のG2」であることがひとつの注目点になる。G1の前哨戦でも、古馬戦ならば賞金や重賞勝ち鞍によって負担重量が増減されるレースが多いが、札幌記念は昨年から「3歳54、4歳以上57キロ、牝馬2キロ減」の定量戦だ。昨年の阪神C分析でも触れたが、まずこういったレースではどんな傾向があるのかを見てみたい。

 

■表1 定量、または馬齢重量の古馬G2、G3戦人気別成績
 人気  古馬G2、G3(定量または馬齢、86年〜) 平地古馬G2、G3(01年〜、参考)
 出走   1着   2着   3着  勝率 連対率  出走   1着   2着   3着  勝率 連対率
1 12 4 1 2 33.3% 41.7% 431 121 63 48 28.1% 42.7%
2〜3 24 2 1 2 8.3% 12.5% 862 122 137 112 14.2% 30.0%
4〜6 36 4 1 6 11.1% 13.9% 1293 104 115 122 8.0% 16.9%
7〜9 35 1 7 1 2.9% 22.9% 1287 54 74 79 4.2% 9.9%
10〜 60 1 2 1 1.7% 5.0% 2232 31 43 70 1.4% 3.3%
※古馬G2、G3は86〜94年オールカマー、94年平安S、06年札幌記念、阪神C

細かな分析は第101回「新設重賞・阪神Cを分析する」をご覧頂きたいが、定量や馬齢の古馬重賞(除G1)では1番人気が水準級の成績を収める一方、7〜9番人気の人気薄も健闘している。昨年の札幌記念は1→9→2番人気、阪神Cは8→6→4番人気。実績による斤量の増減がないからといって、平穏に収まるとは限らないのだ。

 

■表2 札幌記念の人気別成績(過去10年)
 人気   出走   1着   2着   3着   勝率   連対率   複勝率 
1 10 5 1 2 50.0% 60.0% 80.0%
2〜3 20 3 4 4 15.0% 35.0% 55.0%
4〜6 30 0 2 2 0.0% 6.7% 13.3%
7〜9 30 2 1 1 6.7% 10.0% 13.3%
10〜 33 0 2 1 0.0% 6.1% 9.1%

別定戦時代も含めた札幌記念の人気別成績を見ると、こちらは1番人気が連対率60%、複勝率80%と水準を超える好成績で、2〜3番人気も上々。ただし、4〜6番人気2連対、7〜9番人気3連対、10番人気以下2連対と、4番人気以下では人気順がアテにならない傾向にあり、「穴を買うなら思い切って人気薄を」という作戦も考えられる。

 

■表3 札幌記念の出走頭数と上位馬の人気
 年   出走  1着馬  人  2着馬  人  3着馬  人  馬連
97 13頭 エアグルーヴ    1 エリモシック    4 アロハドリーム   3 1160
98 12頭 エアグルーヴ    1 サイレントハンター 2 アラバンサ     3 630
99 10頭 セイウンスカイ   1 ファレノプシス   2 ツクバシンフォニー 8 410
00 14頭 ダイワカーリアン  8 エアギャングスター 2 レガシーハンター  6 4890
01 9頭 エアエミネム    2 ファイトコマンダー 5 ジャングルポケット 1 3480
02 16頭 テイエムオーシャン 2 トウカイポイント  10 コイントス     1 15980
03 9頭 サクラプレジデント 2 エアエミネム    1 ノブレスオブリッジ 4 180
04 11頭 ファインモーション 1 バランスオブゲーム 2 ローエングリン   3 360
05 14頭 ヘヴンリーロマンス 9 ファストタテヤマ  12 コイントス     13 31070
06 15頭 アドマイヤムーン  1 レクレドール    9 マチカネキララ   2 3550

第110回「今年は波乱か!? 中山記念を分析する」で触れた通り、出走頭数が増えれば波乱の可能性は高くなるもの。この札幌記念も同様の傾向で、6番人気以下で馬券に絡んだ8頭中7頭は、出走頭数14頭以上の年だった。出走頭数が増えれば「6番人気以下」の頭数も増えるので、これは当たり前といえば当たり前。ただ、今年もフルゲート(16頭)かそれに近い出走が見込まれるだけに、一応このデータも頭に入れておきたい。

 

■表4 札幌記念の前走クラス別成績(過去10年)
クラス  出走   1着   2着   3着   勝率   連対率   複勝率 
〜1600万 4 0 0 1 0.0% 0.0% 25.0%
オープン特 25 1 2 1 4.0% 12.0% 16.0%
G3 60 4 5 5 6.7% 15.0% 23.3%
G2 11 0 2 0 0.0% 18.2% 18.2%
G1 23 5 1 3 21.7% 26.1% 39.1%

続いて、好走馬の前走成績や実績について。前走の条件や着順にはかなりバラつきがあるのだが、「さすがに定量のG2戦」と言える傾向が出ているのが前走クラスだ。表4にある通り、連対馬20頭中17頭までの前走が重賞で、特にG1出走馬が好成績を収めている。以下、それぞれクラス(グレード)別に分析してみたい。

 

■表5 前走がG1の札幌記念好走馬
 年  馬名  性齢   人   着  前走 札幌実績 G1実績
98 エアグルーヴ 牝5 1 1 宝塚記念・3着 札幌記念・1着 天皇賞(秋)・1着
99 セイウンスカイ 牡4 1 1 天皇賞(春)・3着 皐月賞・1着
ツクバシンフォニー 牡6 8 3 安田記念・4着 NHKマイルC・2着
01 ジャングルポケット 牡3 1 3 ダービー・1着 札幌3歳S・1着 ダービー・1着
02 テイエムオーシャン 牝4 2 1 有馬記念・6着 札幌3歳S・3着 秋華賞・1着
03 サクラプレジデント 牡3 2 1 ダービー・7着 札幌2歳S・1着 皐月賞・2着
04 バランスオブゲーム 牡5 2 2 安田記念・3着 安田記念・3着
ローエングリン 牡5 3 3 宝塚記念・10着 ムーラン・2着
06 アドマイヤムーン 牡3 1 1 ダービー・7着 札幌2歳S・1着 皐月賞・4着

前走でG1に出走していた3歳馬は、札幌2(3)歳Sを制していることが共通点。また表にはないが、芝2000mの重賞連対実績も持っていた。古馬なら札幌実績は必要ないが、G1で3着以内の経験があることが必須条件になる。G1をステップとした馬は多くが休養明けの一戦となるだけに、このくらいの実績は必要ということだろう。

 

■表6 前走がG2の札幌記念好走馬
 年  馬名  性齢   人   着  前走 芝2000m実績
98 サイレントハンター 牡5 2 2 鳴尾記念・9着 【 6・1・1・6 】 新潟大賞典・1着
99 ファレノプシス 牝4 2 2 京王杯SC・5着 【 2・0・0・0 】 秋華賞・1着

前走G2組の2頭は、芝2000mで重賞勝ちを含む連対率50%以上をマークしていた。サンプルが僅か2頭なので多少の幅をもって考えるべきだろうが、これを一応の目安としたい。ちなみに、ファレノプシスは札幌初出走、サイレントハンターは2戦着外と、札幌実績は問われていない。

 

■表7 前走がG3の札幌記念好走馬
 年  馬名  性齢   人   着  前走 札幌芝/主な成績
97 エアグルーヴ 牝4 1 1 マーメイドS・1着 【 1・1・0・0 】 新馬
アロハドリーム 牡4 3 3 函館記念・1着 【 1・0・0・0 】 900万
00 ダイワカーリアン 牡7 8 1 函館記念・9着 【 1・1・0・2 】 900万
エアギャングスター 牡4 2 2 函館記念・3着 【 1・0・1・1 】 新馬
レガシーハンター 牡5 6 3 函館記念・7着 【 1・0・1・0 】 500万
01 ファイトコマンダー 牡5 5 2 函館記念・6着 【 1・1・0・4 】 900万
02 トウカイポイント セ6 10 2 函館記念・14着 【 1・1・0・1 】 札幌日経・2着
03 エアエミネム 牡5 1 2 函館記念・1着 【 1・0・0・0 】 札幌記念
ノブレスオブリッジ 牝5 4 3 クイーンS・5着 【 0・1・1・3 】 1000万・2着
04 ファインモーション 牝5 1 1 函館記念・2着 【 1・1・0・0 】 クイーンS・2着
05 ヘヴンリーロマンス 牝5 9 1 クイーンS・2着 【 0・1・0・0 】 クイーンS・2着
コイントス 牡7 13 3 ダイヤモンドS・11着 【 0・0・1・0 】 札幌記念・3着
06 レクレドール 牝5 9 2 クイーンS・3着 【 2・0・1・0 】 クイーンS
マチカネキララ 牡4 2 3 エプソムC・3着 初出走(芝2000m6戦5勝)

最も好走数が多い前走G3組では、14頭中11頭が前走函館記念かクイーンS。まず「前走が北海道かどうか」という点がポイントになる。また、14頭中10頭に(条件を問わず)札幌芝での優勝経験があった。残る4頭のうち、ヘヴンリーロマンスを除く3頭はこのレース3着止まりとなっており、「連対条件」として考えるなら「札幌芝で優勝、または重賞連対」と読むことが可能。また、ヘヴンリーロマンス以外の3頭も、ノブレスオブリッジはローズS3着、コイントスは02年の本レース3着、そしてマチカネキララが芝2000m6戦5勝。札幌芝で優勝、または重賞連対がない馬なら、芝2000mで重賞好走実績があるか、かなりの高勝率をマークしていなければ苦しい、と考えたい。

 

■表8 前走が1600万、オープン特別の札幌記念好走馬
 年  馬名  性齢   人   着  前走 全成績 芝2000m 重賞実績
97 エリモシック 牝4 4 2 札幌日経・3着 【 3・1・2・7 】 【 0・1・1・1 】 秋華賞・2着
98 アラバンサ 牡5 3 3 札幌日経・2着 【 7・2・2・2 】 【 3・0・1・2 】 函館記念・3着
01 エアエミネム 牡3 2 1 巴賞・1着 【 4・0・0・2 】 【 2・0・0・0 】 初出走
02 コイントス 牡4 1 3 漁火(1600万)・1着 【 4・2・2・2 】 【 2・2・1・1 】 毎日杯・2着
05 ファストタテヤマ 牡6 12 2 みなみ北海道・3着 【 1・1・1・1 】 【 0・1・0・5 】 菊花賞・2着

最後に、前走オープン、条件戦組。この組は、前走がオープンなら3着以内、条件戦なら1着が必須条件。さらに、G1連対実績があるか、全成績で着外2回以下かつ芝2000m2勝以上、という厳しい条件がつく。ハイレベルの戦いだけに、重賞以外をステップにした馬ではそうそう簡単に好走できない、ということだろう。

 

【結論】

定量戦といえども、人気薄の各馬にも注意が必要な札幌記念。前走G1組が好成績を収めるほか、G3組ならば札幌芝の実績が重要になる。前走がオープン特別や条件戦だった馬は、まったく底を見せていないか、既にG1で好走実績を持つ馬以外は苦しい。

では、今年の登録馬を前走の条件別に見てみよう。まず、好成績を残す前走G1組。フライングアップル、マツリダゴッホの2頭だが、3歳・フライングアップルは札幌2歳S勝ち馬ではない点と2000m実績がない点、マツリダゴッホはG1実績が前走の天皇賞(春)12着のみという点が減点材料になる。ともに札幌芝で優勝経験があり、「前走G1組に好走多し」というデータを特に重視すれば圏内とも考えられるが、中心視まではしづらく、他に有力馬が少なければ、という際の候補として考えたい。

前走G2の登録馬はアサカディフィートとマチカネオーラの2頭。いずれも芝2000mで重賞勝ちこそあるものの、連対率が50%以下。ただし、元のサンプルが2頭のみであり(表6)、2000m連対率40%のマチカネオーラは「ほぼクリア」と見なしてもいいだろう(ただし出走順18番目)。一方のアサカディフィートは、9歳という年齢もネックになる。

前走G3組は10頭だが、本稿執筆段階(水曜)でナムラマース(脚部不安)とディアチャンスが回避との報道がある。残る8頭のうち、札幌芝で優勝、または重賞連対があるのはエリモハリアー1頭のみ。5歳以下優勢の傾向は少々気になるが、7歳馬もダイワカーリアンの優勝があり、大きく割り引く必要はないだろう。
残る各馬では、まず前走北海道組から、芝2000mでラジオたんぱ杯2歳S勝ちのあるサクラメガワンダー、秋華賞3着のフサイチパンドラ、中京記念2着のシルクネクサス。前走北海道以外では、芝2000m重賞3勝、そして本レース10年で5勝の実績を誇る武豊騎手のメイショウカイドウ、芝2000m重賞2勝のサンバレンティンというあたり。ただし、札幌芝実績のない前走G3組はデータ上3着まで。購入する馬券種別次第で評価が変わる5頭だ。なお、人気の一角が予想されるアドマイヤフジは札幌芝の経験がなく、芝2000mの重賞も前走の4着が最高である。

最後に前走オープン・条件戦組だが、表8に該当する馬は見当たらず、芝2000mの実績不足ながら「着外2回以下」のサイレントプライド、前走4着でもG1連対実績のあるファストタテヤマがボーダーライン上。この2頭では、年齢を考慮するとサイレントプライド優位だろうか。

このように、今年はデータをすっきりクリアする馬が非常に少なく、表1〜3で挙げたデータ通り、人気薄が食い込む可能性も十分にある。一応ここでは「連対候補」として、エリモハリアー、マチカネオーラの2頭を上位に、続いて「前走G1」を重視してフライングアップルとマツリダゴッホ、そして減点1のサイレントプライドの計5頭を挙げておくが、少々の減点材料くらいは覆して上位に食い込む馬が出てきても不思議のない混戦模様の一戦だ。

 

2007/7/22 函館9R 函館記念(Jpn3)
    1着4番 エリモハリアー 2006/3/5 中京11R 中京記念(G3)
    1着1番 マチカネオーラ
2007/7/22 函館9R
函館記念(Jpn3)
1着 4番 エリモハリアー
2006/3/5 中京11R
中京記念(G3)
1着 1番 マチカネオーラ

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN