第130回 極限のスピード比べは軽さが命!?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第130回 極限のスピード比べは軽さが命!?

2007/7/11(水)

今週から新潟と小倉が開幕。日曜日の新潟メインレースを飾るのは、一直線の芝1000mで行われるアイビスサマーダッシュ。昨年から開幕週に日程変更。極限のスピード比べを堪能できるはずが、あいにくの雨。その結果、軽量の牝馬が上位を独占したが、果してこれは偶然だったのだろうか? 8月開催時の例も含めて検討する。

サマースプリントシリーズの第二弾。シリーズ初戦の函館スプリントSはアグネスラズベリが優勝。今年の夏も「牝馬強し!」の印象を抱かせる出だしとなった。今週のアイビスサマーダッシュも牝馬が頑張るレース。昨年、同レースを担当したヒロデクロス氏もそのことを指摘。結果、牝馬のワンツースリーであった。
アイビスSDは昨年から2回新潟の開幕週に移行。過去のデータ・傾向に不都合が生じる可能性があったが、特別大きな変化はなかったように思える。したがって、01年の第一回からのデータを元に、占っていきたい。データ分析は、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 アイビスSD出走馬の性別成績
 性   着別度数   勝率   連対率   複勝率 
牡馬・セン馬 2-2-4-42/50 4.0% 8.0% 16.0%
牝馬 4-4-2-21/31 12.9% 25.8% 32.2%

手始めにおさらいとして、過去6年のアイビスSDの性別成績をチェックしておこう(表1参照)。出走頭数は牡馬・セン馬が多いものの、連対数では牝馬が2倍の数字。勝率、連対率、複勝率いずれも牝馬が優秀な成績を残している。基本事項として、ここはキッチリ押さえておきたいところだ。単純に「牝馬が強い」という認識でもいいのだが、別の角度から見てみると、さらに面白いことがわかる。

 

■表2 アイビスSD出走馬の斤量別成績
 斤量   着別度数   勝率   連対率   複勝率   単回収率   複回収率 
 51キロ  2-1-0-1/4 50.0% 75.0% 75.0% 990% 302%
53キロ 0-0-2-1/3 0.0% 0.0% 66.7% 0% 290%
54キロ 2-3-2-20/27 7.4% 18.5% 25.9% 55% 64%
56キロ 2-2-2-38/44 4.5% 9.1% 13.6% 10% 22%
57キロ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
58キロ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
59キロ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

それは斤量別成績(表2参照)。結論から言うと、軽い斤量の馬ほど優勢。51キロ、54キロ、56キロの馬がそれぞれ2勝を挙げているが、51キロの馬は4頭出走して2頭が勝利。53キロの馬は連対こそないが、3頭が出走して2頭が3着。複勝率でみると、51キロが75%とトップで、斤量が上がるごとにキレイに下がっている。一方、57キロ以上の斤量を背負った馬は、わずか3頭の出走だが好走例ナシ。05年にはこのレース3勝目を狙ったカルストンライトオが59キロで4着に敗れた。
このレースは賞金別定なので、斤量が性齢も示している。つまり、アイビスSDで51キロという斤量は3歳の牝馬しか背負えないということ。また、53キロという斤量は4歳以上の馬では背負えない。本質は単純に表1に集約されているのかもしれないが、芝1000mのレースは道中の遊びの部分が少ない特殊なレースだけに、わずかな斤量差が大きい可能性もある。よって、今回は斤量面にこだわってみたい。

 

■表3 アイビスSDを斤量51キロで3着以内に好走した馬
 年   着順   人気   馬名   前走成績   芝OP実績 
 06年  1 7 サチノスイーティー 白河S1着  
2 3 マリンフェスタ バーデンバーデンC4着  
05年 1 7 テイエムチュラサン 新潟日報賞6着 橘S2着

まず、過去6年のアイビスSDで斤量51キロを背負って3着以内に好走した馬を見ていく(表3挿入)。昨年優勝したサチノスイーティーは前走1000万クラスを勝ち上がったばかりだが勢いは十分。2着のマリンフェスタも格は見劣ったものの、前走のバーデンバーデンCで大きく負けておらず、好走も納得がいくところ。注目は05年の優勝馬テイエムチュラサン。過去にOPの橘Sで2着の実績があったものの、前走同じ新潟芝1000mの新潟日報賞で6着に負けていながら巻き返した。好走できなかったのが、前走未勝利を勝ったばかりの01年ゲイリートリック(12着)だけということで、斤量51キロの馬はかなり警戒する必要があるだろう。

 

■表4 アイビスSDを斤量53キロで3着以内に好走した馬
 年   着順   人気   馬名   前走成績   芝OP実績 
 03年  3 10 トーセンオリオン NHKマイルC10着 クロッカスS1着
01年 3 1 カルストンライトオ 北九州短距離S1着 葵S1着

次は斤量53キロで3着以内に好走した馬(表4参照)。過去2頭おり、いずれも3歳の牡馬。昨年、ステキシンスケクンが2番人気に推されて12着に大敗したが、同様のローテーションで03年のトーセンオリオンは3着に好走している。過去に芝のOPで勝ち鞍がある馬に注意したい。

 

■表5 アイビスSDを斤量54キロで3着以内に好走した馬
 着順   人気  馬名 前走成績 芝OP実績
 06年  3 6 レイズアンドコール さくらんぼS1着  
05年 2 2 ウェディングバレー 新潟日報賞2着  
04年 2 3 タカオルビー 新潟日報賞1着 福島民報杯3着
03年 1 6 イルバチオ 関屋記念5着 NSTオープン3着
2 5 ティエッチグレース バーデンバーデンC1着  
02年 3 5 タイキメビウス 飯豊特別1着  
01年 1 2 メジロダーリング 函館スプリントS1着 アンドロメダS1着ほか

次に斤量54キロで3着以内に好走した馬(表5挿入)。過去7頭の好走馬が出ており、すべて牝馬。年齢は4歳から6歳。そして重要になるのが前走成績。03年1着のイルバチオを除く6頭は、前走1000万クラス以上の芝1000〜1400mで連対していた好調馬。イルバチオも前走関屋記念5着と、決して悪くない成績。過去に芝のOPクラスで好走実績があれば、なおよし。

 

■表6 アイビスSDを斤量56キロで3着以内に好走した馬
 着順   人気   年齢  馬名 前走成績 備考
 05年  3 4 4 スピニングノアール 疾風特別3着 前走:疾風特別3着(58キロ)
04年 1 1 6 カルストンライトオ 函館スプリントS3着 02年優勝馬
3 4 6 ネイティヴハート NSTオープン2着  
02年 1 2 4 カルストンライトオ 小倉日経OP3着 3走前:TUF杯1着(58キロ)
2 1 5 ブレイクタイム NSTオープン2着 4走前:安田記念2着(58キロ)
01年 2 4 6 シンボリスウォード 札幌日刊S杯5着 3走前:バーデンバーデンC2着(58キロ)

最後に斤量56キロで3着以内に好走した馬(表6挿入)。過去6頭が該当し、同斤量の複勝率は13.6%。ここは当たりを引くのが難しいゾーンだが、何はともあれ前走成績はチェックしたいところ。全6頭は前走1000万クラス以上の芝1400m以下のレースに出走して5着以内の成績を収めていた。そして、近5走以内に斤量58キロ以上を背負って3着以内に好走した経験があったことにも注目。04年優勝のカルストンライトオも含めれば、6頭中5頭が今回よりも2キロ重い斤量で最近結果を残していた。このあたりも取捨材料に取り入れてみたい。

 

【結論】

それでは今年のアイビスSDを占っていこう。出走予定馬は下の表7の通り。

■表7 今年のアイビスSD出走予定馬
 順位  馬名  性齢   斤量  前走成績 備考
7 クーヴェルチュール 牝3 51 バーデンバーデンC1着 福島2歳S1着
21 モルトグランデ 牡3 53 あじさい賞1着 橘S3着
2 サチノスイーティー 牝4 54 かきつばた記念2着 06年優勝馬
9 サンアディユ 牝5 54 京葉S12着  
10 モンローブロンド 牝5 54 高松宮記念18着 ファンタジーS2着
15 ショウナンパントル 牝5 54 マーメイドS12着 阪神JF1着
19 テイエムチュラサン 牝5 54 バーデンバーデンC10着 05年優勝馬
3 アイルラヴァゲイン 牡5 56 オーシャンS1着 3走前:サンライズS1着(58.5キロ)
4 ジョイフルハート 牡6 56 ガーネットS13着  
5 スピニングノアール 牡6 56 CBC賞競走中止  
8 ナカヤマパラダイス 牡4 56 CBC賞2着  
11 フサイチホクトセイ 牡6 56 京阪杯11着 3走前:トリトンS1着(58キロ)
12 ダイワメンフィス 牡6 56 東京新聞杯14着  
13 ロイヤルキャンサー 牡9 56 バーデンバーデンC3着  
14 シルヴァーゼット 牡6 56 バーデンバーデンC2着  
20 プレミアムボックス 牡4 56 さくらんぼ特別1着  
1 ゴールデンキャスト 牡7 57 CBC賞13着  
6 ギャラントアロー 牡7 57 バーデンバーデンC12着  
※フルゲート18頭。(16)スターイレブン、(16)テイムアクション、(18)アグネスシラヌイは出走回避の見込み。(22)テイエムロマンス、(22)メジロアダーラほか5頭は除外対象(7/11午前現在)。

注目の51キロの斤量を背負う3歳牝馬で出走を予定しているのはクーヴェルチュール。前走49キロという超軽量だったが、休み明け、初の古馬相手の条件となったバーデンバーデンCを優勝。なおかつ、2歳時にOPの福島2歳S勝ちの実績があるのもプラス材料。ここは最有力馬の1頭として推奨してみたい。

同様に有力馬として推せるのが、昨年のアイビスSDの優勝馬サチノスイーティー。前走はかきつばた記念で2着という成績。ダート戦だが、好調子と捉えられる。56キロを背負う4歳以上の牡馬ではアイルラヴァゲインに注目。前走オーシャンS1着、3走前のサンライズSではトップハンデ58.5キロで快勝の実績。前走から間隔が開いた点がどうかだが、データからは推してみたいところ。

あとは、次点で斤量53キロの3歳牡馬モルトグランデ。前走1000万クラスのあじさい賞で1着、OPクラスの実績は一応橘Sで3着がある。あとは、近走斤量58キロ以上で好走実績がない点が割引だが、前走OPの芝1200mで連対しているナカヤマパラダイスシルヴァーゼット

 

2007/6/17 福島11RバーデンバーデンC
1着2番クーヴェルチュール 2007/3/3 中山11R夕刊フジオーシャンS(G3)
1着3番アイルラヴァゲイン
2007/6/17 福島11R
バーデンバーデンC
1着 2番 クーヴェルチュール
2007/3/3 中山11R
夕刊フジオーシャンS(G3)
1着 3番 アイルラヴァゲイン

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN