第129回 今秋のGTにつながるプロキオンS|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第129回 今秋のGⅠにつながるプロキオンS

2007/7/4(水)

早いもので今年の中央競馬の日程も半分が終了し、今週から下半期のスタート。その今週は福島で七夕賞、阪神でプロキオンSが行われる。七夕賞は昨年に小田原智大氏が分析されているので、今年はプロキオンSの方の傾向を探ってみたい。

プロキオンSは施行時期が4月から6月に移動した00年以降、過去7年間の勝ち馬中3頭がのちにGⅠ馬となり、2頭がGⅠで2着に好走した出世レース。いずれの馬も同年の南部杯やJBCでの好走につなげており、今秋のG1戦線に向けて見逃せない一戦となっている。果して今年はどの馬が勝つだろうか。
データは00年以降の過去7年を参考。昨年は京都で行われ、時期もさらに3週間繰り下がったが、昨年の結果も含めて分析。データ分析には、JRA-VAN Data Lab.Target frontier JVを利用した。

 

■表1 プロキオンS出走馬の所属別成績(過去7年)
所属
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
美浦 0-1-0-12/13
0.0%
7.7%
7.7%
0%
22%
栗東 7-6-7-55/77
9.1%
16.9%
26.0%
42%
97%
地方 0-0-0-18/18
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

最初に過去7年のプロキオン出走馬の所属別成績を見てもらいたい(表1参照)。関東馬の好走は01年2着レイズスズランだけで、他の好走馬は全て関西馬となっている。プロキオンSは関西馬の独壇場のレースと言えるだろう。またプロキオンSは地方馬の参戦が多いが、地方馬の好走例はない。

 

■表2 プロキオンS出走馬の前走からの間隔別成績(過去7年)
間隔
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
連闘 0-0-0-4/4
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
中1週 1-0-0-7/8
12.5%
12.5%
12.5%
23%
16%
中2週 2-4-5-23/34
5.9%
17.6%
32.4%
14%
163%
中3週 0-0-0-15/15
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
中4〜8週 4-3-2-30/39
10.3%
17.9%
23.1%
67%
53%
中9週以上 0-0-0-8/8
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%

次にローテーションをチェックする。上の表2は過去7年のプロキオンS出走馬の前走からの間隔別成績。不思議と中3週の好走例がないが、中2週と中4〜8週の連対率は互角なので、数字自体に意味はないはず。単に中3週でステップレースに適当なダート短距離レースがないだけだと思われる。むしろ、注目すべきなのは中9週以上の間隔で好走例がないこと。出走例は少ないが、休み明けは割引材料だろう。

 

■表3 過去7年のプロキオンS好走馬
人気
着順
馬名
ダートのOP実績(過去1年)
備考
06年
7
1
メイショウバトラー   小倉大賞典1着
1
2
シーキングザベスト 北海道スプリントC2着  
9
3
サンライズキング 北陸S1着  
05年
1
1
ブルーコンコルド 栗東S1着 ガーネットS2着
6
2
サンライズキング 栗東S2着  
3
3
テイエムアクション 欅S1着  
04年
2
1
ニホンピロサート ギャラクシー1着 ガーネットS1着
1
2
エイシンハンプトン サウジアラビア1着  
9
3
インタータイヨウ 阿蘇S1着  
03年
1
1
スターリングローズ JBCスプリント1着  
8
2
ツルマルファイター すばるS2着  
12
3
インタータイヨウ JDD2着  
02年
1
1
スターリングローズ かきつばた記念2着  
5
2
ヤマカツスズラン   マーメイドS1着
4
3
メイショウキオウ   マイラーズC3着
01年
1
1
ブロードアピール 根岸S1着  
4
2
レイズスズラン さきたま杯1着  
13
3
トシザミカ スパーキングRC1着  
00年
1
1
ゴールドティアラ フェブラリーS2着  
2
2
エイシンサンルイス コーラルS1着  
5
3
サンフォードシチー    

上記の表3は、過去7年のプロキオンS好走馬の一覧。まず、人気面で見ると1番人気馬が毎年連対(5.2.0.0)しているのがわかる。1番人気の馬の信頼度が高いレースと言えるだろう。次に実績面で見ていくと、過去1年以内にダートの重賞で連対経験がある馬が毎年連対しているのがわかる。ダート重賞実績から少し条件を緩くして、ダートのオープン実績で見ると、過去7年で3着以内に好走した21頭中17頭が過去1年以内にダートのオープンで連対実績があったことがわかる。その実績がなかった4頭中3頭(メイショウバトラー、ヤマカツスズラン、メイショウキオウ)はダート経験が浅く、いわゆる芝からの転戦組だった。しかし、その3頭には過去に芝の重賞で好走歴があったことも見逃せない。

 

■表4 前走欅S組のプロキオンS好走馬(過去7年)
人気
着順
馬名
前走
ダートオープン実績(過去1年)
備考
06年
7
1
メイショウバトラー 欅S13人気12着   小倉大賞典1着
05年
6
2
サンライズキング 欅S1人気3着 北陸S1着  
3
3
テイエムアクション 欅S2人気1着 欅S1着  
04年
2
1
ニホンピロサート 欅S3人気2着 ギャラクシー1着  
03年
8
2
ツルマルファイター 欅4人気11着 すばるS2着  
12
3
インタータイヨウ 欅S6人気9着 JDD2着  
02年
1
1
スターリングローズ 欅S1人気1着 かきつばた記念2着  
4
3
メイショウキオウ 欅S4人気4着   マイラーズC3着
01年
4
2
レイズスズラン 欅S7人気3着 さきたま杯1着  
13
3
トシザミカ 欅S12人気11着 スパーキングRC1着  

プロキオンSでもっとも多いステップレースが欅S。前走欅S組が6年連続連対中で、穴を開ける馬もほとんどが欅S敗退馬だ。そこで過去7年、前走に欅Sを使いプロキオンSで好走した馬を見てもらいたい(表4参照)。上の表3とやや重複するが、欅Sを負けてプロキオンSで巻き返してくる馬は過去1年以内にダートのオープンクラスで連対実績があった馬。ダートオープン実績がなくて好走した2頭は芝の重賞で3着以内の実績があった。

 

■表5 プロキオンSの枠番別成績(京都開催を除く00年以降)
枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
単回収率
複回収率
1枠 0-0-0-10/10
0.0%
0.0%
0.0%
0%
0%
2枠 0-1-0-10/11
0.0%
9.1%
9.1%
0%
10%
3枠 0-0-1-10/11
0.0%
0.0%
9.1%
0%
20%
4枠 2-0-1-9/12
16.7%
16.7%
25.0%
31%
35%
5枠 0-0-1-11/12
0.0%
0.0%
8.3%
0%
140%
6枠 1-1-0-10/12
8.3%
16.7%
16.7%
15%
35%
7枠 1-2-1-8/12
8.3%
25.0%
33.3%
10%
98%
8枠 2-2-2-6/12
16.7%
33.3%
50.0%
65%
205%

最後に枠順について。一般的に阪神ダート1400mは外枠有利と言われるが、プロキオンSではどうなのか。上の表5は、京都で行われた昨年を除いた00年以降のプロキオンSの枠番別成績。結果はやはり外枠の方が優勢。7枠と8枠が好成績を収めている。

 

【結論】

それでは今年の出走予定馬を以上のデータに照らし合わせて考えていきたい。

■表6 今年のプロキオンSの主な出走予定馬(1)
馬名
ダート重賞の連対実績(過去1年)
備考
キングスゾーン 浦和記念2着 地方馬
サンライズキング プロキオンS2着 中35週
ツムジカゼ シリウスS2着 中14週
リミットレスビッド 黒船賞1着、兵庫GT1着、東京盃1着  
ワイルドワンダー アンタレス1着 中10週
 

まず、上の表6が今年のプロキオンSの出走登録馬の中で、過去1年以内にダート重賞の連対実績がある馬。順に上から見ていくと、まず名古屋のキングスゾーンは地方馬で減点材料。サンライズキングとツムジカゼはともに3ヶ月以上の休み明け。ワイルドワンダーは不振の関東馬で、前走のアンタレスSからの間隔が中10週。連勝中で1番人気になる可能性が高いが、消えても不思議はないと判断。よって、ここではリミットレスビッドを有力馬として取り上げておく。

 

■表7 今年のプロキオンSの主な出走予定馬(2)
馬名
前走
ダートOP連対実績(過去1年)
オフィサー 欅S4人気3着 BSN賞2着
チョウカイロイヤル 欅S11人気6着  
トシザヘネシー 欅S7人気10着  
ボードスウィーパー 欅S3人気12着 霜月S1着
 

上の表7は、前走欅Sを使った出走予定馬。該当した4頭の中で過去1年以内にダートのOPクラスで連対実績がある馬はオフィサーボードスウィーパー。この2頭の巻き返しに注意したい。あとは表5の枠順データを考慮し、外枠を引いた馬には注意を払いたい。

 

2006/1/29 東京11R 根岸ステークス(G3)
1着7番 リミットレスビッド 2006/11/19 東京11R 霜月ステークス
1着9番 ボードスウィーパー
2006/1/29 東京11R
根岸ステークス(G3)
1着 7番 リミットレスビッド
2006/11/19 東京11R
霜月ステークス
1着 9番 ボードスウィーパー

ライタープロフィール

フランキー森山(ふらんきー もりやま)

1984年1月、神奈川県生まれ。重賞レースにおいては、毎年同じようなステップで出走してくる馬が多いことから、データ競馬の有効性に着目。データde出〜たでは主に過去の好走馬の実績を重視し、予想を展開している。馬券を買うのはもちろん、競馬場へ行くことも好きなタイプ。好きなレースは平安S。05年に中央競馬の全場踏破達成。その後は、地方、海外の競馬場へもたびたび訪れている。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN